アラム・ハチャトゥリアン単語

アラムハチャトゥリアン

アラム・ハチャトゥリアン(1903~1978)とは、20世紀に活躍したソヴィエト連邦(現アルメニア地域)の作曲である。

概要

ソヴィエト連邦内のカフカ地方で生まれ、少年時代を過ごした。モスクワに出てまずはグネシン音楽学校で学び、モスクワ音楽院に入学したのは26歳と晩成であり、そこでミャスコフスキーグリエールらに学んだ。卒業したころはちょうど社会主義リアリズムが叫ばれる時代になっており、ハチャトゥリアンはこの要に従いつつも、自分が生まれ育ったカフカ地方音楽で用いられるスケールリズムを用いた、異趣味音楽人気を博していった。

33歳の時に作曲したピアノ協奏曲が際的に認められ、39歳の時に作曲した「剣の舞」でおなじみのバレエガイーヌ』は彼の地位を不動なものにした。これは民族的旋にあふれつつもコルホーズを舞台にした労働者、国家賛美の物語であった。

その後もヴァイオリン協奏曲、フィギュアスケートでおなじみの劇音楽仮面舞踏会』、交響曲第2番『鐘』、さらに50歳を過ぎて作曲したバレエ『スパルタクス』などを発表していった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アラム・ハチャトゥリアン

1 ななしのよっしん
2018/11/12(月) 21:33:51 ID: 0IO63fs9GU
>>sm3595026exit_nicovideo


ハチャトゥリアン作曲で結構名曲

急上昇ワード