アムラン単語

アムラン

マルカンドレ・アムランMarc-André Hamelin, 1961年9月5日 - )とは、フランス系のカナダ人ピアニストである。

同じくフランスカナダ人ピアニストのアムランに2015年ショパンピアノコンクール2位となったシャルル・リシャール=アムラン(Charles Richard-Hamelin)がいるが、こちらはリシャール=アムランで一つの姓であり、おそらく両親の系のどちらかにアムラン姓の人物がいるはずだが、この記事で取り扱うアムランとは関係である。

概要

1961年9月カナダのケベック州モントリオールで生まれる。5歳からピアノを始め、ヴァンサン・ダンディ音楽院、テンプル大学にて学ぶ。

アルカンメトネルゴドフスキー等の技巧的かつ音楽性は高いがマイナーである作品やアイヴズ、バーバー、ボルコム、ロスラヴェッツ等の現代曲を盛んに取り上げ、評価の進んでいない名曲を世に広める。

ニューヨークタイムズ」のハロルド・C・ショーンバーグによって「スーパーヴィルトゥオーゾ」と賞され、そのピアノ界のハイフェッツと言わんばかりの類稀なる技巧と楽曲のに迫る巧みな表現で全世界熱狂的なファンもつ。

ペトルーシュカからの3楽章』や『ハンガリー曲第6番』を「技巧をひけらかすだけの曲」と言って演奏しない、『超絶技巧練習曲』を「単に難しい技巧の羅列」と感じ、校訂作業をやめるといったように技巧と内容の両立を底している。

ピアノ演奏以外にも極めて高度な演奏技巧を必要とする『短調による12の練習曲』、オリジナル曲編曲作品を集めた曲集『最も親密な思いを込めて』などの作曲でもあり、コンポーサー・ピアニストとして注されている。たびたび「譜面」などと言われることもあるが、実に合理的な構成になっている。流石だと言うべきであろう。

近年ではハイドンドビュッシーショパンモーツァルトといった定番作曲演奏の録音も多くなってきたが、依然エックハルト=グラマッテやブゾーニカトゥアールといったある意味アムランらしい作曲も取り上げ続けている。

また、ニコニコ動画では『自動演奏ピアノのためのサーカスギャロップ』の作曲者として知られており、このほかにも自動演奏ピアノを使用した曲では『ポップミュージック?』、『C.P.E.バッハによる五ソルフェジット』を作曲している。なお、これらの曲は人間が弾くことを想定して作られた楽曲ではないため、何人ピアニストがいようとカイリキーであろうと演奏不可能である。「カイリキー専用」はいささかお門違いである。あくまで自動演奏ピアノの曲であるので、人間演奏することを念頭に置くべきではないだろう。

関連動画

  

  

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アムラン

1 七篠言平
2010/12/25(土) 06:37:44 ID: PQhWGEn2Bx
これを追加して頂きたいのですが→http://www.nicovideo.jp/watch/sm13120699exit_nicovideo

お願いしますm(_ _)m
2 ななしのよっしん
2012/07/16(月) 22:25:41 ID: kvYmrlc/oM
この人特有の煮え切らない終わり方が地味に好き
3 ななしのよっしん
2014/05/19(月) 22:57:40 ID: xTHPNW63xY
アムランアルカンの『イソップの饗宴』を演奏してる動画があったけど、アレ涼しい顔で弾けてるのは流石アムランと思ったな。自動演奏ピアノの曲がしいってことが有名だけど、それ以上にこの人の技巧はもっと多くの人に知ってもらいたい。

もちろん自動演奏ピアノの曲も、一見音符が造作に散らばっているようでも、実際には駄な装飾が一切い、彼の理念に沿ったものだということも忘れちゃいけない。自動演奏ピアノ向けの曲で彼のような曲を作ろうとしても、驚くほど難な音に行き着いたり、いは逆に違和感を感じる音を選んでしまうだろう。
4 ななしのよっしん
2014/08/14(木) 12:57:27 ID: BAKuP6olcL
アムラン特有のき・音遣いが全にツボ
年代で結構作に違いはあるけど、この点は一貫してる

あと、パロディ系作品や演奏時のジョークセンス
5 ななしのよっしん
2014/12/03(水) 19:52:23 ID: xYk3WdHb5w
この人の演奏テクニックは全世界至宝と断言したい
6 ななしのよっしん
2015/10/27(火) 20:51:28 ID: fKH1YQvTJH
年取ったのか最近は技巧的な作曲よりも有名どころの録音が多くなった気がする