アビスマン単語

アビスマン

アビスマンとは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。古の昔においての裁きを逃れた人「完璧超人始祖」の一員であり、墓場の監視役を担っている。

概要

太古の昔に人としてのを正しく使おうと唱え、元の男ザ・マン(現超人閻魔=ストロング・ザ・武道)に導かれカピリア線での全殺から助かったグループ完璧超人始祖」の一人。璧・式(パーフェクト・フォース)の称号を持ち、「焔のダンベル」を所有している。ザ・マンからの信頼厚く、墓場の最高監察官として墓守の管轄と「禁断の石臼」の管理を任されている。

筋肉質の巨体で、体の前面には数の傷が刻まれている。右肩には鹿のような装飾品が付き、顔はマスクで覆われ、その強面を更に強調している。

部下からその強さを恐れられ、自らもっ向勝負ではにも負けないとしている。かつてはザ・マン完璧超人としての戦い方を習得するべく努したようだ。

データ

人物像

完璧超人としてはしい気さくな性格でフランクな口調で喋る。再会した悪魔将軍にも冗談を掛けており、墓守達からも畏敬の念と共に尊敬され慕われている辺り、いい上であったようだ。自らの役を遂行する厳しさも持つが、一方でアドバイスを変な方向に捉えてしまうお茶な面も持つ。

笑い方は「モガモガ」。

作中での活躍

々によるカピリア線での全殺からザ・マンの導きで逃れ、以降は理想とする人界をし修練の日々に入る。

そんな中、ゴールドマンとのスパーリング中の事。っ向勝負を避けたゴールドマンに背後を取られ背中を攻撃される。その事を抗議したところ、様子を見ていたザ・マンにぶん殴られ、背後を取られる事の危険さを説かれた。それ以降ザ・マンに言われた「完璧超人」に生まれ変わり「パーフェクト・ザ・ルール」の称号を得るべく修練を重ね、その戦い方と実直さからザ・マンの姿勢に一番近いとまで言われるようになった。

顔にはマスクの下にザ・マンに殴られた際の傷が今も残り、背中にはかつてゴールドマンから付けられた傷以外は攻撃を受けていない。

なお、アビスマンはザ・マンアドバイスを参考に防御技「アビスガーディアン」を編み出したのだが、本来ザ・マンが彼にかけたアドバイスは「集中と反射神経を鍛え上げて背後を取られないようにしよう」という意味である。背中を取られた際に対応できる技を編み出せとは一言も言われていない。

無量大数軍&完璧超人始祖編

ミラージュマンを破り墓場まで侵攻してきた、かつての同僚であり背中に傷を付けたただ一人の男・悪魔将軍(ゴールドマン)と遭遇。悪魔将軍墓場システムを壊すために「禁断の石臼」を逆に回そうとしている事を察し、使命を果たすべく墓場内のリングで対決する。

圧倒的フィジカルの強さと「アビスガーディアン」の絶対防御を駆使し戦いを優位に進める。完璧超人始祖の中でも随一と言われるっ向勝負でもパワーで押し、「奈落斬首刑」で悪魔将軍人硬度調節機を破壊している。しかし、「正面から背中を攻撃されればバリアを貼ることが出来ない」弱点を突かれ正面からの地獄の九所封じその1「大雪山落とし」を喰らい、アビスガーディアンを破壊されて絶対防御を突破される。そのまま地獄の九所封じを全て喰らい、最後はトドメの地獄の断頭台を喰らって敗北死亡した。死の直前には、悪魔将軍に対し、「墓場は潰しても・・・世界まで潰すんじゃねーぞ・・・この石頭野郎」という言葉をかけている。

必殺技

アビスガーディアン
ザ・マン導を受けた後、厳しい精修行の末に会得した、背中を攻められた際に発動する背後からのあらゆる攻撃を弾き飛ばすバリア。このバリアにより背後からの攻撃は問答用で効化されるため、実質相手の背後を取って仕掛けるタイプのあらゆる技はアビスマンに対して意味をなさない。ただし、背後からの攻撃以外には対応できず、正面から背中ダメージが突き抜けるような攻撃を受けた際にはバリアが発動できないという弱点を抱えている。
グレイブヤード(墓場タックル
ショルダータックルをぶちかましながら同時に左肩のトゲで相手を刺しにする技。悪魔将軍ダイヤモンドボディをもってしても防ぎ切ることはできない。
璧・奈落斬首
グレイブヤードタックルで相手を回転を加えながら投げ飛ばした後ジャンプ。両拳でアッパーを食らわせ、相手のに両手を入れたまま逆さに落下し相手の頭をマット叩き付けるシンプルかつ快な技。この技の圧倒的な威によって悪魔将軍ダイヤモンドパワー攻略し、硬度調整機を破壊している。

関連商品

関連項目

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アビスマン

43 ななしのよっしん
2018/04/14(土) 10:36:47 ID: pZ/skIM2kd
試合開始相図をゴング鳴らしてさせようとしたら咎め、コブシ同士の叩きでいいというのが関係性だして結構好きだ
44 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 22:44:47 ID: E7omna3nwx
あの冗談みたいにフィジカルの強い始祖たちがひとり正面から投げ飛ばして背中ダメージを与えることができなかったってアンタ……
45 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 01:29:59 ID: Aw2g5BnGSF
>>44
性格的にペインマンサイコマン以外の始祖達はお互いのスパーリングっ向勝負してたんじゃない?
後、フィジカル強いと言ってもサイコマンは握ペインマンは関節技が自慢だからアビスガーディアンを抜けなかったとか。
残りの5人はガンマンジャスティスマンはともかく後の3人も不意打ちはしないと思う。
でも、あの巨怪力ガンマンを食い止められるアビスマンはやっぱり強過ぎるわ。
46 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 20:39:30 ID: pZ/skIM2kd
ゴールドマンも捉えられなかったカラスマンスピードにはどう対処していたんだろう
ガーディアンって生まれ持ってから所持しているスキルではなく精修業の末から身に着いたわけだけど、
身に着いた「後」の背中の傷がひとつではなく「前」からひとつというのがなおさらなんだよね

だから間違えていけないのはアビスガーディアンがあるからすごいんじゃなくて、なくてもすごいってことだ
47 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 17:04:46 ID: /lG1eGy730
アビスガーディアンが破られたのはどう考えても他者とのスパークリング等してなかったのが原因だろう
同格なら即座に欠点を摘してくれて善もできただろうしな
変に役職なんて持つから各々停滞しちゃったんだろう
48 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 18:50:16 ID: pZ/skIM2kd
別にガーディアン善する必要ないんじゃないのか?
アビスマン背中弱点だからバリアを強化したいとかではなくっ向勝負でにも負けないようになりたいわけなんだから
49 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 15:52:25 ID: E7omna3nwx
>>46
そうか、「背後を取られない様に普通に対処」という選択肢カラスマンに塞がれてたんだろうなあ……
50 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 20:58:55 ID: 8K+CunWNzp
九所封じを将軍に伝授したあやつならアビスガーディアンの弱点に気付かなかったはずもスパーで実行出来なかったはずもないのになあ
サイコの技術低下のことだって分かってただろうし
ザ・マンの気持ちが育成よりも管理という方向に傾かなければクソ覚醒理でもまだまだ始祖たちにも伸びしろはあったんじゃないだろうか
51 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 23:02:56 ID: NOn8UfzQpC
わざわざ背中向けてバリア体当たりを仕掛ける辺りがもう「お前ザ・マンはそういう事言ってたんとちゃうやろ」過ぎて
52 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 01:04:04 ID: w/MNpSBwWu
わざわざ背中向けてたっけ
リアおまけみたいなもんで単純に後ろ取られないようにはしてると思うよ
ガーディアン当てるために初見殺し的な感じであえて背後とらせたりはするだろうけど

急上昇ワード