アメリカビーバー単語

アメリカビーバー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

アメリカビーバーとは、ビーバービーバー属に分類されるビーバー仲間である。現存するビーバー仲間はアメリカビーバーとヨーロッパビーバーのみである。

概要

アメリカ大陸の広範囲に生息しており、カナダ付近が有名な生息地である。また、ヨーロッパの一部に移入しており、カピバラに次ぐ大きさを持つげっ類である。
ヨーロッパビーバーよりも大きく、体長は74から90、体重は11㎏から35㎏ほど、尻尾の長さは20から40ほど。体毛は長く、毛色は色や褐色褐色などで、は小さく、四肢は短い。この体毛の内側にはびっしりとい毛が生えており、そこから油分を分泌してをはじく。半生の生活をしており、尻尾は毛がなく、オールのような役割を持つ。水中ではこの尻尾を上下動かして推進を得ている。また、後肢だけで立つこともでき、その際は尻尾バランスを取っている。潜も優れており15分程度潜ることができるといわれている。また、皮下脂肪を蓄えており寒い水中でも活動できる。

夜行性で、夕方やに活動する。の流れる音がすると本的にダムをつくる性質があり、のうちに塞いでしまう。一日の大半を水中及び巣の中におり、木を切り倒すときなど以外で陸に上がることは少ない。木を組み立てて巣をつくる。この巣は水上に出ているが、入口は水中にある。場は木の枝や幹を水中に沈めて保存食にしている。

ヨーロッパに移入した個体はヨーロッパビーバー生存競争をすることはあるが、雑種が産まれることはない。これは、ヨーロッパビーバーとアメリカビーバーの染色体の本数が違うため、繁殖したとしてもちゃんと産まれることはない。

かつては毛皮的で多数のビーバーが狩られたが、現在では流通することもなくなり、狩る意味もなくなっている。をせき止めるダムをつくることで知られているが、世界最大のダムは、カナダのウッド・バッファロー国立公園に存在する。このダム宇宙からも確認できるともいわれており、全長が1㎞近くにもなる。

ヨーロッパビーバーとは違い、日本にも動物園で飼育されている。日本動物園で観ることができるビーバーのすべてがアメリカビーバーである。東武動物公園札幌市円山動物園羽村市動物公園、東山動植物園などで飼育・展示されている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アメリカビーバー

1 アメリカビーバー
2018/02/03(土) 21:15:53 ID: y40lS75nD+
記事が出来てるっス…
内容も豊富でばっちりっス!
2 ななしのよっしん
2018/02/03(土) 21:29:49 ID: fRWu8S+0Gp
アルゼンチンに連行されたビーバーは、現地で50頭から10万頭に増えたというから驚きだわ。

急上昇ワード

2019/10/23(水)03時更新