アリダー単語

アリダー
6.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

アリダー(Alydar)は、1975年まれのアメリカ合衆国の元競走馬・元種牡馬である。

高い実を持ちながら不運と踊っちまった、そんな。 

概要

出自

ケンタッキー州の名門・カルメットファームの生産所有馬で、は大種牡馬Raise a Native(レイズアネイティヴ)、Sweet Tooth(スウィートトゥース)、On-and-On(オンアンオン)という血統。日本種牡馬としてそこそこ活躍した*ホープフリーオンがいる。

ケンタッキーダービー*フォワードパスなどを出した名系に属すを持つ血統もさることながら、なにより栗毛でぴかぴき、恐ろしいまでに発達した筋肉で覆われた体はデビュー前から大評判であった。この褒められっぷりやバックボーンであるを浮かべられたら、アメリカ競馬にそこそこ詳しいと思う。
……というか、その父親なんですけどもね、この。よく似たんだなあ。マッチョ体もそっくりだったな、イージーゴア

2歳時

デビュー戦にはなんとステークス競走のユースフルSを選択し、しかも1番人気を背負う。どれだけ期待されていたのかが分かるが、流石に厳しく5着に敗れる。
世の中ナメすぎ」とでも思ったかどうかはわからないが、このレースですでにデビューしていたのにもかかわらず二番人気にされたこのレースの勝ちが、ずっと彼の前に立ちふさがることになる。その名はアファームド。……相手が悪い。

仕切り直した未勝利戦を圧勝して向かったグレートアメリカンSでは再びアファームドとの対戦となったが今度は圧勝。トレモントS(GIII)・サプリングS(GI)を連勝しGIとなった。

しかし続けて参戦したホープフルS(GI)で3度の対戦となったアファームドの2着に敗れると、そこから4戦のベルモントフューチュリティS(GI)は長い叩き合いで同ハナ差2着、5戦シャンペンS(GI)こそ大外強襲で一矢報いたものの6戦ローレルフューチュリティ(GI)でもクビ差られて敗れ、結局2歳時はアファームドと6回対決して2勝4敗。圧倒的負け越しである。(ノ`)アチャー

この後アファームド不在のレムセンS(GII)に出走したが、ここではビリーヴイットという逃げ切りを許して2着に敗れ、10戦5勝2着4回で2歳シーズンを終えた。

3歳時

3歳になるとアファームドは本拠地だった西海に戻り、それに対してアリダーも本拠地の東海に戻ると、弱いものいじめのような圧勝の連続で連勝街道を驀進。
まず一般競走を速2身ちぎって弾みをつけると、フラミンゴS(GI)ではレムセンSで後を拝した相手のビリーヴイットを4着に破り、なりのまま2着に4身半差をつけて圧勝。フロリダダービー(GI)でも直線入り口で先頭に立って2身差で押し切って勝利した。

トドメとばかりに、ケンタッキーダービーへの重要なプレップとなるブルーグラスS(GI)では13身差つけて独走。いやー強い。アファームドもこの年4戦敗だったことからファンからも「やっぱりすげぇや! 今度こそアファームドをとっちめてやれ!」なんて機運が盛り上がったが、本番であるケンタッキーダービーではまた2番人気にされたアファームドがばっちり大勝利し、アリダーは追い込み届かず2着。あらら。

プリークネスSでは前走で差し届かなかった教訓からめに仕掛けたが最後まで差が縮まらず、クビ差まで追い詰めるがまたも2着。ベルモントSでは大敵アファームドを見えやすくして闘争心を掻き立てるためブリカーが外された状態で臨み、レースでも三冠阻止すべくマークの上めに追い上げるが、しい叩き合いに敗れアタマ差2着。アファームドシアトルスルーに次いで2年連続での三冠達成、上コーゼン騎手は最年少で三冠達成となったが、一方のアリダーは三冠全て2着という屈辱的な結果に終わった。
とはいえ後続を13身突き放したレース内容が示すようにアリダーの素晴らしいもので、アリダーを管理したジョン・ヴィーチ師は「アリダーという偉大なに勝ったアファームドに偉大な」と、アファームドラザロ・バレラ師は「アファームドセクレタリアトより上だろう。何故ならアリダーという強敵を打ち負かしたからだ」とり、互いのに対する大きな敬意を口にした。

この後のアーリントンクラシックS(GII)ではアファームド不在のメンバーが相手になるべくもなく13身差圧勝。古との初対戦となるホイットニーS(GII)では敗の三冠馬シアトルスルーに初を付けたジェイオートービンなどを一蹴して10身差で優勝した。

この2週間後のトラヴァーズSではアファームドとの10度の対戦となり、レース史上最多の5万人の大観衆が見守る中でレースに臨むが3で体勢を崩して敗戦。しかし体勢を崩した原因はアファームドに前を塞がれたためであり、本上のジョン・ヴェラスケス騎手抗議の結果相手は降着。アファームド相手に3勝を挙げた。

しかし次走の予定だったマールボロカップハンデキャップ左前脚の折で回避し、結局残りの3歳シーズンは全休。このあとこの2頭が再び競馬場で会うことはなく、通算成績はアリダーの10戦3勝という敗に終わった。ただし3歳時は結果的にアファームド以外には先着されていない。

4歳時

ケガの癒えたアリダーは3月の一般競走を7身ちぎって優勝したが、次走のオークローンハンデキャップ(GII)ではこれが重賞初出走だった伏兵サンフアンヒルハナ差2着に敗退し、久々アファームド以外の相手に先着された。

これでリズムが乱れたのか、カーターハンデキャップ(GII)でこの年の最優秀スプリンターとなるスターナスクラのクビ差2着に敗れると、メトロリタハンデキャップ(GI)ではデビュー戦以来の大敗となる6着に敗れてしまった。

続けて出走したナッソーカウティハンデキャップ(GIII)こそ3身3/4差で快勝したものの、サバーバンハンデキャップ(GI)では3着に敗れ、更にこの後右後脚を折し引退を余儀なくされた。王道路線でシアトルスルースペクタキュラービッドらと戦を繰り広げ、競走馬としての名をいやというほど高めたアファームドとは対照的な結末と言えよう。

種牡馬として

カルメットファームで種牡馬入りしたアリダーは、種牡馬としては82頭のステークスウィナーを出してそこそこ成功していたアファームドを更に上回り、二冠アリシーバ、ケンタッキーダービーストライクゴールド危うくの轍を踏みかけたベルモントSイージーゴア他活躍を多数出し大成功。

日本絡みでもマルゼンスキーレコードを塗り替え外の時代の幕開けを宣言したリンシェーバー、*サンデーサイレンスらを下した*クリミナルタイプ欧州米国の芝で活躍しジャパンカップにも出た*カコイーシーズなど種牡馬や外競走馬として活躍したがそこそこいる。*クリミナルタイプは失敗だけど。実に偉大である。しかし孫世代以降はイージーゴア折やアリシーバの大失敗のせいでイマイチ振るわない。大丈夫か。

1987年にはアファームドも同じ牧場にやってきて、かつてのライバル種牡馬として同じ地に顔をえることとなった。そして1989年殿堂入りを果たし、翌年の1990年にはリーディンサイアーも獲得したが、この年の11月13日に右後脚の下腿を粉砕折。手術の末になんとか生きながらえたものの、翌日になって手術した側の脚の大腿に致命的な折を発症し、流石に助からず、15日の安楽死処置となってしまった。

死にまつわる謎

これだけならば、アリダーは折の名と言うことも出来た。ところがこの5年後になって、ある女性検事補がテキサス州で起きた機関の連続倒産を調していたところ、一つの疑惑が浮上した。

そもそもカルメットファームは1982年に場が亡くなり、故人の孫の夫であったジョントーマスランディという人物が跡を継いでいたのだが、この男が多額の設備投資を行っており、その過程で受けた融資の総額は9500ドルにも達していた。その巨額の融資を受けるためにランディ銀行の副頭取に賄賂を贈っていたのだが、この賄賂を受け取っていた人物が大量の不良債権を抱えた責任を取らされて辞職すると一気に事態が悪化し、銀行側は牧場に対して差し押さえをチラつかせるまでに発展した。
その結果、大量の種付けでを痛めていたため見切りをつけられそうになっており、更に3650万ドル保険がかけられていたアリダーにをつけた牧場による保険当ての殺が起きた。これが疑惑の内容だった。

結果から言えば、ランディとカルメットファームの財務責任者だったゲイリーマシューズ弁護士1999年になって告発され、詐欺と贈賄の罪で禁固刑となったが、アリダーを保険当てに殺したという疑惑については拠不十分と結論付けられた。後に残った結果は、このアリダーの死でカルメットファームが3650万ドル保険を得たこと、そしてこの資を持ってしても倒産する運命は変えられなかったということ、それだけであった。

それにしても最期まで不運としか言いようがないとは……一体彼が何をしたんですか。現役時代はアファームドがいなければ三冠のうち一つは取れたかもしれないし、種牡馬としてもカルメットファーム以外で繋養されていればこのあとも種牡馬として大活躍したかもしれない。そうなればアメリカの血統地図も違った姿だっただろう。
まあ、現役が一世代ズレただけなら上にシアトルスルー、下にスペクタキュラービッドがいるからやっぱりツラいし、名門カルメットファームの代表種牡馬ということでいい繁殖も集まった側面はあるので、一概には言い切れない。運命とは非情なものである。

ちなみに倒産したカルメットファームはダンジグなどを生産した大ヘンリク・デ・クフャトコフスキの手により買い取られ、現在は更に売却されて別の牧場と統合されている。

血統表

Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer
1950 芦毛
Polynesian Unbreakable
Black Polly
Geisha Discovery
Miyako
Raise You
1946 栗毛
Case Ace Teddy
Sweetheart
Lady Glory American Flag
Beloved
Sweet Tooth
1965 鹿毛
FNo.9-c
On-and-On
1956 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Two Lea Bull Lea
Two Bob
Plum Cake
1958 栗毛
Ponder Pensive
Miss Rushin
Real Delight Bull Lea
Blue Delight

クロス:Bull Lea 4×4(12.5%)、Blenheim 5×5(6.25%)

主な産駒

1981年産

1982年産

1983年産

1984年産

1985年産

1986年産

1987年産

1988年産

1991年産

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%80%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アリダー

1 ななしのよっしん
2012/03/22(木) 08:09:53 ID: h+9+721QJW
\アリだー!/ (やめなさい)
2 ななしのよっしん
2012/03/22(木) 21:44:22 ID: 4O+nsvy0mk
>>1
絶対に居ると思ったwwwそういうやつ
3 ななしのよっしん
2012/03/28(水) 19:10:24 ID: g27qU7cjpt
近鉄日ハム監督はナシダー
4 ななしのよっしん
2014/02/04(火) 03:26:28 ID: ordQjnVLyl
ちょっと記事が読みにくいが、アリダーが波乱万丈の生涯を送った事だけは良く理解できた。
5 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 21:15:14 ID: QoWVrsqB3D
が亡くなった頃には牧場の借(増築の資だったらしい)がドンドン膨らんでいて、保険全額をブッこんでも、半分にもならなかったと聞いた事がある。
6 ななしのよっしん
2021/05/20(木) 01:33:15 ID: Kr1i6LENfU
どことなく悪意を感じる項
7 ななしのよっしん
2021/07/21(水) 12:04:33 ID: cgOPgc6uBp
ヴィルシーナよりメイショウドトウの方が近いだろこいつは