アモン・ガラム単語

アモンガラム
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

アモン・ガラムとは、遊戯王デュエルモンスターズGXの登場人物である。
CV峯暢也。幼少時(回想)は寺井沙織 。

概要

デュエルアカデミアイースト校の三年生。デュエルアカデミア本校では留学生として滞在している。
同時期に登場したヨハン・アンデルセンオースチン・オブライエンジム・クロコダイル・クックと共に留学生組と呼ばれている。ただし、4人の中ではアモンが最も空気である。

眼鏡トレードマークで、冷静さと柔軟な思考を併せ持つ知的な哲学タイプ青年
その反面、強と大きな耳たぶを持っており、パワーと知性を兼ね備えてた決闘者である。

使用デッキは相手の動きを制限する効果を持つ雲魔物クラウディアン)というモンスター群を中心にした通称・デッキと呼ばれるコントロールデッキ。作品中では万丈とのフライングデュエルで最初に披露されたが、彼のトリッキーさとパワーを併せ持ったデッキをも圧倒してみせた。
ストーリー途中からは最の人・エコーが身を呈してその封印を解いた封印されしエクゾディアによる特殊勝利コンボを用いるようになる。

その正体は世界有数の大富豪ガラム財閥当ゴアガラムの長男御曹司。なお、万丈目準たちが経営する万丈グループが足元にも及ばぬ程の規模の大きさを誇る。幼い頃に両親から捨てられて孤児となり、を見つめながら死を待っていた所を拾われたためガラとは血縁関係がない。後に、ガラム夫妻の間に息子シドが生まれたことにより、ガラの跡取としての価値を失う。投げやりになり、一度はシドを殺そうとしたものの、その後はシドと財閥のために身をげる覚悟をする。まるでどこかのブラコン社長か色ハゲのような人生である

以降は幼馴染で良き理解者たる女性エコーと行動を共にしており、作中ではダークサイドキャラクターとして描かれる。

プロフェッサー・コブラの陰謀にいちく気づき、コブラにはめるために十代達を利用し、コブラの持つ多きカード(=ユベル)を奪おうとする。その際、デュエルを申し込むと思いきやコブラとのしいリアルファイトを展開し、視聴者からはリアルファイターアモンの名で呼ばれるようになる。なお、本人も認めているが体はかなりのもので、異世界でも多くの敵をなぎ倒したほか、デスベルトを着用したデュエルでは対戦相手の万丈睡状態に陥ったにも関わらず、アモン気な顔をしていた。

異世界に飛ばされると自身の心の闇を利用してユベル全復活を論んだが、ユベル自身はアモンでなはく加納マルタンを宿として選んでしまい、しもべとして働くように誘われるがこれを拒否し、敵対心を見せ始める。三幻魔カードを賭けてエクゾディアを操るユベルに挑む。三幻魔の干渉で決闘は中断され行方不明となるが、十代達の決戦を見届け、そのまま異世界に残る。

その後はユベルに利用され、「異世界の王」になるために必要なエクゾディアを解放するためにエコーを取り戻そうとする。間に入ったエドと戦い、その中でエコーの魂を生贄に究極封印神エクゾディオスの召喚に成功し、勝利する。
しかし、エコーを失った悲しみは大きかったらしく、ユベルの首を彼女げることを決意。十代達よりも先にユベルを見つけ出し、三幻魔コンボ駕する実を見せる。あと一歩までユベルを追い詰めたが、最終的にはエクゾディアに巣食うエコーの心の闇を利用し、ユベル自身を召喚され敗北、そのまま消滅する。

彼がす王というのは「もが等に苦しみや憎しみなく暮らせる世界を作る」という純な願いのためのものであり、ユベルでさえ彼の中に心の闇を見出すことはできなかった。

 

ユベル敗北して以降は留学生組の中では一出番はなく、彼のみ異世界に残留していると思われるが、後述の通り(描写がないだけで)他の留学生達と共に異世界から帰還したものとも受け取れる。実際のところは不明。
ちなみにTF3では現実世界に帰還したものの、エコーのために異世界に戻るというオリジナル展開がみられる。

漫画版

アメリカアカミアからの留学生として登場。やはり、ここでも悪役として描かれている。
病弱シドの手術代を稼ぐためにプロデュエリストになることをしている。

永続魔法「封印の言」の発動時のみ、が解放される封印と名の付くモンスターを扱うデッキを使用。
しかし、オリジナルキャラクターエド・フェニックスを含めたアメリカ校生徒の中では一勝ちがないなどその扱いは良いものではなかった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アモン・ガラム

46 ななしのよっしん
2016/01/03(日) 15:53:39 ID: yA+nkk4PAm
その内容から、GX叩きの書き込みだとこじつけれる方がスゴイと思った(小並感)
そうでなくても、一年近く前の書き込みにそんなカッカするのかって思った。
47 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 00:14:49 ID: X6uwA8rhqg
>>46
亀レス大百科の常だから
良いじゃん(良いじゃん)
48 ななしのよっしん
2016/07/04(月) 11:40:10 ID: IBqJqa9Dq2
異世界帰還後の話で行方不明リストアモンいたから、
異世界に残留してるのではと思う。
49 ななしのよっしん
2016/07/05(火) 20:38:23 ID: 8VWteXU5Bp
物語的に空気気味だったキャラをエドを倒すレベルの強キャラにするってのも在庫処理感アリアリでどうかと思うけど、雲魔物を手放してからのデュエル構成が酷すぎて強キャラ感がいまいちないなぁ…

中でも、エクゾディオスチート耐性を後出しジャンケン的に出しまくるのが特に酷い
対戦相手のエドがピンポイントカードばかりで対抗するってのもあって、あのデュエルはエドが縛りプレイをしてるようにしか見えない

まぁ、「いつもの久保」以外(?)に原因をめるなら、雲魔物使い捨てエクゾディアを持たせたことがよくないわなぁ
エクゾディアデッキ一発ネタ以外で使うとデュエルが別ゲーになることなんて明で、羽蛾にあんなことさせたのもそれが理由だし
そしてその影ユベル戦のデッキ構成・デュエル構成の理矢理感に繋がってる(補充要員はさておくとしても)

万丈に勝った頃は強キャラ感あったよ
50 ななしのよっしん
2016/12/03(土) 14:19:26 ID: w7Edvd7EMT
よく心の闇が存在しないと言われる(実際ユベル戦ではなかった)けど
前半の描写見る限りは、限りなく小さいが存在してた心の闇を、異世界という環境エクゾディアを得たことで乗り越えたって感じがする...しない?
を得て闇落ちするキャラは多けども、を得て逆に浄化されるってパターンはそうそうなかろうて
欲を言えばもっと雲魔物使って欲しかった、というのは確かだが
51 ななしのよっしん
2017/07/17(月) 19:47:13 ID: Dk6sodGHhn
心の闇を見せてみろ→お前、まさか!?
シーンGXで一番好き
52 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 03:44:29 ID: 8MCJ5nrpFl
ユベル運ゲーに持ち込んだ一の男だしなぁ
十代もユベルには勝てなかったし、アモンスタッフされてるわ
53 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 16:41:22 ID: e5M13uCwFc
強引な構成だとややもするがアモンVSユベルは直前のカイザーVSユベルと同じくらい好き
54 ああああ
2019/05/07(火) 18:39:45 ID: He8kfnBGh0
雲魔物をもっと使ってれば今の雲魔物はこんなにひどいカテゴリではなかったのかも
55 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 18:54:15 ID: CZZ3m24vAT
>>50
強大なを得て、本当に自分が進むべき覚めて、
心の闇を生きる標に変えたって解釈か。面いね。
逆に、プロフェッサー・コブラは心の闇を変えるほどの
得られなかったから、ユベルに飲み込まれたと。

心の闇を【大きなトラウマ】と【それを根とした生きる欲望(ZEXAL的に言えばカオス)】と定義したなら、
死を待つしかなかった絶望を経験し、それを根絶する新たな世界す…
というアモンの理想はまさしく心の闇と呼ぶに相応しいと思う。

アモンにも心の闇はあったんだよ。
それは王様がのたまう高尚な絵事で、ユベルが望んだような浅ましい欲望ではなかったけど。