アムリッツァ星域会戦単語

アムリッツァセイイキカイセン
銀河英雄伝説戦闘
帝国領侵攻作戦
アムリッツァ星域会戦
基本情報
時期 宇宙796年/帝国487年 10月中旬
地点 銀河帝国・アムリッツ域(恒星アムリッツァ上
結果 銀河帝国軍の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 自由惑星同盟
指揮官
宇宙艦隊副長官
ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥
宇宙艦隊長官
ラザール・ロボス元帥
(在イゼルローン要塞
動員兵
ローエンラム直率艦隊
 ロイエンタール艦隊
 ミッターマイヤー艦隊
 ケンプ艦隊
 黒色騎兵艦隊
キルヒアイス艦隊
総数約10万隻
第5艦隊(ビュコック中将
第8艦隊(アップルトン中将
第13艦隊(ヤン中将
 第10艦隊(残存部隊)
黒色騎兵艦隊の9割
その他僅少
ラインハルトプライド
第5艦隊の過半数
第8艦隊の壊滅
第13艦隊の3割
戦艦ユリシーズ>の排処理システム
帝国領侵攻作戦
同盟軍補給部隊の壊滅 - アムリッツァ前
(第3艦隊 - 第5艦隊 - 第7艦隊 - 第8艦隊
- 第9艦隊 - 第10艦隊 - 第12艦隊 - 第13艦隊)
- アムリッツァ星域会戦
前の戦闘 次の戦闘
アムリッツァ前 リップシュタット戦役
軍事会議クーデター

アムリッツァ星域会戦とは、「銀河英雄伝説」の戦闘の一つである。

概要

宇宙796年/帝国487年、自由惑星同盟軍が帝国領に大挙侵攻した帝国領侵攻作戦における最後の戦闘

いわゆるアムリッツァ前戦ですでに大打撃を受けていた同盟軍は、この決戦における敗北により回復不可能の甚大な損を被ることとなった。

経緯

作戦全体の詳細については帝国領侵攻作戦を参照。

宇宙796年/帝国487年10月10日、物資を引き上げての焦土作戦を続けていた帝国軍はついに大挙反撃に転じ、物資不足のために戦を低下させていた同盟軍遠征部隊は随所で潰走を余儀なくされた。

これを受け、同盟軍遠征総部は再攻勢を期して10月14日までにイゼルローン回廊の入口に近いアムリッツ恒星系A宙点に集結するよう各艦隊に示。呼応した帝国軍もアムリッツァに集結し、ここに決戦、アムリッツァ星域会戦の舞台が整えられた。

戦力

同盟軍遠征部隊は8個艦隊を動員したが、アムリッツァ星域会戦に至るいわゆる「アムリッツァ前戦」を経てなお艦部を維持していたのは、第5艦隊(アレクサンドル・ビュコック中将)、第8艦隊(アップルトン中将)、それに第13艦隊(ヤン・ウェンリー中将)の三個艦隊のみであった。これらの部隊も、敗走の結果、遠征開始時にして第5、第8艦隊が3割、第13艦隊が1割の損を出し、数を減少させていた。

部を喪った他の同盟軍艦隊の残存部隊の状況はほとんどが不明だが、ウランフ中将が戦死した第10艦隊に関しては3割が撤退に成功し、第13艦隊の揮下に入った。その他第9艦隊も、アル・サレム中将から揮を引き継いだライオネル・モートン少将のもと、かろうじて艦隊の全面崩壊を防いでいる。

これらの同盟軍諸部隊の総部となるべきラザール・ロボス元帥の遠征総部はいまだイゼルローン要塞を動かず、同盟軍は全体の揮に問題がある状況で戦闘に臨むこととなった。

一方帝国軍の動員数は約10万隻に達し、アムリッツァ前戦を経てなお戦をほぼ保っていたが、ジークフリード・キルヒアイス中将揮する全軍の三割、約3万隻に別行動を取らせていたため、戦闘開始時の総兵は7万隻程度(ローエンラム直率艦隊含む)であったと考えられる。

戦闘経過

10月14日を期してアムリッツ恒星系に集結した同盟軍に対し、帝国軍のうちロイエンタールミッターマイヤーケンプ、ビッテンフェルト中将らの艦隊はラインハルト・フォン・ローエングラム元帥直率のもと、密集隊形をとって正面から決戦を仕掛けた。これはこのとき帝国キルヒアイス艦隊が同盟軍後方への繞回運動をとっており、その意図を隠すためのものであった。一方同盟軍はそれを予測して後背に4000万個の核融合からなる機原を設置しており、帝国軍の後背襲撃を遮断妨しえるはずであった。

戦闘開始直後、恒星アムリッツァの炎の影に隠れていた同盟軍第13艦隊は帝国軍側の意表をついて一挙に突進を開始し、ミッターマイヤー艦隊に火力を集中させた。これにより旗艦左舷被弾を始めとする痛撃を受けたミッターマイヤー中将は柔軟な形変更によって追撃を阻止しつつも、いっとき後退を余儀なくされる。

第13艦隊の攻撃を受けた帝国軍側はかわって黒色騎兵艦隊が突撃を開始し、同盟軍第13艦隊と第8艦隊の間に位置するD4宙域へと強引に侵入を果たした。これに第13艦隊はヤン・ウェンリー中将示で防御線を築いて対応したが、第8艦隊は持ちこたえきれず大損を受けて瓦解。第8艦隊を崩壊させて挟撃状態を脱した黒色騎兵艦隊は第13艦隊へと矛先を転じた。しかし、ヤン中将はその一の隙を利用して黒色騎兵艦隊に対し反撃に転じ、至近距離で猛射を受けた黒色騎兵艦隊は一挙に崩壊する。

だがこの時、すでに3万隻におよぶ帝国キルヒアイス艦隊が繞回を完成させつつあった。キルヒアイス艦隊は太陽の磁気・重力に想定以上の妨を受けて遅れつつも、監視を避けて同盟軍後背の機原に迫っていたのである。キルヒアイス艦隊は同盟軍の察知していなかった新兵器向性ゼッフル粒子」によって時にして機原に通路を切り開くと、同盟軍の後背に襲いかかった。

この時点で、アムリッツァ星域会戦の勝敗は全に決した。
捨て鉢の反撃が帝国軍を一時圧倒した宙域こそあったものの、同盟軍の揮系統はほとんど崩壊し、ただ第13艦隊のみが踏みとどまって敗走を援護した。ヤン中将は得意の火力集中戦術をもって帝国軍の揮を乱しつつ、弱体化した黒色騎兵艦隊を突破し撤退する機をっていた。これを察知したキルヒアイス艦隊は援護を試みたが、敗走中にパニックに陥った同盟艦が謀な行動に出たために及ばず、ついに第13艦隊の退却を許すこととなった。

結果

アムリッツァ星域会戦を含む作戦全体の結果については帝国領侵攻作戦も参照。

同盟軍は、もとよりアムリッツァ前戦で大幅に減らしていた遠征戦を更に失う事となった。前戦を経て部を維持し得た三個艦隊のうち、第5艦隊と第8艦隊は半数以上が失われ、第13艦隊のみが兵員の七割を残した。直接火に撃沈されなかった艦も、恐慌状態に陥った末の計算の亜空間跳躍で消失、排処理システムに軽微だが深刻な被害を受けるなど、多くの損を受けている。

いっぽう帝国軍の損は全体的に見れば少であったが、ビッテンフェルト中将の率いる黒色騎兵艦隊のみ、戦闘中盤で被った大打撃に加えて極めて大きな損を被った。最終盤において黒色騎兵艦隊は同盟軍第13艦隊の撤退ルートにあり、その猛攻に立ちはだかったものの衆寡敵せず、旗艦以下数隻に至るまで数を減らしたのである。また、ビッテンフェルト中将自身も、功を焦って戦線を危機したことにより自室謹慎処分を受けたが、キルヒアイス中将のとりなしにより罪は免れている。

OVAにおける描写

OVAでは、原作に会戦参加の記述がある指揮官に加え、ラインハルト側にメックリンガーキルヒアイス艦隊にルッツ、ワーレン提督が登場している。

ストーリー自体の変は戦闘序盤、第13艦隊がミッターマイヤー艦隊に一挙猛撃を加えるシーンが中心で、この部分は映画「わが征くはの大」におけるレグニツァ上空遭遇戦の描写を受け、同戦闘ラインハルトがとった作戦をヤンが「おかえし」する形で恒星アムリッツァに融合弾を投下、それによって発生したフレアに乗って急加速・襲撃する流れとなった。

また、原作では「すでに同盟軍第八艦隊は瓦解し」とだけ記述されている第8艦隊については、機関部に被弾し恒星アムリッツァへと引き込まれていく旗艦<クリシュナ>の中でアップルトン中将が退艦を拒否するシーンが追加されるなど、原作では不明瞭だった部分の描写が追加されている。

関連動画

関連商品



OVAでは本伝15、16話にかけてアムリッツァ星域会戦を描写している。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E6%98%9F%E5%9F%9F%E4%BC%9A%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アムリッツァ星域会戦

31 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 23:21:08 ID: cOxBHsI1OQ
うろ覚えだが原作小説ではアムリッッアでラインハルトが率いた軍は同盟の6割程度だと書かれていたが仮にそれがキルヒアイスの別動隊を覗いた軍が7万程度だとしたら同盟軍がアムリッッアで展開した戦は12万程度と言う事になる
もしそれだけの戦が残っていたのなら同盟軍が面子の為にもう一戦する気になるのも頷けなくもないな
32 ななしのよっしん
2018/02/19(月) 22:16:45 ID: 1Bj9VAIS7a
>>31
その「6割」ってのはよく言われるところだけど、帝国領侵攻作戦に参加した宇宙艦隊プラス各陸戦部隊や地上要員の総数と較して、ってことなんじゃないかな。
宇宙艦隊だけなら、反攻開始時点でラインハルト軍9個艦隊(ラインハルトが直属艦隊をキルヒアイスの直接揮下に移動させていたら、もっと減るけど)vs同盟軍8個艦隊となる。
帝国軍の反攻開始からアムリッツァ本戦と宇宙艦隊が戦ってる間に、各惑星では取り残された同盟軍陸戦部隊と帝国軍の、当時のラインハルト揮下にない装甲擲弾兵団をはじめとした陸戦部隊が交戦してたと思われる。
敵地に取り残された陸戦部隊を救出するためにも、艦隊決戦勝利して制宙権を取り返したかった、というのも総部の考えだったかもね。

というか、「アムリッツァ星域会戦」と「帝国領侵攻作戦」が、原作の時点でごっちゃになってるからこの辺わかりにくいんだよね。
33 ななしのよっしん
2018/03/01(木) 03:54:22 ID: cOxBHsI1OQ
まあ原作ポプランがフォークに対し「アムリッッアで2千万人殺しておいて」とか言っているから誤解しやすいんだよなあ
ただフジリュー版のアムリッッア会戦の戦差ではいくら上が無能でもあの数の差で撤退させずに戦わせるなんてちょっと考えられないな
34 ななしのよっしん
2018/04/09(月) 02:29:29 ID: Z+PXvwgDeL
今更ながら損の欄の一番下で草生えた
35 ななしのよっしん
2018/04/09(月) 02:44:28 ID: +ytdtFfcpA
>>33
ロボ元帥寝してその間担当してたのがフォークだから撤退を出せなかったんでしょ
36 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 12:18:09 ID: 1Bj9VAIS7a
DNTではアムリッツァ本戦は劇場で、って流れになりそうだけど、往年の大作戦映画みたいな贅沢なスケール感でやってほしいな。
なんたって、世界史上最大の宇宙艦隊決戦なんだから。

ただ、もしその劇場版が2時間なら、会戦だけでなく戦後処理編もやってほしい。
特に、フリードリヒ4世の崩御で事実上の後ろを失ったラインハルトと、出兵の賛否はともあれ軍政の責任者として全軍の4割を失った追求を受けるはずのトリューニヒトが、なぜ失脚どころか台頭し得たのか。
その面下の駆け引きをサスペンスに描いてほしいかな。
37 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 22:11:17 ID: 5nlCM0hf8W
OVAを何度見ても「辺の解放」から「アムリッツァ星域会戦」への流れは

を越えて」をBGMにしながら杯(プロージット)するローエンラム伯と提督たち。
か、ら、の!!
新世界」とともに迫りくる帝国艦隊
もはや芸術的・・・
38 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 17:50:56 ID: 7KoMcIHkTQ
>>36
反対クルーじゃなく一貫して反対してるしな
トリューニヒトに至っては宣伝すらしてる
一番の責任者だけど責任とらせるのもどうよってポジション獲得してるんだよな
あと軍部でも最初から最後まで反対不満ぶちまけ役だったビュコック提督も昇進してる
複雑な根回し工作じゃなくてこうなっちゃう流れだったんだろう
39 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 13:56:24 ID: YVgCkwJVH4
「軍政の一番の責任者」をすっ飛ばして、直接最高評議会案件だからなぁ……トリューニヒトが意図的にやったことって、評議会で軍事面からのアドバイスを行わなかったことを隠し通した位だろう。
他の評議員やその支持者にしても、死なばもろともと足を引っるよりは、政策的には似たところあるトリューニヒト残しといた方がまだ分け前にあずかれるかもしれないし。
40 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 00:11:49 ID: /4n+Jx5lhz
単位で放置してしまって申し訳ないんだけど、このまま異論ないようなら>>24のとおり「アムリッツァ会戦」に記事名を変更(旧名はひとまずリダイレクト対応)します

これは本伝明篇第十章冒頭の記述
「……最終的な決戦場となった域の名から、”アムリッツァ会戦”と呼称されることになった一連の戦闘
に基づくもので、これにあわせていわゆる「アムリッツァ前戦」についても本記事で扱うよう、大幅に加筆する予定です。

急上昇ワード