アルキード王国単語

アルキードオウコク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アルキード王国とは、DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」に登場する国家である。

概要

かつてギルドメイン大陸南端部の半島に存在していた王

最後の国家元首はアルキード王(担当声優:家中宏)。

バランの妻となったソアラの故郷であり、当初はバランの来訪を歓迎し、を深めていった。
やがて彼を次期国王に任命するほど密になった頃、それに嫉妬した臣の一人が王に進言した事でバランの立場が一変している。

王女をさらった魔物として処刑されるはずだったバランい、命を落としたソアラを「魔物って死んだ恥さらし」とアルキード王が侮辱する言葉を口にしたためにバラン逆鱗に触れてしまい、騎士ドルオーラ)によって文字通り半島ごと消し飛ばされてしまった。

本編ではラーハルトを通してのバランが体験した回想内でしか出番はなく、本来のアルキーがどんなで、王がどんな人物か、そしてバランをどのように扱っていたのかは不明だが、魔王軍の陰に恐れ、王族に招き入れるまでに築いた信頼関係を容易く壊してしまう弱さやそれを一切省みない醜さという人間の負の部分を表す存在として公式では扱われている。

ソアラ

アルキー王女バランの妻。ダイ出産した当時19歳。

担当声優山崎和佳奈(1991)、茅野愛衣(2020)。

瀕死の状態だったバランを救った事が縁で、彼をアルキード王国へと招きいれた本人。
後にバランの子を宿し、彼と共に駆け落ちしている。テラン内でダイ出産して、入らずで穏やかに暮らしていたが、臣による進言もあって実であるアルキード王に夫と子供が捕縛され、家族は離れ離れになってしまう。

かくしてバランは処刑される事になったが、バランが王に提示した降条件をむ事で彼女は捕縛されなかった。
バランは妻子のために死ぬつもりで抵抗しなかったが、処刑の直前にソアラが割って入り、放たれた呪文をまともに受けた事で命を落としている。

バランは「太陽のような女性だった」と彼女を形容しており、バランが生涯愛し女性でもあった。
ダイ記憶には残っていない人物であるが、メルルから貰った「見の実」を食べたダイの中に登場しており、ダイにとっては、これが初めての対面であった。

なお、育児は彼女の方が上手だったようである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ 

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E7%8E%8B%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルキード王国

276 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 15:48:11 ID: ltJRarsZoZ
まあ要するに行動に一貫性がなくてブレまくってるってことだろうが、ソアラがブレさせた印
王女えっちして妊娠
美女に言い寄られて種族が違うから妊娠すると思ってない
王女と駆け落ち
→追放が決まった後に妊娠カミングアウトされて詰み、せめて決まる前に言え
ガチギレで大虐殺
ソアラが処刑前に飛び込んで死亡テンパ

バラン痛恨のミスは①だが、人間えっちしても妊娠しないと認識してて(マザーもしないと思ってた)王女の誘惑に抵抗できるかというともできると自信をもっては言えない
277 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 20:56:54 ID: 9038E4jhkV
様の誘惑に耐えられるかって言われたらたぶん相当キツいとは思うが
逆に誘惑されなかったとしたら自分から行こうって気にはなれんよなぁ…

今更気付いたけど、魔界でヴェルザーと戦ったりしてたのならバーンの存在知らないって事はないよな多分
倒すべき敵を放棄して妻子のために処刑されようとしてたのか?
いや心情的にはわかるがバーン放置したらどっちみち妻子死ぬぞ
やるべき仕事残ってるのに素直に処刑されますってのは騎士としてアカンのでは
278 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 21:05:20 ID: 7LrlaZxsgT
>>277
と言ってもそこで誘惑に負けてしまったら批判されるのは仕方ないところ

あと確かになんでバーン様放置してたんだこの人
279 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 22:22:05 ID: ntBB1R3r/V
バーンが具体的な行動起こしてないからだろ
終盤で「ヴェルザーのおかげで余は深く静かに準備を進められた」「バーンよりも先に行動しなきゃいけない理由があったから焦ったわ」的なやりとりがある

実際にバーン行動開始したのってハドラーを地上に派遣した間からだから、
それ以前の段階でバーンを止めるなら、内偵でもして地上破壊計画を察知してるのでなければ、魔界の実者を手当り次第に殺して回る以外にやりようがない
280 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 22:58:32 ID: ntBB1R3r/V
あと一連の流れでおかしいのはアルキード王国の対応だと思うよ

紀や後継者問題的に、余所者と番わせたくないなら余所者を深入りさせないのが筋であって
妊娠させるほどの付き合いをさせてるし、普通に次期国王になりそうだと思ってる以上、
王女との恋愛妊娠そのものはバラン追放→処刑の根本的な理由になっていない

とどのつまりは一部の佞臣の私利私欲から生じた「魔物排斥」としてバランを追い込んでいたのであって、
それがどんなに理不尽でも人外であるバラン自重を重ねたけどいよいよ慢の限界を迎えただけ

その結果が王ごと消滅から魔王軍参加ってのはありえんさだけど、バラン批判されるべき責任はそこ以降にしかない
理不尽な迫を受けてる側が「受け入れてもらうためにもっと努しろ」って言われるのは輪をかけた理不尽でしかない
の対でないものはその負担を背負わずに生きているのだから
281 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 23:33:03 ID: 7LrlaZxsgT
>>280
文句があるなら最初から自分は人外ですって自己紹介しとけってだけの話じゃん
何が理不尽な迫だよw
282 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 00:31:23 ID: uSV5Yi4Ito
>>280
人かどうか以前に将来敵になるかどうかの見極めがアルキード王国に必要だったんだよな…
283 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 00:44:00 ID: ltJRarsZoZ
ぶっちゃけバランにとって追放はそんな迫というほど大ダメージでもないんだよね
バラン人間との間に子供ができないと思ってたわけで、あのまま本当に王女結婚して世継が産まれないとヤバいからあえて騎士情報開せずにわざと追放されるのを選んだっぽい
あのまま妊娠発覚しなかったら美少女をうまいことヤリ捨てた話で終わってた
284 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 01:32:17 ID: ntBB1R3r/V
バラン子供を作れないから人をする心を持っていないため人と引き離されても迫には当たらないって理屈はちょっとんでると思う
わざと追放ヤリ捨てうんぬんってのは作中で描かれてないし

そらイレギュラー要素がなかったら、いつまで経っても子供ができないことになっただろうが、王を「後継者を産む機械」のように考える価値観バランがすり寄ることのほうが考えづらい
養子でも取るなり分筋をその次の後継者に据えるなりすればいいんじゃないですかね、としか

>>281
自己紹介せずとも(出自を問われずとも)最初に受け入れられてるんだからその言い訳は弱いかな

そもそもバランの本当の出自どころか、本当に魔王の手下かどうかもお構いなく迫を加えてるんだから、そこに理がないのは明であり理不尽としか言いようがないし、バラン自己申告するかどうかはまったく関係ない
バランが身分を明かさなかったり本当に人外だということで迫正当化されるなら、ラーハルトの受けた仕打ちも正当だということにしかな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
285 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 03:16:38 ID: ltJRarsZoZ
いやいや、本編バラン死刑を受け入れてるわけで、死に値する罪を犯したのも王室を断絶させちゃダメだからソアラに返すべきなのもちゃんと理解してるって
勝手にウムキカイガーとかキチガイんだ思想アピールするんじゃない

急上昇ワード改