アラン(ポケモン)単語

アラン

アランとは、テレビアニメポケットモンスターXY」および「ポケットモンスターXY&Z」の登場人物である。
特別編最強メガシンカ」では役を務める。

CV:小野賢章

概要

  

黒髪い瞳をした青年で、メガリザードンXの炎を模したようなマフラートレードマーク左手首にメガリングを装着しており、これをパートナーリザードンが持つメガストーンと共鳴させることでメガリザードンXへとメガシンカさせることができる。

性格は基本的にクールだが内に熱い心を秘めており、強い相手とはバトルせずにはいられない。また、新人トレーナー少女マノンにポケモンの捕まえ方を教えるなど意外と面倒見のいい一面もある。

元はプラターヌ博士の助手として研究所で働いていたが、メガシンカのことをより知るために研究所のヒトカゲを貰ってに出る。中でフラダリと出会い、進化したリザードで彼のカエンジシに挑むも全くが立たず惨敗。その際フラダリに「己の思いを成し遂げたければ最強であれ」と言われ、メガストーンキーストーンを手渡される。以後はフラダリラボの一員として活動することとなるが、プラターヌ博士にはフラダリからの示でそのことを伝えていない。

最強メガシンカ」のActⅠでは冒頭でエリートトレーナーアヤカメガアブソルと対戦し勝利。そのバトルを見ていたマノンに懐かれ、あしらおうとしたものの彼女が勝手に付いて来たため成り行きで一緒にをすることになる。その後はメガガブリアス使いのルイに勝利、さらに四天王であるズミメガカメックスにも挑むが、四天王の圧倒的な強さには及ばず敗北。上には上がいることを思い知らされる。

Actではホウエン地方チャンピオンダイゴと出会い、彼の持つ色違いメガメタグロスと対戦するが、途中でフラダリが介入したため勝負はお預けとなる。その後ダイゴが調している遺跡を訪れ、メガシンカに関係する巨石を発見するが、直後唐突に現れたメガレックウザと遭遇。ダイゴと共に挑むもそのの前には為す術もなく、伝説ポケモンの圧倒的脅威をの当たりにすることになる。

Actではゲンシグラードンゲンシカイオーガを止めるため、止めるマノンを振り切って戦いに赴く。しかし伝説の2体の恐るべきの前にリザードンは倒れ、助けようと飛び出したアランも傷を負ってしまう。こっそり付いて来ていたマノンが身体をって彼を助けたことで、アラン自身もマノンが大切な存在であると認識するようになるが、同時に「自分と一緒にいるとマノンも危険なにあう」と考え、彼女ホウエン地方に置いて単身フラダリの元に帰還する。

Actではより強さを極めるため、フラダリが手配した10人のメガシンカ使いと連戦することになる。途中でダイゴに送られてやって来たマノンと再会するが、一緒にいたいと言うマノンに対し、彼女を守るための強さをめるあまり「お前がいると強くなれないんだ!」と突き放してしまう。その後も連勝を続け、10人四天王パキラにもなんとか勝利するが、直後にマノンのハリマロンハリさん)がフラダリラボにいたジガルデの影睡状態になってしまったことを知り、マノンを守れなかった自らの弱さを悔いることになる。そして、マノンに笑顔を取り戻すため、さらなる強さをめて再び戦いのに赴くのであった。

ここまでで彼を役とした最強メガシンカ物語は一旦幕を閉じ、サトシ役である本編に合流することになる。

XY&Z編の第1話ではサトシ達とすれ違う様子が描かれたが、その後13話にも登場しついにサトシ達と対面。この時サトシ達はアランの正体を知らず、アランもまたサトシ達がジガルデコアを保護しフレア団と対立していることも知らなかったため、互いに友好的に接している。
サトシの願いで彼のゲッコウガバトルすることになり、彼らのメガシンカにも似たシンクロの当たりにして驚くが、実を見せ付け勝利する。

続くZ編14話ではロケット団フレア団によるジガルデコアの争奪戦の最中に登場し、50%フォルムとなったジガルデと対決、フレア団の幹部と協してジガルデの捕獲に成功する。

Z編23話で再びサトシバトル。この際メタングを繰り出し、初めてリザードン以外の手持ちポケモンの存在が明らかになる。1戦メタングオンバーン勝利し、2戦ではリザードンで再びゲッコウガと対決。しかしサトシゲッコウガバトル中に気絶してしまったため、勝負は有耶耶に終わっている。
その後サトシカロスリーグに誘われ、興味のある素振りを見せた。
おこの回では、プニちゃんユリーカが保護しているジガルデコア)はアランの正体を知っていたのか姿を隠す様子が描かれている。

カロスリーグには本気のサトシと戦いたいという一心で参戦。1回戦はトロバ、準決勝ではメガガブリアス使いのルイと戦うが、いずれも圧倒的なを見せ付け勝利している(準決勝まではリザードンメタグロスの2体のみで全ての試合を勝ち抜いた)。そして決勝戦でサトシと対決、6体フルの編成で一進一退の攻防を繰り広げ、最後にはメガリザードンXとサトシゲッコウガ突の末に僅差で勝利し優勝を勝ち取った。

ダークヒーロー

以前にもサトシ以外が役を務める外伝的作品はあったが、本編に大きく絡んでくる外伝主人公アランが初めてである。さらに彼はフレア団と深い関わりを持っており、悪の組織の一員としてサトシと対峙するライバルアニメ史上初である。したがって彼は、今までに類を見ないダークヒーロー的存在ということになる。

第3オープニングゲッタバンバン」ではサトシライバルのように描かれているのだが、第4オープニングの「XY&Z」ではフレア団の側に付き、サトシ達と対峙している。今後フレア団の計画が進めばいずれサトシと敵対することになる…と予測されていたがカロスリーグ後にフラダリ意を知り、今まで彼の悪事に加担していたことに深い後悔の感情を抱く。その後は打倒フレア団のためにサトシに協、共にフラダリとの決戦に挑むことになった。

Z編23話時点ではジム巡りはしていなかったのだが、その後の29話ではコルニメガルカリオを撃破する場面が描かれ、なんとくも8つバッジを集めてしまったことが判明。描写されている中では歴代最速でバッジを集めたキャラクターである。

手持ちポケモン

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%28%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アラン(ポケモン)

112 ななしのよっしん
2017/01/28(土) 19:35:28 ID: FA27ar4rg2
結局リザードン以外は最低限の育成と餌付けだけして特に気に留めてない。他の5匹とリザードンは間違いなく対等な間柄じゃないよね
113 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 15:35:11 ID: TDqw+rnBSd
>>112
エースとそれ以外に随分な偏りがあるのなんざどのトレーナーもそうだから

四天王チャンピオンマスター級すら例外じゃない
114 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 15:46:41 ID: /TI2oEGB6F
ID: FA27ar4rg2は他のスレでも意味不明な連投してるキ印だから相手にしない方がいいぞ
115 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 13:18:42 ID: LGOrVgpTRQ
あの強さで最低限の育成とかアラン天才かよって思ったけど変なだったか
まともに観てたかも怪しいな
116 ななしのよっしん
2017/02/11(土) 07:25:36 ID: jYl7VqxK+P
アランsage必死すぎて草生える
117 ななしのよっしん
2017/09/30(土) 17:52:32 ID: Tw0WmrfrhA
だが、
ゲンジホウエンバッジ7個集めたばかりの頃のサトシジュプトルでも、コモルー相手なら普通に戦える

オーバゴウカザルシロナポケモンを2タテした上でガブリアス相手に善戦出来る程突出してる

シロナガブリアス以外はオーバに2タテされる

なんて具合で、アランリザードンとそれ以外と同じかそれ以上に、手持ちのレベルの格差はしい
118 ななしのよっしん
2018/04/17(火) 21:13:36 ID: uUWLuH/uTg
あのリーグ戦はどちらも得しない悲劇だった
119 ななしのよっしん
2018/04/20(金) 00:03:58 ID: iGh0ribMQW
結局監督自己満足過去作品を見下した産物だったな
初志貫して最後までフラダリの手駒としてサトシ底的に対立する方がまだマシだった
サトシに一回でも負けさせておけばこんなことにならななかったのに
120 ななしのよっしん
2018/06/21(木) 08:57:42 ID: G6nr1cmegT
ゲッコウガリザードンに負けたという結果は別に構わんよ
メガ状態でピカチュウの10万ボルト喰らったり、ヌメルゴン乞いサポートがあって、キリキザン戦でノーダメージというゲッコウガ有利のお立て満載だったのに負けたからが立つ
1VS1のタイマン勝負なら、ゲッコウガの実リザードンの足元にも及ばないと言ってるようなもんだろ
121 ななしのよっしん
2018/08/23(木) 01:36:12 ID: dNGW3Zw6GC
闇堕ちフラグ立ってたアランが、優勝して皆の代表になった重圧やら、加担させられた罪の重さやら、
強化スーツ洗脳やらで最強ラスボスとしてストーリー上でも立ちはだかり、
リーグ戦での辱戦をよりパワーうpしたサトシゲッコウガが果たす

とかいう流れならまあ綺麗に収まるし、負けておく意味もある
とか散々言われてたから、まあ尺不足もあるんだろうが、最後の最後を恒例の怪獣決戦じゃなくリベンジマッチるなりしとけばな

急上昇ワード