アムロ・レイ単語

アムロレイ

アムロ・レイとは、アニメ機動戦士ガンダム』の宇宙世紀(UC:Universal Century)シリーズの『機動戦士ガンダム』、『機動戦士Ζガンダム』、『逆襲のシャア』の登場人物である。

古谷徹 / 代永翼ガンダムさん)

概要

『機動戦士ガンダム』最終回「脱出」のアムロ
にはまだ帰れる場所がある・・・
こんなにうれしいことはい・・・

宇宙世紀シリーズを代表するキャラクター

地球連邦の技術仕官テム・レイ息子メカいじりをしながらサイド7で暮らしていたところ、偶然ガンダムに乗り合わせ、そのまま成り行きで地球連邦軍の兵士となる。後に戦いの中でニュータイプ覚醒していき、伝説エースパイロットとなる。しかし、そのニュータイプを恐れた連邦軍上層部によって軟禁され、復活には7年を要することになった。復活後は以前と変わらない操縦スキルを発揮し、かつてのエースの名に恥じない活躍をした。

内向的な主人公の走りとも言える人。スーパーロボット大戦等のゲーム作品では逆襲のシャアにおける「リーダーシップに優れる大人アムロ」が描かれる事が多いが、親父にもぶたれたことないのに!とごねたり、脱走したり、ガンダムMk-IIに乗れなくて嫉妬したり、割と弱い人間臭い部分も描かれている。

一年戦争

上述したとおり、サイド7での遭遇戦が初陣ガンダムに乗り、マニュアルを読んだだけでザクⅡ2機を撃破する。

その後、シャア・アズナブル少佐と交戦、当初は機体の性に助けられていたが、徐々に操縦術・戦闘術を獲得し、辛うじて渡り合い、ガンダム母艦ホワイトベースと共に地球に辿り着く。

ガルマ・ザビ率いるジオン地上方面軍を撃退した後ランバ・ラル隊、黒い三連星などのジオン軍の精鋭部隊を次々に破り、パイロットしての腕を急に上げていった。

ジャブロー基地から宇宙に上がった後はニュータイプとして覚醒、急に伸びつつあった戦闘スキルが手がつけられないほど発達し、「連邦の白い悪魔」とジオン軍の将兵から評される様になる。[1]

ソロモン攻略戦に参加したのち、ソロモンの亡霊と呼ばれていたララァ・スン操るエルメスと交戦、ニュータイプ同士理解し合うがシャアの横が入り、これがきっかけでララァを殺してしまうことになってしまった。これが二人に残る因縁となる。

ア・バオア・クー攻略戦で、シャア操るジオングと相討ちになったものの事に生還。一年戦争時の最終スコアモビルスーツ142機、艦船9隻。

グリプス戦役

1年戦争後にニュータイプの潜在を危険視した軍上層部において、閑職に回されるなど事実上の軟禁状態におかれた。そのため戦う気くし、戦いに対する恐怖心さえ芽生えていた。
しかし、かつての幼なじみであるフラウ・コバヤシおよびカツ・コバヤシの叱励によって勇気を取り戻し、連邦軍の監視下から脱走、エゥーゴ支援組織であるカラバに合流することになる。

7年のブランクがあったもののさすがの技量を誇り、カラバではエゥーゴモビルスーツであるリック・ディアスを譲り受けてティターンズアッシマー[2]サイコガンダムと交戦、これを撃退している。

たかつてのライバルであるクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルと再会、そして自身の再来と言われたカミーユ・ビダンと共闘している。

第一次/第二次ネオ・ジオン紛争

グリプス戦役終結後、第一次ネオジオン紛争が勃発。地球に降り立ったアーガマ隊と入れ替わる形で宇宙に上がり、消息不明になったシャア・アズナブルを探し出すため数年間にわたってコロニーに対する隠密調を実施した。しかし立った成果は得られなかった。

そのためTVアニメ版『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場しなかったが小説版(遠藤明範:著)ではカラバに残留しており、前作『機動戦士Ζガンダム』に引き続きモビルスーツ隊を揮した。

この時の乗機はリック・ディアスの強化であるシュツルム・ディアスを使用しディジェリストラされましたネオジオンが占拠するダカール奪還の作戦に参加したり、宇宙に戻るジュドー達を妨するために出撃したプルツーサイコガンダムMk-Ⅱに止めを刺すなどの活躍をしている。(サイコガンダムMk-ⅡTV版同様コックピット部だけは残った)

元祖主人公として、TV28話でリィナの靴を投げ捨てる役をルー・ルカの代わりに行った。

また、ジュドーに対して「自分が宇宙に上がる時はシャアと決着をつける時だ」と発言し、数年後の戦いをどこかで予感している節がある。

その後連邦軍の独立部隊であるロンド・ベル隊が結成されるとそれに参加、モビルスーツ大隊の指揮官に任命される。

シャアネオジオンを再し、第二次ネオジオン紛争が勃発すると、シャア隕石落としを阻止するため出撃することになった。5thルナ阻止戦では、Ζガンダムの簡易量産型であるリ・ガズィを使用していたが、初のサイコミュ搭載ガンダムであるνガンダム完成するとそちらに乗り換えた。

ネオジオン軍ギュネイ・ガスクェス・パラヤを圧倒し、最終的にシャアを撃墜する。

その後、地球に落下するアクシズサイコフレームを借りて押し返した。この時、サイコフレームの発するに包まれてシャアと共に消息不明(MIA)となる。
設定集などでは死亡扱いとなっており、シャアの反乱後、宇宙世紀0096年を舞台とする『機動戦士ガンダムUC』にて、ラー・カイラムの艦長室に二階級特進した彼の写真が飾られている。

主な台詞

声真似されることも多い。

関連動画

関連静画

声真似

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *原作にはい設定であり、ゲームギレンの野望』でのアナベル・ガトー台詞から定着した。知名度が高い通称にもかかわらず長らく準公式設定扱いだったが、OVA機動戦士ガンダムUC』第2話劇中でのセリフに使用され、公式設定となった。
  2. *アッシマーに搭乗していたブラン・ブルターク少佐連邦軍の士官で、厳密に言うとティターンズではい。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アムロ・レイ

707 かのん
2019/02/20(水) 18:18:15 ID: xAU6sTpBEe
アムロってハンマーとかバズーカとかの質量兵器、実弾兵器をやたらと使いたがるよね。ビームライフルビームサーベルの使用頻度の方が高いのは間違いないけど、嬉々として使ってる描写があるのはバズーカハンマーの方。
708 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 09:35:00 ID: tX7prcIpFD
それについてはWB時代、補給や整備や稼働率で苦労したってのはがあると思う
νガンもパーツジェガンのものを流用できるようになってるし
総裁専用機で武装つけまくり、チューンしまくりのサザビーとは対照的
709 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 23:04:59 ID: 8EO5gsVbSY
ニューガンダムアムロに一番似合うという意見は多いが
個人的にフィンファンネル外して他の実弾武装なり弾薬付けてた方がアムロらしいとは感じる
作中でもそんな上手くフィンファンネル使えてた感じはしないしバリアとしては優秀だったが

>>707
アムロの場合民間人が偶然乗ったからという経緯だからWB時代は使い終わったら即捨てで使い捨て率が高いから捨てやすいのが好きなんじゃないかな
訓練された軍人なら最新兵器ビームライフルとかそう簡単に捨てるわけにはいかんだろうし(技術流出的に捨てるにしても破壊してにはなるだろ)
軍人じゃなかったアムロとしてはそこら辺の意識の違いはあると思う
710 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 22:13:02 ID: tX7prcIpFD
あと戦闘中ギラドーガのライフルパクって弾丸節約してたりするんだよね
νガンの設計、戦闘法ともに継戦を意識してる
711 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 22:30:17 ID: o6v5Vo9yuj
>>707 >>708
法筆を選ばず、が一つ。

もう一つは「組織の一員として、仲間と『共に』戦う」という
アムロの気持ちの表れと思う。
優秀なエースに特別機を配すのは、効率追求の軍組織ゆえ、当然。
けれど、エースが特権意識丸出し、得意顔で高価な特別機を乗り回し、
一般兵は廉価な汎用品に甘んじる組織がに強いかというと……。

「構成員が互いに同意識を持って連携・協調して戦う組織のほうが、モラルも高まりトータルでより大きなを発揮できる」
と考えられるのが、逆シャア時の成長したアムロと思う。
712 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 21:41:53 ID: RoOMGLS/ev
レイが日系の系で漢字があると言う噂を見かけ、ソースがないから半信半疑だったがNHKガンダム誕生秘話に本当に漢字名字が載っていた。
日系人かは分からないけどアジア系なのね。

嶺と書くらしい。他にミライ・ヤシマの名字ハヤト・コバヤシ漢字の設定がある。
713 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 19:59:58 ID: HedznAR9Cr
ヒザ抱えて白目向いてる自分の姿がプリントされてるシャツが売り出されてるのを知ったらどう思うか・・・w

これもアナハイム連邦ジオンの嫌がらせか?w
714 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 13:03:13 ID: AdMFHjnBI/
νガンダムアナハイムがZ系列で培ってきた技術のは投入されてるけど(そのまんまの流用ではなく、ブラッシュアップもされた形で)
設計自体はアムロ本人による全新規設計で、ジェガンとの共有や流用みたいなものはないよ
全に『アムロ専用機』として設計されてる

ただのちの量産化(量産型νガンダム)や整備面の問題を踏まえて、ムーバブルフレームアナハイム量産機との共通規格(そのわりにどう見てもジェガンより巨大だけど)にされてて
規格を合わせてあるだけで、設計自体は全に新規設計の贅沢な新造品の塊(サイコフレームを含めて)
僅かなキロ単位の重量まで削減と軽量化にこだわった機体だし、妥協が一切ない機体だと思う(アムロリ・ガズィの性に不満があって作った機体だし)

グリプス戦役、第1次ネオジオン抗争時代は、組織の徴として輿に担がれるのを嫌がってたアムロ
ようやくガンダムタイプに乗って、味方を鼓舞する英雄としての自分の社会的役割、義的責任を果たす気になった
おそらく、ハヤトカツ親子が死
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
715 sage
2019/05/27(月) 23:39:25 ID: z7KQVsBp0M
>>706
シンプルと言うか、継戦で判断してるんじゃないかな?
自身の異常な回避と射撃精度があるから、そもそも武器の性質よりも信頼性と数のが重要みたいな。
νもスマートな見たに反して重武装だし。
716 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 23:48:46 ID: MyC6xqX6np
生きててもろくな事にならなさそう

急上昇ワード