アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ単語

アドバンストダンジョンズアンドドラゴンズ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ(AD&D)とは、TRPG ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)のシリーズの1つ。

概要

1977年上級者用D&Dとして発売された。

それまでのD&Dは最初の発売以後、追加ルールが増えてきたこともあり、ルールの整理が必要となった。その際に初心者向けルール上級者向けルールとに分かれることになり、後者上級者用D&Dに位置づけられたのが、アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズである(なお、前者の初心者向けは、現在で言うクラシックD&Dである)。

1989年に第2版が発売され、1991年には株式会社新和により邦訳されたが、数冊が訳されたのみで展開が休止してしまった。

1997年にウィザーズオブ・ザ・コースト社がTSR社を買収。初心者D&Dの展開を止め、AD&Dの3版以降の製品を「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の名前で発売することになった(D&D第3版)。このため、AD&Dという名前の製品は第2版までをもって終了した。

コンピュータゲーム

AD&Dを題材にしたゲームに、「ヒルズファーexit_nicovideo」、「プール・オブ・レイディアンスexit_nicovideo」、「アイ・オブ・ザ・ビホルダー」や「バルダーズ・ゲートシリーズなどがある。

関連動画

AD&Dexit_nicovideo検索されたい。

関連商品

AD&Dexit_nicoichiba検索されたい。

第1版

第2版

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA%26%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ

1 ななしのよっしん
2014/03/30(日) 19:28:44 ID: GwAo53Lz1i
AD&Dの第1版が、1970~80年代にかけて欧ではRPGの代名詞
(欧にはTRPGという言葉さえなく、RPGというだけでこれをす)
だったので、初期のCRPG大な(というか、丸写しレベルでほとんど支配的な)影
さらにはドラゴンランスフォーゴトンレルムの小説ヒットを通じて、
一般のファンタジー世界全般にも多大な影を与えている

有名なのは、ファイナルファンタジー1モンスターアイテム
ことごとくAD&D第1版の丸写しだということだが
これはFF1モデルにしたそれ以前の洋物RPGでも、AD&D丸写しが当たり前の慣用だったためもある
あとWizardryその他が創始したと(日本では)信じられている要素が
ことごとくAD&D第1版にはすでに存在していたりすることだろう

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 ななしのよっしん
2015/04/04(土) 17:33:02 ID: AoaOGqZfIG
・ヒューマノイドが下級、幻獣類が中級、ドラゴンジャイアントが上級モンスターという位置づけ
(例えばオリジナルD&Dと同時期のT&TやBRPでは必ずしもそう決まっていない)
・どのクリーチャーが敵か味方かの分類のお約束
エルフドワーフハーフリング等の他、ハーフエルフプレイヤーとして使える

等、AD&Dが普及したために以後のRPG常識になった要素なんて、挙げていくともうあまりにも多過ぎてきりがない
一部、それ以前のオリジナルD&Dの時点からある要素もあるが、大幅に普及した(販売数が数千→数万)のはAD&D以後
(あとクラシックD&Dとか)は後出で食い違いも多く、全く関係ない)

この記事の「ミミックを最初に登場させたのはAD&D」とか、
pi×iv百科事典の「アウルベアを最初に登場させたのはAD&D」とか、
よくファンタジー解説に書かれてる「バハムートにしたのはD&DAD&Dとすら書いていない)」とかいう筆致は、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
3 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 02:42:08 ID: /TqpYmUvs+
転載TAS動画 海外AD&D Hero of the Lance

>>sm29404630exit_nicovideo


ダンジョンをかけぬけろ!
4 ななしのよっしん
2017/01/22(日) 23:47:22 ID: 0Uvdg/k/kd
>1
>(欧にはTRPGという言葉さえなく、RPGというだけでこれをす)

のTPRGプレイヤーの間でRPGの代名詞なのは確かにそうだろうけど、TRPGと略さないもののTabletop role-playing gameとかPen-and-paper role-playing gameコンピュータRPGと区別するための言い回しはあるんだし、言い過ぎじゃないかな。
スカイリムとかオブリオンとかRPG大好きだけどD&D知らねみたいな若いプレイヤーは欧にも大勢いて、向こうの古参プレイヤーも説明に苦労してるんじゃないかな。
5 ななしのよっしん
2017/01/24(火) 00:48:39 ID: AoaOGqZfIG
>>4
日本でのTRPGに相当するものをす言葉(Pen&Paperとか)自体は海外にもあるけど、
頻繁に使われる「RPG」というの方に、わざわざ「T」をつけるような言い方が存在しない、
というのが、日本と欧背景の非常に大きな差

70年代~少なくともRPGの普及時の90年代一杯くらいまでは、PC自体の普及率もあってCRPGよりTRPG人口がなので(コンソールでも日本ほど普及してない)
RPGの普及や発展の当時の話では、圧倒的にPen&Paper(=AD&D)

ただ、これはあくまで普及・用発祥当時の背景の話で
現在の話なら、WindowsネットPC庭に普及してからは、PCRPGの売上も桁が増えて
RPG(RP)といえばそれらのCRPGす層も出てきているだとかいうのは摘の通りかと
Pen&PaperのRPG=AD&Dだった頃とべると、D&Dの(特に4版以後の)シェアが下がっているというのも、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 01:41:54 ID: QrGj+Z1ltg
ボードでもコンピュータでも「SLG」みたいなもんじゃね?後は「パズル」とか
ゲームジャンルの名前で、電か卓上か媒体の違いでわざわざ区別する必要があるのは、明期に独自路線を進んだ日本RPGの固有事情だろう
7 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 03:00:20 ID: HlDpOkPAll
ややこしい人ばっか