アナクシメネス単語

アナクシメネス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ミレトスのアナクシメネスギリシャ語:Άναξιμένης、紀元前585年 - 紀元前525年)は、古代ギリシア自然哲学者である。 ラテン語では「Anaximenes」。

アナクシメネスはギリシャの当時植民地だったイオニアのミレトスに生まれたが、同じくギリシャ出身で歴史の「ランプコスのアナクシメネス」とは関係がない。 当記事で単純に「アナクシメネス」と言った場合、ミレトス出身のアナクシメネスをす。

ソクラテスより以前の哲学者であるため、「フォアゾクラティカー(Vorsokratiker)」の一人として数えられる。

生涯

アナクシメネスの生涯については、ほとんど分かっていない。

紀元前585年、ギリシア植民地イオニアの貿易で盛んだったミレトスに生まれた。

世界で初めて合理的な思想に基づいて「アルケーArche)はである」と言った哲学として名高いタレスや、「アルケー限(アペイロン)である」と言ったアナクシマンドロスと共に、ミレトス学の一人に分類される。

また、アナクシマンドロス子とされる。

紀元前525年に亡くなる。

アナクシメネスに触れている著作としては、3世紀に活躍した哲学ディオゲネス・ラエルティオスの『ギリシア哲学者列伝』などがある。

哲学上の業績

アナクシメネスも、タレスアナクシマンドロスと同様、「万物の根アルケー)」について考え、ある時、アナクシメネスは死人を見つけ、死人は息をしないこと、しかし自分は息をしていることから、アルケー「アエール空気)」だと考えた。

空気が薄くなると火になり、濃くなると、さらに濃くなると土になる、といったように、すべてのものが空気から生成されると考えた。

その他の業績としては、地面は大きな石の円盤から成り立っているとし、空気が地面を支えているのだとした。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%8D%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アナクシメネス

1 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 14:23:13 ID: ikiWy4XLw3
Wikipedianだがニコニコ科にアナクシメネスの記事があって感心した。
2 ななしのよっしん
2014/11/13(木) 17:30:56 ID: t0TnJgekvU
中世哲学の記事は充実してないのに古代ギリシア哲学の記事は異様に充実している大百科
3 ななしのよっしん
2017/05/22(月) 13:51:52 ID: ikiWy4XLw3
特に古代ギリシア哲学者はエピソードが豊富で面いからね

急上昇ワード

2019/12/13(金)02時更新