アラハバキ単語

アラハバキ
2.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

アラハバキとは、東北地方において伝えられている古い格である。

概要

古代日本において、どのような々が崇拝されていたか? について、残念ながら明確な記述は存在しない。しかし当時の遺跡からは様々な祭跡が発見されており、宗教芽と呼ぶべきものは既に有っただろうと思われている。

その後、現在関西地方った大和朝廷の手により、「国家」としての日本の統一は成し遂げられた。しかしその過程で、古代から尊崇され続けてきたはずの大勢の々もまた、征されたたくさんの部族と運命を共にしただろうとみられている。

その際、一部は「」としてめて「日本神話」のパンテオンに組み入れられたが、中には軍事的には征されながら自らの信仰を捨てなかった人々により護られ、「日本神話」の体系の外で尊崇され続けたも有ったと考えられる。

この「アラハバキ」は、そうしたのうちの一柱ではないかと一般に受け止められている。しかし、文章による記録を全く残さなかった人々によって信仰され続けたでもあり、そのため本当の出自については全く分っていない他、その詳しい性格や、、信仰形態などについて、不明な点も多い。

分っているのはただ、多賀の柵が造営された時には既に祭られていた、古いと言うことだけである。

かつて多賀の柵が置かれた東北地方は、朝廷の権威が容易には通じなかったことから「化外の地」とされ、そこに住む人々は事あるごとに都人から蔑視をされて日々を過ごした。しかし化外の人々には、化外の人々なりの意地と、誇りと、何より日々の穏を望む心が当然あっただろうと考えられる。

時には敵に向かって荒ぶり、時には心を穏やかに見守ることも有るとされるこのは、いは、そうした遠い時代に生きた人々の生と死を受け止めてくれた、かけがえのない存在なのかもしれない。

注意点

アラハバキは、古くから実際に信仰されているにも拘らず、その詳細については詳しく分っていないと言う特徴を持っている。そのため、偽書「東日流外三誌」を始め、オカルト本などにおいては、勝手に創作した独自の解釈を加味された形で紹介されてしまう事も多い。

繰返しになるが、このについては不明な点も多く、確実に分っているのは次のことくらいである。祭る場所によって多少の違いは有ることも考慮しなければならないが、あまりはっきりと何らかの特徴を打ち出して紹介する話などがあれば、それは本来の姿から大きくかけ離れたものである可性が高い。

  • 他の地方でも尊崇されているが、最も厚く信仰されているのは東北地方である。
  • 長髄と混同される事もあるが、もともとは「記紀神話」と別系統のだったらしい。
  • 格としてはあくまでであり、妖怪などの類ではない。
  • 1300年前(8世紀)には既に祭られていた。
  • 名は音のみであり、漢字はすべて当て字である。また「アラバキ」と短く呼ばれることもある。

ただしこれらについても「アラハバキとは、もともと部族の名前だったのでは」などの異説もあるほどで、その実態については、いまだ未知の領域と言うよりほかにない状況となっている。

とは言え、このもまた、太古から私たち自身の祖先によって敬われてきた存在であることに間違いく、その事に想いを馳せ、軽々しく扱うようなことはせず、現代の人も、かつての人の心に対し恥ずかしくないだけの態度をもってこのに和することを心がけるべきだろう。

その他のアラハバキ

私たち自身のすぐそばに存在しているにも拘らず、詳細不明の未知の。そのシチュエーション浪漫を誘うのか、時折フィクション作品などにおいてその名の引用されているのが見られる。

ゲーム「鋼鉄の咆哮」

ゲーム鋼鉄の咆哮」に、超兵器と言うべき艦艇として登場している。

詳しくは荒覇吐(鋼鉄の咆哮)を参照。

肩書は「巨大ドリル戦艦」その名の通り、最大の特徴は艦首に装備された巨大なドリル
冗談ではなく、本当にドリルである。さらに舷側には回転するソー(ノコギリ)も装備。
そいつでもって体当たりで戦いを挑んでくるという、現代戦闘では考えられない冗談みたいな軍艦
しかしその破壊は決して侮れない。モノに寄っては触れた間沈む。
その他の武装は、接近戦で威を発揮する武装を搭載している事が多い。 

が言ったか不明だが、ハリマ大艦巨砲主義の塊ならアラハバキはロマンの塊、だとか。

その武装の関係上、弱点は遠距離と後方からの攻撃である。
ただ、後方に回り込もうと近づけば当然アラハバキは艦首をこちらに向けようとする為、
上で軍艦ドッグファイトするという風景を見られる。

なお、初代の「鋼鉄の咆哮」では普通50センチを搭載した「巨大戦艦」だった。
覚醒す」とも評されたアラハバキ。覚えている方はいらっしゃるだろうか?

艦に「アマテラス」「あら、葉巻?」が存在。 

漫画「アラハバキ」

六道神士漫画作品。ウルトラジャンプ誌に2000年から2002年まで連載された。

荒吐ロックフェスティバル

宮城県仙台市郊外を会場に、毎年開かれる野外のロックイベント。非常に多な出演者を擁し、東北地方を代表する音楽イベントとして定着している。

龍が如く OF THE END

セガが発売しているPS3ゲームソフト龍が如くオブジエンド」では実験体アラハバキというボスキャラクターが登場する。ヤモリのようなスタイルをしており、天井を這うことが可ストーリーが進むと、光学迷彩を持った「アラハバキ」などが登場する。

ゆらぎ荘の幽奈さん

荒覇吐呑子という名のヒロインが登場する。

→「荒覇吐呑子」の記事を参照

関連動画

 

左:宮城県大崎にあるアラハバキ神社の様子。 / 右:ゲーム鋼鉄の咆哮」に登場する戦艦

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%90%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アラハバキ

53 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 23:43:22 ID: 1VdpSvmGIs
遮光器土偶イメージは偽書による捏造やで。勝手に事実にするな。
54 ななしのよっしん
2020/07/24(金) 17:21:05 ID: XITuWEiu5s
メガテンでも未だに外三誌をベースに作られてるのがな
今更リストラしろとは言わないにせよ、ビジュアルは変えて欲しいもんだ

画集の解説欄に堂々と東日流外三誌の文字が踊ってるのが忌々しい…
55 ななしのよっしん
2020/08/07(金) 18:03:05 ID: UQKAhl1Wg4
メガテンの話をするなら、土偶の姿に着あるから、基本はそのままでいいかな、と思う
偽書が根拠になってると言っても、そもそも外見に関してイメージの原形になるものがある訳じゃないしね
56 ななしのよっしん
2020/08/24(月) 23:20:11 ID: LyRTsP83NY
まぁ歴史書とかで結び付けてたら不味いけど、メガテンゲームだからねぇ
別に「絶対的に史実・古来の伝承に正確」である必要もい訳で

デザインが変だってんなら、天使メカメカしいデザインとかも変だって言えるしさ
言い出したらきりない、とは言える
まぁ忌々しく思う気持ちは分からんでもないけれども
57 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 08:52:36 ID: mINn1H2ikr
東日流外三誌が偽書であるという前提のもとならオマージュとしてはありだよね
クトゥルフだって創作と分かった上でオマージュされまくってるし
偽書も歴史を重ねれば「有名な偽書」として歴史書のひとつになるよ
58 ななしのよっしん
2020/12/02(水) 18:29:46 ID: gZR7UFNAQw
アナグラムかと思った(´・ω・`;)
59 ななしのよっしん
2021/01/31(日) 22:36:57 ID: LyRTsP83NY
誌のせいか時々「アラハバキ」自体が偽のというか、でっち上げの神様だと思ってる人を時々見る
その点でもアレは罪深いな……アラハバキ自体は実際に信仰されていたであろう神様な訳で
60 ななしのよっしん
2021/08/01(日) 03:51:32 ID: XRBB7J0Bca
土偶なのは偽書の影なのか。メガテンメギド72で土偶だから土偶をかたどっただと思っていた
デザインとなると間違ってるの承知で一般的なイメージや間違った解釈を使うのはよくあるからねぇ
61 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 19:47:30 ID: HOmusYBcey
少なくともインチキ本に基づくデザインが未だに流布している原因の一端はメガテンなのは間違いない
62 ななしのよっしん
2021/08/30(月) 13:17:45 ID: qr5EmzfJOH
おっぱいでかいちゃんであってほしい