アマルティア・セン単語

アマルティアセン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アマルティア・センとは、インド経済学者である。1998年ノーベル経済学賞を受賞。

概要

来歴

1933年 インドベンガル地方出身。

1943年 ベンガル地方飢饉撃する。

1953年 プリデンシー大学数学経済学)を卒業。その後ケンブリッジ大学トリニティカレッジで純経済学入学

1956年 23歳にしてカルカッタのジャダンプール大学経済学部長および教授になる。

その後様々な大学で客員教授となり、1971年ロンドンスクールオブエコミクスで教をとる。

1977年からオックスフォード大学教授として働く。それからもハーバードなどで研究に没頭する。

1998年 ノーベル経済学賞受賞。

ノーベル経済学賞

センはアジア一のノーベル経済学賞受賞者である。もっと言えば非西洋人(二重籍除く)で一の受賞者である。その為、受賞が発表された当初世界では当惑や落胆を表明する者が少なからず存在した。特にウォールストリートジャーナルはセンを面で辛辣に批判した。また人種だけでなく、センは大学の頃から左翼思想に固執しており、それを隠すつもりもなかったことが世界の困惑の原因の一つであった。(ノーベル賞の選考委員は社会主義経済学者を忌避する傾向がある)

受賞の背景

センが受賞した背景には、90年代の他の経済賞受賞者と実質経済の動向がある。90年代に活躍した経済学者は概してレッセフェール(自由市場義者であり、ノーベル経済学賞もそれに追従して賞を与えていた。それの良い例が1997年ノーベル経済学賞を受賞したアメリカロバートマートンとマイロンショールズである。彼らの受賞理由はオプション融商品デリバティブ(融に関する研究)であった。その理論は巨大ヘッジファンドを通じてアメリカ融を世界中に広めることに成功した。が、そのファンド1998年センが受賞するちょっと前に破綻。その他融や自由市場義は(少なくとも表面的には)世界中の融と経済を破壊する結果となる。(アジア通貨危機など。因みにこいつらは2008年にも同じことやって同じじように大恐慌を引き起こした)世界中で融と自由市場に対する批判が高まり、それらに権威を与えたノーベル経済学賞にも世界の怒りの矛先が向くことになる。その為、選考委員は信頼性を回復させるため、自由市場への不審と唱え、長い間異端とされていたセンが受賞することとなった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アマルティア・セン

1 ななしのよっしん
2012/05/14(月) 20:12:57 ID: s6+L7PgHo7
個人の潜在=ケイパビリティを開させることこそが正義自由にかなうと言った人だな。この人の思想はアリストテレスの流れに近いらしい。
2 ななしのよっしん
2015/04/20(月) 14:23:11 ID: qRoQwt846F
権利を保障するだけでなく権利を行使するをも保しないと意味がいとか何とか
3 ななしのよっしん
2017/11/08(水) 22:52:17 ID: +4ceCIOZce
記事に「当惑や落胆を表面する」とありますが「当惑や落胆を表明する」ではないでしょうか?
4 ななしのよっしん
2017/11/09(木) 22:05:39 ID: +4ceCIOZce
修正ありがとうございます
5 ななしのよっしん
2018/05/20(日) 00:49:46 ID: vwYwmOlbrK
この人の本は二冊読んだ
っ当な事を書く人だとは思ったけれど、何がすごいのかはよく分からなかったなあ

急上昇ワード