アブジャド単語

アブジャド

アブジャドとは、文字体系の分類区分ひとつである。

概要

「アブジャド」は文字体系の類区分名であり、アルファベットなどとともに「音素文字」の類に属する。対応するのはかな文字などの「音節文字」や漢字などの「表文字」などである。通例ヘブライ文字アラビア文字など標準の表記体系がアブジャドであるものをそう呼んでいるが、しかしながら現代においては純なアブジャドは存在しない。

もともとヘブライ語アラビア語のようなセム系言が「子音が義・音が文法を示す言」としての傾向が強かったため生まれた表記体系であると思われるが、kwskwktkなどのように日本語ラテン文字の子音だけで表記する用法もアブジャドに近いものと考えれる。このように言文字体系にかかわらずアブジャド的な表記は可である (ただし音素文字に限る。というよりも世界の音素文字のほとんどが、アブジャド体系であったヒエログリフの発展系であるかもしれないわけで・・・)

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アブジャド

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アブジャドについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!