アドルフ・ヒトラー単語

アドルフヒトラー
3.9千文字の記事
  • 108
  • 0pt
掲示板へ

アドルフ・ヒトラー独:Adolf Hitler)とは、オーストリア出身のドイツ政治家である。ナチスの党首であり、第二次大戦の中心人物。名前表記ゆれには「アドルフ・ヒットラー」がある。(日本人にはhitlerはヒトラーにもヒットラーにも聞こえる。)

概要

国家社会主義ドイツ労働者党NSDAP)党首として1933年ドイツ首相に就任。翌年、ヒンデンブル大統領の死去に伴い、投票を経て「導者(フューラー)兼首相」として国家元首の座に就く。この地位を日本語では慣例的に「総統」と呼んでいる。後、1945年4月30日赤軍攻囲下のベルリン自殺するまでその地位にあった。

彼が政権にあった時期のドイツして「ナチス・ドイツ」「ドイツ第三帝国」と呼ぶことがある(第三帝国については第一は神聖ローマ帝国、第二はドイツ帝国の事をす) 。

生い立ちから死亡まで

総統閣下1889年生まれのオーストリア籍の民族ドイツ人。後にドイツ籍を取得。

本来は芸術志望であったが、美術学校ウィーン美術アカデミー)に落第し挫折を味わう。(ヒトラーの描いた絵はニコニコ動画にもアップされている⇒sm6558112exit_nicovideo

第一次世界大戦ではドイツバイエルン)軍に志願し、叙勲された経験も持つ。負傷もしている。大戦の最期には一級十字章を受賞したが、最終階級は伍長止まりであった。その為、ニコニコ動画などでは伍長閣下と呼ばれる場合がある、またこの一級十字章は、ヒトラー自身が名誉と思っていたのか、総統になった後でも肌身離さず付けていた。

戦後は軍の反共宣伝活動に従事していたが、成り行きからとある政党の集会に参加。やがて演説の才から頭を現し、党の導者(フューラー)となる。この政党NSDAPナチス)である。

ヴェルサイユ体制への反感、世界恐慌、排外義・反ユダヤ義などを背景に、決起(ミュンヘン)の失敗に伴う逮捕などを経つつもヒトラー率いるNSDAPは勢を伸ばして行き、1933年選挙でヒトラーは首相となる。全権委任法を制定して一切の政党を禁止し、国際連盟を脱退。1934年に「長いナイフ」と呼ばれる大粛正を行い防軍を握。同年、大統領首相を兼任し国家元首(フューラー)となり、独裁体制を確立させる。

政権取得後はヴェルサイユ体制の破棄(再軍備・ドイツ領土の回復)、大ドイツ義政策を推進。内では福公共事業を推進すると同時に、有名なユダヤ人敵視政策も進めている。

1936年にはベルリンオリンピックを開催し、近代オリンピック初の聖火リレーを導入した。この映像は試験的だったテレビを導入した為、レニ・リーフェンシュタール監督によって記録映像を残した初めての大会となった。この時に使われたカメラツァイス製のSonnar 180/2.8(通称オリンピア・ゾナー)であった。また、この大会でドイツは大会一番の33個の金メダルを取るなど大成功を収めた。要スタジアムとして建造されたベルリン・オリンピアシュタディオンexit2009年世界陸上でも使われた。

チェコスロバキアからのズデーテン割譲あたりまでは融和的な態度を取ってきたが、ドイツソビエト連邦秘密協定を結びポーランド分割するに至り態度を変更。ここに第二次世界大戦が勃発する。

戦争初期、ヒトラー率いるドイツ電撃戦と呼ばれる戦術によって速やかにオランダベルギーを通りフランスを下すが、英派遣軍の殲滅には失敗。ドーバー海峡航空上優勢も確保できずじまいに終わる。

英本土上陸作戦を断念したヒトラーは、独ソ不可侵条約を破りバルバロッサ作戦を発動し対ソ戦に突入する。対ソ戦開始の背景は、イデオロギー対立とも「東方生存圏」とも「ソビエトの西進に対する予防」とも言われている。まこと欧州情勢は複雑怪奇。

やがて独ソ戦は当初のドイツ優位から赤軍の反攻に転じ、南では独軍を北アフリカから駆逐した英米軍イタリア本土に上陸し、1943年9月イタリア無条件。そして1944年6月、それまで着していた西部戦線にノルマンディーに連合軍が上陸し、石油もついたドイツ悪夢の内線作戦を強いられる事態になった。

この間、ヒトラーは現場の状況を無視したな死守命を出し、現場の軍を何度となく危機さらしている。そのため軍内部で幾度となくヒトラー暗殺計画が立案され、実行に移されたが、ことごとく失敗している。

連合軍の手に渡さないが為にパリベルリンなどの生産施設を爆破させる計画を提案するが、軍需大臣のシュペーアに止められ断念。ベルリンに迫る赤軍く中、1945年4月30日ヒトラーは地下壕で結婚したばかりの秘書エヴァブラウンを伴って自殺遺骸は焼却されたとされる。

5月2日総統官邸を占拠したソ連軍によって遺体を発見され、永きの間にわたり遺体の場所は秘匿されてきたが、ヒトラーの埋葬場所がネオナチ聖地になることを恐れ、後にソ連導者となる当時KGB議長だったアンドロポフの命によってヒトラーとブラウンゲッベルス夫妻とその子供6人の計10人の遺体全焼却された上でエルに散された。(ソ連崩壊後の1993年に、KGB/FSBが、KGBの元メンバーによる的検死記録その他の報告書を表した。)

評価

第一次世界大戦後当時、ドイツは敗戦直後という事もあり経済的にも落ち込んでいた。ヒトラーはその根本的な原因だったヴェルサイユ条約の打破、また当時からドイツの中では浮いた存在だったユダヤ人を敗戦の原因として悪に仕立て上げ、排除を訴えた。もともと飛び抜けた演説の才があったヒトラーはその見事な演説ドイツ人民の心を掴み、小規模な地方労働者の政党にすぎなかったナチ党を1200人の巨大政党に成長させて政権を掴んだ。(ちなみにヒトラー入党時ナチスは7人だった、というのは誤りで55名の党員がいた。委員がヒトラー含め7人である)

ユダヤ人をはじめ多くの人々の殺を下した独裁者とされる。虐殺されたユダヤ人500600万とされているが、ドイツではナチタブーがあり検証が進んでいない[要出典]。戦勝の常として過剰な報道がなされたためで、実数はここまで多くなかったのではないかという説もある。尚、ホロコースト否定罪が存在する為偽の追求は実質不可能。(被告を弁護する弁護士も刑罰対の為)また、当時のソ連でもホロドモールスターリンの大粛正、カティンの森事件など数多くの虐殺事件が存在する。

同様に戦後ドイツの地位回復の為に旧ドイツ戦争責任を背負い込まされた導者という側面もある。

ゲルマン人のにはアーリア人種があるとし、ドイツ人をめる為のプロパガンダの一側面にも使われたが、ヒトラーは自身が理想とする金髪碧眼のアーリア人ではかった。

健康に気を使い、ベジタリアンタバコもたしなまず動物愛護法を制定し、子供女性に優しく、紳士的な人物であったと言われている。 実際彼の地下壕ではタバコは厳禁であった。(さすがにベルリンの戦いの末期になると恐怖から逃れるためにヒトラーのの届かないところで飲するものがいたようだが。)大戦末期に一緒に地下壕で暮らしていたゲッベルス子供たちなどからは「アディおじさん」、姪のアンゲラ(通称ゲリ)からは「アルフおじさん」と呼ばれてしまれていた。だが末期には過度のプレッシャーからか精異常をきたしたかのような言動も増え、現場の状況を無視した非現実的な命を度々下し、ヒステリーを起こして部下に当たり散らす事も多かったという。自律神経失調症や何らかの精神疾患になっていた可性も高い。 

ヒトラーのユダヤ人である可性があった為、ヒトラー自身が1930年ハンスフランクに調を命じたが、調は彼自身が中止を命じたため中止になった。ちなみに、ヒトラーの祖ユダヤ人ではなかった。

また、彼は19世紀の音楽界にを与えたリヒャルト・ワーグナーの信仰者だった(ニーチェマーラードビュッシーなどもワグネリアンだった)。その為、映像記録などでは好んでワーグナー作曲した音楽が多数添えられている。ナチスイデオロギーの徴として使われたワーグナーの作品は、現在イスラエルでは衆の前で演奏することを禁止されているほどの抵抗が根強く残っている。

(特に欧州イスラエル)でヒトラー擁護的な発言は冗談でもしない方が身の為である。いやマジで。

尚、日本と同盟を結ぶ際には日本歴史底的に調べさせたとされている。彼は日本歴史ルーツに何か見出していたのかもしれない。

総統閣下シリーズ

ニコニコ動画ではいわゆる総統閣下シリーズで有名。

日々極東の同盟の体たらくに心を痛めている様子であるが、詳細は当該項に譲る。民啓・宣伝大臣ゲッ“”ルス博士演説も一読されたい。

映像・音メディア活用した宣伝技法、そしてプロパガンダの有用性が21世紀の現在でもまったく色あせていないことの左であろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 108
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

アドルフ・ヒトラー

2324 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 01:07:20 ID: v1K5r0/gtz
兵ってかなり過酷な役割だったんでしょ?
単純に憔悴してシケた面構えになってたんじゃない?
さもそも勲章授与とかその辺の話は全部ナチス捏造って説もあるが
2325 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 01:14:25 ID: vid5eDanrl
「かなり過酷な役割だった」が何とべての話かによるだろうね。

それとは別件だが、第一次大戦後ヒトラーの任務についてはナチ党総員挙げて誇している。
逆に、「最前線に出ないで安全圏にいるからヒトラーは上等兵止まりだったんだよ」的な暴露記事書いた人はダッハウ強制収容所に入れられてる(黙ることを条件に3かで釈放)。

以上、前掲書の22~24ページあたり参照。
2326 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 17:52:24 ID: YMdC8/aCdM
>>2323
書籍紹介有難う。引用とても助かります(今、つん読状態でして…スマソ)。
しかし、「最前線に出ないで」々…マジすか。
兵隊時代は煙弾の最前線を「伝~!伝~っ!」って血の流しながら駆けずり回ってた、見たいな兵隊像を勝手に想像してたんだけど…。
でもこれなら昇進打止め(?)も納得。専ら安全圏ウロついてた兵隊ならば、多数の部下の命預ける職にはおいそれと就かせれん=中々昇進させられんわな。
…じゃあ何故、一級十字章なんて凄い勲章をぶら下げられたかって疑問は残るが。そう簡単にはもらえん…
後、自分が上で書いといて何だが「に欠ける」って当時の上官の評価が解らん。に欠ける輩が、一(敗戦国とは言え大)のしかも独裁者に就けるもんかね。まあ後で色々勉強したんじゃないの?って言われればそれまでだが。

>第一次大戦後ヒトラーの任務

 これは、「大戦中の」の誤植って事でOK?
2327 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 18:02:03 ID: YMdC8/aCdM
長いんで連投です
>>2324
>単純に憔悴してシケた面構えになってたんじゃない?
 この頃は周囲にべてメンタル弱かったのかねえ。他の同時代を生きた(同じ写真に写ってるからまさしく同時代)兵士が皆、カメラ線なのに自分だけ明後日の方向見てる写真とかあるし。
 いは仲間外れにされてたとか(偏屈者扱いはされてたらしいが)、最前線に出ないわ出世もしないわでイマイチな伝兵と半ば見離されてたんなら、引け感じて線外したり、端っこで写ったんだと一応は説明つくが。
 まあ、もしその手の印を記したや資料があってもゲシュタポとかが見逃すがないんだろうけどね。
2328 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 18:05:29 ID: VsOhZBmWON
一級十字章は第一次世界大戦前まではめっちゃレアな勲章だったが
泥沼化して戦続きで乱発されてしい勲章でもなんでもくなったんだよな

まあ、ちょびはそれを生涯大事につけていたが
2329 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 18:25:55 ID: VsOhZBmWON
軍人時代のユダヤ人をゲシュタポがうっかり捕まえちゃった時は
「あっ、やべ総統の恩人捕まえちゃったよ…」とかなり冷やかいたらしい
2330 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 22:55:08 ID: vid5eDanrl
>>2326
とりあえず自分が答えられる範囲で。

誤植について
  「第一次大戦中のヒトラーの任務については第一次大戦後ナチ党総員挙げて誇している。」ですね。申し訳ない、時系列細かく書こうとしたり削ったりして文章ミスった。

・第一級十字章の受賞理由について(前掲書25以下)
  ざっくり言うと、フーゴ・グートマンっていう当時の上無茶ぶりで「この火の中で前線に届けたら第一級十字章やるよ」っていう度胸試しをヒトラー(とペアのもう一人)に振ったらあろうことか成功しちゃった。
  それで仕方なくグートマンから官に事情を説明して、そのペアに第一級十字章がしぶしぶ授与されたんだけど(受賞許可が下りるまでに数週間かかった)、当時として特段際立った功績とは認められていなかった、とのこと。

それと、々のくだりについてはセバスチャン・ハフナー『ヒトラーとは何か』とかリチャード・ベッセルナチス戦争』とかも読むと参考になるかも。ハフナーは「弱ってる相手を
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2331 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 09:51:32 ID: YMdC8/aCdM
>>2330
有難う。しかし、
>第一次大戦中~誇している。
>第一級十字章の受賞理由~特段際立った功績とは認められていなかった、

兵士としては“さほど”だったんだな。
時たま、「結構活躍してた/優秀だった」等と解説してる動画サイトを見るが、それは党の情報・印操作にコロっとやられてしまった訳か。…プロパガンダって怖い
まあも、が闘争等をみにした訳でもないし写真から違和感を感じたにせよ、同じ口ですが。
そうなると、ヒンデンブルクやWWⅡ将帥の「伍長のくせに」って陰口は矢り正鵠を得てた訳だ。
「れっきとした武勲を打ち立ててた伍長」(?)に対してなら、ゴリゴリの軍人気質の彼らがそんなに蔑むはずはないし。
…ゲーリングとか元将校の党幹部も内心小馬鹿にしてたのかなあ。
推測になるが第一次大戦後の軍に残留した際、「お前の新しい任務はこの政党の調な」と非軍事的(?)なお使いを命じられたのもこの辺が遠因なんだろうか。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2332 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 10:01:24 ID: YMdC8/aCdM
続きです(長くなったので)

>弱ってる相手

これ、まさしく当時のドイツだよね…。
政府民からどうも信用されてない、右VS暴力抗争を収拾出来てない
外交海外植民地全喪失、本土領地も一部が周辺諸に食われた、戦争賠償の減額に必死
経済インフレ世界的不況のワンツーパンチを浴びてしまった
生活→長引く救貧状態に吐息、失業者が日に日に増加

そんなあまりに惨めな状況下で、議席数を増やした=選挙に何度も勝ち続けてきた政党揮して…
「この10年程政府は何やってたんだ!」、「自由や幸福や生活突然から降って来る訳ねぇ!」、「々の勤勉さで、さぁもう一度高みへ登るぞ!ご先祖様もドイツの栄為に手に入れた訳じゃねぇ!」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2333 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 11:02:50 ID: YMdC8/aCdM
2332です
救貧状態→貧窮状態。申し訳ない