アラン・トレーシー単語

アラントレーシー

アランとサンダーバード3号

アラン・トレーシーとは、関根勤であるイギリス特撮番組のサンダーバードキャラである。日本語版では剣持伴紀である。

概要

トレーシーの5男で21歳。基本的にサンダーバード3号の操縦を担当するが、たまにジョン入れ替わり5号を担当する事がある。他にも1号の操縦経験もある。かつてはカーレーサーとして名を馳せた。トレーシー執事であるキラノの、ミンミン(英語版ではティティン)とは人同士の関係である。

性格は他の兄弟べれば、やや幼さが強調される傾向がある。またミンミンと旧友との関係を化されて気が気でなくなるなど、ナイーブな一面もある。

サンダーバード3号

アランに担当する機材はこのサンダーバード3号である。

宇宙救助活動用及び、サンダーバード5号連絡用のロケットである。全長は初期設定においては60.8mであり、これはアポロ計画を参考にしたものだが、その後8748mに変更されている。塗装で補助推進ブースターや外部燃料を必要とせずそのままで大気圏を突破できる。また繰り返し使用できる。操縦は1人でも可で、この為にジョンとの引き継ぎにも余計な要員を割かずに済む。

武装はないが電波中和装置を装備している。劇中ではアラン操縦の他、ジョンが引き継ぎのために操縦したり、助手としてスコットやミンミンが乗り組む事がある。

サンダーバード5号とドッキングする場合はサンダーバード5号のドッキングベイにサンダーバード3号の先端を差し込む恰好となる。

出動から発進まで

  1. トレーシー作戦室内にあるソファーが沈みこみ、サンダーバード3号の所まで移動を始める。沈み込んだソファーはすぐにカモフラージュ用のソファーと入れ替わる。
  2. サンダーバード3号の所までたどり着くと、ソファーごとせり上がり、サンダーバード3号へそのまま進入する。
  3. ラウンジに到着した後、アラン(又はジョン)はリフトによって、操縦室へ移動。
  4. ドーナツ形状をしているトレーシーの離れのん中よりサンダーバード3号は発進する。

ブレインズ制作の自動車

19話「オートレーサーアラン危機」で登場したブレインズエンジンを開発した。圧倒的な性オートレース勝利した。その後、アランを快く思わないライバルレーサーに盗まれる。

エピソードなど

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

アラン・トレーシーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アラン・トレーシー

1 ななしのよっしん
2014/03/01(土) 12:21:59 ID: yDoVo6Um3d
レディペネロープとのデートなんて、四十を越えたでも夢に見たことがあるからな。仕方がい。
ただ、アランにはこの大人の雰囲気を味わうにはちょっといかな。
2 ななしのよっしん
◆ZCIF61WJ7Q 2015/09/25(金) 17:09:58 ID: hEoJrhVDez
are goで幼くなりすぎでしょうw。