アドル・クリスティン単語

アドルクリスティン

[序章]

 君は、アドル・クリスティンという名前を知っているだろうか?
 アドル・クリスティン――今をさかのぼること千と数年の昔、
エレシア大陸の西端、エウロペ地方の北東に位置する、名も知れぬ
小さな山村に生まれ、16才の時より、63才にしてこの世を去るまで、
エウロペを中心とした海外諸地域をしてまわった勇猛果敢なる冒
である。
 貧しい農夫の子として生まれた彼は、自他ともに認める快活で何
にでも興味を示す好奇心旺盛な若者であったという。
 特に彼は、外の世界についてよく知りたがり、ある日彼の村に立
ちよった旅人との出会いがきっかけで、自らも冒険の旅に出ること
となる。
 その彼の行動範囲は、となる交通手段が歩きと船だけだった当
時の世界では、驚くべきものがあった。
 南方アフロ大陸の中央部、東方はオリエッタ地方ティグレ
にまで及び、晩年は北の極点をした――しかし、これは失
敗に終わったらしい――と言われている。
 これを見る限りでは、彼の異郷の地に対する冒険心、探究心、そ
して憧れは相当なものだったことがうかがわれ、彼はその行く先々
で起こった出来事を、冒険日誌なるものに記し、それを後世に残し
ていった。
 代表的なものとして――
アルタゴの五大竜
セルセタの樹海
砂の都ケフィン
――などが挙げられる。
 余冊にも及ぶそれらは、現在彼の生の地下庫に保存され、西
世界の如く駆けめぐった彼とは対照的に、静かに眠っている。
私たちは、これらの本を読むことによって、彼がどのような冒険を
くりひろげてきたのかを知ることが出来るのである。

 これから書かれる物語は、その記念すべき第一作失われし古
代王国
』の出だし部分を翻訳小説化したものである。

 冒険地は、今や大の底に眠るとうたわれるエステリア
 物語は、彼がそのへ赴くいきさつをおり込みながら進んでゆく。
 
 と闇が、いまだ混迷を極めていた時代。彼がその肌で体験した
ことを、彼自身になったつもりで読んでいただきたい。


<引用元>
 PC-88イースマニュアルに掲載されたプロローグノベル
 『アドル=クリスティンの冒険』より抜

アドル・クリスティンとは、ギャルゲー主人公一級フラグ建築士 その生涯にあまりの冒険を達成したという稀代の冒険である。

な担当声優ドラマCDOVA、「イースvs.空の軌跡」では草尾毅氏。
セルセタの樹海」「イース8」では梶裕貴氏。
なお、TVアニメみんな集まれ!ファルコム学園」では両氏による共演がなされている。

ちなみに、アドル・クリスティンを命名したのは当時日本ファルコムに在籍していた五十嵐哲也氏。
上記のプロローグノベルも彼が書いたものである。

概要

日本ファルコムより発売される人気ARPGYsイース)」シリーズ主人公
(彼が誕生する数年前を描く「イース・オリジン」は例外)

のない、山とに囲まれた辺の寒村に生まれる。物心付く前には亡くなっておりの手で育てられる。村に時折やって来る行商人や、(アドルが生まれる前は紀行をしていた)に外の世界の話を聞くうち、「外の世界を自分ので見てみたい」という強い憧れを抱くようになる。そして16歳の時故郷を立つ。

立ちから約1年後、17歳の時「呪われたエステリア」の噂話を先で聞く。「エステリアに行って生きて帰った者はいない」と警告されながらも、抑えきれぬ好奇心からエステリアへの渡航を試みるが、その途中小舟は難破。エステリアには漂着するという形で何とかたどり着き、奇跡的に生き延びる。そしてエステリアに伝わる「魔法イース」の伝説に関わっていく。これが「YsⅠ」の物語が幕開けであり、アドルの一番最初の冒険となる。

先では常に自分の生命、果ては世界の存続に関わるような陰謀に何度も関わっていく(巻き込まれたり、自分で首を突っ込んだり様々)が、その全てを因縁や使命感ではなく、冒険者としての情熱と好奇心と良心を持って、事態を解決に導いている。そして事態が収束すると、また新たな冒険に立っていく。

晩年(60過ぎと言われている)、あまりの冒険を成し遂げた後、故郷に戻り、家族(配偶者については明らかにされていない)とともに暮らしながら自身が経験した多くの冒険を手記の形で残す(この手記の一部をゲームとして追体験しているという設定)。全ての冒険を記した後再び立ち、北極点をしたが行方不明となる。(死亡説もあり)

人物

燃えるようなをしており、初期こそ名だったものの、シリーズが進むにつて多くの冒険を成し遂げていき、「赤毛のアドル」として知られていくようになる。また各作品を担当する絵師により貌は若干異なるが、基本的に甘いマスクをしたイケメンである。シリーズ初期はまだ幼さを残した童顔だったが、時系列的に最も後の作品である「イース7」では精悍な顔立ちが描かれる。

好きなものは冒険。そして漂流とピッカード行き倒れて美少女に介抱してもらうことを好む。

ゲーム中は基本的に台詞を喋る機会はほとんどない(ただし作品によっては一部、もしくは全体にわたってセリフがあることも)が、性格は温厚、困った人を見捨ててはおけない底なしのお人好しである。その一方強い情熱と意志を持っており、ちょっとやそっと死にかけたぐらいではこりない冒険バカ。冒険バカについては本人も自覚があるようで、イース7予約特典のドラマCDでは自ら病気とまで評していた。
その夢見る瞳と優しさにハートを打ち抜かれた女性は数知れず、一級フラグ建築士という副業一面もある。また、とあるシリーズ作ではモブキャラにまでプレゼントが出来るため、登場する女性全てに粉をかけるナンパ師とすることもできる。だがしかし、どんな美少女でも彼の好奇心を抑える事は不可能なようで、稀代のフラグクラッシャーでもある。

の腕はかなり知られているらしく、「赤毛のアドル」としての名が知られると同時に評判も上がっていく。しかし初期シリーズ作は体当たりで戦っていた。 「イースⅥ」「イース7」では三種の片手剣レイピア、両手)を使い分けている。他にもそれぞれの舞台で様々な魔法アイテムや特殊を授かり、それを駆使して戦い抜く(それらは次作では持っていないため返却していると思われる)。他に軽装の、作品によってはマフラーをしている事もある。例外は『セルセタの樹海』であり、を身に付けない軽装での冒険を行っている。

ちなみに、アルファベット表記でのつづりは当初は“Adoru ”だったが、現在は“Adol”に変更されている。このため、Adoru表記の頃からあるアドルのテーマについては、“Theme of Adoru 1993”と“Theme of Adol 2001”といった形で、2種類の曲名になってしまっている。

冒険を名乗ってはいるが、作品によっては士や勇者と呼ばれる機会も多い。
イース セルセタの樹海」にて明らかになった手帳を見る限りだとかなりのメモ魔であり、また、絵心もあるようである。また、"冒険"という称号は、セルセタの始原の地に居を構える有エルディールから名付けられたものだとも判明した。

担当声優

冒険日誌と歴代のアドル

1.失われし古代王国 序章 アドル(PC-88)
PC-88
アドル(YsI・II PCE)
PCE
アドル(Ys1&2C PSP)
PSP
2.失われし古代王国 最終章 アドル(PC-88)
PC-88
アド・ルー(PC-88)
PC-88
3.フェルガナ冒険記 アドル右向き(Ys3 PC-88)
PC-88
北米版アドル
GENESIS
4.セルセタの樹海 アドル(Ys4 SFC)
SFC
アドル(Ys4 PCE)
PCE
5.砂の都ケフィン アドル(Ys5 SFC)
SFC
6.翼の民を求めて アドル(Ys6 Win)
Win
7.アルタゴの五大竜
8.ゲーテ海案内記

漂流と遭難の歴史

作品によっては漂流ではないが、気絶して行き倒れることは多数ある。

イース
  • の結界に小舟で挑み、エステリアに漂着する。
    その後リーボルの群れに襲われて気絶。
    バルバトの港町の自警団とスラフに助けられる。
イースII
ワンダラーズフロムイース
イース フェルガナの誓い
イースIV MASK OF THE SUN
イースIV The Dawn of Ys
  • セルセタの樹海でガディスにを落とされて転落。
    通りがかったリーザに傷の手当てをされる。
  • 聖域エルディールの稲妻に打たれて気絶する。
    デュレンにリーザのまで運ばれる。
  • 静寂のから筏で下り中にに転落。
  • ラディーの墓で門を開放後、流に押し流される。
イース セルセタの樹海
イースV 失われた砂の都ケフィン
  • 筏で下り中に砂嵐で遭難。
    フェルテの町のエフィに助けられる。
イースVI ナピシュテムの匣
イースSEVEN
イースVIII LACRIMOSA OF DANA

イースヒロインの法則

先述の通り、アドルは病的なまでの冒険馬鹿であると同時に一級フラグ建築士でもある。しかし、実はシリーズを通してメインヒロインとなる女性キャラの名前は全て、最後の発音が“a”という共通点がある。
具体的には以下の通り。

このような法則があることから、『イースvs空の軌跡』ではティクローゼ(本名がクローディ)が攻略されるのではないかとも言われたが、幸いにして杞憂に終わった。
エステルに関しては最初から攻略外と見なされていたのは言うまでもない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドル・クリスティン

110 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 00:47:25 ID: FD6fcVUr6K
リィンとモテ合戦勃発しそう
111 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 07:05:56 ID: AzkeRonQ6Z
ヒロインから告白された場合どう返すのかな
逆にアドルからなら成功率は高そうだけど

同じヒロインが出るとしてもナンバリングの前後だけなんかな
8もそうだけどキャラ着湧いちゃうね
アドルはそういう執着みたいなのなさそうだけどエアランに大して進んでねぇじゃねぇか!って怒られるの面かったのに
112 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 00:46:50 ID: LqM73KXv8A
アドルは生涯独身で子供もいない。
・・・しかしアドルの死後数年後、アドルの子供が誕生。

ダームの搭に行く前にフィーナとやらかしたらありえる。
113 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 22:41:24 ID: LqM73KXv8A
イースvs空の軌跡アドルと再会したフィーナ。
涙を流しながら(リリアを突き飛ばして)アドルに抱きつくのを想像した。
114 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 22:38:53 ID: ihEcxaVLkC
16歳の頃から数のモンスターロムン兵相手に古代遺跡封印して回ったら
師匠いなくても自然と実戦的な剣術、体捌きが身につくよねぇ
そこらの職業戦士じゃ場数で太刀打ちできない。武闘の間でも名が売れてそう
115 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 00:41:08 ID: ao0vW6S/RD
今更ながら、プロローグノベル追記ナイスと言いたい。
しかし、あれの時点で(つまりイース1発売時点で)冒険日誌のタイトルとして名前を出されていたのが(イース1&2そのものたる「失われし古代王国」を除いて)3つだけだったこと、従ってイース3フェルガナ冒険記からしてそこから外れた、“新たに加えられた冒険”だったことがあまり認知されていない気がする。
(件の3つも、先に設定としてタイトルだけあったのをゲームネタとして拾ったに過ぎないのではと言えばそれまでだろうけれど……。
この際各々のタイトルからゲームの記事に飛べるようにしてはと思ったら、「アルタゴの五大竜」のところに既にリダイレクトが仕込まれていたとは)
116 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 14:19:54 ID: 6Irt9D3T7+
行く先々で世界解明と諸問題解決しているせいで冒険として名が売れる一方、近隣諸からヤベー認定されつつあるみたいな事言われてて笑った
117 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 23:08:13 ID: c5GQjhgo7C
 ゲーム本編1000年以上前のアドルの手記を基にしたという設定を考えると、優男イケメンというお染みのアドル像も、後世の人間が想像で描いたイメージということになるのかね。

 北方出身、赤毛という特徴(現実だとノルマン系の人?)で、かつ60代まで冒険を続けるタフネス

 実は、北米版アドルが一番史実に近かったりして・・・。
118 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 20:16:58 ID: ao0vW6S/RD
イース9での黒髪が話題になっているのを見て、めて思う。
アドルシリーズの最初から「燃えるような赤毛」というわけではなかったらしいけれど、それを知っている人がどれだけいるのだろうか。
ゲーム中のドット絵は見ての通りだけど、当時のアートワークを見ると……)
119 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 22:15:01 ID: ny5/VqL2dh
そいやアドルは冒険の合間に、とある少女の元に顔を出していたというけども、今のところ分かってるスケジュールだと顔を出す暇なんぞないような……。

急上昇ワード