アルタイ単語

アルタイ
曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避です

アルタイとはモンゴル語で「」を表す言葉で、以下の名称に使われる

  1. アルタイ山脈  -モンゴル西部に位置し、モンゴル高原の西を成す。
  2. アルタイ諸 -モンゴル語トルコ語などが属する言系統。
  3. アルタイ共和国(ロシア) -テュルク系アルタイ人によって構成されるロシア連邦内の共和国
  4. アルタイ地方(ロシア) -3に隣接するロシア地方行政区分の一つ。
  5. アルタイ地区(中国)-中華人民共和国新疆ウイグル自治区地方行政区分の一つ
  6. ゴビ・アルタイ県(モンゴル)-モンゴルの県(アイマグ)の一つ
  7. アルタイ(戦車)-トルコで開発された戦車

ここでは、1及び2について解説する。

1,アルタイ山脈の概要

モンゴルロシアに跨がって存在する山脈。名称は「の山」を意味し、昔が発掘されたことに因む。

乱掘による枯渇が原因で経済的にはあまり重要視されていない。

モンゴル高原の西に位置し、歴史的にモンゴル高原の遊牧国家西部天然を成してきた(東突厥と西突厥のなど)。また、ナイマン部などの部族はアルタイ山脈を根拠地に活動した。

現代においてはモンゴル中華人民共和国新疆ウイグル自治区を成す他、モンゴル民族テュルク民族の分布の界線も成す。

2,アルタイ諸語の概要

西アジア中央アジア北アジアで広く使用される言系統。モンゴル語トルコ語満洲などが属する。共通の祖先に遡るアルタイ語族をなすとされる言の総称である。

一言で言えば「遊牧民の使用する言」であり、モンゴル人を筆頭に遊牧民の多くがアルタイ系言を話す。

かつてはウラル族(ハンガリーフィンランドが属する)と共にウラルアルタイ族を形成し、世界三大族(残りは印欧語族アフロアジア族)の一つであると言われたが、現在では否定されている

アルタイ諸に属する言は以下の3グループに大別され、これらの下にさらに細かい分類がある。

さらにここに日本語朝鮮語(いずれも系統不明)が含まれることもある。もし日本語仲間がいるとすればアルタイ系はその最有補であるが、両者の近縁性は未だ明されていない。そもそも、モンゴル系、テュルク系、ツングース系が同一祖を持つことすら確が掴めないのが現状であるし、系統のわからない言地理的に近い場所で話される言と関連付けて議論されるのもよくあることである。

アルタイ系の言が用いられるのは次のような地域である

この他にも、歴史的にアルタイ系民族の征を受けた中国アフガニスタンイランなどでは少数のコミュニティが散在する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルタイ

1 ななしのよっしん
2013/07/15(月) 13:24:20 ID: 8+Y40snAZ9
アルタイ(戦車)についての記事もあったらいいな。
2 ななしのよっしん
2013/08/23(金) 01:59:23 ID: 2MwcLX5Bhp
朝鮮語はツングースじゃなかったっけ?
アリランの意味がツングースエヴェンキ族(現ロシア少数民族)の言からきてる
3 ななしのよっしん
2013/08/23(金) 11:57:41 ID: wKmmq9V2XN
>>2
アリランエヴェンキっていうのは数ある説の一つに過ぎないんじゃなかったのか?
つーかそもそも言系統っていうのは単一つで決まるもんでもないし、現状朝鮮語はトゥングース系と別物だ。

まぁでも北京語アルタイ系言の影を受けているのと同様、朝鮮語半島に攻め込んだアルタイ民族(モンゴル人・満洲人)によって後から影を受けた可性はたかいやろうな。
4 ななしのよっしん
2013/09/19(木) 00:58:50 ID: 0Zf84td7Lc
イステミ、トオリルテムジンアルタイ系の名前には何か独特のきがあるよね。

イスラームチベット仏教を受容する過程で上記みたいな独特のきを持つ名前がなくなっていったのは残念。
5 ななしのよっしん
2014/05/01(木) 21:57:13 ID: /0stjduWKc
日本語アルタイ
http://nullpoarchives.orz.hm/uploader/upload/File12964.pdfexit
6 ななしのよっしん
2016/11/27(日) 19:27:09 ID: 5+PkO7xBuj
日本日本で独自の系統ってことにはならんのか?
7 ななしのよっしん
2018/03/11(日) 16:44:22 ID: ENuP5UfVV2
アルタイ語族明はなかなか難しいけど、感覚的には日本から見て
モンゴルが遠い親戚という感覚は常に感じているね
確かに日本人は伝統的にずっと平和な農耕民族だけど、
本気になって戦うときは中華系というよりはモンゴルトルコ系の血が騒ぐのだから