アリジゴク単語

アリジゴク

アリジゴク(蟻地獄)とは、その名の通りアリンコの如き卑しい愚民どもを至福の地獄へと引きずり込む、食系小悪魔アイドルの単独ユニットである。

概要

体長1~2センチスレンダーな胸とぷっくりとした回りの危ういアンバランスが魅惑のミニマムキュートなボディ。意外と円らな瞳の勝気な顔の上では2本のツインテールアゴが揺れ、産毛の浮いた柔らかそうな肌は色にいていて、見る者を惹き付けずにはいられない。しかし一旦その魅に囚われたが最後、キミは全てを喪うことになる――。

その正体はウスバカゲロウ科の昆虫(Myrmeleontidae)の幼(の一部。後述)で、代表種のウスバカゲロウ(Hagenomyia micans MacLachlan)が有名である。憐れな愚民どもを「薄ら馬鹿下郎」とか罵ってそうだが我々の業界ではご褒美です漢字では薄翅蜉蝣(ウスバ/カゲロウ)と書く(ちなみにかのどくとるマンボウも「薄馬鹿下郎」と書いた)。極楽トンボ等の地域的異称もある。また、アリジゴクは後ろにしか歩けない(例外的に前に歩ける種もいるらしい)。

軒下などの屋根のある適度に湿気を含んだサラサラ坦な土砂地(シルト)にすり鉢状のみを、その一番底に巣を作って待ち構えている。みは崩れやすいように精選された細かい砂が使われており、またかなりの急勾配(約6080)でありながらギリギリ崩壊しないバランスが保たれているため、一度そこにアリダンゴムシ、小クモや甲類など)が迷い込んだが最後、もがけばもがくほど砂が崩れて下に滑っていくという寸法である。さらにアリジゴク本体も巣の外へと砂を掻き出した巣作りの時に負けない勢いで獲物掛けて砂を飛ばして追い討ちをかけていく。こうしての底に堕ちた犠牲者はフグより100倍以上も強な細菌を含んだ消化液を注入され、たちまち動きを奪われると同時に体の内部を溶かされて大アゴの先端から吸い取られてしまう。そうしてすっかり抜きもとい抜きとなった抜け殻は、情にも用済みとばかりに巣の外へと放り出される。

そんな蔓を次々と手玉に取るドS悪女のような生き様を経て、ごろに羽化した後、約半月を産んで生を終える。
寿命いとはいえ、普通カゲロウがなんと羽化後2~3時間で死ぬのにべて、半月ももつのはカゲロウ族のなかでも長命である。それもそのはず、カゲロウと名前に付いてはいるが本家カゲロウ仲間である蜉蝣カゲロウ、Ephemeroptera)ではなく脈翅(アミメカゲロNeuroptera)に含まれる、カゲロウのようでカゲロウではないなのである(翅のい成のような姿で底を這いまわり藻類を食べるという、熟ボディの食系病弱地味キャラであるカゲロウと違って、ウスバカゲロウは成になり大アゴが口吻に替わっても食系のポリシーは曲げない完全変態である)。また、同じウスバカゲロウ科でもオオウスバカゲロウ属やカスリウスバカゲロウ属のように、幼の形態はアリジゴクそのものだが巣を作らずに動的にターゲットをキャッチするストリート系の非営巣も数多く存在する。

トリビア

アイドルアリジゴクはおしっこうんこをしない。

 

 

 

 

 

より正確には "アイドル卒業羽化するまでしない" というのが一般にも良く知られた定説だった。
しかし実際には1998年に「アイドルアリジゴクはうんこはしないけど、おもらしはする」ことが論文で発表されており、更に2010年千葉県の小学4年生により「アリジゴクがおしりから謎の黄色い液体を出した」ことが確かめられた(これでこの小学生日本昆虫学会から表されている)。

パンダPによる紹介

アリジゴクってよ、すげえんだな、頭良いんだよな。

土に掘ってよ、すり鉢状のなんか作るんだよ。
んでよ、そん中によありが迷い込んできてよ、それを下から狙って食うんだよ。
頭いいだろ。その作ったんだよ。

どれぐらいアリ捕まるか知ってる
どれぐらいアリジゴクにアリ捕まるか。

に1匹程度だってwwwwwwwwwwwwwww

作戦変えろーっ!作戦変えろーっ!アリジゴク、作戦変えろーっ!!
飢えちゃうよwwwwwwww作戦変えろーっ!今すぐ作戦変えろーっ!!!

気づかれてんだよアリに。アリの方が頭良いんだよwwwwww
「ここ、アリジゴクだね。ヤバイね」ってwwwwwwwwwwwwww

これ、みんなで書けばいいんだよ(コントを)
すり鉢状にして書けばいいんだよ。
なーにがすり鉢だ、やかましいわwwwwwwwwww

コント番組『リチャードホール』のパンダプロデューサーコントより。

ちなみにパンダPシリーズでも一際被害が大きかったエピソードで、これを聞いたくりぃむ上田ツボに入ってしまい、「が痛い……」と絶するまで爆笑させることになった。 

なお、アリジゴクにとって1ヶ程度の絶食はままあることであり、満状態からであれば3ヶ程度は絶食を貫くことができる。にも見られずともダイエット等の自己研鑽は欠かさない、まさにアイドルの鑑である(ちなみに絶食すると成長も止まって成熟が遅れる。これは成長期の人間にもあてはまることである)。

創作の中のアリジゴク

民家の軒下などで見かけることもある割りに地獄という名前、トラップ作成などを買われ、特撮怪人怪獣モンスター小説モチーフとして抜されることがある。

関連動画


関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%B4%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アリジゴク

16 ななしのよっしん
2016/07/09(土) 00:56:26 ID: a9E6xkbN6L
形態を「極楽蜻蛉」と呼ぶ地方があるらしいが、地獄から極楽に変わるとは面だ。
17 ななしのよっしん
2016/08/06(土) 02:40:15 ID: o2ixy/YDno
昔は消化管はいとか羽化してすぐ死ぬとか聞いてたのに
wikiにゃ半月生きるとか普通昆虫獲って食うとか細菌由来の昆虫特攻の持ってるとか書いてあってビビ
18 ななしのよっしん
2016/09/06(火) 19:36:24 ID: JRpzbMNiIU
>消化管はいとか羽化してすぐ死ぬとか

混同してる人多いけどコレ普通カゲロウの事やね
薄羽って名前のイメージから細くてくて小さい普通カゲロウをウスバカゲロウだと思ってる人結構いるのよね
19 ななしのよっしん
2016/12/29(木) 11:38:26 ID: 5NPkhM1vNw
気持ち悪い記事だな
書いたキモオタ野郎だってのが容易に見て取れる
20 強くないかこの生主
2017/01/05(木) 14:59:33 ID: EqjR6y8OXD
イラスト増やしてカラーガンガン使えば気持ち悪くはなくなると思うゾ
21 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 11:35:28 ID: ojlzBeDPbw
小学生のころよく見つけてたけどムチムチしてて結構かわいいんだよな
色合いも素だし全然気持ち悪くないかわいい
22 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 15:02:22 ID: iCbT7OKXw+
持ってたのか...
23 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 23:34:49 ID: a/xOuKgDe6
お寺の縁の下にいたなあ、アリあげたことある
羽と足もいだバッタなんか大ごちそうなんじゃないだろうか
は節足動物限定ならカニとかにも効くのかな?

http://www.nhk.or.jp/darwin/comic/index.html#vol41exit
お前らは死にます♪だから」で不謹慎にもナイスオチだと
24 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 17:23:59 ID: RwCMKVIBDy
田舎地方民だったけど一度も見たことがいなぁ
一度は見て見たいもんだが
25 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 04:38:22 ID: 2lbVqBfr1C
アリジゴクそのものを直接見かけることは稀で大抵は形態で見かけることのほうが多いよ
いつも屋根が仕切られてる砂場だとか、気づかないだけで意外と身近にいたりする

急上昇ワード

2019/08/18(日)07時更新