アナザーライダー単語

キョウカラキミガカメンライダーダ
  • 37
  • 0pt
掲示板へ

お前に新しい体験をして貰う。意見はめん」

アナザーライダーとは、特撮ドラマ仮面ライダージオウ』に登場する仮面ライダーにして怪人の総称である。

デザイナー出渕裕篠原保。

概要

タイムジャッカーオーマジオウに代わる魔王補として擁立する為に生み出している存在。本来の変身者(以下「オリジナル」と表記)から抽出した仮面ライダーを持つライドウォッチアナザーウォッチ」を契約者として半ば一方的に選出した人物と融合させる事で発生する。名称は「アナザー+元のライダー名」。身体のどこかに元となったライダー名の英字および出典作品の放送開始年数が記されている。
オリジナルに概ね類するを有しているが、基本的にアナザーライダーは怪人と戦う為の理由や使命、もしくはライダーシステムの必要条件といった該当する仮面ライダー変身する為の因子が足りない人物を理矢理変身させた存在である。その副作用によりライダーんだ形で発現している事を視覚的にわかりやすく伝える為か、ライダーが怪物化したような異形の姿となっており総じてを剥き出しにした生物的な(クラッシャー)や眼球が造形されている。多くの作品においてライダーパワーソースが敵と同じないし類似することを考えると、その不気味な姿形はに飲まれたライダーのなり損ないという事を暗に示していると言える。元祖仮面ライダーである1号に例えるなら怪人バッタ男に成り得た可性の分岐をそのまま具現化したようなものである。
仮面ライダー生物的なデザインアレンジするという点ではバンダイスピリッツコレクターズ事業部が販売しているフィギュア「S.I.C.」が思い浮かぶ人もいると思われるが、こちらは敵である事を強調する為かより悪かつグロテスクな方向を突き詰める形で差別化されている。但し単にグロテスク化するのではなく何らかのネタが盛り込まれている事が多く、それを連想して探し当てるのも『ジオウ』視聴における醍醐味の一つだろう。

アナザーライダーの存在が齎す影響

アナザーライダーは発生と同時にその歴史線において正式な仮面ライダーとして認識される歴史竄を引き起こす。補計画2.5話で明かされたジオウ世界における第1のルール「同じライダーは同じ時間には共存できない」法則により、タイムジャッカーを奪われアナザーに取って代わられたオリジナル仮面ライダーとしてのを失っていき、果てはライダーとしての記憶や活躍の軌跡が消失する。
メタ的に言えば放送されたの本来の番組そのものが最初からいものとして扱われるため、オリジナルのみならず怪人を含めた出典作の登場人物達にも影が及ぶ事になる。実際の事例をあげるとアナザービルド発生後には万丈龍我と記憶も失われていたほか、アナザーフォーゼ生時にはスコーピオン・ゾディアーツが消滅している。中には草加雅人駆紋戒斗の様に生死の運命すらも変わってしまうケースも確認されている。一部例外もみられるが、これはオリジナルが極めて特異な存在故にアナザーライダーおよびタイムジャッカーの介入を受ける法則を回避できる為だろう。
ただしアナザーライダーの変身解除から復活までの間は一時的に歴史竄がリセットされ影を受けていた人物達のと記憶が復活する。それだけでは直接的な解決にはならないが、これにより常磐ソウゴらが記憶を失う前の彼らと接触する機会を作ることはできる。

対策

アナザーライダーに戦闘不能に陥るほどのダメージを与えれば変身は解けるものの、ジオウ世界第2のルール「アナザーライダーは同じライダーでしか倒せない」法則により、ただ倒すだけでは核であるアナザーウォッチを破壊することはできず、タイムジャッカー再起動させることで容易に復活可なうえ、その際は時間停止を仕掛けてくる為阻止する事はほぼ出来ない。ウォッチを破壊してアナザーライダーの存在を全に抹消するには元のライダーを行使する必要がある。第1章では基本的にアナザーライダーに記されている時代に移動して倒すという流れだったため年号の一致も必要条件と思われていたが、第2章からはその過程を挟まなくなっている。各アナザーライダーを撃破した際のフォームから推察するに、アーマータイムにのみそのような制限が設けられているとも考えられる。
前項でも述べた通り、アナザーが存在するだけでを失ってしまう第1章の状況においてはオリジナルで対処することは事実不可能に近かった。実際には多少のタイムラグが発生し得るようで、オリジナルが短時間ながら変身してアナザーと交戦できた事例もあるが、基本的に倒すまでに変身を維持できてはいない。実際にアナザーライダーを全に撃破したオリジナルジオウとの同時攻撃によって撃破したケースも含めて響鬼カブト(この二名は変身者が原作と異なる)、アギト電王と少数に限られる。こういった事情もありアナザーライダー対策としてはレジェンドライダーを継承したである「ライダーアーマー」が必要だったが、第2章以降ジオウIIゲイツバイブジオウトリニティウォズギンファイナリーといったレジェンドライダーウォッチがなくともアナザーウォッチを破壊可フォームが次々と登場した現在、この法則は形骸化したといえる。仮面ライダーディケイドもEP43でアナザーライダーを撃破しており、トリックスターの機によってアナザーウォッチを破壊できるようだ。理論上はカメンライドでも同様の事が可かもしれないが詳細は不明。
第1章ではライダーアーマーの元となるライドウォッチの受取はリセット期間中に記憶を取り戻したレジェンドから託されるという形が大半であり、実際リセットの件を知ったEP08では仁藤攻介の記憶を復活させるためにソウゴが動的にアナザーウィザードの仮撃破を行い、その間に明光院ゲイツが記憶を取り戻した仁に接触を図るという方法でウィザードライドウォッチを入手している。

撃破後

を継承するといえば聞こえがいいが、アナザーウォッチが破壊された後はライドウォッチを所有するジオウ達がそのライダーに相当する存在として認識される模様(つまり上述した「第1のルール」がここでも当て嵌まることになる)。実態は黒ウォズがEP03のアバンった通りアナザーライダーに代わりジオウを奪っている形となっており、どのタイムジャッカーの干渉が発生した時点でオリジナル(ケースによっては記憶ごと)が失われるという結果に変わりはない。
また、この歴史編の流れにより契約者もアナザーウォッチを与えられてからの一連の出来事はかった事になり、アナザーライダー化していた記憶も失われるようだ。
EP29以降においてはオリジナルの記憶は保持されたままライダーのみが失われている。これに関しては後述するパラドックスとの折り合いによるものと考えられる。

EP29以降のアナザーライダーに関する謎

EP29以降に登場した、アナザージオウ同様に年号2019と表記されている現代産アナザーライダーに関しては、発生してもオリジナルの記憶やが保持されているだけにとどまらずこれといった歴史竄が起こっていないかのような状況が生じており、『ジオウ』第1のルールが当てはまらない。これに関して東映公式サイトでは新しいパラドックスが発生しているのだという。
EP37で加賀美新が言及した、1999年隕石飛来によって20年そこらで元の通りに復することなど到底あり得ないほどの壊滅的打撃を受けた『仮面ライダーカブト』の渋谷と、何事もなかったかのように人混みが行き来するジオウ世界における渋谷矛盾はそれをわかりやすく示したケースである。この状況に関してウォズは「二つの世界が混じり合っている」、門矢士は「大分んでいる」と発言している。

※以下、未確定事項に関する推察

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのパラドックスと似たような事態は第1章の段階でも起きている。TVシリーズソウゴがビルドウォッチを得た事で桐生戦兎は『仮面ライダービルド』にわる記憶を失い外見以外葛城巧になっていたのに対して、『平成ジェネレーションズFORVER』では『ビルド』原典最終話から地続きの「桐生戦兎」としてのパーソナリティと記憶を有した状態で登場しており、共々ソウゴ達とは面識がないかのような反応を見せていた。
明確に『ビルド』と別世界であることが『平成ジェネレーションズFINAL』で判明した他の平成2期作品の面々がEP03以降に登場している事も考えれば、第1のルールに準じた事態が起きているEP23以前の旧作ゲスト達に関しては少なくとも特殊な立ち位置にある士と『仮面ライダー電王』の面々を除き、原典の作品に概ね準拠した軌跡を辿った「『ジオウ世界の住人」と考えるのが自然だろう(理屈としては『仮面ライダーディケイド』の南光太郎や『MOVIE対戦2010』の鳴海ソウキチの様にオリジナルキャストが演じたリ・イマジネーションライダーに近いと思われる)。
その上でウォズおよび士の言を照らし合わせると、公式サイトが言及したパラドックスの実態とは『ジオウ世界ライダーをもとにアナザーライダーが発生した後に、『ジオウ視点での並行世界にあたる各平成ライダー原典作品の人物や事によって欠けたピースが補われる現であるという仮説が考えられる。つまり、剣崎一真を例にとればジオウ世界剣崎アナザーウォッチ生成の為にを奪われた後、存在を『仮面ライダー剣本編世界線上にいる剣崎で上書きされた…という事になる。EP47でライドウォッチの破損に呼応して次々と発生した世界融合はその時に突如起きたものではなく、すでにこの頃から少しずつ始まっていたのであろう。最終的にジオウ世界がキャパシティ限界を迎え、それに呼応してライドウォッチが壊れていったということか。
EP29以降のゲスト達がライドウォッチ継承後も記憶を維持しているのも出身世界の違いによる折り合いと思われるが、該当ライダーを失う点は以前のゲスト達と変わっていない。剣崎津上翔一ライダーウォッチに取り込まれていたという明確な描写で説明がつくが、モモタロス(EP40)の場合はそれがないにもかかわらずウォッチを譲渡した途端に電王への変身が出来なくなっており、ライドウォッチの継承が判定された段階で原典世界オリジナルであろうがが失われるという事なのかもしれない。
例外として士はソウゴがディケイドウォッチを手に入れを継承したにもかかわらずディケイドへの変身は可なままであり、そのを半分とはいえスウォルツが奪い取ってしまった時へのリカバーも含めて『ジオウ』における法則が通用しない「世界破壊者」の規格外ぶりをうかがわせる。ただし電王に関しても変身できなくなったことが確定しているのはあくまでモモタロスであり、特異点である野上良太郎にもこれが適応されるのかは不明である(そもそも『仮面ライダー電王』自体が特異な作品であるため『ジオウ世界電王と原典の電王が別個に存在しているのかも不明なのだが)。

アナザーライダー目録

名前をクリックすると各アナザーライダーの解説にジャンプします。
太字のアナザーライダーに関しては別の記事内に記載されているのでリンク先のページを参照してください。
映像ソフト未発売作品に関する情報が含まれるため、ネタバレ注意

TVシリーズ本編に登場 スピンオフ作品に登場 劇場作品に登場

リストの通りアナザーライダーの元ネタは大半を各作品のライダーが占めており、EP44のアナザードライブアナザーディケイド登場を以て平成ライダー20人分のアナザーライダー完走が達成された。それ以外のアナザーライダーも存在するため総数はゆうに20える。
近年の作品は怪人の数が減少傾向にあった(特に『エグゼイド』と『ビルド』)が、アナザーライダーは所謂「今週の怪人を終盤まで維持している。これだけの数のアナザーライダー(&カッシーン)のスーツおよびアナザークウガCG制作した東映スタッフの頑りをねぎらいたい。

祝え!平成ライダーのアナザーライダーのコンプリートを!

アナザービルド

身長196cm
体重:99kg
特色/吸収と、そのに応じた特殊攻撃
契約者:2017年バスケ選手(演:大成)
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP01、02、2528、42、43

、ビルド。お前クローズベストマ~ッチ!」

2種類のネビュラガスを投与して生み出された新スマッシュ…ではなく、本来自動車事故により選手生命を絶たれるほどの重傷を負うだったバスケット選手を被験者として選んだウールが、戦から仮面ライダービルドラビットタンクフォームの成分を採取して作り出した「アナザービルドウォッチ」を注入することで発生したアナザーライダー第1号
胸部にBUILD背中2017文字が書かれている。体の至る所に『ビルド』の物語で勃発した戦争を暗喩するかのような弾を彷彿とさせるディテールがあり、ラブ&ピースを信条とする戦との対ともとれる。複眼のカバーは展開する事が可で、内部にはビルドのライダークレストのモチーフでもある歯車の様な形状の眼球を覗かせる。
人間エンプティボトルに成分として吸収しフルボトルを生成してそのを利用する事が可オリジナル同様ベストマッチの組み合わせが存在し、戦と違い実際に使う事なくその判別が可。ボトル使用時はベルトに装填するのではなく飲み込んで体内に取り込む。につけているそれは飾りか。エンプティボトルの形状がライダーシステムに用いるタイプフルボトルではなくスマッシュボトルのそれという点が、アナザーライダーは怪人に属する存在であることを強調している。元がバスケット選手ということもあってか、ラビットタンクのを行使する以外にからバスケットボールの火炎弾を生成して攻撃する事もできるが、代わりにドリルクラッシャーに相当する武器は持っていない。
スポーツ選手や運動部員といったスポーツに関わりのある人物を標的にフルボトル生成を続けており、この件は連続行方不明事件として新聞でも記事になっている。その覚束ない言動から見るに後に登場するアナザーライダー達と違って変身者の意識は明らか異常をきたしており、アナザーウォッチ操り人形と化して正気を失っている事が伺える。『ビルド』の敵怪人であるスマッシュが中盤から登場する(ハードロスト等)を除き被験者の正気が失われている事のオマージュであろうか?
ジオウデビュー戦の相手としてギリギリスラッシュの直撃を食らい、変身解除に追い込まれ気を失った状態で茂みに落下。直後に現れたゲイツジオウを襲撃したこともありそのまま放置され、のちにウールアナザーウォッチ再起動させた事で復活。その後もジオウゲイツの前に出没し、撃破されては復活を繰り返してアナザーウォッチ破壊の手段を知らない彼らを苦しめる。
との会話で対策を思いついたソウゴがゲイツと共に跳んだ2017年では「水泳」と「弓道」のベストマッチを発見し(に関連する行為とによる攻撃という共通点から、おそらく海賊レッシャーフォームのオマージュであろう)ビルドやクローズ、更に途中参加したジオウゲイツと交戦。ビルドとクローズはアナザービルドの影によって戦闘中を失うも、ジオウビルドアーマーのボルテックタイムブレーククローズライドウォッチを行使したゲイツギワギワシュートによって撃破された。
自動車事故自体がなかった事になりバスケ選手は事なきを得たが、ジオウがビルドのを奪う形となった事でジオウ世界ける『仮面ライダービルド』の物語が封印された結果、「桐生戦兎」が誕生するルーツであるエボルトの干渉自体がかった事になった為、の隣にいた物理学者は「佐藤太郎の顔をした葛城巧」という存在に書き換えられた。ジオウ世界第3のルールによるとオトナの事情にツッコむに蹴られる」ので何故顔が佐藤のままなのかという点に関してはあまり深入りしないでおこう。
バスケ選手はその後EP25にてアナザーオーズ変身した加古川飛流にアナザービルドの残滓を奪われる役回りで再登場したのだが、この時も「アナザービルドの契約者」と呼ばれており本名は明かされなかった。
EP42に登場したアナザージオウⅡに召喚された個体はアナザーカブトと共にツクヨミを追跡している際、障物を飛び越えようとして転倒する一幕がある。「天才物理学者が変身するビルドのアナザーライダーとして間抜けさを演出する為の意図的なものとする説もあるが、アナザーカブトリアクションを見る限りでは撮影中のアクシデントNGにせずそのままOKにして採用したと考えるのが自然か。

アナザーエグゼイド

身長205cm
体重:97kg
特色/ゲーム世界現実の往来/格闘アクション
契約者:2016年飯田(演:児玉志)
契約したタイムジャッカーオーラ
登場回:EP03、04、2528、42、43

医者が救ってくれないなら、が救うしかない…邪魔をするな…」

アクションゲーム「マイティアクションX」のプレイヤーキャラであるマイティモチーフにした姿のバグスター…ではなく、心臓疾患にかかり救急搬送されている息子のケイスケに付き添おうとしている飯田という男性が、宝生永夢から奪い取った仮面ライダーエグゼイドアクションゲーマーレベル2のデータを取り込んだ「アナザーエグゼイドウォッチ」に感染することで発生したアナザーライダー。
背部にあるレベル1フェイスの左および胸部にEX-AIDレベル1フェイスの右2016と書かれている。ベルトは一見元ネタがわからないかもしれないが、ゲーマドライバーバックルを上から見た様な形状をしている。また、後頭部にはムテキゲーマーモチーフにしたと思しきいドレッドヘア状の触手が生えている。
エグゼイドプレデターを足して割ったような姿をしているが、そもそもプレデターは出渕氏がデザインした『電撃戦隊チェンジマン』のキャラクター・副官ブーバが元ネタであり、アナザーエグゼイドは意図的にプレデターに似せた可性もある。
オリジナルエグゼイド同様アクションゲームのようなアクロバティックな戦闘が得意で、チョコブロックを利用した戦法や攻撃が命中した際に発生する「HIT!」のエフェクトも共通する。また、バグスターウイルスAを召喚・使役するを有している。
携帯ゲーム機を介してゲーム世界現実を行き来することができ、マイティアクションXに似た「クリアしたことのないゲーム」を生み出した後、そのプレイヤーの前に現れては意識を次々と奪い取っており、ソウゴの友人である小和田もその牙にかかった。被害者は小柄な若者という共通点があり、標的を絞り込んだのはケイスケに移植するために必要なサイズ心臓を持つドナーを集める為だった。
ジオウエグゼイドアーマーがアナザーエグゼイドを倒したのち、ケイスケは永夢のはからいもあり鏡飛彩によって事治療されており、2018年に戻ったソウゴは健康になったケイスケとすれ違っている。EP25ではバスケ選手同様アナザーライダーの残滓をめた飛流に襲撃されており、意識を喪失した状態で救急搬送されている。

アナザーフォーゼ

身長200cm
体重:95kg
特色/:生体エナジーの吸収と供給/各種エネルギーモジュール
契約者:2011年佐久間(演:水石亜飛夢)
契約したタイムジャッカースウォルツ

登場回:EP05、06、28、43


「邪魔をするな…全ては、カリンの為…」

ロケット座のゾディアーツ…ではなく、如月弦太朗から奪った仮面ライダーフォーゼベースステイツのコズミクエナジーを宿す「アナザーフォーゼウォッチ」によって発生したアナザーライダー。スイッチャーならぬウォッチャーに選ばれたのは何らかの理由でめていた佐久間一という男。
右肩に「FOURZE」、左肩に「2011」と書かれている。オリジナルの様に「宇宙キター!」のポーズや頭をなでる動作を見せている。
18歳天秤座女子高生を襲撃し、スイッチデバイスに取り込んでその生体エナジーを奪い取っていた。オリジナルの様にベルトのスイッチを押すことで様々なモジュール状のエネルギー体「エネルギーモジュール」を召喚して攻撃することができ、劇中ではロケットランチャーチェーンアレイチェーンソー再現している(しかもアナザービルドと違いオリジナルと同じ音が流れる)。
ジオウフォーゼアーマーによって一度倒されるが、直後にアナザーファイズへと変貌を遂げた。ボディの各部にはファイズフォトンストリームを思わせるラインが走っており、視聴者の間では次回予告の段階でアナザーファイズとの関連性が予測されていた。

アナザーファイズ

身長186cm
体重:91kg
特色/:生体エナジーの供給と吸収
契約者:2003年佐久間
契約したタイムジャッカーオーラ
登場回:EP05、06、2528、43

「このは、カリンに命を与えられる…」

オルフェノク…ではなく、仮面ライダーファイズの特質を備えた佐久間のアナザーライダーとしてのもう一つの姿。乾巧から奪ったによって作られた「アナザーファイズウォッチ」により発生した。右肩に「FAIZ」、左肩に「2003」と書かれている。
ライダーギアの使用者として想定されたオルフェノクが元死人であることを意識してか、胸部はが剥き出しになったような形状となっており、フォトンストリームは血管のような生々しい印を与える。複眼内部にはアナザーライダー特有の眼球やオルフェノク体崩壊時に吹き上がる炎を思わせるディテールが覗き、アンテナの形状は裏モチーフであるの鰭ないし555本編でも印に残るモルフの羽を彷彿とさせる。元々ファイズスーツは護衛対であるアークオルフェノクを模して造られたという設定があり、アナザーライダーのデザインコンセプトを照らし合わせるとアーク逆輸入したデザインとも取れる。下半身や腕部の形状はアナザーフォーゼと同じで、モジュールイスメントもそのままだが、『555』に〇、、×の意を持つライダーがいることを考えると実に秀逸である。
ジオウによって撃破されたアナザーフォーゼの装甲が剥がれ落ちると共にその姿を現したが、2011年の時点ですでにアナザーファイズとしてのは尽きかけており、すぐにアナザーフォーゼに戻った。佐久間は共に流星塾で暮らしていた間柄の山吹カリン2003年交通事故で失っており、カリンを生かすためオーラ契約して彼女と同じ年齢・星座女性を襲撃して彼女たちの生体エナジーを集めていたのだが、8年の年が経ちそのが徐々に失われている事に焦燥していたところをスウォルツが持ち掛けてきたアナザーフォーゼ契約に縋りついた…というのが事の相である(「新しい体験」と発言していたことからスウォルツ佐久間がアナザーファイズと化していたことを承知で二重契約を行った事になる)。加がカリンを手にかけようとしていたのも、他人の生命で強引に生き永らえている事への罪悪感から同じ流星塾出身の加にカリンが介錯を頼んだためだった。
最終的に2003年ゲイツファイズアーマーによってアナザーファイズが、2018年ジオウフォーゼアーマーによってアナザーフォーゼが倒されることでアナザーウォッチは二つとも破壊された。その影体を維持する手段を失ったカリンは「自分の人生を生きて」と佐久間に伝え、謝罪の念を漏らす彼の前で消滅していった。アナザーフォーゼオリジナルの活動時代ではない2018年ジオウがとどめを刺すことに成功しているが、これが二重契約による影なのかは不明である。

アナザーウィザード

身長:198cm
体重:90kg
特色/魔法を操る
契約者:2012年瀬(演:瑞丸)
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP07、08、28、43

「このさえあれば、全部うまくいくはずだったのにぃ!」

禍々しい魔導士のような出で立ちのファントム…ではなく、操真晴人から奪った仮面ライダーウィザードフレイムスタイルの魔が込められた「アナザーウィザードウォッチ」が、経営者の死によって閉鎖危機に陥っていた「MAGIC HOUSEキノシタ」のスタッフ瀬の絶望と共鳴して発生したアナザーライダー。ぼろぼろのマントに「WIZARD」、背中に「2012」と書かれている。
後頭部に輪っかのようなものが生えており、頭部全体がウィザードリングに見立てたような形状になっている。顔はオリジナル同様宝石を模してはいるが、ファントムが現出する直前のゲートを想起させる様な罅が入っている。アナザーファイズ同様デザインモチーフに取り入れられており、髑髏のような形状の両肩や胸部(フレイムドラゴンが胸部に生成するウィザードラゴンの頭部「ドラスカル」からの連想だろう。ぼろぼろのローブもフレイムドラゴンに準拠した配色になっている)や手のを模したバックルのハンドオーサーの他、後頭部には脊椎とも頭を鷲掴みにする悪魔の手ともとれるような意が見受けられる。これらはファントムの現出がオルフェノクの発生同様人間の死を土台としていることへの暗喩や、ウィザードの単独映画「in Magic Land」に登場した人で作られた装置であるタナトスの器をイメージしたものと考えられる。
オリジナルと違い姿を変えたり指輪を付け替えずとも各スタイル魔法を使うことができ、EP07終盤でツクヨミに対して行使したスリープ魔法距離を置いた状態から発動しており、明らかオリジナルより強化されている。瀬はこの魔を利用してマジシャンウィザード瀬」としてキノシタを立て直しており、少なくともこの時点では他人に危を加える真似はしておらずそのことが理由でソウゴとゲイツの間で衝突が起きている。
亡きから経営を引き継いだ木ノ下香織に密かに思いを寄せており、それが仕事の動機にもなっていたのだが、同僚の長山が以前から仲だった彼女との結婚、そして瀬により大きなステージに立って貰いたいという考えのもとマジックハウスを閉館する旨を報告したことで事態は一変。結果的に抜け駆けされる形となった事への絶望と怒りを覚えて長山を襲撃し、遂にを踏み外した。ゲイツファイズアーマーによって一度は変身解除に追い込まれるものの、ウォッチ再起動させたオーラに言われるがまま長山と香織絶望叩きこもうと活動を再開した。エンゲージリングによってファントムの脅威にされた人々に希望した魔法使いであるオリジナルに対し、片思いの対が他人との結婚=エンゲージするという事実絶望し、その赴くままに動くマジシャンというのはあまりに皮としか言いようがない。
ジオウフォーゼアーマーによって変身解除させられた2018年瀬は、戦闘中ソウゴに「必要なのは魔法ではなく想いを伝える勇気だ」と説得された事を受けて思い人にまで危を加えてしまうほどに暴走した自分を悔いめ、ゲイツウィザードアーマーによってアナザーウォッチを砕かれた6年前の自分に対してウォズから借りたファイズフォンX越しに「結果はきっと変わらないが、お前未来は必ず変わる」と、励ましのメッセージを送り香織に思いを伝えるよう促した。
その後は「MAGIC Cafe AQUA」にてマジシャンとして活動していた。アナザーライダーの残滓を集めて回る飛流の襲撃を受けるが、ジオウ阻止されたことでこの時は難を逃れる。そしてての勤務先であるキノシタ跡地を訪れるが、アナザーウォッチを与えられた場所でもあった為か一度消滅したはずのアナザーライダー時の記憶がフラッシュバックし、混乱しているところに現れたに飛流により残滓を回収されてしまった。

アナザーオー

身長:194cm
体重:86kg
特色/:3種の動物を操る
契約者:2010年檀黎斗檀黎斗王
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP09、10、252841、43

「私が、王だぁぁぁぁぁあぁぁ!!」

タカトラバッタコアメダルから生み出された合成グリード…ではなく、火野映司から奪った仮面ライダーオーズタトコンボで作り出した「アナザーオーズウォッチ」を正史では仮面ライダーゲンムにして幻夢コーポレーションCEOであった檀黎斗に装填したことで発生したアナザーライダー。レジェンドライダーがまさかのアナザーライダー化という衝撃の事態を迎えたが、ぶっちゃけこの男ならあまり違和感がないのは気のせいだろうか。ウールが彼にを付けたのは今までの契約者にはない強い欲望が理由とのこと。
オーラングサークルの中段に「OOO」と書かれており、中央のOにはトラメダルらしきレリーフが刻まれている。背部のプレートには「2010」と記されているが、右側の0の部分に罅が入っていたせいでゲイツツクヨミ初見の際に年号2016と勘違いしている。
全体的にタトコンボグリードアレンジしたようなデザインが特徴で、首周りのい毛やの様な頭飾りはアンクを、籠手状のトラクローや肩などに見られる小さいトゲ上の装飾はカザリを、脚部の形状はウヴァを彷彿とさせる。ジオウオーズアーマーの攻撃を受けた際にセルメダルが散らばっており、グリード同様セルメダル体が構成されているようだ。オーラングサークル上段のタカのレリーフ怪人としての側面を強調するアクセントなのかショッカーマークのワシに似ており、そこから膨らませると中段のOOOショッカーマーク地球、更に下段のバッタショッカーに屈したライダーとの解釈もできる。この構図は歴史編によりショッカーの支配下に置かれた世界舞台である映画オーズ電王オールライダーレッツゴー仮面ライダー』や『スーパーヒーロー大戦GP仮面ライダー3号』を思わせるともに、王として何れは世界征服を果たそうとする斗の野心の現れとも見れる。他のアナザーライダーにべると怪物っぽさはやや抑え気味な感があるが、曲がりなりにも正史では正式なライダーだった影なのかもしれない。
オリジナルタトバ同様タカトラバッタの性質を併せ持ち、それを活かした戦闘スタイルを得意とする。セルメダルを使いヤミーらしき怪物を生成するというグリードに類似したを有しており(しかも態々割る必要がない)、来として使役している。ヤミーといえばふらついた動作が特徴だが、変身者を考えるにデンジャラスゾンビも意識した人選なのだろう。ちなみに後述の泉比奈リクエストした衣装テーマゾンビであり、更に言えばゾンビゲーマータトコンボポーズも偶然似ていたりする。
正史斗は己の才を他者に誇示するという自己顕示欲に突き動かされマイティノベルXまで突っ走り続けたが、ソウゴが永夢からを継承したことで『仮面ライダーエグゼイド』の歴史が封印された結果、バグスターウイルスが発生しなくなった事で「檀黎斗神の名を捨て一周回ってただの檀黎斗に戻った男」にまで至る為の根本が失われてしまい、である櫻子は形見ともいうべきポッピーピポパポを残すことなく病死した可性が高い。永夢という最高のモルモットを得ることが出来なかったためにクリエイターとしての「の才」が刺される事もなく、である檀正宗との確執がのしかかる中で行き詰まりを感じるほどに追い込まれてしまう。そんな状況下でアナザーライダー化した影によりをもえる王になるという野心をめさせ、その欲望にも歪みが生じ権欲や征欲の側面が強まってしまったようだ。
そしてアナザーライダー化してから6年後の2016年正宗絶版に追いやり絞殺し檀コーポレーション乗っ取りに成功(正宗の遺体は発見されておらず、失踪事件として扱われている)。社名を檀ファウンデーションめて自らを「檀黎斗王」と名乗り2018年には日本からの独立宣言をった。また、歴史編によって国会議員となった王の得るだった男…すなわち映拉致し、自身に正面から反発した比奈に対しては興味を抱き妃に迎えようと論む。そしていい魔王勉強をしようと接触を図ってきたソウゴに対しては、既に王となった自分のもとにいれば諦めがつくであろうという打算のもと王室直属の騎士団長として迎え入れている。
ゲイツは突如出現したタカウォッチロイドの攻撃により斗が落としたゲンムライドウォッチを回収後、2016年に移動してゲイツゲンムアーマーに変身アナザーオーズを一度撃破するが何事もなくコンティニューしており、結局は2010年ジオウオーズアーマーが撃破するという他のアナザーライダーと同じ形でとどめを刺す事になった。正史においてはゲンムだったと言えどあくまでアナザーライダーとしてのパワーソース・発生時代はオーズに準ずる以上、ウォズの言う通りオーズければ倒せなかったわけだが、2016年アナザーオーズが撃破された際2018年斗に一時的に異変が生じていたことから、実はゲンムとオーズの両方ので倒す必要があり先述の異変はその片方のフラグが満たされたサインだった、という可性もある。
ちなみにレギュラーからは散々な言われようであり、斗の姿を生で見た際ツクヨミからは「かこいつヤバイ」と言われている。その気持ちよくわかります。そして魔王信奉者であるウォズからは「王を僭称する者」として訝しがられてたあげく、ジオウに倒された際は「偉大なる魔王が生まれる為の偉大なる肥やし」とトドメの一言を言い渡された。実際ソウゴにとって反面教師と言う名の糧となったので強ち間違いではない。今までのアナザーライダーと違い決着後のフォローがなかったが、正史斗を形作る為の因子が悉く抜け落ちた事を考えれば、魔王生誕の為のモルモットに成り下がるのは必然だったのだろう。逆を言えば『エグゼイド正史における斗がいかに危ういバランスの元に成り立っていたかを己が身を以って明したという事だろうか。そばに転がり落ちたアナザーウォッチは一見砕けたような描写がなく何らかの形で再登場するという説もあったが、EP25冒頭にて思わぬ形で姿を見せることになる。

アナザー鎧武

身長203cm
体重:105kg
特色/亜空間への干渉/大剣
契約者:2013年アスラ(演:友常勇気
契約したタイムジャッカースウォルツ
登場回:EP11、EP12、25、27、2841、43

「5年だ…は5年をかけて頂点に立った! にも邪魔はさせない!」

鎧武者の様な外格が特徴のオーバーロードインベス…ではなく、葛葉紘汰から奪った仮面ライダー鎧武オレンジアームズので作り出した「アナザー鎧武ウォッチ」が、何らかの理由で戒斗によってチームバロンから追放されたアスラという男の身体を侵食する事により発生したアナザーライダー。
右肩に「GAIM」、左肩に「2013」と書かれており、ライドウェアの形状はオリジナルよりも和の要素が強くなっている。を剃り落とした代のような感じの頭部と後頭部から垂れ下がった落武者を彷彿とさせ、パルプアイ内部のツインアイは自身をチームから追放した戒斗への恨みからか怒りの形相を見せている。クワガタにあたるフロントブレードは額になく頭頂部に突き刺さっており、そこから流血しているかのような模様も相俟って非常に痛々しい。全体的にその頭部形状は影に似ているとのもある(初瀬亮二アスラ同様チームメイトから見放され怪人化のを辿ったダンサーという共通点がある)。
装甲はオリジナルべて錆び付いた様な色をしており、腐ったミカンないし枯れ木をイメージしているものと思われる。また、肩には枯れ枝もしくはヘルヘイムの植物による侵食を形容したかのような植物らしき意がある。錠前のような形状のバックルについているカッティングブレードの向きがオリジナル逆であり、その見たサラシ状のベルトから切腹を連想させるデザインとなっている。
得物は大丸とロシュオの武器を足して割ったような形状の大剣で、オリジナルと違い無双セイバーに相当する武器は所有していない代わりにオレンジ状のエネルギー弾による攻撃が可。初級インベスらしき怪物を召喚・使役したり、亜空間への干渉により原典同様ヘルヘイムのに通じているクラックを開くを持ち、クラックは通常のものとは異なり裂け錆び付いている。
追放への逆恨みで戒斗ヘルヘイムにに隔離し、それ以降も同じ手口で5年間もの間チーム内の邪魔者を排除し続けた事でチームバロンを乗っ取っており、この一連の行為は連続失踪事件として新聞に取り上げられている。EP11の冒頭ではくも2013年に転移して鎧武アーマーを装着したジオウとの対決が描かれており、必殺技をまともに食らったが始まりの男として覚醒していた紘汰の(恐らくは時間を跳躍した)介入により倒されることなくその場を逃走している。また、2018年では3日後の時間軸からやってきたもう一人のジオウがアナザー鎧武を倒そうとした現在ジオウを制止している。
彼等がまだアナザー鎧武を倒すべき状況にはないと言う考えに至ったのはヘルヘイムから「良い魔王になる為に必要な存在」であるゲイツを救い出す為であり、ソウゴや戒斗の助もありクラックの裂けを通じてゲイツ事帰還を果たし、スウォルツによってヘルヘイムに投げ込まれた鎧武ライドウォッチコダマスイカアームズの支援により彼が持ち帰る形で再びソウゴの手に戻った。2018年では現在の、2013年では3日後のジオウ鎧武アーマーによってトドメを刺されアナザーウォッチは崩壊し、チームバロンの面々もその際に開いたクラックから帰還。戒斗行に走ったアスラに対し「自分ので頂点を掴み取る覚悟がないに居場所はない」と辛辣な言葉で引導を渡しその場を去った。
変身者のアスラは阿修羅に由来する名前を持つことから鎧武外伝に登場したシュラを意識している節がある。シュラチームバロンを追われた者という共通点を持ち、彼が変身するブラックバロンある意味アナザーバロンともいえる存在である。

アナザーゴースト

身長204cm
体重:96kg
特色/人間の魂を吸い取る
契約者:2015年マキムラ(演:堀池直毅)
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP13、EP14、25、27、28、42、43

「人を傷付けるは、許さない…」

ガンマイザー…ではなく、天空寺タケルから奪った仮面ライダーゴーストオレ魂ので作り出した「アナザーゴーストウォッチ」を、ミカの落下事故からった警察官のマキムラに埋め込むことで発生したアナザーライダー。
パーカー背中部分にGHOST」「2015文字が書かれている。オリジナル幽霊を題材に扱ったことを反映してか、アナザーライダーの中でも特に不気味な姿をしており、一見するとホラー映画モンスターと言われても違和感がないレベルである。いウィスプホーンが生えた頭部にはイーディス長官こと仙人を思わせるような白髪が生えており、差し詰めジャック・オー・ランタンの色をしたヴェノムといった感じの形状をした顔面には縫いの様なものが見られる。まるで人の皮で作られたマスクを縫い付けた様な構造になっており、洋画『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスを彷彿とさせる(あちらは単に被っているだけという違いはあるが)。至る所にリベットが撃たれたスーツデザインは『仮面ライダー剣』の怪人であるアンデッドを想起させる。幽霊アンデッドという連想なのだろうか。また、破けた袖から露出した前腕は血管が剥き出しになっているうえにところどころ腐敗しているかのような造形であり、遺が裏モチーフと言われているオリジナルに対してゾンビを意識しているかのようである。斗「許可なくゾンビライダーを名乗ることは(ry利矢「はいはい黙ってなって、
マキムラは先述の事故の際、ウールが持ち掛けた契約を断りミカを助け身代わりとなって死亡した後にアナザーウォッチを埋め込まれ理矢理アナザーライダーとして生させられた。づくで復活させられたという違いはあれど、死後に仮初の命を与えられた存在という点ではオリジナルと同じである。ウォッチによって生命活動を維持している状態のため、仮に変身が解除された場合は再び絶命してしまう。その事実ウールから告げられた際はさすがのソウゴも戦うのをっていた。
人間の魂を抜き取って胸の不気味な眼球に取り込んだり眼魔コマンドに類似した怪物を召喚・使役するを持ち、抜き取った魂から生み出したパーカーにより自信を強化する事も可。アナザーライダーとして生した後は人命にかかわる事故を引き起こそうとしていた者の魂を奪い取って回るという生前の警察としての使命感が暴走するかのような行動を続けていた。魂による強化は知らなかったようで、ウールにそのを教えられて実行した際はを制御できずに暴走して差別的に周囲の市民に襲い掛かり、止めに入ったソウゴの魂を体から引き離し幽霊状態にしてしまった。
ソウゴと共に2015年に遡ったタケルの手によって事故事前阻止された事でマキムラ事故死は発生しなくなったものの、時間停止を発動させたウールが強引にマキムラアナザーウォッチを埋め込んだため結局アナザーゴーストの発生までは防げずじまいとなった。その後タイムジャッカーの妨を振り切ったソウゴ・ゲイツと工事現場にて対峙。最後はジオウディケイドアーマーゴーストフォームによって撃破されたことでアナザーウォッチは崩壊し、マキムラは元に戻った。強引にウォッチを埋め込まれていたせいか、アナザーライダー化していた頃の記憶はなかった模様。

アナザーシノビ

身長186.1cm
体重:86.2kg
特色/シノビのを操る
契約者:2019年神蔵蓮太郎
契約したタイムジャッカーウール(ウォッチスウォルツからの"お年玉")
登場回:EP17、18

「このを変えてくれたんだ。それでは…王になるんだ!」

から放たれた刺客…ではなく、ゲイツオーマジオウを討伐したことで分岐したとされるもう一つの未来における2022年ライダー仮面ライダーシノビを宿す「アナザーシノビウォッチ」を媒介とするアナザーライダー。契約者に選ばれたのはソウゴが見た夢の中の2022年シノビに変身していた神蔵蓮太郎その人で、友人に危を加えようとしていたゴロツキに「の使い方を間違えている」と立ち向かうも返り討ちに会い、に渇望していたところにウォッチを与えられこの姿になった。後にオリジナルライダーとなる人物がアナザーライダー化したという異例のケースだが、本来の変身者であっても因子が満たされる前の時期では正規のライダーになれないものと推測できる。
右前腕に「SHINOBI」、左前腕に「二千二十二」と記されており、元が和の要素をモチーフにしたライダーの為か他のアナザーライダーと違いオリジナルの時代がアラビア数字ではなく漢字表記となっている。髑髏のような顔つき、各部にみられる骸のレリーフの様な胸部等、アナザーファイズやアナザーウィザード同様にその容姿にはの要素が盛り込まれている。その姿をわかりやすく説明するなら忍者の姿をした骸といったところか。戦闘ではオリジナル同様に法を駆使して発火、竜巻流といった様々な自然を操ったり、影の中に潜んで移動する事が可なほか、鉤忍者による近接戦闘も行う。
アナザーシノビと化した太郎法を駆使して先述のゴロツキ達を襲撃しており、幾ら相手が悪党とはいえ特別なのない人間に対する報復という形でライダーを行使してしまっている。これは渇望していたを得たはいいがそれを持て余し、ゴロツキに言い放った「の使い方を間違えている」という言葉が本人にそのまま跳ね返っている事を意味する。つまり2019年太郎には心の準備もないまま突如強制的に与えられたものと言えどっ当に使うだけの十分な覚悟や信念がまだ備わっていないと考えるのが妥当だろう。但しシノビはソウゴやゲイツが知らない本来とは異なる歴史に存在するライダーであり、それがアナザーライダー化に影している可性も否定出来ない。
タイムマジーンではシノビのいる時間軸には移動できないためにソウゴやゲイツにはシノライドウォッチを手に入れる手段がなく、それをしてスウォルツは「無敵」と称している。
仮面ライダーウォズタイムエクスプロジョンによってしめやかに爆発四散されるも、スウォルツの手で復活して退散。スウォルツの言葉に誘導される形でいずれこのを以って王になる事を決断したが、その後白ウォズによっておびき出されたソウゴから「未来の自分を信じてアナザーのを棄てる勇気を持て」と説得されたことでスウォルツによるアナザーウォッチ再起動を阻み、未来の己を信じて自分自身で未来を切り開くことを宣言。この覚悟を受けてシノビの因子を察知した白ウォズはすかさず端末に「シノウォッチが生まれた」と記述しシノミライドウォッチを生成した。スウォルツが強引にウォッチ再起動したことで太郎は再びアナザーシノビと化してしまうが、ウォズフューチャーリングシノビに撃破されアナザーウォッチは砕け散った。
ソウゴは未来太郎が正しきを持つと信じているが、彼がシノビの因子を芽生えさせたという事実により結果的にソウゴは王としての未来を自ら遠ざける形となり、その事を黒ウォズからも摘されている。

アナザクイズ

身長203cm
体重:99.9kg
特色/:他者の知識を奪い取る
契約者:2019年の堂安保(演:斉藤陽一郎)
契約したタイムジャッカーオーラ
登場回:EP19、20

お前の知識を寄越せ…」

別の時間軸における2040年からやってきた未来ライダー堂安主水仮面ライダークイズを内包した「アナザークイズウォッチ」を媒介とするアナザーライダー。その正体は父親である研究者の堂安保。才を認められながらも結果が追い付かず、切羽詰まっていたところにアナザーウォッチを与えられ、研究者を襲ってはその知識を吸収して回っていた。のいた時代では既に故人であり、研究に執着するがあまり家族を顧みなくなっていたらしい。
右側頭部に「QUIZ」左側頭部に「2040」の文字が確認できる。クイズは頭を使う動作(脳トレ)であるという発想からか、頭部・両肩・胸部・バックルと至る部分が脳味噌を模している。この非常にグロテスクな姿は研究への執着心の末に知識欲を暴走させた保の精状態の体現とも取れる。両肩には電気信号や頭を使う事によるへの刺イメージしているのか、電極のような意が刺さっている。頭部にあるミリオンクエスチョン(「?」マーク状の器官)は辺が眼球を模したシルクハットのような形状で、体の各部には血管を思わせるチューブが巡っている。
ウォズフューチャーリングシノビの攻撃で一度変身解除に追い込まれるも、オーラによって再起動しその場から逃走。白ウォズの手でクイズと再び対峙させられ、オーラ時間停止を打ち破ったゲイツクイズの同時攻撃によって再び撃破される。その後変身を解除したから人生かを愛したとしたらそれはかを問われると、妻である事を明言し蟠りを氷解させた。
しかしオリジナルであるクイズの攻撃を食らったにもかかわらずダメージが不十分だったのかアナザーウォッチの破壊には至っておらず、オーラの手によってまたしてもウォッチを埋め込まれてしまう。白ウォズブランクウォッチを翳して入手したクイズウォッチ変身したフューチャーリングクイズの攻撃によって三度撃破され、今度こそアナザーウォッチは砕け散った。
今までのTVシリーズに登場したアナザーライダーとは違いオリジナルクイズと共存しているという異例の事態となっているが、そのクイズに対する答えは第20話放送後に東映公式サイトexitで明かされた。クイズ白ウォズ未来から呼び寄せたライダーという点が肝であり、アナザークイズの発生でもしクイズという事実が消滅すると白ウォズ2019年に連れてくる理由が失われ、アナザークイズ発生に必要な2040年からの招聘自体がかった事になり必然的にアナザークイズも発生しないというタイムパラドックスが起きてしまう。結果アナザークイズ発生やクイズミライドウォッチ生成はクイズとしてのや記憶を揺るがすには至らなかったという事のようである。同じ未来ライダーであるシノビは元の活動時代である2022年アナザーウォッチが生成されたため、少なくともクイズとは事情が異なる。
ちなみに前腕や脛から足首にかけての形状がアナザー鎧武とほぼ同じだが、EP25にアナザージオウ変身という形で再登場した為スーツがそれの改造かは不明。

アナザーリュウガ

身長:190cm
体重:90kg
特色/の中の異世界現実の往来/で敵の攻撃をはね返す
契約者:2019年鏡像の城戸真司
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP21,22

お前にもは倒せん。仮面ライダーリュウガだからな」

ミラーワールドに生息する漆黒ミラーモンスターにして劇場版EPISODE FINAL』およびTVスペシャルに登場した仮面ライダーリュウガを内包する「アナザーリュウガウォッチ」を媒介に発生したアナザーライダー。史上初となるサブライダーのアナザーライダーであり、元が敵役だったこともあってかアナザーライダーの中でも特に悪そうな雰囲気が漂っている。
その正体はアナザーシノビと同じくオリジナルリュウガであるミラーワールド城戸真司(つまり、ミラーモンスターでもある。以下、「裏」と表記)。『龍騎TVシリーズ最終話で時間軸をループして繰り返されてきたライダー達のバトルロイヤル自体が神崎兄妹によって全にリセットされて行われなかった事になり、それまでのループミラーモンスター契約してライダーとなった者達もアナザーライダーの有に関係なくその記憶を失っている可性が高く、ミラーワールドも先の変によって開かれる事なく現実との繋がりが断たれていただった。しかし士はタイムジャッカーに「数千回に一度割れ間にだけ繋がる」とっており、その情報を頼りにウールは割ったの中に裏を発見し、アナザーウォッチ提供している。失われたライダーシステムアナザーウォッチとして復元する所にめてタイムジャッカーの底知れぬが垣間見える。
左胸に「RYUGA」右胸に「2002」と書かれているが、リュウガが元々ミラーワールド内の存在だったことを反映してか文字が左右反転している。その姿はどちらかというと『HERO SAGA』に登場したリュウガサバイブに近く、更に言えばサバイブ中華アレンジした感じになっている。オリジナル契約モンスターであるドラブラカーが東洋のモチーフにしている事からの発想だろうか。左腕にブラックドラバイザーがない点もサバイブと同様だが、武器はドラバイザーツバイではなく無印同様のドラセイバーおよびドラクローであり、ドラクローでの攻撃時にはドラブラカーと同じ鳴きが発せられる。ウォッチを見ればわかるが、アナザーライダー特有の眼球を内蔵した複眼はちゃんと存在しておりその部分は龍騎同様にバイザーが起している。また、ベルトのベントホルダーはがVバックルを加えたようなデザインになっている。劇場版の様にドラブラカーを使役できるかは不明だが、もし可だとしてもアナザー電王ケースから禍々しい姿に変貌しているものと思われる。
オリジナル同様ミラーワールド現実世界自由に行き来できるほか、攻撃を受けるとを発生させて相手にそのまま跳ね返すというチートじみたが追加されており、受けるダメージが大きければ大きいほど反射するダメージも増大する。ただし跳ね返せるダメージには限界があり、後述するジオウIIの攻撃は強すぎて反射する前に叩き割られてしまっている。優勢であってもトドメを刺さず撤退する描写があることから現実世界での行動時間に制限時間がある点は以前のリュウガと変らない模様。
リュウガと対関係にある仮面ライダー龍騎現実世界記者として携わっていたニュースサイト「OREジャーナル」の元フォロワーを襲撃し続けている。現在はすでに閉鎖されており、元編集長の大久保大介はSNS盛により一般人が気軽に情報発信が出来る様になった事で時代のニーズに合わなくなった為とっている。は裏の存在に気付いており、自宅のガラスりして襲撃を防ぐという榊原耕一と同じような方法で対策をしていたが、ストーブを消し忘れていたせいで大久保情報を頼りにソウゴとゲイツが自宅を訪ねた頃には一酸化炭素寸前という事態に陥っていた。ミラーワールドとの繋がりがほぼ断たれた以上2002年に遡りオリジナルライドウォッチを入手して倒すという今までの手段は通用しないが、白ウォズ本人を始末すればアナザーリュウガも消せると考えており、彼を突け狙い始める。
は裏についてOREジャーナルから離れていった読者達を意識のうちに恨んでいた己の心の闇が具現化した存在ではないかと考えており、それがOREジャーナルの元フォロワーを襲撃している理由と推測している。逆恨みだと思いつつも心の底にはそんな情けないことを考える自分がいることを認めており、像の自分も本当の自分として受け入れなければ先へは進めないという彼の言葉を受け、ソウゴは未来の自分にかける決意をミラーワールドの自分に宣言し、色のジオウウォッチIIを受け取った。
白ウォズノートに誘導される形で行われた再戦ではゲイツタイムバーストを反射して息の根を止めるが、ジオウウォッチIIで時間が巻き戻されたことでゲイツが復活。ウンメイノー
ソウゴが変身したジオウII相手には反射も通用せず、未来予知によって行動を読まれてしまい反撃も儘ならずミラーワールドへの撤退も先にガラスを割られたことで失敗。最後はキングギリギリスラッシュによって撃破され、ソウゴから「城戸真司あんたを受け入れた。後はあんた城戸真司を受け止める番だ」と諭された。
龍騎』のライダーは基本的にVバックルさえあればでも変身であり、数あるライダーの中でもある意味変身資格とは最も縁遠い部類であるにもかかわらず、よりにもよってオリジナルがアナザーライダー化しているという非常にややこしい存在である。上述の通り『龍騎本編の戦いがリセットされVバックルの存在ごとかった事になった影ライダーとしての因子を失っていたか、単純にアナザーウォッチオリジナル変身者であろうと関係なくアナザーライダーに変えてしまうという可性が考えられる。それでもジオウ達を圧倒したその様は本来の変身者としての面躍如といった所か。
東映公式サイトでは、『龍騎』の歴史はなくなってもライダーバトルが繰り返されていたという事実消失しておらず、ミラーワールドの出現と共にリュウガ復活が果たされたのではないかという説がられている。

アナザーキカイ

身長210.5cm
体重:1.8t
特色/有機物への寄生
宿:不明→木→ウール
契約したタイムジャッカーオーラ…になるだったがなかった事になった
登場回:EP23,24

「何で…何でが…?」

ソウゴが夢の中で見た、オーマジオウが君臨する時代からさらに半世紀以上先の未来である2121年の世界を支配する機械生命体ヒューマノイズ達から人類を守るべく戦う機械青年真紀那レント変身する仮面ライダーキカイを有するアナザーライダー。タイムジャッカー達も全く出自を知らず、特定の人物が変異して発生したわけでもない正体不明の存在である。
胸部に「KIKAI」、左肩の後部に「2121」の彫刻で掘られたような文字が書かれている。木でできた怪物のような姿をしており、触覚の形状など部分的に名残はあるもののいかにもメカニカルな外見のオリジナルとは似ても似つかない。漢字で書くなら機械ならぬ「木塊」いは「木怪」ないし「奇怪」といったところか。木がモチーフなのは「機」「械」の部首が木偏であることやレント役の入江甚儀氏が演した『キカイダーREBOOT』の原作である『人造人間キカイダー』の漫画版にける基盤とされるピノキオからの発想であろう。
本体は触覚・鼻・を形成している昆虫の生命体であり、有機物に寄生して人の身体を得るを持ち、体が失われても別の有機物を宿とすれば復活が可状に伸ばした左腕の触手による攻撃の他、オリジナルの様に体にを貯めて「キカイハカイダー」「フルメタル・ジ・エンド」に類似した技を放つことが出来る。ただしソウゴがこの怪人をキカイのアナザーライダーと認識できたのはこの技を見たからではなく、アーマータイムで独自のずれた解釈をする感性故らしい。
アナザーウォッチを媒介としていない為か、ジオウIIをもってしても宿で形成した体を破壊するのが精一杯で、本体を倒す事は出来なかった。アナザーキカイウォッチの生成を論むスウォルツウールを触媒にしてアナザーキカイを安定させればウォッチを作成可になると踏んで、ジオウIIに敗れた本体が活動を再開する前に拾いソウゴが見た予知夢の通りウールに寄生させてアナザーキカイの憑代にしてしまった。イレギュラーな形にはなるがアナザークウガに続いてタイムジャッカーがアナザーライダー化した事例となる(TVシリーズ本編では初)。
この非常事態に対してオーラウールを助るべくライダー達に協を依頼した事を機に、ソウゴたちはアナザーキカイ妥当という利一致のもと一時休戦という形で共闘することになった。ソウゴは夢の中の2112年世界レントが「WILL BE THE BFF(BEST FRIEND FOREVER)」という合言葉で皆を励ましていた事を彼の仲間であるマルコという少年から聞き、それがアナザーキカイをシャットダウンする為のパスワードと直感。
白ウォズノートで採石場おびき出されたアナザーキカイとの戦いでは上述のワードを打ち込むもエラー表と認されてしまう。そこに駆け付けたツクヨミソウゴが子供の頃から持っていたロボット玩具背中に書いてあった「WILL BE THE KING」を打ち込むよう告げた。しかしキカイを手に入れることに迷うゲイツう隙を狙い、時間停止で割って入ったオーラが先述のワードを打ち込むとアナザーキカイはシャットダウンし、アナザーキカイウォッチが生成される。オーラが協を申し出たのは全てウールを傀儡に新たなる王を生み出す為のであり、アナザーウォッチ彼女に埋め込まれたことでウールは再度アナザーキカイに変貌し、暴走しながらミサイルを乱射してツクヨミを葬り去ってしまう…かに見えた。
ここでアナザーリュウガ戦でも見せたジオウIIの時間遡行ツクヨミワードを打ち込むよう告げるところまで時間が巻き戻る。一ツクヨミの生死を分ける事を思い知ったゲイツジオウIIオーラを足止めしている間にパスワード打ち込み白ウォズはキカイミライドウォッチの生成に成功。フューチャーリングカイによってアナザーキカイは倒され、本体は跡形もなく消え去った。解放されたウールに対し、オーラは最初から自分とスウォルツの策略でウールをアナザーキカイの憑代に選んだことを明かした。ウールオーラと共に撤退したが流石に今回の扱いは納得がいかなかったようでこの一件を根に持っているらしく、EP36でスウォルツ北島祐子に「お前の意見などめていない」と言われ絶句したときには思わず吹き出している。
玩具に書かれていた文字が正解のパスワードだった事からツクヨミソウゴには自分が思い描いた未来を作り出すをもつと確信し、ソウゴの人知を越したに強い戦慄と恐怖を覚えた。玩具に書かれていたワードソウゴの見た夢がキーとなって仮面ライダーキカイがいる未来が成立し、それを基に発生した存在が出自不明とされていたアナザーキカイの正体のようである。

アナザーブレイド

身長201cm
体重:101kg
特色/大剣を操る
契約者:栗原天音
契約白ウォズ
登場回:EP29、30、43

「始さああああああん!」

バトルファイトには姿を見せなかった56体アンデッド…ではなく、白ウォズスウォルツから譲り受けた仮面ライダーブレイドを宿す「アナザーブレイドウォッチ」を、『仮面ライダー剣』から年が経過し成人した栗原天音に与えたことで発生したアナザーライダー。化身時にアナザーブレイドの頭部を模した禍々しいデザインめられたオリハルコンエレメント天音の体を通過するというオリジナルに類似した現が起きている。
一応『ジオウ』初となる女性怪人なのだが重騎士のようなごつい体格である為かソウゴ一行も正体が女性であることには気づかず、黒ウォズ初見で「彼」と呼称している。アンダースーツはアナザーゴーストやアナザーダブルの左半身同様アンデッドを思わせるリベットが打ち付けられたレザー調で、至る所にトゲ状の装飾がある。眼球は人間のそれに酷似した不気味な形状で複眼状のカバーが存在しないが、これは剣崎変身するオリジナルブレイドエレファントアンデッド戦におけるマスク割れ演出へのオマージュや『最終話で人ならざる者であるジョーカーなった剣崎とは逆に変身者が人間であることの強調との説がある。また、胸部から部にかけての装甲は天音相川始への想いを反映してかスペードともハートともとれるような形状をしており、更に部には上述のスート2種をモチーフとするブレイド仮面ライダーカリスを現しているのか、ジョーカーの紋章を逆さまにしたようなマークが刻まれている。
体の各パーツはスペードスートを中心に様々なアンデッドを思い起こさせ、巨大なスパイクの生えた肩装甲はリザードアンデッドやボアアンデッド、頭部のディテールはトリロバイトアンデッドの子孫たる三葉虫の部分はビートルアンデッドないしカブトムシの英訳(rhinoceros beetle)から転じてライノセラアンデッド人間そっくりの眼球はヒューマンアンデッド、両腕のアンモナイト状の刻印はシェルアンデッドラウズカードイラスト、ベルトのバックルに刻まれた髑髏はウロボロスのを模した上級アンデッドバックル彷彿とさせる。このアンデッドの寄せ集めの様な姿はベルトにラウズカードを通すことで該当するアンデッドに直接変身できるというジョーカーの性質や、13体のアンデッド融合したキングフォームへの皮が込められているという見方もできる。
武器は醒レイラウザーに似た大剣で、オリジナルでいうところの回転式カードレイにあたる部分には丸のこが装着されている。身はカマキリと湾曲したスペードを模したような模様が向かい合っており、ブレイドとカリスの対とも言うべきデザインになっている。部のスペードマークから放出される電撃大剣の切れ味強化といったを行使している事から、キングフォームの様にラウズカードを用いることなくそのを発動できる模様。
背中の左側に「BLADE」の文字が確認できるが、右側に書かれている年号2004ではなくアナザージオウと同じく「2019」となっている。黒ウォズ摘した通り発生した時代は2019年だが、その点で共通するアナザークイズアナザーリュウガおよび2000年に発生したアナザー電王(劇場版個体)に記されていたのはオリジナルの活動年代だった。この違いはタイムジャッカーによる意図的なルール変によるものらしく、以降に発生したアナザーライダーも同様の法則になっている。剣崎や始はライダーおよびジョーカーであるという事実を保っており、アナザーブレイド発生による歴史竄は全く引き起こされていない可性すらある。仮に今までのケースの様にアンデッドが消滅した場合、ヒューマンアンデッドもいなくなり人類史そのものがくなる恐れがある為であろうか?
最終話の後、始はいつ頃からか居候していたハカランダを去っており天音もその行方を知らずにいた。白ウォズ天音をアナザーブレイドに変えたのは、自分の意図に反し続けるゲイツのせいで未来ビジョンが見えなくなった事でいっそこんな世界は破滅してしまえばいいという考えに至り、始に戻ってきて欲しいと思いながらも心の底でその思いを押し殺していた彼女を利用して剣崎と始を引き合わせ、後述するある手口によってジョーカーを一人にすることでモノリスによるダークローチ召喚を再開させるという思惑があっての事だった。戦いの運命を避ける為に始と会うわけにはいかない剣崎とは対照的に始との再開を切望する天音は正にブレイドのアナザーライダーとしてはうってつけのモルモットだったわけである。アナザーブレイドへと変貌した事で天音はその想いを暴走させ、始の居場所を尽くででも聞き出そうと関係者がいるであろうフォトスタジオに出没して回っていた。
ジオウIIであれば理論上撃破可なはずだが、肝心のジオウウォッチII海東大樹によって盗まれており、ブレイドウォッチもないEP29時点ではソウゴ達にアナザーブレイドを倒す手段は存在しない。やむを得ず鎧武アーマーに変身して対抗するジオウであったが、アナザーブレイドの気配をかぎつけた始が姿を現す。「その子に手を出すな」と発言したことからアナザーブレイドの正体が天音であることを見抜いているのか、彼女を守ろうという一心でカリス変身ジオウを食い止める。しかしその直後カリスを察知した剣崎が現れ、アンデッドの本と運命に導かれるかの様に二人の戦いが再び開始してしまった…。と、ここまでは概ね白ウォズの思惑通りに事が進んでいるが、一方で白ウォズの方も東から受け取ったジオウウォッチIIおよびゲイツバイブウォッチと共鳴を起こし、ジオウトリニティライドウォッチが出現するという予測外の事態に立ち会っていた。
ブレイドライトニングブラストに巻き込まれて変身解除に追い込まれた事、始がその名を発したことで剣崎の前の女性天音であることに気づいてに帰ったようにをおさめ、始はその場から去っていった。その後を追い現在始が隠れ住む双荘を訪れた天音は何も言わずハカランダから姿を消した意を知るも、そこに白ウォズノートに誘導される形で剣崎が現れ始との戦いを再び始めてしまう。更に二人の戦いを止めようとした天音白ウォズによってウォッチ再起動させられたことでアナザーブレイドに再度化身し、正気を失ってブレイドとカリス差別的に攻撃する。そして二人からライダージョーカーを奪い取ってしまい(オリジナルラウズカードによるアンデッド封印から発展したと思われる。また、ジョーカーでなくなったことの明として剣崎と始は血の色がくなっている)、彼女ジョーカー=封印されていない一のアンデッドと認識されたことでローチの如く大量量産されたジョーカーらしき存在を引き連れたモノリスが出現し、世界崩壊の危機が訪れる。
しかし駆け付けたソウゴが白ウォズから手渡されたトリニティウォッチによりゲイツ黒ウォズ融合変身したジオウトリニティによって撃破され、砕け散ったアナザーウォッチと共に彼女が奪ったによって生成されたブレイドウォッチとカリスウォッチが排出される。ブレイド・カリスライドウォッチに取り込まれたことによりジョーカーの存在そのものが封印されバトルファイトが終焉を迎えたと認識されたのか、それと同時にモノリスも消滅していった。元の姿に戻った天音は始に何かあったらすぐに駆け付けること言葉をかけられ、「自分の世界を探してみる」と新たな人生の一歩を踏み出すことを約束した。戦いの運命と過去の柵から解放された剣崎、始、天音明るい未来へ進むことを期待したい。
ジョーカーは元が人間であった剣崎、誕生の間からアンデッドジョーカーであった始にとって根本たる要素のにも関わらずそれを失ってもなおその場に存在しているが、長らくヒューマンアンデッドの姿を借り続けた事で精の在り様が変化していった結果、相川始としての精は残ったままヒューマンアンデッドと存在が統合されたとも考えられる。

"アナザーアギト”

身長:195cm
体重:95kg
特色/人間を自身と同じ姿に変えて増殖する
契約者:不明
契約したタイムジャッカースウォルツ
登場回:EP31、3241、43

アナザーアギト【2019】

スウォルツアギトは一人じゃない」

バッタに近い貌をした、アンノウンと呼ばれる越生命体の一種…ではなく、アギトによって一が変身する仮面ライダーアギトを有するアナザーライダー。
ご存知の通り、アナザーアギトというキャラクターは『仮面ライダーアギト』において木野薫変身する仮面ライダー(以下、木野変身体と呼称)として既に存在している。名称法則がアナザーライダーともろに被っている為もしアギトのアナザーライダーが登場した場合どのような扱い・姿になるのかは『ジオウ』最初期の頃から議論になっており、当時アナザーアギトデザインを担当し今作にもアナザーライダーのデザイナーとして参加している出渕氏もそのことを突っ込んでいた。
EP31にて満を持して登場する事になったが、その姿形はアギトを怪物然にアレンジしたようなものではなく、概ね木野変身体に準じたものになっている。しかし胸部にある「2019」「AGITΩ」の文字、眼球を備えた複眼、アギトグランドフォームと同じ身長・体重といった差異はあくまでもこの存在が仮面ライダーアギトのアナザーライダーに相当する者、即ち「アギトに変えられてしまった者」に位置づけられることを物語っており、「アギトであろうとする者」たる木野変身体とはガワが似ているだけの別物と考えるべきだろう。アナザーダブル同様正体は不明だが、木野はウォルクリスファルコから受けた致命傷が元で17年以上前に既に死亡しており少なくとも彼でない事は間違いないだろう。それ以外の外見的特徴としては常時開放状態で不敵な笑みを浮かべているような表情のクラッシャー、アギトライダークレストに似たデザインの肩の紋章、く発するバックルやアンクポイント、原典よりも明るめの体色、身長・体重の関係か木野変身体より細身な体などが挙げられる。「仮面ライダー図鑑」のページに記載されたインタビューexitによると、今後は両者を区別する為木野変身体は「仮面ライダーアナザーアギト」が正式名称になるとの事である。
オリジナルと違いフォームチェンジは出来ないもののストームハルバード、フレイムセイバーシャイニングカリバー(劇中未使用)に相当する武器を召喚する事が可な他、噛みついた人間を別個体の「アナザーアギト」に変えるというを持つ。EP32の描写を見るに人類の多くが宿しているとされるアギトを強制的に起動しているのだろう。「アギトを持つ者が他者をアギトに変える」という構図はあかつき号事件に通ずるものがある。
変異体にもアナザーライダーの性質が宿る為、従来通りの手段で元に戻すことは可だが先述のもそのまま有しており放置しているとゾンビの如く次々と増殖を招いてしまう恐れがある。なお変異体はスーツ製造の手間の関係からか元々の衣服を着用したままとなっており、スウォルツが作り出した第一個体とはそれで判別が可。噛みついて個体を増やすというから『仮面ライダーアマゾンズ』を連想するも上がっており、胸部の文字を見たソウゴの「アギオメガ」という発言もアマゾンオメガに因んだネタと考えられなくもない。個体ごとに頭部形状に微妙な差異が見られ、『仮面ライダーオーズ/OOO』のバッタヤミーを流用したと思しき後姿(EP31)や、カマキリヤミー、『仮面ライダー鎧武』のイナゴ怪人、『アマゾンズ』の兵隊アリアマゾンを改造したと思しき個体(EP32)が確認されている。
警視庁G3ユニット演習場を襲撃して回っており、G3ターゲットではないかと考え演習場に駆け付けたソウゴ達と戦闘になる。自信を止めようと立ち塞がるジオウ達にはもくれずG3を襲撃して3体に増殖し乱戦となった事で、『アギト』終盤で示唆されたアギト覚醒した者たちと人類の対立という構図がんだ形で実現してしまう(複数の「アナザーアギト」が発生する様は木野の有名な台詞アギト一人でいい…」への強アンチテーゼを感じさせる)。変異体の片方が尾室に襲い掛かろうとするも、そこに割って入ったツクヨミ意識のうちに時間停止を発動したことで失敗に終わり、劣勢を悟ったのか3体ともその場から撤退。
別の演習場に移動して隊員を襲撃していたところを尾室の報告によってソウゴ達が駆け付けた事で再度乱戦に突入となり、この場はを結集させるべきと判断したジオウIIの判断により3人はジオウトリニティ融合。この時ウォズソウゴの覇を喧伝する為として空気を読まずに名乗りを宣言したことで、G3部隊の面々はおろか理性を失い暴走しているはずの「アナザーアギト」軍団すらも困惑を禁じ得ず一旦戦況は仕切り直しになる。めて再開した戦闘で変異体の内の一体がジオウトリニティにによって撃破されるも、いつの間にか他の個体は姿を消してしまっていた。
先の戦場に姿を見せていなかった第一個体は、同じ頃ツクヨミめさせようと論むスウォルツによって嗾けられ彼女に襲い掛かっていた。から「アンノウンらしき存在が暴れている」との連絡を受け、「アナザーアギト」の存在を察知してその場に現れた一が変身したアギトグランドフォームとの戦闘になるが、演習場から立ち去っていた変異体達が一斉に現れアギトを包囲してしまう。実は「アナザーアギト」はこれ以上ソウゴ達にライドウォッチを集めさせまいと先んじてライダーを回収すべきと判断したスウォルツアギトをおびき寄せるたmに生み出した存在であり、歴史竄がこれと言って確認できないのもそれが理由である。論見にはまりながらもフォームチェンジを使い分けて奮戦するアギトによって変異体は次々と退けられるものの、ウールがその内の一体からを抽出して作り出したウォッチアギトに翳してそのを奪い取りアギトウォッチを生成し、これを埋め込まれた第一個体がアギトグランドフォームそのものの姿に変異してしまう。
その後ウールに率いられる形で中に出没し、ワイズマンモノリスに相当する胸部の器官から発せられるによって人々から強制的にアギトめさせ、を埋め尽くすほどの勢いで変異体を大量発生させるという闇のが見たら卒倒必至の地獄絵図を作り上げてしまう。何とかジオウIIゲイツバイブがこれらを撃退するも、その間にウールと第一個体は別の場所へと移動しそこでも変異体増殖を行う。大群をジオウゲイツウォズの3人が迎え撃つ中、加勢したG3一に変異体が襲い掛かるがツクヨミ時間停止によって動きを封じられゲイツバイブウォズに倒される。さらに第一個体がジオウIIの攻撃を受けた事で排出されたアギトウォッチの奪還を許して「アナザーアギト」の姿に戻り、一は再びアギト変身ジオウトリニティアギトトリニティフォームの六位一体ので大群が次々と撃破され、第一個体も2体のダブルライダーキックによってとどめを刺された。ちなみにこの共闘シーンではアギト』の挿入歌にして平成ライダー初の挿入歌「BELIEVE YOURSELF」が流されるというアギトファン感涙もののな演出が盛り込まれており、この時第一個体は何故か変異体をかき分けて自らキックを食らいに行くかのようにジオウアギトに突撃するという、ライダーキックに自ら向かってくることが多かったアンノウンオマージュと思われる動作を見せている。先述の挿入歌をはじめとする演出や展開にテンションMAXになったファンネタにされることもあるが、微かに残っていた変身者の理性スウォルツ操り人形から解放されることを望みわざと倒されに行ったのでは?いう説もある。
元々オリジナルアナザーアギト生物的なクラッシャーを含む有機的な造形および羽状のマフラーという『アギト』の敵であるアンノウンを思わせる意はアナザーライダー達にも通ずるものがある。出渕氏はアナザーライダーのデザイン制作においてこの辺を意識しているのかもしれない。
東映公式サイトexitでは「『仮面ライダーアギト』においてはアナザーアギトアギトの一種であり、人によって外見の見え方が変わっていた。(原文ママ)」と解説されており、一がEP31で第一個体に特に変わったリアクションを見せなかったのも木野変身体とはまるで異なる外見に見えたか、いはアンノウンに似た気配を感じ取ったためと思われる。

アナザー響鬼

身の丈:7尺3寸(約222cm)
方:41貫(約156kg)
特色/
契約者:鼓屋ツトム(演:野田理人)
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP33、34、43

祝え!令和の時代!

「ふざけるなぁ!」

クジゴジ堂周辺に生息が確認された、敵対関係にあるはずのを思わせる姿形をした等身大サイズ魔化魍…ではなく、仮面ライダー響鬼を有するアナザーライダーで、響鬼を呼び寄せ響鬼ライドウォッチを手に入れる為に作り出された。正体はソウゴの元同級生・鼓屋ツトム。幼少時からになることを志しており、王になるというある意味浮いた標を持つ者同士であるソウゴとは小学校時代にお互いの夢をかなえるという約束を交わしていた。後にヒビキを名乗っていた桐矢京介に師事していたが、現在は何故か京介の元を離れて修行をやめてしまいゲームセンターに入り浸っていた。名前の元ネタは『仮面ライダー響鬼』二十五之巻から二十七之巻に登場した、修行をやめた者という共通点を持つ村努か。
胸部の「HIBIKI」、背中の「2019」はオリジナルが和の要素を持つライダーである影か縦書きされている。頭部にはオリジナルよりも大化したを有し、後部には乱れた毛らしきものが生えている。『響鬼』のライダーである達は仮面ライダーとしては異形の姿形である為ぱっと見全体的なフォルムはそこまでの異物感がないというもあるが、鼻や口(クラッシャー)といった顔の意の存在が彼等とは決定的に異なる存在であることを物語っており、開いたクラッシャーの内部には更に幻術・火使用時に露出する口を思わせる小さなもう1つのクラッシャーが存在するという異形ぶりである。肩当てはの顔を模した形状(いわゆる瓦)になっており、こちらは仮面ライダー歌舞鬼いは変身音叉音や音撃棒・烈火・吽が元ネタだろう。仁王像や金剛力士像、風神雷神を想起させる羽衣や巻が見受けられるが、これらは響鬼が寺で太鼓の修行をするシーンから、いは仏教における羅刹叉からの連想とする説がある。仏教いて悪羅刹は守護として扱われており、魔化魍という災いから人々を守る異形の戦士である猛士の達と通ずるものがある。
音撃棒に近いサイズの二本の棒を武器として所有し、音撃鼓の形状はオリジナルに酷似しているがの部分の配色が入れ替わっている。戦闘においては音撃棒に炎をわせたり、火を思わせる紫色の炎を吐き出すといったオリジナルと類似するを操る。棒には音撃武器のである石が付いておらず、これはアナザー響鬼が正規の達と違い清めのを持たず暴力と破壊にしか使えない事を示唆していると共に、見方によっては修行を投げ出してしまっているツトムの現状への皮と捉えられる。
仮面ライダーディケイド』に登場したリ・イマジヒビキが変異した魔化魍」とは響鬼ルーツとする怪人、言い換えれば悪な怪物としてのという共通点を持つ事からアナザー響鬼スーツはそれの流用・改造になるのではないかと言われていたが、それらしき部位は見当たらない。
ヒビキを誘き出すというウールの意図の下、ソウゴとゲイツに戦いを仕掛けるもその最中に割って入ったトドロキが割って入る。トドロキ変身した仮面ライダー轟鬼が音撃雷電震でとどめを刺そうとした最中に京介が放ったと思しき火球に妨され、アナザー響鬼はその隙に撤退。後に事情を尋ねたツクヨミに対し、トドロキはアナザー響鬼魔化魍に堕ちたの成れの果てだと認識し「不始末がつける」という仕来たりに従い彼の師匠である京介に代わって自分が討伐しようとした事と、京介ヒビキを名乗っている事の相をった。
その後京介を誘い出す為の囮としてウールに嗾けられ轟鬼との再戦に突入するが、ツクヨミの知らせを受けてソウゴとゲイツが駆け付けた時にはすでにウールの介入でトドロキが返り討ちにあってしまっていた。棒の打撃パワーで対抗する為にジオウエグゼイドアーマー、ゲイツバイブ変身したソウゴ達に追いつめられ、最後はジオウIIおよびゲイツバイブ疾風フォームチェンジした二人に撃破され変身解除。正体がツトムであることを知ったソウゴは事の経緯を知るべく話を聞こうとするも、時間停止で妨を働いたウールウォッチ再起動させてツトムを再度アナザー響鬼に変えてしまう。暴走する子を止めるべく変身した京介であったが、その姿は13年前と同じ京介変身体のままだった。トドロキが言うには、京介は彼の師匠にしてオリジナル響鬼である日高仁志からヒビキを襲名していない「ただの」にもかかわらずヒビキを自称していたに過ぎなかったというのだ。襲名前に勝手に子をとるというのは前代未聞の事らしく、トドロキはそのことを快く思っていなかった。
京介響鬼でない事を知りが冷めたウール示により撤退した後、しばらくしてから地で京介を襲撃し防戦一方に追い込むほどの猛攻を見せる。ゲイツの連絡を受けて駆け付けたジオウII京介の援護に入るが、あろうことかキングギリギリスラッシュを京介は身を挺して受け止め、その間にアナザー響鬼は逃走した。戦闘後、どう足掻いても自分は憧れのヒビキのようにはなれないと心中を騙る京介に対し、ソウゴは仮にヒビキを僭称していた身だとしても京介こそがツトムにとってのあこがれのヒビキであったことは間違いないと摘。アナザーライダーの呪縛からツトムを助ける為に戦う決意を固めているソウゴに京介は心を許し、ツトムと本気で向き合う覚悟を決意。アナザー響鬼情報を得たゲイツツクヨミの報告を受けてソウゴ達と共に現場の工場に急行した。
京介は未だ追いつけないヒビキという高いに悩む自分に師事を志願してきたツトムを当初は渋々子に取ったが、今はツトムがいてくれたからこそ一人前のになれたと自分の想いをアナザー響鬼に吐露。その時ポケットの中からきと共に響鬼ウォッチが現れ、これを手にした京介ヒビキが自分を認めたなのだと確信。ウォッチを起動する事でオリジナルと寸分たがわぬ姿の響鬼へと変身し、トドロキの元で一日修行を行い迷いを振り切ったウォズもこれに応えて新たなる響鬼の誕生を祝福。アナザー響鬼京介響鬼の音撃打とジオウトリニティトリニティタイムバーストによって全撃破され、元のツトムの姿に戻る。戦いが終わった後、響鬼ウォッチソウゴに託した京介へ再度子入りを志願したツトムの姿に感銘を受けたトドロキての師であるザンキのように子を取ろうと思い立ち、立花日菜佳の元に相談へ向かうのだった。

アナザーキバ

身長200cm
体重:98kg
特色/:アームズモンスター
契約者:北島祐子(演:釈由美子)
契約したタイムジャッカーオーラ
登場回:EP35、36、41、43

マンホールQEEN

「私はいずれ、この世の女王となる身…跪け!」

ビーストクラスに属する、チェックメイトフォークイーンを自称するコウモリを彷彿とさせるファンガイア…ではなく、紅渡変身する仮面ライダーキバ キバフォームのを有する「アナザーキバウォッチ」を媒介に発生したアナザーライダー。名は北島祐子。とある殺人事件の容疑者として逮捕され、実を訴えながらも2015年に実刑が確定し刑務所に収監されていた。久々に新たなる王の補として生み出されたアナザーライダーである。
頭部にはコウモリの様な大きな装飾を持ち、この装飾や複眼部分はファンガイア特有のステンドグラス状の体組織で覆われている。口を開き牙をむき出しにした顔つきや「KIVA」「2019」と書かれたコウモリのようなバットファンガイアリボーンを、マントや肩当の色はダークキバを、玉や牙の様な衣装を持つ肩当の形状はキバ飛翔態を想起させる。バックルはキバットバットIII世というよりはザンバットソードのウェイアップフエッスルに近い形状で、右の脛にはオリジナルと違い拘束具が存在しない。フエッスルホルダーに相当する物は太ももに装着されているが、そこにマウントされている物体はフエッスルではなく西洋にいて吸血鬼をはじめとする妖怪退治に用いられるの弾丸に類似している。これはオリジナルキバである渡が人類と吸血鬼の一種であるファンガイアとのハーフという設定から転じて、ヴァンパイアハンターを持つ人と吸血鬼ハーフとして伝承される「ダンピール」を基にしたものと考えられる(更にヴァンパイアハンターという点から言えば仮面ライダーイクサにも通ずる要素と言える)。
戦闘いてはアームズモンスターガルル・バッシャー・ドッガを武器として使役するが、オリジナルと違い使用武器毎によるフォームチェンジはない。この内ガルルはバグスターウイルスA等と違ってガワが同じ別存在というわけではなく次狼本人である事から残り2名もラモンおよびその人と思われるが、なぜ彼らが渡を差し置いて祐子に付き従っているのかは不明。祐子の強な意思がそのを増幅しているのか、変身していない生身の状態でも片足で自動車を止めたりマンホールの蓋を軽々と投げ飛ばしたりと常人離れした身体を発揮している。
アナザーライダーのを得て刑務所脱獄して以降は、法を正し自分の様に冤罪に泣く者たちを救済するという大義名分を掲げてこの世の女王となるという野望を抱いており、アナザーウォッチを与えたオーラをもパシリ呼ばわりする等タイムジャッカーの手にも余る事態となっている。野望成就の手始めとして事件の関係者への復讐論み、自分の冤罪らせなかった菊池弁護士を襲撃。彼を守ろうとするジオウを高圧的な態度で怖気づかせると、アームズモンスターたちを呼び出しジオウを撃退させる。変身を解除すると「……ふ……かわいい子……」とソウゴの下をの様にそっと撫でるが、その仕ソウゴは覚えがあった。2008年小学生時代のソウゴに仲良くして接してくれたセーラー服女子高生が別れ際に同じことをしていたのだ。あの時の初恋の人が祐子に違いないと考えたソウゴはそれを理由に彼女実だという曖昧なをしてゲイツを呆れさせてしまう。
次は自分を起訴した杉村検事を襲撃しようとしたが、ターゲットが事件の関係者であることを見抜いていたソウゴとゲイツが立ちはだかった事で未遂に終わった。何故女王になりたいのかを問われた祐子はその理由を話しソウゴとゲイツを動揺させるがその直後、パシリ呼ばわりされた挙句に傷をつけられた恨みからアナザーキバを失敗作として排除しようとしたオーラ彼女衝撃波を放ってくる。これを間一かわすとアナザーキバに変化してライダー変身したゲイツと対峙するが、その一方ソウゴの裏には祐子過去ビジョンが突如として出現。そのビジョン内では「哲也」なる男と一緒にいる祐子、そして公園で女の死体を前にした言の哲也の姿が映っていた。に返ったソウゴが変身しようとしたとの時、宇宙から隕石が飛来。
現場に駆け付ると隕石の中から現れた仮面ライダーギンガに対して自身を「この世をすべる一の法律と」宣言して襲い掛かるが、この世の方は通用しないと言い返したギンガが放ったエネルギーに吹き飛ばされてしまう。ジオウトリニティを圧倒するギンガの戦いを傍観した後何処かへと姿を消すが、ソウゴ達とタイムジャッカーは新たなる脅威であるギンガに対抗すべく彼女と手を組もうと考えていた。協を申し出てきたスウォルツ達を跪かせるも、品位にかかわるとして要請を断った挙句ギンガの存在をなかったことにすると言い放ち、自分を非難したスウォルツに「お前の意見はめていない」と返した。その場を立ち去る前にソウゴの事を覚えていると発言したことで初恋女性祐子ソウゴにめて確信させ、浮かれ気分の彼から「セーラさん」なるあだ名をつけられた。
次のターゲットとして及川判事を選び、襲撃の為に彼の元に現れたがその現場付近にはギンガも襲来しており、自分を狙ったギンガの攻撃から身を挺してったソウゴを忠実な下として介抱。しかし今まで付き従っていた祐子に見切りをつけ「その女は腐っている」と糾弾した次狼ソウゴの戦いになり、祐子はいつの間にかその場から姿を消してしまう。
ソウゴを介抱した際、復讐をやめるように頼まれ一旦頷いてはいたがそのような気はさらさらなく、の中集まった3人の復讐に吸命牙らしきものを放ちまとめて始末すると嬉しそうに狂喜した。その様に愕然とするソウゴに対し、酷いの日に生まれて以来自分の心はずっとが降り続いている、と自分の心を悲しげに形容する。そんな彼女に対して自分がになると宣言するソウゴの元に、殺人事件が発生した2015年に跳んでいたゲイツが調内容の報告をしに現れた。
事件の相は哲也の交際相手の女性祐子マンホールの蓋で撲殺したというものであり、さらに被害者はソウゴのビジョンの中に移っていた死体その人だった。祐子には自分の真実と思い込んでしまう悪癖がありそれによって自分を冤罪と思い込んでいたにすぎず、次狼祐子を腐った女と称し見切りをつけたのも彼女が正正銘の殺人犯という事に感づいたからである。一触即発の気まずい空気が流れる中、がはれて活動を再開したギンガがその場に現れ、祐子は応戦したジオウIIい戦いに参加。最終的にジオウゲイツウォズの同時攻撃によってギンガは倒された。
翌日、とある式場で現在人である由紀と結婚式を挙げていた哲也の元に現れ、復讐の仕上げとして彼らを殺しようとするがそこに駆け付けたソウゴ達と交戦になる。次狼から受け取っていたキバライドウォッチの使用をするジオウを圧倒するが、その様子を見かねたウォズが割って入り、先日スウォルツから奪取したギンガミライドウォッチによって仮面ライダーウォズギンファイナリーに変身。緊急事態という事で祝福を短時間で済ませたウォズによって撃破され、アナザーウォッチを失う。駆け寄ったソウゴに対して「全人類のになれ」と言い残した直後、恨みを忘れていないオーラが放った衝撃波でとどめを刺され彼女復讐劇は幕を閉じたのだった。アナザーライダーとしてはティードに次ぐ2人TVシリーズでは初の死亡者となった(マキムラはそもそも最初アナザーゴースト化する前に死亡しており、その死もなかったことになったためここでは該当しない)。
後日傷心のソウゴは麻生ゆりに似た女性と出会う。自転車修理した礼として女性は「ありがとうかわいい坊や」と言いながらソウゴのを撫で、自転車に乗りその場を後にした。彼女の後姿が幼少期に出会ったあの女子高生と重なって見えたが、果たして祐子ではなく彼女こそが初恋の相手だったのか、それとも…?
さてレギュラーをその尊大さでひっかきまわした彼女だが、その行動や立ち位置は下記の様に『仮面ライダーキバ』のライダー変身者を彷彿とさせる要素が多く見られる人物でもある。

また、キャプテン・アメリカよろしくや投擲武器としてのみならず殺人器として用いるなど至る所でマンホールの蓋を使用しており、マンホールtwitterのトレンド上位にあがったほか、ハッシュタグとして「マンホールクソコラグランプリ」なるものが横行する等計り知れない影(?)を与えている。

アナザーカブト

身長:195cm
体重:95kg
特色/:高速戦闘
契約者:矢車想
契約したタイムジャッカーウール
登場回:EP37、38、42、43

に手ぇ出すな…」

地球に棲むカブトムシに近い性質を持つワーム成体…ではなく、カブトクターの有資格者たる天道総司変身する仮面ライダーカブトを有する「アナザーカブトウォッチ」によって仮面ライダーキックホッパー矢車想が羽化したアナザーライダー。
太ももに「KABUTO」、左太ももに「2019」と書かれている。その姿はまさしくカブトムシを模したワームといった感じで、戦国武将の兜の様な形状の頭部(いうまでもなくカブト→兜という連想だろう)にはオリジナルよりも大化したがはえ、い複眼状の意の下に眼球を覗かせる。肩、太もも、わきなど各部に昆虫の脚を思わせる意を備えており、右肩の映画GOD SPEED LOVE』に登場した仮面ライダーコーカサスヘラクス・ケタロスを、い外装はカッシスワームをはじめとする甲殻類ワームの外格を彷彿とさせる。バックルにはカブトクターではなくカブトムシの幼のような装飾が、顔にはサナギ体と同じを覆う手のような意が確認でき、幼サナギ・成というカブトムシの成長段階を取り入れたデザインとなっている。これは地中で暮らすカブトムシの幼サナギの様な日陰者でありながら光への執着を捨てきれなかった地獄兄弟二律背反性を表現したものともとれる。何れにせよ、カブトとワームの双方をを敵視していた男が紛い物のカブトを持つワーム似の怪物にその身を堕とすというのはいかにもアナザーライダーらしい皮がきいている。
戦闘ではオリジナルカブト同様にクロックアップによる高速での戦闘ライダーキックによる必殺の一撃を放つ。また、クロックアップ発動時はマスクドライダーのそれにべて低音の音が流れる。オリジナルにおけるカブトクナイガンに相当する武器は所有していないが、ホッパーゼクター資格が健在なので従来通りキックホッパー変身して戦う事も可
分である仮面ライダーパンチホッパー影山瞬と行動を共にしているがこの影山はワームが擬態した偽物(体の事に突っ込むとに蹴られます)であり、本物は『仮面ライダーカブト』終盤で自ら望んで矢の介錯を受けて既にこの世を去っている。擬態影山は同胞のワーム達を乗せた隕石地球に落下させ彼らとともに侵略を行おうと画策している一方、矢もワームだろうとその記憶を引き継いだ擬態影山分と見做しその考えに基づいて協しており、現在は共に仮面ライダーガタック加賀美に追われる身となっている。この行動原理は日下部ひよりの正体がが本物のひよりに擬態したシシーラワームでありながらも掛け替えのない存在として扱ったの信念と一見似通っているが、ZECT時代も含めてワームと敵対し続けた『カブト本編とは逆にワームの侵略計画に加担する立場になることを承知のうえで擬態影山と行動を共にしているという背景がある為、と違い負の側面が強い。事情があったとはいえ分を手にかけ12年以上もの間孤独に苛まれていた事を考えればその誘惑に負けてしまうのも致し方ない話ではあるのだが…。
ワームの対処にあたっていたジオウIIガタックの前に出現して彼らと対峙したパンチホッパーうと、クロックアップを発動してともに撤退した。その後ソウゴとウォズを利用して加賀美を誘き出そうと論んだ擬態影山にまんまと嵌って隠れの倉庫にやってきた加賀美に襲い掛かる。ソウゴとウォズはその論見を看過しており、ウォズギンファイナリーが放った重力波によってパンチホッパー共々押さえつけられるも、その最中現れた隕石の対処にあたるべくジオウ宇宙へと飛び立った事で仕切り直しになる。戦闘再開後、クロックアップによってウォズを翻弄するも、ギンガワクセイフォームへと変身したウォズが放った地火木土天海エクスプロジョンをよけきれずに直撃を食らってしまう。しかしキックホッパー変身して爆炎から姿を現すとライダーキックを放ってウォズを怯ませその隙にパンチホッパーとともに撤退。置き土産として倉庫の外に「地獄」と書かれた置き手紙と共にカップ麺を残していった。
その後ゲイツ隕石破壊に向かったジオウフォーゼアーマーを見守る中、撤退した直後にもかかわらずの中を歩きながらゲイツの元に現れていた。「今…を笑ったか?」と……。擬態影山を守ることに執着する理由をゲイツに問われると、ワームの擬態であろうがとして意に介してないようなそぶりを見せる一方、倒さねばならぬ時が来ればもう一度自分の手で始末をつけるともっており、ゲイツはそんな矢ソウゴに必要ならば自分が倒すと宣言した自分の姿を重ねた。直後にゲイツソウゴとの通話で影山の名を口にした途端、突如ゲイツに襲い掛かりアナザーカブトに羽化して擬態影山の元に向かう。擬態影山ソウゴが宇宙に行っている間に加賀美を捕まえて置き手紙に書かれていた場所に監禁し、人質解放の交換条件として隕石破壊に必要なフォーゼウォッチギンウォッチを奪い取ろうとしていたのだ。
現場に駆け付けるとソウゴとウォズに助けられガタック変身して擬態影山に襲い掛かる加賀美を一蹴し、パンチホッパーと共に撃退するとウォッチを奪い撤退。擬態影山さえいればいいという考えに凝り固まるがあまり地球危機すことすら辞さない立場にまで堕ちた矢であったが契約ウールにとって地球崩壊は不本意であった為、隠れカップ麺をすすっているところをウールによってウォッチを奪われ、最終的にスウォルツツクヨミを通じてソウゴとウォズの元に戻っていった。
そして地球への下降を続ける隕石の下、ビルの屋上にて擬態影山と共にゲイツウォズと戦っていたがこの戦いは相打ちに終わり、そこに駆け付けたソウゴと加賀美を含む6人は同時にライダー変身隕石破壊の為にジオウフォーゼアーマーとウォズギンファイナリーが宇宙へ向かい、キックホッパー変身した矢パンチホッパーと共にゲイツバイブガタックを迎え撃つ。ガタックとのライダーキック勝負で返り討ちに会い変身解除に追い込まれながらもすぐさまアナザーカブトに羽化してガタックを撃破するが、戦いを諦めない信念に応えて現れたカブトクターにより加賀美カブト変身クロックアップによる高速戦闘に突入するも劣勢に追いやられ、ゲイツバイブ疾風によって致命傷を受けたパンチホッパーを助けようとした隙を見て割り込んだカブトが放ったライダーキックによって倒され、その後巨大隕石ジオウトリニティツクヨミの連携によって事破壊された。
戦いが終わった後、生命の限界を迎えた擬態影山に駆け寄り「もう一度兄貴と呼んでくれるか」と問うも、擬態影山隕石ごと同胞を葬られた事への絶望からか、擬態を解き「お前俺の兄貴なんかじゃない」と矢を突き放しあくまでも人間ではなくワームとして逝くを選んだ。この断末魔の発言には自信の死を以て影山瞬への未練を断ち切って貰いたいというという矢への思いが込められていた可性も摘されているが、再び「影山」を失っ事で矢は孤独に戻ってしまい「を笑ってくれよ…」と自嘲気味にきながら独り姿を消していった。そんな矢に対し、ゲイツは自分が擬態影山を葬ってしまった事への謝罪の念を漏らすしかなかった…。
ちなみに作中で登場したカップ麺は『カブト本編地獄兄弟が食していたあの兄弟ラーメンである。さり気く当時よりグレードアップし兄貴味噌め「兄貴」「味噌」という名称になっており、わざわざ令和と書かれている芸コマぶりである。EP37で置いていった極味噌はこの後ウォズがおいしく頂きましたとさ。

アナザー電王(‘19)

身長:190cm
体重:87kg
特色/:荒々しい戦闘
契約者:遠藤タクヤ(演:後藤大)
契約したタイムジャッカーオーラ
登場回:EP39~41、43

俺、参上…!

「どけ! にはあの電車が必要なんだ!」

平成ジェネレーションズFOREVER』に登場したものとは別個体のアナザー電王アナザーウォッチの製造者も異なる。劇場版個体との差異はローブの部分に書かれている年号が「2019」であることと、ティードとオーラの差故なのかは不明だがアナザーデンライナーを持たない点である。
2年前に病気であるサユリを失っており、その原因が人だった大澄ユキヒロ彼女病院から連れ出したことにあると考え、彼を恨んでいるというオリジナル電王である良太郎とは逆の背景を抱えており、その恨みをらすためにデンライナーを奪うようオーラに促された。修理中のデンライナーを狙って姿を現すが、ジオウ達と仮面ライダーゼロノス桜井侑斗によって変身解除に追い込まれ、オーラとともに撤退した。
オーラによってウォッチ再起動され、再びデンライナーを狙い中に出没するが、Mゲイツ変身したゲイツバイブ、更にはユキヒロと「タクヤを助けたい」という内容の契約を交わし実体化したモールイマジンアックスハンドが立ちはだかり、最終的にジオウウォズゼロノス・デネブも交えての混戦になる。その最中順一郎によって修理了したデンライナーが到着すると、ジオウトリニティゼロスベフォームが戦っている隙を見て侵入してデンライナーを奪取し、2017年5月11日へと跳ぶ。
ユリが入院している病院へ行きユキヒロが連れだす前に彼女の病室へ向かうおうとするも、ゲイツバイブ阻止される。戦闘中デンライナーを奪い取ったモールイマジンに協を持ちかけられると、同乗して姿を消した。
そのころ2017年タクヤは、ユキヒロがサユリを外に連れ出したのはすでに自分の命が助からない事を知っていたサユリに頼まれたためだったことと、その意をタクヤらなかったのも例え恨まれようともそれによってタクヤの心にいたが埋まるのならば、という覚悟を背負っての事だったとソウゴから明かされた。相を知った知ったタクヤは、アナザーライダーとかした未来の自分を止めるようソウゴ達に懇願した。
ユキヒロとサユリ的地は病室に飾ってある写真に写っていた二人の想い出の場所の灯台であり、アナザー電王モールイマジンと共にそこへ向かっていた。写真から場所を特定したソウゴとモモタロスが立ちはだかるが、モールイマジンデンライナー過去の時代から多数のNEWモールイマジン(く同一人物らしい)を連れてきており、数の上ではアナザー電王側が圧倒的優位に立っていた。しかしソウゴを信用したわけではないが認めてやってもいいと言う侑斗に諭されたモモタロスが一度取り上げた電王ウォッチめてソウゴに投げ渡したことでグランドウォッチめて生成される。グランドジオウへと変身したソウゴと彼が召喚した歴代平成ライダーグランドジオウに召喚された電王憑依したモモタロス憑依してフォームチェンジしたクライマックスフォーム、そしてゼロノスによってモールイマジンは次々と倒され、最後はアナザー電王オールトゥエンティタイムブレークによって撃破される。
戦いが終わった後タクヤ灯台へと向かい、サユリから最後にユキヒロと二人で灯台から広がるを見たかったという願いを聞く。その意を知ったタクヤの心からはユキヒロへの蟠りが解消し、感謝の言葉を述べたのだった。

アナザードライブ

身長:199cm
体重:102kg
特色/:重加速、アナザートライドロンの使役
契約者:オーラに擬態したパラドックスロイミュード
契約したタイムジャッカースウォルツ
登場回:EP44、45

「やっと会えた。私…」

トライドロン・タイプスピードデータを取り込んだ個体番号2019のロイミュード進化態…ではなく、泊進ノ介変身する仮面ライダードライブタイプスピードによって作られた「アナザードライブウォッチ」によって発生し、スウォルツによってウールオーラを始末するための刺客として放たれたアナザーライダー。正体はパラドックスロイミュードで、今作では泊エイジではなくオーラに擬態している。アナザーリュウガに続き映画の敵キャラクター変身したアナザーライダーであり、EP41で像として先行登場していた。
左肩に「2019」、胸部左側に「DRIVE」と書かれている。ドライブに擬態したロイミュードといった感じの外見であり、プロトゼロに似たような顔つきをしている。顔面の左半分はパラドックスロイミュードの出典元である『サプライズフューチャー』におけるデッドヒートドライブマスク割れを思わせる半壊したような状態になっており、左カバーの方にずり落ち眼球が露出している。魔進チェイサーを彷彿とさせるジャンクパーツの様な外装、バックルから垂れ下がるコードゴルドドライブ同様にタイヤがなく代わりにブレーキディスクとサスペンションの残骸の様なパーツが露出した胸部の襷ライン等、タイヤが外れてしまうほどに大破した事故あるいはを思わせる意が各部に見られる事から、この顔面は事故にあった被害者をも連想させる。
左腕にはシフトレスの代わりにドアを模したを装備し、「KEEP OUT」と書かれた黄色標識テープが巻かれている。恐らくは事故によって破損しんだドアモチーフであろう。カバーが罅割れバックルは壊れたまま放置されっぱなしでを被ったのメーターの様なデザインであり、メーターの針を時計のそれに見立てて壊れた時計の様に見えるとのもある。
ドライブは相応しい素質を持つ変身者、ベルトさんシフトカーパーソナリティってこその存在だが、このアナザードライブにはアナザーライダーの例に漏れず変身者に必要な因子もなければ受け皿たるシフトレスを持たぬためにシフトカーを宿すこともできず、ガラクタの様なバックルはベルトさんの様な意思も温もりも感じられない抜け殻も同然であり、この3つが全てが欠落した存在である。更にはもう一つの欠かせないパーツであるタイヤすらなく、ドライブの紛い物としてこれ以上なく説得のあるデザインといえよう。
戦闘においてはオリジナルドライブが装着するタイヤに類似した形状のエネルギー弾を打ち出す他、正体がロイミュードということもあってか当然の如く重加速を引き起こすことができるが、アナザーライダー化の影によりパラドックス本来の機に制限がかかっているのか『サプライズフューチャー』のようにグロバルフリーズが引き起こされてはいない。重加速によってタイムジャッカー時間停止ゲイツバイブ疾風超スピードにも対抗してみせたが、重力である宇宙を操るウォズギンファイナリーには通用しなかった。このほかにアナザートライドロンを召喚・使役する事も可
スウォルツの元から逃走しているウールに重加速を仕掛けて突如襲い掛かったが、時間停止により取り逃した。その後、クジゴジ堂に匿われていたオーラの姿が見えない事を知り彼女を探していたウールの前に再度出現。現場を撃したツクヨミ撃も意に介さず彼女に迫ったが、そこへ突然現れた仮面ライダーアクアが割って入る。更にソウゴとゲイツが駆け付け、アクアツクヨミを連れて撤退したことで戦況はグランドゲイツおよびゲイツバイブ疾風との1対2になる。重加速によって疾風の持ち味であるスピードを殺すも、ウール時間停止によって動きを封じられ、ライダー2人の必殺技の直撃を食らう。
爆炎の中からオーラの姿で現れると、そこに割って入ったスウォルツジオウ達の相手をする中々と立ち去った。疑心暗鬼に陥っていたウールの前に出くわして彼に襲い掛かっていたところに本物のオーラが姿を現すと、自身がオーラにになり替わろうと彼女殺しようとするがゲイツウォズの妨により失敗に終わる。しかし誤解が解けたとして安堵したウールのもとに駆け寄ったオーラが「生き残るため」と称して彼を刺殺する様を見て「流石私! 私以上に私!」と狂喜。この事がソウゴの怒りを買い、グランドジオウと召喚されたドライブが繰り出したスピードロップによってバイルコアごと破壊され全消滅した。
このパラドックスロイミュードの出自は作中で特に触れられていないが、アナザーディケイドが呼び出したライダー達と同様に元は劇場版の敵キャラであり、仮面ライダーダークドライブ変身者でもある事を考えると彼らと同じくアナザーワールドから召喚された「ダークライダー」の1人であった可性が高い。

注意 以下にテレビシリーズ本編以外に登場したアナザーライダーの記述があります。映像ソフト未発売の作品に関するネタバレを含むので閲覧は自己責任でお願いします。

 
――――――――

ネタバレ許容者以外
立 入 厳 禁
――――――――



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナザー龍騎

身長:190cm
体重:90kg
特色/:不明
契約者:加納達也(演:石田)
契約仮面ライダーオーディン?
登場回:RIDER TIME 仮面ライダー龍騎、EP43

サラの為なら…は…地獄に堕ちてもいい!!」

ミラーワールドに生息する深紅ミラーモンスター…ではなく、スピンオフドラマRIDER TIME 仮面ライダー龍騎』に登場する仮面ライダー龍騎を有するアナザーライダー。加納達也という男が変身し、現実世界一般人たちを襲撃している。変身時は自らアナザー龍騎ウォッチを起動するというアナザージオウ同様のプロセスを踏む。
アナザーリュウガと姿形が似ているが、胸部の「RYUKI」「2002」の文字反転しておらず、ドラセイバー右手に、ドラクロー左手に装着しているといった違いがある。フェイスガードの形状もアナザーリュウガと大きく異なり、複眼が露出している。
加納がアナザー龍騎となった経緯にはミラーワールドたちを招聘し十数年越しのライダーバトルを開催したサラという女性が深く関与していた。加納はお互いの不注意が招いた自動車事故サラをひいてしまい、彼女が回復するまで見舞いを続けていた。そのうちに二人の間に情が芽生え退院後二人は正式に仲となるのだが平和な時間は長続きせず、サラ事故の古傷が原因で睡状態に陥ってしまう。サラを助けたいという想いに漬け込んだ何者かによってアナザーウォッチを与えられてアナザー龍騎と化してからは、サラに代わりとなる命を与える為人々を差別的に襲撃し、仮面ライダーオーディン変身する謎の男(のみ原作オーディンと同じく小山剛志氏が担当)が被害者の生命エネルギーを集めるという殺人ゲーム現実世界で開始した。その的は神崎士郎が試みていた新しい生命による生を想起させる。アナザーウォッチを与えた人物はこの謎の男と思われる事からアナザーキカイ同様タイムジャッカーの介入が行われていないアナザーライダーという事になるが、彼の素性に関しては一切が不明である。
本作におけるミラーワールドの戦いはアナザー龍騎と化した加納を止めるための戦めてミラーワールド内部に存在するサラの精体が開催したものであり、事を重く見た彼女タイムリミットの前倒しを宣言し、期決着を達に促した。
龍騎ウォッチを持たないジオウゲイツを苦戦させる中、ミラーワールドの戦いに勝ち残った変身したオリジナル龍騎が立ちはだかり彼との戦闘に突入するが、その最中に頭の中でサラき渡る。現実世界に帰還する為にサラから残り少ない命を受け取っており、そのことを彼から知らされたアナザー龍騎は戦意を喪失。謎の男によって生命エネルギーを与えられて暴走するも、ソウゴとゲイツと再会した際(ちなみにこの時ゲイツ秋山蓮と見間違えており、ゲイツが似ているという視聴者の間で囁かれていたネタ公式化した)に生成された龍騎ライドウォッチソウゴが変身したジオウディケイドアーマー龍騎フォームによって撃破された。変身が解除されて倒れたシーン加納の出番は終了しており、その後の去就は明らかになっていない。
ソウゴとゲイツ龍騎ウォッチがないために対抗する術がないかのようなやり取りをしていることから『RT龍騎』の時系列ジオウII登場以前(具体的にはEP20以前)と考えられるが、本作の時系列に関しては番組プロデューサーである白倉伸一郎氏がTwitter上で答えexitを提示しており、それによれば「ドラマ的には28話後、ソウゴ&ゲイツバトル方面だけ21話前」との事である。
TV本編にはEP43にてアナザージオウIIに召喚された個体が登場。

アナザーディエンド

身長:194cm?
体重:88kg?
特色/:不明
契約者:不明
契約:不明
登場回:仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツマジェスティ

仮面ライダーディエンドを内包する「アナザーディエンドウォッチ」によって発生したと思われるアナザーライダー。TVシリーズ最後にリセットされた世界舞台とするスピンオフVシネマ仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツマジェスティ』に登場する。
同じくディエンドを持つ怪人として外道衆のアヤカシチノマナコがディエンドライバーを用いて変身した「チノマナディエンド変身態」が存在したが、アナザーディエンドの頭部および上半身の装甲は驚くほどこのチノマナディエンドと酷似した形状になっており、側頭部および肩にはアナザーディケイドを彷彿とさせる巨大なが生えている。それ以外の部位はアナザーディケイドに類似しており、スーツは恐らくこの2怪人の流用・改造と思われる。「DIEND」の文字および年号がどこに記されているかは不明。

アナザーダブル

身長:195cm
体重:85kg
特色/:格闘、煙を操る、フォームチェンジに応じた特殊攻撃
契約者:不明(伊藤健太郎)
契約したタイムジャッカーティード
登場回:映画平成ジェネレーションズFOREVER』、EP43

ハーフイルドだっ!」

サイクロン」と「ジョーカー」のガイアメモリパワーソースとするドーパント…ではなく、左翔太郎フィリップから手に入れたと思しき仮面ライダーダブルサイクロンジョーカーの記憶がプログラムされた「アナザーダブルウォッチ」を媒介とする半分こ怪人アナザーライダー。映画平成ジェネレーションズFOREVER』に登場し、ティードの放つ刺客として仮面ライダー達に立ち塞がる。
左腿には「DOUBLE」、右腿には「2009」の文字が確認できる。2つの半身を繋ぎ止めているのはセントラル・パーテーションではなく生々しい縫いであり、あしゅら男爵が如く2つの体を継ぎ接ぎしたようなその痛々しい姿は後述の頭部形状もあわせてまさしく「二人で一人に成り損なった仮面ライダー」と呼ぶに相応しい。頭部は側面にものようなものを備えており、よく見ると横向きになったサイクロンサイクロンジョーカージョーカーの顔をくっつけたような異形の形状である。また、側面のクウガアギトに似ているが、これが何を意味するのかは不明。
右半身はウィンディスタビライザー(オリジナルサイクロンボディが身に着けているマフラー)の代わりにミイラのような包帯が部分的に巻かれているほかオリジナルみがかった色をしており、ナスカ・ドーパントに近い色合いのようにも見える。有志によって作られたコラ画像ナスカジョーカー」が疑似的に実現してしまったというべきか。一方左半身はジョーカー繋がりという事で相川始の正体であるジョーカーを意識してか、アナザーゴースト同様アンデッドのレザースーツを思わせる質感をしている。バックルの形状はを模しておりエクストリームメモリを想起させる。半身のを切り替えるを持ち、そのに応じて体色が変わるというオリジナルの特徴が受け継がれており、作中ではルナジョーカーに変異してフータロスを翻弄した。
最後はジオウダブルアーマーによって倒されたが、尺の関係で人間態は登場しないままに終わっておりその正体は明かされていない。
TV本編にはEP43でアナザージオウIIに召喚された個体として登場。アナザーファイズと共にウールオーラを捕獲するための刺客としてスウォルツに差し向けられたが、またもジオウダブルアーマーに倒された。

アナザー電王(‘07)

身長:190cm
体重:87kg
特色/:アナザーデンライナーの使役、荒々しい戦闘
契約者:久永アタル
契約したタイムジャッカーティード(ウォッチを与えたのはアナザーダブル)
登場回:映画平成ジェネレーションズFOREVER』

俺、参上…!

ライダーなんか存在しねえんだよ。消えろ、消えちまえ!」

昔話「桃太郎」からの親分をイメージして実体化したイマジン…ではなく、フータロスを追ってソウゴと共に過去の時代を訪れたアタルに、アナザーダブルティードによって生成されていた「アナザー電王ウォッチ」を憑依させることで発生したアナザーライダー。
アナザーデンガッシャーをマウントしているローブの部分に「DEN-O」「2007」の文字が刻まれている。アナザー電仮面の複眼部分は悪魔を思わせる形状(イマジンの他者に取りついて身体を操るという特性からロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリの触覚がモデルとの説もある)で、バックルはデンオウベルトとは似ても似つかず、シルエットカラーリングン・ダグバ・ゼバと類似している。アナザー電仮面は展開する事が可で、アナザーライダー化する前の自分自身と遭遇した際、挑発的な表情を浮かべながら素顔を見せている。
また、発生と同時に「アナザーデンライナー」なるものも生み出されている。外見はデンライナーゴウカとアナザー電王の顔を足して割ったような感じで、ティードの移動基地として使用される。
アナザー電王に変貌したアタルはそれまでの友好的な態度がのようにティードの先兵としてフータロスやソウゴに牙をむいており、明らかアナザーウォッチの支配下に置かれて正気を失っていることが伺える。
このアナザーライダーの存在は即ちティードが良太郎を奪い取ったことを意味していた…かに思われていたが、ティードの本拠地から転移させられた別間で彼のの前に現れたのはオリジナル電王であった。電王アナザーウォッチ生成はできても、特異点である良太郎と記憶を消去する事はタイムジャッカーを以てしてもかなわず、オリジナル電王はアナザーが発生してもなお健在だったのだ。倉Pが電王ディケイドと共に劇薬と位置付けていた意はここにあったのだろう。オリジナルとアナザー、2人の電王の対決はオリジナルが繰り出したデンライダーキックによって終結し、アタルティードの支配下から解放された。そしてこれは同時に、机上の空論とされていたオリジナルライダー本人によるアナザーウォッチの破壊が実現した間でもある。

アナザークウガ

身長:9.23m
体重:6.4t
特色/:翅による飛行、火球
変身者:ティード
契約したタイムジャッカーし(ティード自身が変身した為)
登場回:映画平成ジェネレーションズFOREVER』、EP43

からっぽの星 時代をゼロから始めよう… 伝説は塗り替えるモノ(悪に)

「根絶やしだ…ライダー共は…根絶やしにしてやるううう!!!」

グロンギに属するン・ダグバ・ゼバとは別個体のクワガタ怪人…ではなく、平成ライダーシリーズ開始の前である2000年1月29日へと時空転移したティードが、後の時代で五代雄介される事になる仮面ライダークウガマイティフォームを九郎ヶ岳遺跡に封印されていたアークルから直接抽出して作り出した「アナザークウガウォッチ」を自ら取り込んでアナザーライダーへと変貌した姿。
右肩に「KUUGA」、左肩に「2000」と書かれている。5本ではない手足の(故にサムズアップ不可能)や長く伸びた腕、バッタの様な形状の脚部など人から明らかに外れた体形であり、その異形の造形は漫画クウガにおけるグロンギを思い起こさせる。複眼のに有しているアナザーライダー特有の眼球は左右に4つずつ、計8つ存在しており不気味さを一層引き立たせている。
アナザーライダーは通常オリジナル身長・体重が一致するのに対してアナザークウガタイムマジーンとり合うほどの巨体の持ちでありこれまでのアナザーライダーとは大きくかけ離れた規格外の存在と言えるだろう。また、オリジナルにはい飛行を有しており、昆虫の様な翅を広げながらを飛ぶ姿はクワガタ怪獣そのものである。配色はマイティフォームのそれを踏襲しているが、四肢のった意などアルティメットフォームを思わせる部分も見受けられる。
平成ライダー歴史その物を塗り替えて消滅させようと論み、その圧倒的なパワーを以ってタイムマジーンをあしらうが、まだアークルにはクウガが宿ったままであり、遺跡で対峙したゲイツがそこから作り出したクウガライドウォッチティードの計画を狂わせることになる…。
ちなみにEP41では「加古川飛流変身の像」の周りに並ぶアナザーライダーの像の中にアナザークウガの姿もあったが、他のアナザーライダーとの兼ね合いもあり人間サイズにまで縮小している。EP43ではアナザージオウIIに召喚された個体が登場し、口から火炎弾を吐き出してジオウ達に応戦したが他のアナザーライダー共々撃破されている。

アナザーアルティメットクウガ

身長:???(推定9.23m以上)
体重:???(推定6.4t以上)
特色/:翅による飛行煙からの怪人召喚
変身者:ティードと久永シン
契約したタイムジャッカーし(ティード自身が変身したため)
登場回:映画平成ジェネレーションズFOREVER』

ライダー一人だ!!だけが笑顔であればいい!!!」

自らアナザークウガとなりライダー達に立ち塞がるもジオウクウガアーマーが搭乗したタイムマジーンに敗北を喫したティードが、平成ライダーの記憶を持たない特異点であるシンゴにアナザークウガウォッチを埋め込んで融合したことで仮面ライダークウガアルティメットフォームのを宿したより強なアナザーライダーへと変貌を果たした姿。
アルティメットフォーム同様全身がに染まっており、腕の数が4本に増えたことでより昆虫然とした外見となっている。立ち位置は悪役その物にもかかわらず複眼は雄介変身したオリジナルアルティメットフォームと違い赤色に染まっていない。
口から吐き出される破壊光線と、胸部から放出する煙より召喚される大量の怪人世界中を究極の闇で覆い込もうとするも、フータロスのによって集結した平成ライダー(とレーザー)達によって怪人軍団は全滅。自身はゲイツクローズが操縦するタイムマジーン(ゲイツ機)に叩き落され後にライダーキックを次々と食らい、最後はマイティキック、ボルテックフィニッシュ、タイムブレークの挟撃により撃破され、取り込まれていたシンゴは解放された。

アナザーゼロワン

身長196.5cm?
体重:87kg?
特色/:不明
契約者:ウィル
契約:フィーニス
登場回:映画令和ザ・ファーストジェネレーション
Another rider is back again!

20世紀初頭に姿を消した昆虫絶滅種「ロッキートビバッタ」のロストモデルが付加されたマギア…ではなく、飛電或人変身する仮面ライダーゼロワンライジングホッパーのデータイメージから構築された「アナザーゼロワンウォッチ」によりヒューマギアであるウィルがハッキングされることで発生したアナザーライダー。
右大腿部に「ZERO-ONE」、左大腿部に「2019」と書かれている。般若の面のような形状のマスク部分がを引くが、側頭部にもラインが迸ったの様なものが確認でき、マギア特有の「複眼と元となった生物を模したを併せ持つ4つ」という構造を意識しているかのよう。さらに変身者がヒューマギアという点はマギア全に合致している。背中には昆虫を思わせる羽が生え、大腿部の装甲は突き出たような形状になっている。アナザーライダーの例に漏れずオリジナルべ有機的な外見をしているが、AIテーマの一つに掲げている『仮面ライダーゼロワン』のコンセプトから見ればこの有機的なデザイン自体が作品への皮と言っていいだろう。
オリジナルゼロワンである人はこのアナザーライダーの発生によりゼロワンへの変身が出来なくなり、滅亡フォースライザーを用いて仮面ライダー001変身して立ち向かう事になる。左部の「2019」はゼロワンの活動時代であると同時に『ジオウ』後半のアナザーライダー共通の年号でもあり、さらにゼロワン世界も「12年前にデイブレイクが起きた」事実変され「12年前にヒューマギアが反乱を起こし支配された世界」へと変貌してしまう事となる。何度歴史改変による支配
ただし、予告映像では滅亡迅雷.netサブライダー変身ツールであるフォースライザーが健在である事、人が元の世界の記憶を有している様子から、士の様に人のゼロワンへの変身が封じられただけという可性もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーライダー

よみうりランドで開催されていた仮面ライダージオウヒーローショーに登場したアナザーライダー…っぽい何か。ショー会にプロトタイプアナザーウォッチを与えた事で発生した。ぶっちゃけるとアナザーライダーのスーツ完成していなかったという大人の事情によって登場した存在である。
外見は仮面ライダー1号2号に何となく似ているが、顔つきは全く異なり、大きな鼻腔や、鋭いの並んだクラッシャーを有している。また、胸部には「NO RI DER」と書かれている。
この文字ローマ字読みすると、一時期仮面ライダーませるほどの人気を獲得し(半ば冗談交じりではあるが)ライダー歴史を断絶させた原因とも言われているあのキャラクターの名前になるが、関連性は不明。彼は確かに正規の仮面ライダーとしては認められなかったかもしれないが、アナザーライダーと決定的に異なるのは歴代のライダー達に決して負けない熱く強い意志と信念である。彼もまたレジェンドとして人々の心に刻まれた仮面ヒーローなのだ。
そして、映画Over Quartzer』にてこの男が仮面ライダーシリーズに衝撃の登場を果たす。仮面ライダーではない者だからこそのメッセージ物語にどのような影を与えるのかはぜひスクリーンで確かめてほしい。

アナザーウォッチについて

タイムジャッカーがアナザーライダーを発生させるために作り出しているブランクウォッチに似た形状のデバイスであり、アナザーライダーの核ともいうべきアイテムブランクウォッチオリジナルの持つを取り込むことで生成される。
発生した時代で対応するライダーアーマーや、特別なを持つ特定フォームのによってアナザーライダーが倒されることで契約者の体内から排出されて砕け散る。アナザーゴーストケースから、死者を復活させることも可なようだ。

商品展開

アナザーウォッチプレミアムバンダイ限定で「DXアナザーウォッチセット」として商品化。カバーパーツを付け替えることで各種アナザーウォッチ再現でき、ジクウドライバーなどとの連動も可第1弾exitはEP08までに登場した5体、第2弾exitはEP09~16およびジェネFOREVERに登場した6体、第3弾exitはEP17~20および2334に登場した7体、第4弾exitはEP35以降およびRIDER TIMEに登場した7体のウォッチが、「DXミラーワールドウォッチセットexit」ではミラーワールドジオウライドウォッチセットアナザーリュウガウォッチラインナップされている(第4弾以外は予約終了済)。
更にアナザーライダー自身も食玩装動シリーズで商品化される。「装動外伝 仮面ライダージオウANOTHER」と銘打ち、通常のナンバリングタイトル(「RIDE◯◯」)ではなく「創動」のアクションガーディアンズの様な番外編としてリリースされる。第1弾「ANOTHER1」ではPVexitで試作品が開されたアナザービルド、アナザーエグゼイド、アナザーファイズ、アナザー鎧武の4体が、第2弾「ANOTHER2」ではアナザーダブル、アナザー電王、アナザーフォーゼアナザーオーズが、通常シリーズ最終弾となる「RIDE11」ではアナザージオウラインナップされる。『ジオウ』登場ライダー全商品化の対外である為、すべてのアナザーライダーが登場するかは不明。

余談

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 37
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アナザーライダー

645 ななしのよっしん
2019/10/28(月) 23:51:58 ID: uqEMSk9AJW
変身者になる(させられる)のかも楽しみ
作品的にはヒューマギア変身してもおかしくないよね
646 ななしのよっしん
2019/11/03(日) 17:18:50 ID: VdxHURFfjp
>>645
キャスト情報によるとどうもホントにヒューマギア変身しそうなんだよなアナザーゼロワン
647 ななしのよっしん
2019/11/04(月) 00:32:42 ID: Thmz7FxEEi
しかも契約したタイムジャッカー的がデイブレイクの発生を防ぐ事と今までのアナザーライダーべてダークヒーロー色が強めっぽく見える
648 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 13:26:45 ID: 6FAgQi/t8G
とうとう昭和ライダーのアナザーが出るのか
まだ未確定だけどあのビジュアル明らか
649 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 14:27:52 ID: uqEMSk9AJW
でもあれアナザーライダーと違わない?
顔の感じとか今までのと違ってもろライダーまんまだし
じゃあ何って言われると今の時点じゃわかんないけど
650 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 14:47:26 ID: 6FAgQi/t8G
>>649
マスクの上半分はほぼオリジナルだけどクラッシャーがなくてを剥き出しにした口が見えてるからアナザーライダーかと
あとベルト周りがんで下半身も不自然に広がってるからコアみたいた体じゃないかなんて話も
651 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 19:11:59 ID: bZwNGlAw9B
倉Pのツイートから「アナザー1号」なるワードが出てきた辺りマジ1号アナザーライダーかもしれん。
コアやアナザークウガみたいなCG再現されるのかな。
652 ななしのよっしん
2019/11/18(月) 19:43:22 ID: 6ppE5h/WWe
あれは11号そっくりだからアナザー1号というよりアナザー1って可性もある

でも東映チャンネル突然FIRSTが配信されたことを考えるともしかしたら・・・?
653 削除しました
削除しました ID: 5QJclohYuJ
削除しました
654 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 03:25:10 ID: CY0yBK+T2n
アナザーでもシノビは装着者が変わらんからなんだろうね・・・。

急上昇ワード