アドマイヤムーン単語

アドマイヤムーン

アドマイヤムーンとは、日本の元競走・現種である。
自身のみならず、周囲も波万丈の渦に巻き込んだ不思議な
名は冠名+(ムーン)。 

昇りゆく月

は彼の世代がラストクロップとなってしまったエンドスウィープ、マイケイティーズ、サンデーサイレンスという血統。近親にはヒシアマゾンがいる。

セレクトセール1300万落札という微妙っぷり、血統も芝っぽくないと思われたかめに北海道デビューというあんまり期待されない使われ方でなおかつ何故か本田優騎手騎乗という微妙な扱いだったが、三連勝で札幌2歳ステークスを制覇したころには、すっかり大物という評価がなされるようになっていた。
しかしラジオたんぱ杯2歳ステークスではサクラメガワンダーに差され2着。彼の評価は変わらなかったが、本田優騎手は降となった。

3歳初戦は武豊騎手に乗り替わっての共同通信杯。2歳王者フサイチリシャールをきっちり差しきって重賞2勝。返す弥生賞でもサクラメガワンダーやスーパーホーネットを下し連勝。
堂々一番人気で皐月賞に挑むが追い込み不発で4着、日本ダービー距離が長かったか7着と敗してしまう。
ただ、この頃はまだ武豊騎手との信頼にヒビが入るようなことは…いや、もう少しずつ入っていたのかもしれない。
ただ、爆発するのはまだまだ先のことである。 

世界が見上げる名月

札幌記念では古を蹴散らし快勝。天皇賞に向かうがダイワメジャーに敗れ3着、その後は香港に遠征するがPrideの前にハナ差敗れ2着とイマイチ勝ち切れずじまい。 実はあるんだけどなんか足りないというのが専らの評価であった。
年明けは京都記念(この年は第100回の記念レース)からスタート。先行して抜け出し抑え込む競馬久々勝利するとドバイへ遠征。
デューテフリーダイワメジャーとともに出走。先に抜け出しかけたダイワメジャーを捉えるとそのまま突き抜け圧勝。
GⅠ初勝利海外で飾った。これに気をよくした営は香港に遠征しクイーンエリザベス2世カップに出走。
しかしながら追い込み不発で3着に終わってしまう。この後、サイドの去年の頃から武豊騎手に積した不満が爆発
この競馬の後、アドマイヤの武豊戦のは全て乗り替わりと相成った。この後、武豊騎手は騎乗数やの質が下がっていくのだがこの事件とも関係ではあるまい。 
後、岩田騎手に乗り替わり宝塚記念に出走。メイショウサムソンの勝ちパターンを差し切りGⅠ2勝を挙げた。 

トレードされた月

休養し、に備えていた2007年7月27日、モハメド殿下率いるグループ日本法人ダーレー・ジャパンに所有権が譲渡されたと発表された。
トレードマネーは相当に巨額で、なんと40億円也。凄まじい額に日本競馬ファンがひっくり返った。
…生産のノーザンファームはあんまり良く思わなかったのか、このトレードの後アドマイヤにいいが回ることは少なくなっていったが因果関係は不明瞭である。というか、ノーザンファームの代表である吉田勝己も権利を半分持っていたため、その気になれば拒否できただろうし。
代わりにトーセンやピサ、クラブにいいが回ってるのでアドマイヤの近藤氏の回りの問題なのだろう。世の中は厳しい。
話をムーンに戻すと、天皇賞(秋)に直行しメイショウサムソンに次ぐ二番人気で迎えたがエイシンデピュティの斜行に巻き込まれ6着に沈没。
リベンジ香港カップ遠征が計画されたがインフルエンザ禍で検疫に時間がかかるため断念。距離不適を覚悟でジャパンカップを選択せざるを得ず、人気も五番人気であった。しかし、最内をぴったり回ってスタミナを温存しつつ前を行くという岩田騎手のファインプレーポップロック追い込みをわずかに勝利
この勝利を手土産引退。ダーレー・ジャパンスタリオンコンプレックスで種入りした。
通算17戦10勝。明らか走はダービーのみであり、他は掲示板は死守したし斜行絡みでの不完全燃焼と安定感は抜群であった。

現在はダーレージャパンの看として、初年度から重賞勝ちを輩出するなどトップサイアーとはいかないまでも健闘はしている。アドマイヤムーン自身は中距離であったが、他のエンドスウィープ系の種と同様に産駒のどは短距離であり、いわゆる"血統の先祖帰り"のような状況になっている。

な重賞級産駒】

関連動画

関連商品

アドマイヤムーンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

アドマイヤムーンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドマイヤムーン

1 ななしのよっしん
2012/05/27(日) 22:12:21 ID: VO5D0l+sv4
2007ジャパンカップ実況はひどかった。
2 ななしのよっしん
2017/03/01(水) 13:17:53 ID: 2jeb+PA/gk
産駒には自分と同じぐらい長い距離走れるの
なかなか出てこないね
3 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 12:49:54 ID: ZFs9GvA+Pf
セイウンコウセイG1制覇おめ
4 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 16:50:58 ID: Yv1ligvQFZ
孝行息子セイウンコウセイはぜーんぜん適正距離違うな。この不思議さも競馬醍醐味なのか?
首がぶっといのは親でそっくりだが。
5 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 17:15:35 ID: NzqLx9VZjA
ファインニードルプリントGⅠ連覇おめ
6 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 03:17:26 ID: S0WGEmUbFV
適正距離の個性と遺伝適正の二つで決まるから親と産駒の距離が違う事はままある ディープは血統的には中距離だけど走法の美しさで長距離で圧倒的な強さを見せ血糖的には中長距離サッカーボーイは気性からマイルで強さを見せた
それにしても血統的にはフォーティナイナー以外中距離で固まってるのにこうも極端に短距離が集まるもんなのかね