アドルフ・ヒトラー単語

アドルフヒトラー

アドルフ・ヒトラー独:Adolf Hitler)とは、オーストリア出身のドイツ政治家である。ナチスの党首であり、第二次大戦の中心人物。名前の表記ゆれには「アドルフヒットラー」がある。(日本人にはhitlerはヒトラーにもヒットラーにも聞こえる。)

概要

国家社会主義ドイツ労働者党NSDAP)党首として1933年にドイツ首相に就任。翌年、ヒンデンブルク大統領の死去に伴い、投票を経て「導者(フューラー)兼首相」として国家元首の座に就く。この地位を日本語では慣例的に「総統」と呼んでいる。後、1945年4月30日赤軍攻囲下のベルリン自殺するまでその地位にあった。

彼が政権にあった時期のドイツして「ナチス・ドイツ」「ドイツ第三帝国」と呼ぶことがある(第三帝国については第一は神聖ローマ帝国、第二はドイツ帝国の事をす) 。

生い立ちから死亡まで

総統閣下1889年生まれのオーストリア籍の民族ドイツ人。後にドイツ籍を取得。

本来は芸術志望であったが、美術学校に落第し挫折を味わう。(ヒトラーの描いた絵はニコニコ動画にもアップされている⇒sm6558112exit_nicovideo

第一次世界大戦ではドイツバイエルン)軍に志願し、叙勲された経験も持つ。負傷もしている。大戦の最期には一級十字章を受賞したが、最終階級は伍長止まりであった。その為、ニコニコ動画などでは伍長閣下と呼ばれる場合がある、またこの一級十字章は、ヒトラー自身が名誉と思っていたのか、総統になった後でも肌身離さず付けていた。

戦後は軍の反共宣伝活動に従事していたが、成り行きからとある政党の集会に参加。やがて演説の才から頭を現し、党の導者(フューラー)となる。この政党NSDAPナチス)である。

ヴェルサイユ体制への反感、世界恐慌、排外義・反ユダ義などを背景に、決起(ミュンヘン)の失敗に伴う逮捕などを経つつもヒトラー率いるNSDAPは勢を伸ばして行き、1933年の選挙ヒトラー首相となる。全権委任法を制定して一切の政党を禁止し、際連盟を脱退。1934年に「長いナイフ」と呼ばれる大粛正を行い防軍を握。同年、大統領首相を兼任し国家元首(フューラー)となり、独裁体制を確立させる。

政権取得後はヴェルサイユ体制の破棄(再軍備・ドイツ領土の回復)、大ドイツ義政策を推進。内では福共事業を推進すると同時に、有名なユダヤ人敵視政策も進めている。

1936年にはベルリンオリンピックを開催し、近代オリンピック初のリレーを導入した。この映像は試験的だったテレビを導入した為、レニ・リーフェンシュタール監督によって記録映像を残した初めての大会となった。この時に使われたカメラはツァイス製のSonnar 180/2.8(通称オリンピア・ゾナー)であった。また、この大会でドイツは大会一番の33個のメダルを取るなど大成功を収めた。要スタジアムとして建造されたベルリン・オリンピアシュタディオンexit2009年世界陸上でも使われた。

チェコスロバキアからのズデーテン割譲あたりまでは融和的な態度を取ってきたが、ドイツソビエト連邦と秘密協定を結びポーランド分割するに至り態度を変更。ここに第二次世界大戦が勃発する。

戦争初期、ヒトラー率いるドイツ電撃戦と呼ばれる戦術によって速やかにオランダベルギーを通りフランスを下すが、英派遣軍の殲滅には失敗。ドーバー峡の航空上優勢も確保できずじまいに終わる。

英本土上陸作戦を断念したヒトラーは、独ソ不可侵条約を破りバルバロッサ作戦を発動し対ソ戦に突入する。対ソ戦開始の背景は、イデオロギー対立とも「東方生存圏」とも「ソビエトの西進に対する予防」とも言われている。まこと欧州情勢は複雑怪奇。

やがて独ソ戦は当初のドイツ優位から赤軍の反攻に転じ、南では独軍を北アフリカから駆逐した英米軍イタリア本土に上陸し、19439月イタリア条件降伏。そして1944年6月、それまで着していた西部戦線にノルマンディーに連合軍が上陸し、石油もついたドイツ悪夢の内線作戦を強いられる事態になった。

この間、ヒトラーは現場の状況を視したな死守命を出し、現場の軍を何度となく危機さらしている。そのため軍内部で幾度となくヒトラー暗殺計画が立案され、実行に移されたが、ことごとく失敗している。

連合軍の手に渡さないが為にパリベルリンなどの生産施設を爆破させる計画を提案するが、軍需大臣のシュペーアに止められ断念。ベルリンに迫る赤軍く中、1945年4月30日ヒトラーは地下壕で結婚したばかりの秘書エヴァブラウンを伴って自殺。遺骸は焼却されたとされる。

5月2日に総統官邸を占拠したソ連軍によって遺体を発見され、永きの間にわたり遺体の場所は秘匿されてきたが、ヒトラー埋葬場所がネオナチ聖地になることを恐れ、後にソ連導者となる当時KGB議長だったアンドロポフの命によってヒトラーブラウンゲッベルス夫妻とその子供6人の計10人の遺体は全焼却された上でエルに散された。(ソ連崩壊後の1993年に、KGB/FSBが、KGBの元メンバーによる的検死記録その他の報告書を表した。)

評価

第一次世界大戦後当時、ドイツは敗戦直後という事もあり経済的にも落ち込んでいた。ヒトラーはその根本的な原因だったヴェルサイユ条約の打破、また当時からドイツの中では浮いた存在だったユダヤ人を敗戦の原因として悪に仕立て上げ、排除を訴えた。もともと飛び抜けた演説の才があったヒトラーはその見事な演説ドイツ人民の心を掴み、小規模な地方労働者の政党にすぎなかったナチ党を1200人の巨大政党に成長させて政権を掴んだ。(ちなみにヒトラー入党時ナチスは7人だった、というのは誤りで55名の党員がいた。委員がヒトラー含め7人である)

ユダヤ人をはじめ多くの人々の殺を下した独裁者とされる。虐殺されたユダヤ人は500600万とされているが、ドイツではナチタブーがあり検が進んでいない。戦勝の常として過剰な報道がなされたためで、実数はここまで多くなかったのではないかという説もある。また、当時のソ連でもホロモールスターリンの大粛正、カティンの事件など数多くの虐殺事件が存在する。

同様に戦後ドイツの地位回復の為に旧ドイツ戦争責任を背負い込まされた導者という側面もある。

ゲルマン人のにはアーリア人種があるとし、ドイツ人をめる為のプロパガンダの一側面にも使われたが、ヒトラーは自身が理想とする金髪眼のアーリア人ではかった。

健康に気を使い、ベジタリアンタバコもたしなまず動物愛護法を制定し、子供や女性に優しく、紳士的な人物であったと言われている。 実際彼の地下壕ではタバコは厳禁であった。(さすがにベルリンの戦いの末期になると恐怖から逃れるためにヒトラーの届かないところで飲するものがいたようだが。)大戦末期に一緒に地下壕で暮らしていたゲッベルスの子供たちなどからは「アディおじさん」、姪のアンゲラ(通称ゲリ)からは「アルフおじさん」と呼ばれて親しまれていた。だが末期には過度のプレッシャーからか精異常をきたしたかのような言動も増え、現場の状況を視した非現実的な命を度々下し、ヒステリーを起こして部下に当たり散らす事も多かったという。自律神経失調症や何らかの精神疾患になっていた可性も高い。 

ヒトラーユダヤ人である可性があった為、ヒトラー自身が1930年にハンスフランクに調を命じたが、調は彼自身が中止を命じたため中止になった。ちなみに、ヒトラーの祖ユダヤ人ではなかった。

また、彼は19世紀の音楽界に影を与えたリヒャルト・ワーグナーの信仰者だった(ニーチェマーラードビュッシーなどもワグネリアンだった)。その為、映像記録などでは好んでワーグナー作曲した音楽が多数添えられている。ナチスイデオロギーの徴として使われたワーグナーの作品は、現在イスラエルでは衆の前で演奏することを禁止されているほどの抵抗が根強く残っている。

(特に欧州イスラエル)でヒトラー擁護的な発言は冗談でもしない方が身の為である。いやマジで。

総統閣下シリーズ

ニコニコ動画ではいわゆる総統閣下シリーズで有名。

日々極東の同盟の体たらくに心を痛めている様子であるが、詳細は当該項目に譲る。民啓・宣伝大臣ゲッ“”ルス博士演説も一読されたい。

映像・音メディア活用した宣伝技法、そしてプロパガンダの有用性が21世紀の現在でもまったく色あせていないことの左であろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

アドルフ・ヒトラー

1331 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 21:54:48 ID: vid5eDanrl
>>1330
 虐殺までは行かないが、法規制と迫はしているぞ。
1332 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 18:55:05 ID: lYWxmSbAbE
>>1331
その割にはまだまだ悪影が出まくってる
だから法規制と迫だけじゃ焼け石にだと思うわ
1333 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 19:23:43 ID: N3PtTPeFzd
当時は多額の賠償に加え大恐慌で失業者やインフレ異常だった
それにより貧富の格差を生む資本主義や財閥ユダヤ人へのヘイトが凄まじかった
元より欧州全体では千年単位で反ユダヤ感情が根深く、これに輪をかけた

ユダヤ人虐殺を決して肯定するわけではないが、ホロコーストナチス暴走下地は十分に用意されていたのだ
1334 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 22:28:26 ID: wr5bKaV7rf
意外だけど演説で有名な割に政権とってからはもう演説はほとんどやってなかったりする だからドイツ歴史に刻まれた演説ゲッベルス人生生涯を賭けた国家演説の方だった
1335 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 07:20:42 ID: vid5eDanrl
>>1332
  では、「アンチ」と「政治厨」の定義は? そこを明確にしないで「虐殺」という手段を気軽に持ち出すのなら、方自身は「アンチ」や「政治厨」なのではないのだろうか。
1336 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 07:41:49 ID: HoqAVkbAm0
>>1333
ワイが読んだ本では、当時のドイツとかオーストリアでは
世界市民義(コスモリタニズム)が流行してたらしい

つまり今の欧州と同じで民族が入り乱れ、それによる不満が積み重なってた
ヒトラーはそういう世界で「この社会をどうにかしないといけない」と考えながら成長したという

おそらくはヒトラーだけでなく、当時の人は大なり小なり同じことを考えたんやろな
ワイが得た教訓は、多文化共生主義者は自覚なまま社会
轢を作り、それにより悲惨な結果が起きるってことやな
1337 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 08:05:04 ID: VsOhZBmWON
晩年のヒトラー明らかにやべえ精状態、現場を視した無能示連発だったんだけど、もうその頃にはヒトラーに「ノー」と言える人物がいなくなってた悲劇
1338 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 02:03:00 ID: dZYboD8g+5
つまり最初はNoと言える人がいたと
1339 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 19:09:03 ID: Wn3y7dNcpZ
>>1336
ヒトラーの反資本主義スルーしてるよ、それ

ヒトラーが選んだのは国家社会主義ナチズム)なわけでね。ヒトラーナチスが敵視したのは、世界市民義や多文化共生主義よりも、資本主義や合理的科学産業だった

資本主義下では、人種や文化でなく経済的実が基準になる。1700年代の資本主義社会でさえ「ユダヤ人、 回教徒[ムスリム]、キリスト教徒が、まるで同じを崇拝するかのように互いに接している。この場で不信心者とされるのは破産者だけだ。」とヴォルテールが説明したりしていた

逆に言えば資本主義社会では、古くから続く伝統や血縁は大した意味が
要するにヒトラー達は、昔ながらの既得権益や精論を守り、資本主義を破壊するための轢を生み続けるを選んだ
1340 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 22:08:07 ID: 1UBTvaZoC1
>>1336
民族が入り乱れ」るのは歴史あるある。前近代に限っても、シルクロードには際的な交易都市が複数存在していた。北京コンスタンティノープル、マディーナ・アッサラーム(=バグダート)のような大都市では、様々な多民族が貿易し、知識を交換し合っていた。

世界市民義者や多文化共生主義者が存在するだけでは、「不満」や「轢」が溜まったりはしない。じゃあヒトラーやその支持者は何が不満だったのかと言うと、>>1339だいたいあってる
産業化や資本主義化が世界の「幻滅」(=disenchantment神話化・脱宗教化)を起こしたとマックス・ヴェーバーは言った。しかし、「幻滅」を防ごうとする国家義者や伝統義者も世の中には多い。例えばナチスや親ナチスは、グリム童話ワーグナーを称賛し広めようとしてもいた。

急上昇ワード