アホ毛単語

アホゲ

アホ毛とは、異常に跳ねているあの髪の毛である。本来は美容業界の用らしいが、美容の話は々にはどうせ関係ないため、ここではアニメ・ゲームなどのキャラクターのアホ毛について説明する。

概要

アホ毛の起については諸説あるが、結論は出ていない。存在自体はかなり昔からあるが、アホ毛という名称が定着したのはここ10年くらいのようだ。アホ毛という呼称が定着する前は「アンテナ」や「触」などと呼称されていた。
所謂アホ毛のあるキャラは「おバカ」なキャラ(どこか抜けたキャラ)が多かった為「アホ毛」=「おバカキャラアホキャラ)の徴」という認識が広まり、「アホ毛」という呼称が定着したものと考えられる。

アホ毛は一般的に、一本か二本の物が多い。単位としては[本]が用いられるが、よく考えると[束]じゃないかとかは考えない。基本的にキャラクターごとに本数が決まっており、二本の場合は触覚と呼ばれることもある。また、キャラの向きによらず、画面に対して同じ方向を向いているという性質を持つこともある。

キャラクターによっては、アホ毛がまるで生きているかのように動くこともある(でなびくのとは違う)。その場合は、キャラの感情に沿って動く場合が多い。例:阿良々木暦

リアルに作る場合は、十分な量の髪の毛とそれを固めるものが必要だ。また、傍には妙な寝癖にしか見えないため強な精も要されるものと考えられる。現に、「これはアホ毛じゃない、寝癖だ!」とするキャラもいる。

昔よりギャルゲーエロゲにはアホ毛キャラが使われていたが、ここ近年はどの作品にも必ずと言って良いほどアホ毛キャラがしか、登場している。また漫画においてもアホ毛キャラはよく見受けられるようになったが、ラブひなネギま作者赤松健は特にこのアホ毛を多用している。

なお、某学園の理事長改造されるとアホ毛で衛星放送が拾えるようになるらしい。確かに、アホ毛という名前が定着する以前はアンテナと呼ばれていたのだから…って、理事長、それはご勘弁。

「アホ毛」のある動画

関連静画

アホ毛で有名なキャラクター

下記以外にもありましたら、お気軽に随時追加して下さい。大百科記事の有りしは問いません。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行・ワ行

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%9B%E6%AF%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アホ毛

243 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 20:00:40 ID: H7PpcDlXBt
Aチャンネルのるん
244 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 21:48:15 ID: 2rufRHAD8n
これからは「一般会員記事作成記事編集依頼スレ」(ニコニコ大百科単語記事)で依頼しましょう。
その方が圧倒的にく編集されます。
245 ななしのよっしん
2018/04/05(木) 05:42:39 ID: C9LI3M9cO7
出所は多分大阪やろな。
アホ毛頭髪に関して書いてるけど、頭髪以外の部分で1本ピーンと伸びた毛も昔からアホ毛て言うてるしなぁ。
例えば、腕の毛が1本だけ立ってピーンと長いとアホ毛って言うからなぁ。
(ただ住む地域によってかも知らんし、今の子らは言うかどうか知らん)

毛はピーンて長いのがあっても、アホ毛とは言わんかったと思う。
246 ななしのよっしん
2018/04/07(土) 23:55:00 ID: 4UlSoTOwW4
「美容の話は々にはどうせ関係ないため……」の部分くっそ笑った
247 ななしのよっしん
2018/04/10(火) 03:39:42 ID: tN7d1+D6AP
昔からある属性で今でも人気だよね
二本以上の触覚になるともうあんまり見ないけど
248 久屋大通
2018/07/16(月) 21:18:36 ID: wK3D9nLDs/
のんのんこまちゃんかれんちょんもあったろ
249 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 17:16:22 ID: FkL8bIich+
赤血球(はたらく細胞)
250 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 03:57:27 ID: 17ArJ/9jY7
字幕アホ毛がahogeって翻訳されてて笑った
251 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 15:35:34 ID: 8L57Y/BWRt
当然のようにいるラファール戦闘機)でなんだか笑う
252 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 06:17:11 ID: Bwf8E1QmwM
簡単にシルエットに特徴つけられるからって濫用されすぎだと感じた

急上昇ワード