アルテミス単語

アルテミス
3.9千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アルテミスとは、以下の項を表す。

曖昧さ回避

概要

アルテミス(ἌρτεμιςArtemis)とは、ギリシア神話狩猟・貞潔・安産女神である。

後にセレネ同一視され、女神としても知られる。ローマ神話ではディアナダイアナ)として信仰された。

オリュンポス十二の一柱。ゼウス女神レートーで、アポロンとは双子兄妹である。
シンボルとしての聖獣鹿、猟糸杉狩猟の装いをして猟を従え、矢を持つ姿で描かれる。鹿に牽かせた戦車に乗る姿も。
不敬を許さず、罰として疫病をもたらす矢を放つ恐るべきとしての側面も持つ。添え名は「アポロウーサ」(女破壊者)「イーオケアイラ」(矢を射かける者)など。

元をただせばギリシア先住民族が信奉していた山野女神にして地であり、アポロンともども習合されたとみる向きが強い。

『ホメーロス讃歌』によると、レートーが兄妹を身ごもり臨となった際、夫の浮気相手に嫉妬するヘラの根回しによって出産女神エイレイテュイアの到着が遅れ、大変な難産に苦しんだ。
なんとかオルテュギアに辿り着いた時にアルテミスは生まれるが、彼女は生まれてすぐにを導き、デーロス島にてアポロン出産を手伝った。この時レートーは苦痛なくアポロンを産んだ事から、産褥における女性の守護とされる。
アルテミスはゼウスに謁見すると、狩猟用のチュニックや長靴をねだり、自ら純潔を貫く誓いを立てた。この誓いは彼女に付き従うニュンペーにも適用され、禁忌を破った者には罰が下される。

『イーリアス』にて々の闘争が許可された際には、トロイアに味方した勢いでアカイアを推すヘラに戦いを挑む。が、腕っぷしの強いヘラを取り上げてアルテミスを打ち据え、フルボッコにされたショックから泣きながらゼウスに訴えるなど、思いがけない一面も描かれている。

エフェソス(現在トルコ西部)のアルテミス殿はその壮麗さから「世界の七不思議」に数えられた。ただし現存はせず、建物跡が確認されるに留まっている。
こちらでは処女としてではなく、豊・多産をる地としての扱いが強い。現存・復刻された偶像は多数の乳房を持ち、その姿は徴されている。
一説には供物としてげられた睾丸を意味しているともされ、キュベレーやイシュタルの逸話を彷彿とさせる、大地としての血生臭い側面が見て取れる。

代表的な犠牲者

カリストー

アルテミスに付き従っていたニュンペー。
その美しさをゼウスに見初められ、アルテミスに化けて近づかれた為に警をほどき、契りを交わしてしまった。その後妊娠した姿を浴びの際に見とがめられ、怒ったアルテミスによって雌に姿を変えられ、狩りの獲物として殺されてしまった。

別伝ではカリストーは子を産み、アルカスと名づけられる。
の顔を知らぬまま長じたアルカスは狩人となり、ある時見事な雌を見つけて矢をつがえた。しかしそれは変わり果てたの姿であり、子がを殺す運命を回避すべく、ゼウスは咄嗟にアルカスをに変える。
後に子はに挙げられておおぐま座こぐま座となるが、例のごとく浮気を許さないヘラによって、決して地上に降りる事が出来ずに北を回り続けているのだという。

アクタイオーン

基本的に落ち度がないのに偶然から破滅した、ギリシア神話きっての不幸な男。
キタローン山中で50頭のを連れて猟をしていたところ、偶然アルテミスが浴びしている姿を見てしまう。その美しさに見とれていたが即バレしてしまい、激怒した女神は「私の裸を見たと言えるものなら言ってみよ」と言い放つや、その場で彼を鹿に変えた。
そして彼が連れてきた猟をけしかけられ、アクタイオーンは八つ裂きにされて死んでしまった。

オリオン

ポセイドン息子にしてギリシア一番の狩人
狩猟を通じてアルテミスとの友情を深め、いつしか互いに情を抱くようになる。しかし純潔の誓いを立てたアルテミスには許されない事であり、ことにアポロンは乱暴者のオリオンの事をよく思っていなかった。
そこで一計を案じてアルテミスを呼び出すと、たまたまで泳いでいたオリオンして「お前の腕前では、あれに当てる事など出来はすまいね」と挑発。はるか遠くに見えるそれが何であるのかわからないまま、挑発に怒った女神は必中の矢を放った。哀れ矢はオリオンの頭を貫き、翌日その遺体が打ち上げられた事でアルテミスは自分が何をしたのかを理解してしまった。
女神する男の死を嘆き、アスクレピオスに彼を生き返らせるよう持ち掛ける。しかし生者と死者をわかつ掟は絶対であるとしたハデスの反論もあり、オリオン復活は認められなかった。それでも諦めきれないの懇願を聞いたゼウスは、オリオンに挙げて星座とすることでせめてもの慰めとした。

ニオベー

人の身でありながら傲慢な言葉を吐いた為に罰を受けた女性
テーバイ王アムピーオーン結婚した彼女は子宝に恵まれ、10人の息子と10人のを得た。いずれも美しく聡明だった事もあり、ニオベーはレートーよりも子の数において恵まれていると自慢してしまう。
これに怒ったレートーはアポロンとアルテミスを呼び出し、を侮辱されて激怒した二人はの矢を放って次々と子供を殺した。
ニオベーは自らの言葉が破滅をもたらした事に嘆き悲しみ、を流しながら故郷のリューディア地方現在トルコ)へと帰還。泣き続けるうちにその姿は石となり(虐殺を悔やんだレートーによるものだとも)、現在でもシピュロス山にて「ニオベーの泣き岩」と名づけられた奇岩を見る事が出来る。

アカイア(ギリシア連合軍)の皆さん

『イーリアス』にて、トロイアのアポロンクリューセースが戦利品とされたクリューセーイスの返還をめてアカイアのを訪れるが、ミュケナイ王にして総大将アガメムノンによってさんざんに侮辱されて追い返される。
クリューセースは「アカイアにの償いをさせたまえ」とアポロンに祈り、アポロンはアルテミスと共に疫病をもたらす矢を打ちかけ、多くの兵士が死に、あるいは病に苦しんだ。

これに先駆けて、アカイアの団がトロイアに向けて出航する際、が吹かずに身動きが取れなくなるという事態が起きた。
アガメムノンが予言者カルカースに託をめると、出航前の狩猟においてアガメムノンが「私の狩猟の腕前はアルテミスにも勝る」と不敬極まりない言葉を放ったのが理由だという。更に女神の怒りを鎮める為に、アガメムノンのイーピゲネイアを生贄にげよという託宣が下った。
英雄アキレウス結婚するという虚偽で呼び出されたイーピゲネイアは自らの運命を悲しみつつ、王女としての誇りを保って生贄の台へと昇る。この時アキレウスと、彼女クリタイムネストラは王女の助命を周囲に呼びかけたが、イーピゲネイアは二人を宥めると、婚礼の衣装をまとったままその命を散らせた。
これに憤ったアキレウスはアガメムノンに遺恨を抱き、クリタイムネストラに至っては戦争終結後にミュケナイに帰還した夫アガメムノンを殺している。

異説では、イーピゲネイアの覚悟に感じ入ったアルテミスが直前で許し、雌鹿死体と入れ替える形で彼女をさらう。
そして自身の殿に女祭として置いて保護し、戦争終結後にレステースと再会させたという。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%9F%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルテミス

1 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 20:20:43 ID: dVTVls16cK
記事作成乙
ちなみに一個以外は全部名前元ネタ一個だよねと。
2 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 20:29:40 ID: xv7BpJQC4U
アルテミス - FFで度々登場する
3 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 23:22:39 ID: op4udq8epw
リンポス12の1柱であり、双子太陽であるアポロン