アムロ・レイ単語

アムロレイ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

アムロ・レイとは、アニメ機動戦士ガンダム』の宇宙世紀(UC:Universal Century)シリーズの『機動戦士ガンダム』、『機動戦士Ζガンダム』、『逆襲のシャア』の登場人物である。

古谷徹 / 代永翼ガンダムさん)

概要

『機動戦士ガンダム』最終回「脱出」のアムロ
にはまだ帰れる場所がある・・・
こんなにうれしいことはい・・・

宇宙世紀シリーズを代表するキャラクター

地球連邦の技術仕官テム・レイ息子メカいじりをしながらサイド7で暮らしていたところ、偶然ガンダムに乗り合わせ、そのまま成り行きで地球連邦軍の兵士となる。後に戦いの中でニュータイプ覚醒していき、伝説エースパイロットとなる。しかし、そのニュータイプを恐れた連邦軍上層部によって軟禁され、復活には7年を要することになった。復活後は以前と変わらない操縦スキルを発揮し、かつてのエースの名に恥じない活躍をした。

内向的な主人公の走りとも言える人。スーパーロボット大戦等のゲーム作品では逆襲のシャアにおける「リーダーシップに優れる大人アムロ」が描かれる事が多いが、親父にもぶたれたことないのに!とごねたり、脱走したり、ガンダムMk-IIに乗れなくて嫉妬したり、割と弱い人間臭い部分も描かれている。

一年戦争

上述したとおり、サイド7での遭遇戦が初陣ガンダムに乗り、マニュアルを読んだだけでザクⅡ2機を撃破する。

その後、シャア・アズナブル少佐と交戦、当初は機体の性に助けられていたが、徐々に操縦術・戦闘術を獲得し、辛うじて渡り合い、ガンダム母艦ホワイトベースと共に地球に辿り着く。

ガルマ・ザビ率いるジオン地上方面軍を撃退した後ランバ・ラル隊、黒い三連星などのジオン軍の精鋭部隊を次々に破り、パイロットしての腕を急に上げていった。

ジャブロー基地から宇宙に上がった後はニュータイプとして覚醒、急に伸びつつあった戦闘スキルが手がつけられないほど発達し、「連邦の白い悪魔」とジオン軍の将兵から評される様になる。[1]

ソロモン攻略戦に参加したのち、ソロモンの亡霊と呼ばれていたララァ・スン操るエルメスと交戦、ニュータイプ同士理解し合うがシャアの横が入り、これがきっかけでララァを殺してしまうことになってしまった。これが二人に残る因縁となる。

ア・バオア・クー攻略戦で、シャア操るジオングと相討ちになったものの事に生還。一年戦争時の最終スコアモビルスーツ142機、艦船9隻。

グリプス戦役

1年戦争後にニュータイプの潜在を危険視した軍上層部において、閑職に回されるなど事実上の軟禁状態におかれた。そのため戦う気くし、戦いに対する恐怖心さえ芽生えていた。
しかし、かつての幼なじみであるフラウ・コバヤシおよびカツ・コバヤシの叱励によって勇気を取り戻し、連邦軍の監視下から脱走、エゥーゴ支援組織であるカラバに合流することになる。

7年のブランクがあったもののさすがの技量を誇り、カラバではエゥーゴモビルスーツであるリック・ディアスを譲り受けてティターンズアッシマー[2]サイコガンダムと交戦、これを撃退している。

たかつてのライバルであるクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルと再会、そして自身の再来と言われたカミーユ・ビダンと共闘している。

第一次/第二次ネオ・ジオン紛争

グリプス戦役終結後、第一次ネオジオン紛争が勃発。地球に降り立ったアーガマ隊と入れ替わる形で宇宙に上がり、消息不明になったシャア・アズナブルを探し出すため数年間にわたってコロニーに対する隠密調を実施した。しかし立った成果は得られなかった。

そのためTVアニメ版『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場しなかったが小説版(遠藤明範:著)ではカラバに残留しており、前作『機動戦士Ζガンダム』に引き続きモビルスーツ隊を揮した。

この時の乗機はリック・ディアスの強化であるシュツルム・ディアスを使用しディジェリストラされましたネオジオンが占拠するダカール奪還の作戦に参加したり、宇宙に戻るジュドー達を妨するために出撃したプルツーサイコガンダムMk-Ⅱに止めを刺すなどの活躍をしている。(サイコガンダムMk-ⅡTV版同様コックピット部だけは残った)

元祖主人公として、TV28話でリィナの靴を投げ捨てる役をルー・ルカの代わりに行った。

また、ジュドーに対して「自分が宇宙に上がる時はシャアと決着をつける時だ」と発言し、数年後の戦いをどこかで予感している節がある。

その後連邦軍の独立部隊であるロンド・ベル隊が結成されるとそれに参加、モビルスーツ大隊の指揮官に任命される。

シャアネオジオンを再し、第二次ネオジオン紛争が勃発すると、シャア隕石落としを阻止するため出撃することになった。5thルナ阻止戦では、Ζガンダムの簡易量産型であるリ・ガズィを使用していたが、初のサイコミュ搭載ガンダムであるνガンダム完成するとそちらに乗り換えた。

ネオジオン軍ギュネイ・ガスクェス・パラヤを圧倒し、最終的にシャアを撃墜する。

その後、地球に落下するアクシズサイコフレームを借りて押し返した。この時、サイコフレームの発するに包まれてシャアと共に消息不明(MIA)となる。
設定集などでは死亡扱いとなっており、シャアの反乱後、宇宙世紀0096年を舞台とする『機動戦士ガンダムUC』にて、ラー・カイラムの艦長室に二階級特進した彼の写真が飾られている。

主な台詞

声真似されることも多い。

関連動画

関連静画

声真似

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *原作にはい設定であり、ゲームギレンの野望』でのアナベル・ガトー台詞から定着した。知名度が高い通称にもかかわらず長らく準公式設定扱いだったが、OVA機動戦士ガンダムUC』第2話劇中でのセリフに使用され、公式設定となった。
  2. *アッシマーに搭乗していたブラン・ブルターク少佐連邦軍の士官で、厳密に言うとティターンズではい。

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アムロ・レイ

803 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 20:05:16 ID: u371oAV4LC
御大のそれはシャアは迷いを捨てられないって前提で言ってるだろうからなぁ
アクシズ皆で押し返してる最中ですら迷ってるんだから
804 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 22:26:16 ID: MVcmYg7KSZ
そこがシャアの魅だし、自分で内心下らないと思ってるこだわりの数々を捨てられなかったからこそ逆シャアの最後に奇跡の当たりにすることになったわけだ
アムロアムロで精一杯やってるけど、一人では奇跡は起こせなかった(文字沢山の人間の思念が作用した結果の共振現だし、そのきっかけはシャアだし)

このあたりのドラマを加味しないシャアアムロの話は味気ないし、意味も薄くなると思う
805 gundam
2020/06/24(水) 14:35:39 ID: FkXk13Q7Gq
ベルトーチカチルドレンの話を出してる人はなんなん?
劇場版小説版のアムロは別なんだが笑
806 ななしのよっしん
2020/06/24(水) 22:56:04 ID: mF2CVaQRD3
迷いを捨てたシャア的のために謀略でも暗殺でもためらわずにやるから、一パイロットに過ぎないアムロじゃ対抗できないってことじゃなかったっけ
807 ななしのよっしん
2020/06/24(水) 22:59:17 ID: 7Y/wCr3cgq
>>806
それで合ってるハズ
また結局シャアが迷いを捨てられる訳ないから仮定でしかいとも言われてる
逆説的に言えば一パイロットとしては勝てる可性が低いとも考察できる
808 ななしのよっしん
2020/06/24(水) 23:53:11 ID: dRby4OxapN
戦わずに政治や謀略で勝っちまうとモビルスーツが活躍しなくておもちゃが売れなくなるのでそれはできないのだった
809 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 00:29:12 ID: MVcmYg7KSZ
強い弱いの話になると結局シャア一年戦争では散々アムロに手こずって、逆シャアでは対等にこだわってサイコフレーム横流ししたことで逆に挑戦者というニュアンスが加わった上で負けてるから「シャアアムロより弱い」という評価に落ち着くことになるかもしれないが
実際は一年戦争末期時点のアムロシャア以上の実戦経験積んだ古参兵で乗機は乗り慣れたガンダム、一方のシャアはキャリアアムロより長いし性的にも優れたジオングに初搭乗、という条件でタイマンして引き分け
そして逆シャアでも二人でかなりの接戦を繰り広げたから、パイロットとしての実ははっきりどっちが上とは言い切れないってのがフェアな評価だと思う

でもまぁアムロのほうが迫あるんだよな、パイロットとして
810 ななしのよっしん
2020/06/30(火) 08:38:08 ID: M+iEjpwRP0
>>809
そら、状況からしてもパフォーマンスの側面がデカいシャア戦闘(一年戦争からグリプス戦役、総帥になっても根本は同じ組織の旗印としての役割)

対して「敵対したら即討つ」というかやらなきゃやられるのがアムロの基本戦闘だからな・・・迫違うのは必然よ
811 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 15:44:55 ID: 4LqZw8WQL/
>>806
違う、パイロットとしてアムロを上回るってい方のが正しい
元々は「狡猾な手段に頼るまでもないぐらい強くなる。アムロなんて殺できるぐらいに(ただし、シャア無双になるとΖΖのお話が成り立たなくなるからこの展開はやらない)」みたいな話だったはず
812 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 19:58:26 ID: MVcmYg7KSZ
出典はアニメック86年5月号とされる、まとめサイトから引用
けれども色々な事があった末にシャアが”悩う”と言う事から脱っしてしまったとしたら、彼は途方もく強いでしょう。
どれだけ強いか、と言うとそれこそ物語があっという間、『ZZ』なんかは5本もいらずに終わってしまうでしょうね。
だから今回の敵はハマーンマシュマーのような小悪人程度が丁度良いでしょう。
もう狡猾な手段なんか使わなくてもやれてしまう位、強いでしょうね。
まず、アムロなんかは、何も知る前に殺されてしまうでしょうね。
それ程、強いです。でも、それだけ強いと、それこそシャアに勝てるニュータイプを出さない限りドラマがあっという間に終わってしまう、
つまり先程言った「5本もあれば・・・」となってしまうんです。
つまりは、テレビシリーズガンダムが続く限り、ちょっとしたらシャアは出て来ないかも知れません。
そのシャアを殺すか、シャアに殺されるかしない限り物語が終わらなくなってしまうし、
そこに行くまでにトロトロやらなければならなくな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード