アリストテレス(競走馬)単語

アリストテレス
3.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

アリストテレス英:Aristoteles)とは、2017年まれの日本競走馬鹿毛

な勝ち
2021年アメリカジョッキークラブカップGⅡ

※なおこ名は2代目で、初代は1973年まれの地方で68戦3勝。

概要

エピファネイアブルーダイアモンドディープインパクトという血統。
シンボリクリスエスシーザリオ良血で、2013年菊花賞2014年ジャパンカップを勝った名アリストテレス同期牝馬三冠デアリングタクトともども初年度産駒にあたる。
は6戦未勝利だが、系は多数の活躍を出している名繁殖の血統(詳細は後述)。
は説明不要の三冠馬にして現代日本競馬最大の大種牡馬

2017年4月8日ノーザンファームで誕生。オーナーカンパニーなどを所有する近藤英子(「アドマイヤ」冠名でおなじみ近藤利一の妻)。名はもちろん、古代ギリシア哲学者に由来する。

ターフの哲学者

2歳~3歳夏

東の音無秀孝厩舎に入厩し、2019年9月28日阪神新馬戦デビュー(2着)。10月の2戦で初勝利を挙げたが、その後は12月1勝クラス、明けて3歳となって1月若駒S(L)、3月すみれS(L)と3戦連続2着に終わって収得賞金を加算できず、皐月賞は断念。
5月日本ダービー出走をしてトライアルプリンシパルS(L)に出走したが、体重が若駒Sから14kgも減ってしまった(468kg→454kg)せいもあってか6着。クラシックには参戦できないまま休養に入る。

休養を経てひとまわり体も大きくなり、ミルコ・デムーロ上に8月出雲崎特別(新潟1勝クラス)、9月の小牧特別(中2勝クラス)と条件戦を連勝。の上がりとしてGⅠ菊花賞へと駒を進めた。

菊花賞・vs無敗三冠馬

菊花賞では敗の三冠コントレイルが単勝1.1倍の圧倒的1番人気で、2番人気以降が単勝10倍えという全な1強ムード。未勝利戦以来のクリストフ・ルメールに乗り替わった本は4番人気ながら単勝23.0倍であった。

レースでは中中段につけたコントレイル璧にマークし、すぐ横をぴったり追走していく。じーっとコントレイルに貼り付いたまま直線に入ると、一緒に抜け出して熾叩き合いに突入。全な2頭のマッチレースとなり、コントレイルを追いつめたが最後までクビ差届かず2着惜敗。
上のルメールによるとコントレイルより僅かに仕掛けが遅れ、「最後まで一度も捉まえられると感じないままでした」とのことだったが、敗の三冠馬と接戦を演じたことで古戦線での活躍が期待された。

4歳春

明けて2021年、古となっての初戦は1月GⅡアメリカジョッキークラブカップコントレイルとの接戦が評価され単勝2.4倍の1番人気に支持されると、中は先行集団を6番手で追走し、コーナーで外から前に押し出して直線で抜け出し押し切り勝ち。人気に応えて重賞初制覇を飾る。
……そう、ここまでは順調であったのだが……。

続いて天皇賞(春)標に、3月GⅡ阪神大賞典へ。重馬場だったが前走のAJCC不良馬場で勝っているということで、単勝1.3倍という圧倒的1番人気に支持される。中中団前からコーナーで外に持ち出すという前2走のパターンに持ち込むが、中引っかかってしまったせいか残り200mでぱたっと脚が止まり、ずるずると後退してディープボンドか後方で7着惨敗。

阪神大賞典の負け方が懸念されたものの、本番のGⅠ天皇賞(春)では天皇賞5連勝中のルメール上ということもあってディープボンドに次ぐ2番人気。例によって中6番手で先行集団を見る位置でレースを進めたが、直線に入っても伸びを欠いて外から捲ってきたワールドプレミアに置いて行かれ、先行したディープボンドはおろかカレンブーケドールも差し切れず4着。

ステイヤーとしての資質に疑問符がついたこともあり、次走は勝ったAJCCと同じ2200mのGⅠ宝塚記念へ。ルメールクロノジェネシスに騎乗するため上は武豊となったが、中団から直線で全く伸びず何の見せ場もなく9着惨敗。コントレイル大阪杯レイパパレに敗れたあと宝塚記念を回避、そのレイパパレもこの宝塚記念クロノジェネシス敗したため、それに加えてアリストテレスの生を欠く姿はコントレイルの評価にまでを落とす格好になってしまった。

4歳秋

を挟んで初戦はGⅡ京都大賞典上は小牧特別以来のミルコ・デムーロ。1番人気に支持され、いつも通りの中前から直線で馬場ん中を抜け出し、残り200mでキセキを捉えて先頭。これは勝った!と思った間、ゴール手前で外から突然急襲してきたのは、なんと8歳の2016年ダービーマカヒキ! もう5年も勝利がない8歳の、信じられない急加速にハナ差かわされたところがゴールダービーの感動の復活勝利の引き立て役になってしまった。

続いては菊花賞以来の再戦にして、コントレイル引退レースとなるGⅠジャパンカップ上は何の因果か、天皇賞(秋)にてエフフォーリアコントレイルを破った横山武史アリストテレスは4番人気とはいえ単勝20.5倍。1.6倍に支持されたコントレイルと、菊花賞で接戦を演じたときと奇しくも似たオッズである。
レースでは逃げると思われたキセキが出遅れたため、なんとアリストテレスが先を切って逃げる格好になる。向こう正面に入ってキセキすごい勢いで上がってきて3コーナー手前で先頭を譲ると、あとは直線で置いて行かれて9着。菊花賞再現リベンジとはならず、大阪杯以降何かと言われ続けたコントレイルが、三冠馬の意地を見せて有終の美を飾るのを後方で見届けた。

の最終戦は年末のGⅠ有馬記念上は武豊、さすがに人気は自己最低の9番人気スタートで出負けして最後方からのレースとなり、追い込んだものの6着が精一杯。エフフォーリア横山武史という新たな名コンビの快進撃を見送った。

5歳

5歳となる2022年3月日経賞から始動の予定。ダービー復活三冠馬の去り際、新たな現役最強の誕生と、2021年競馬界の名場面を見届けるばかりだったターフの哲学者は、かつてのきを取り戻せるだろうか。

血統表

エピファネイア
2010 鹿毛
*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク *サンデーサイレンス
キャンペンガール
*キロフプリミエール Sadler's Wells
Querida
ブルーダイアモンド
2011 黒鹿毛
FNo.1-l
ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
グレースアドマイヤ
1994 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
*バレークイーン Sadler's Wells
Sun Princess

クロス: *サンデーサイレンス 4×3、Sadler's Wells 4×4、Hail to Reason 5×5

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9%28%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アリストテレス(競走馬)

12 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 11:11:30 ID: b36crR0aMn
JCで去ったキセキの後継者たり得る名脇役になって来てるな
7歳までは現役続けそう
13 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 11:16:13 ID: i4ZQV6y8IE
競走馬としてはともかく種牡馬としては割りと詰んでないか?
エピファの子供でディープの孫だと結構相手選び大変そうだけど
14 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 11:23:07 ID: s7C7ToL6AA
現状『菊花賞での好走から色眼鏡で見られがちなGⅡ』だよね。
それ以外でも好走してるんだけど、掲示板だったり着外だったり…
15 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 11:39:17 ID: zBt/1GRpvp
あの菊花賞に一ライスシャワーを見たのは最懐かしい
16 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 13:25:20 ID: nl2BGY95LP
コントレイル世代の評価を一頭で下げてしまった(?)クラシックライバル

ディープボンド春天有馬2着、オーソリティJCで2着、サリオス香港マイルで3着とG1でも好走して「コントレイル以外弱い令和最弱世代」の汚名を返上しつつあるけどこのは果たしてどうなるか


17 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 07:17:05 ID: twFWdqgFdn
またマイナーな外を取り上げたなぁと思ってみたら日本の方で
あれ? アリストテレスって既にGIにいたよな?」と疑問に思って確認したら
GIの方は Aristotle で s がなかった
18 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 17:12:15 ID: Ip0UyUQOB5
>>16
サリオスマイル路線変更以降勝ててないから下げてた側なんだよなぁ。復調気味だから今年こそではあるけど
まぁクラシック棒に振ったオーソリティ阪神大賞典以降覚醒したディープボンドのおかげで見直されつつあるのは事実
上が安定しないのも一因な気がするからアリストテレスに良い相棒が見つかると良いな
19 ななしのよっしん
2022/01/17(月) 19:46:54 ID: s77unb6eC4
なんだかんだ春天掲示板残ってるし有馬人気5頭に千切られたとはいえそれ以外のG1含む8頭には勝ってるんだから弱くはないんだよなぁ。

ただG2止まりのイメージはどうしてもある。適正差がモロに出るせいで手薄になりがちな春天がやっぱりチャンスだけどまず出るとしてディープボンドという王者がいて、かつオーソクレースも多分来てこれも手強そう。
ローテ次第ではステラヴェローチェも来る可性あるし、ここにタイトルホルダーまで復活したらやっぱりキツそう……。

去年春天出ずに宝塚直行してたら少しは変わったのかな。
20 ななしのよっしん
2022/01/17(月) 23:24:56 ID: ZwL6jZncHn
とりあえずG2は勝とう
netkeibaによると日経賞らしいけど
阪神東京よりは中山向きだろうし勝ち負けあると思う
本番は京都復活まで待とう
21 ななしのよっしん
2022/01/18(火) 06:29:36 ID: c3xmdZsOjN
一個下のオーソクレース
エピファネイアディープインパクト
騎手クリストフ・ルメール
・諸事情で3歳クラシック2つを棒に振る
菊花賞で2着
・古一発レースAJCC
ってびっくりするくらい要素被ってるんだけどあっちの方はどうなるだろうか…

急上昇ワード改