アナクシマンドロス単語

アナクシマンドロス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

アナクシマンドロス(紀元前610年頃~紀元前546年)とは、古代ギリシア自然哲学者・天文学者である。

生涯

ミレトスに住み、タレスアナクシメネスとともにミレトス学を構成した。

彼の著作のほとんどは現存しないが、わずかに残ったものから彼の思想をうことができる。

哲学上の業績

哲学者の祖」タレスに続いて、「万物の根アルケー)」について思考した。

彼は、アルケーとは「アペイロン限なるもの)」だと考えた。アペイロンとはギリシア語で「限定されないもの」という意味で、不生不滅の存在であり、一切のものがアペイロンから生じ、アペイロンに帰るのだという。新プラトン義の「流出説」に近い考え方である。

天文学上の業績

アナクシマンドロスは天文学にも精通し、

などの業績が残されている。

ただ、彼が発明したとされる球儀は現存せず、現存する最古の球儀は、紀元前255年頃にエラストテネスが発明したものである。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アナクシマンドロス

1 なーなしギガントロス
2013/10/22(火) 23:00:36 ID: hOyhXoy70U
マンドロス萌え
2 ななしのよっしん
2014/05/28(水) 01:33:37 ID: q0wfVdiknr
ナクシマン
ナクシセブン
帰ってきたアナクシマン
ナクシマンA
ナクマンタロウ
ナクシマンレオ
ナクシマン
ナクシマン80
……
ナクシマンゼロ
ナクシマンギン
アナクシマンドロス←今ココ

急上昇ワード