アルバトリオン単語

アルバトリオン
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

アルバトリオン

アルバトリオンとは、モンスターハンターに登場するモンスターである。初出は「モンスターハンター3」。
triではの最終緊急クエストの討伐対として出現する、オンラインモードラスボス的な存在。
以降の作品では裏ボスとして登場している。

概要

種族は古龍種漢字表記は「煌黒龍」。
紫色に煌く不気味逆鱗に全身を覆われた、天馬のようなシルエットドラゴン
頭部には数のが生え、トサカ状になっている。まるでスネ夫だ!
パッと見のサイズは大体ミラボレアスアマツマガツチと同程度。

鱗には全属性エレメントが含まれておりを除いたあらゆる属性を操ることができる。ただしアルバトリオン自身、自らの属性エネルギーを制御できていないのか、行使する属性は不安定に切り替わる。

有する属性エネルギーを塗り替えるほど強大鋼龍嵐龍のようなを操るをもたずに、属性エネルギーだけでを変えてしまうモンスターアルバをおいて他にいない。ただし変化がちゃんとゲームに反映されることはあまりない。反映されているのは今のところP3と3Gのみである。そして反映されていると言っても精々フラッシュが発生するぐらいである。設定に存在する吹雪炎のといった凄まじいの変化の数々をぜひとも次回作で見せてほしいものだが…。

ミラボレアスグラン・ミラオスらと同じ「黒龍」の名をもつドラゴンの一体であり、彼らと同様に公式ガイブック等では名前が伏せられている。このような扱いを受けていることを見るに、実はミラボレアスらと何らかの関係があるのかもしれない。

何気に赤衣の男から一「最強の古」と呼ばれているモンスターである。ただしダブルクロスでの扱いを見るに、これを文字通り解釈していいかどうかは意見が分かれる。

シリーズごとの変遷

古龍種
アルバトリオン
素材
素材 煌黒龍
登場作品

モンスターハンター3
モンスターハンターポータブル3rd
モンスターハンター3G
モンスターハンタークロス
モンスターハンターダブルクロス

モンスターハンターのモンスターテンプレート

モンスターハンター3

炎、氷、とほぼすべての属性の攻撃を仕掛けてくる。
そのため、対属性防御を一つに絞った防具では、与えられるダメージは軽減しにくい。
弱点属性は地上モードは氷。モード

クシャルダオラを一回り大きくした図体の割に、やたら俊敏で攻撃範囲もとにかく広い。
格だけでなく、突進や引っ掻き、滞レスなど多くのモーションは過去作のクシャルダオラテオ・テスカトルの物が流用されている。
バックジャンプレスやスタン時のもがき方などオオナズチの要素も入っている。

地上・中で攻撃属性と弱点属性が異なる。
地上戦の攻撃は属性と火属性、弱点は氷属性
中戦の攻撃は氷属性属性、弱点は属性

地上で一番多用してくるのは属性った突進攻撃。
テオ・テスカトルが多用するカーブ突進と普通の突進を使い分けてくるため、近距離で出されると安定して避けるのは中々難しい。

電気ってからしばらく経つと、中を飛び回るようになる。
この状態だととにかく士の攻撃が当たりにくい為、時間が掛かってしまう。
飛ぶまでにに一定量ダメージを与えると解除され、全に破壊すると飛ばなくなるのでの破壊は最優先事項。
もしくは特定の攻撃や閃光玉などで地上に2回以上降ろすと地上モードになる動作を行う。なので、ハンターたちは閃光を投げまくる(ただし、判定がシビア)。

ちなみに古龍種としてはしく、尻尾は蓄積ダメージを与えるだけで切断可である。
(前作以前の古龍種尻尾の切断に体力一定値以下を必要とするなど、特殊な条件が多い。)
他に体状態異常耐性もさほど高くなく、麻痺武器がパーティーに2人以上いたり、
ガンナーが眠らせて爆破で即効で1段階破壊というのよくある事である。
これをカプコンの有情ととるかヌルゲーとみるかは人しだい。

モンスターハンターポータブル3rd

MHP3では裏ボスポジションとして登場。を破壊してもモードに移行するまでの時間が延びるだけになったが、モードでも地上に降りて行う攻撃動作が増えるなど、MH3よりは攻撃しやすくなっている。ただし、麻痺しにくくなり、頭付近のハンターを打ち上げる突き上げ動作などそこら辺の対策もしっかり取られている。油断禁物。

MH3では「をつらぬく」と「煌黒龍の膜」が部位破壊でしかでないことで有名だった(特には14%確率でしかでない)。そのくせ武器や防具の生産に大量に消費するので、アルバトリオンを狩りまくったハンターも多いのではないか?MHP3ではドロップ確率40%と大きくアップし、以前より集めは大分楽になった。膜については確率はあまりかわらない。
いつもより攻撃と体が高いアルバトリオンが出てくるイベントクエストへの挑戦」はこれらの素材が基本報酬で出る救済クエストであり、配信されているときに人区に行けば、ほとんどの人がアルバトリオン部屋で受注している。このクエストMHP3では配信された。

モンスターハンター3G

MH3Gでは村クエストラスボスとして登場。MHP3弱体化された反動もあり、理不尽な程大幅に強化されて帰ってきた。
攻撃は被弾すればG級防具を着ていても一の油断が命取りな程のダメージで、体も上位武器では時間切れも十分ありうる程。
さらに怒り時に閃光玉がになり、MH3MHP3狩りなれた多くのハンターを疑わせた。
しかもアルバトリオンは少し攻撃しただけですぐに怒り、飛行モード時には実質怒り状態で戦うことになるため事実閃光効に等しい。その代わりに拘束用バリスタで打ち落とせるようになっている。弾は必要ない。
ただしバリスタはフィールドのやたら隅の方に設置されており、背後からの猛攻を躱しながらそこまで辿り着かなければならない。
なおかつバリスタに座る→狙いを付ける→撃つという一連の動作に無敵時間は全くないため仲間のいない村クエストではバリスタを当てるだけでも容易ではない。
その上で一部のモーション中は当てても全く効果がないという始末。具体的には滞突進中など。
その場合でも他の拘束リスタ同様、再度撃つには数分間待たなければならない。これはひどい

また、質もP3べ全体的に硬くなっている。
特に弾質に至っては最も柔らかい頭でも僅か25という全なるガンナー殺し。爆破属性しでは普通に討伐する事すら容易ではないだろう。
足を攻撃して怯ませてもダウンしなくなっている等、いくらP3で弱いと言われたからとはいえ余りに理不尽過ぎる強化ではいだろうか・・・

クエストゆえ、狩友のが借りられないというのも致命的。麻痺や睡眠サポーターがいないのは地味につらい。
ちなみにG級にも出るらしいが、現在のところアルバトリオンのG級クエストは確認されていない。MHP2ミラルーツのときのように配信だろうか?

5月2日、遂に待望のイベントクエストにてG級のアルバトリオン討伐クエストが配信された。

追加モーションは特になく、単純に村クエストのアルバトリオンを強化した個体となっている。

モンスターハンタークロス

当作ではラスボス討伐後にHRを上げることで出現する裏ボス達の大トリを務めている。出現時期はHR80。基本的な戦闘は3G準拠だが質や体が良心的となっており、前回よりは討伐しやすくなった。

何故か登場フィールド使い回しが酷いことで有名な溶岩に変更されており、それに関してはネット上で物議を醸したことも。また溶岩にはバリスタがないため、3Gのように拘束することはできない。

グラフィックが変更されており、体色が武器と同じく紫色になっている。褐色イメージが強かった今までの作品とべるとよっぽど黒龍らしい。また、技のエフェクトも大幅に変化を遂げており、火炎ブレスは着弾地点の地面をカチ割りド手な火柱を上げるものとなっていたり、氷レスが極太化していたり、が細くなっていたりと、新技こそないものの、戦えばある程度の新鮮味が感じられる。

ちなみに溶岩晴れをそのまま流用したため変化の演出は使えなくなった。その代わりアルバ自身の演出に手が加えられ、氷モードでは、全身からの粒子を放出してから上昇し、大放電とともに形態変化を行うようになった。火龍モードでは、形態変化時に軽く上昇し、一だけ全身に属性オーラい、その中からる眼が浮かぶ。また怒り状態になると、氷モードでは全身から冷気を放出し、火龍モードでは熱気を放出するようになる。

当作では設定面に関するフォローはなく、HR80になろうがアルバを討伐しようが、NPC達は一人アルバに関して言及することはない。そのため、域に篭っているアルバが何故溶岩に出現したのかものままである。え?安直に火山地帯繋がりで登場させただけだろって?

モンスターハンターダブルクロス

当作では久しぶりにG級に登壇したほか、3Gと同じく村クエにも登場する。

クエでは、ラスボスであるバルファルク狩猟後に、10のキークエを全てこなし、そうすると緊急クエストとしてアカムトルムウカムルバス、そしてアマツマガツチオストガロアが登場するため、それらを全て討伐することでようやくクエストが解放される。前座のっぷり半端ねえクエスト名は「を放つ」。アルバクエとしては新登場となるクエストである。3Gの村アルバと違いG級レベルの攻撃はもっておらず、上位装備で充分討伐できるレベルに落ち着いている。

また、前作と違いクエスト解禁時にNPC達がアルバについて言及するようになっている。その中の一人である「調隊の隊長」によると、アルバ世界観的に「」若しくは「える存在」と認識されているらしい。

G級アルバは、集会場のラスボスを討伐した後にHR80まで上げるとクエストが解放される。クエスト名は「への抵抗」。こちらも新登場となるアルバクエである。このクエストの依頼文はアルバの本来の設定に見合った壮大なスケールとなっており、アルバファンならば一見の価値がある。

なおクエスト解禁順はミラの方が後であり、報酬に関してもミラの方が高額となっている

余談

初登場のtriでは他の古世界観に染んでいた中、アルバだけ全身が逆鱗属性が不安定に変化するなどと自然界の産物とは思えない不自然な性質を身に着けていたため、アルバ異常性が浮き彫りになっていた。そのことから生体兵器説も上がっている。

15周年展では、深海火山の火口といった他の生物のいない場所を棲としているという裏設定が明かされた。どこまでもである。また、その影で全身が逆鱗になっていると解説されている。

イラストレーションズ2にはアルバトリオンのボツ案と思われる絵が掲載されているが、それが非常に格好いいと評判である。具体的には現在デザインより細くっており、生えている方向も前方でなく斜め上を向いているため、まさに「を貫く」に相応しい見たをしている。に関しては、闇がぶわっと広がったような形状をしていてこれまた非常に格好いい。総括するとスネ夫にもリーゼントにも全く見えず、格好良さと異質さを両方兼ね備えた素晴らしいデザインと言える流石に闇が広がったようなはtri当時の技術では再現できなさそうだが、それならばせめて首から上だけでも没案の方を採用していれば、スネ夫」などという蔑称で呼ばれることもなかっただろう。また、没案アルバの体色はなぜか白色である。

古龍種全般のコンセプトが「災に相当する存在」であることは有名な話だが、あらゆる災を操るアルバトリオンは、そのコンセプトを極限まで体現したモンスターであると言える。そういった意味では、古龍種の中でも最も古らしい、いわば古王道を征くモンスターであると言えるかもしれない。

開発秘話

15周年展にて他の黒龍共々コンセプトられている。く、MH3でも「黒龍」に位置付けられるモンスターを作ろうというところが発想の始まりである模様。既存の黒龍であるミラボレアスサイズが少々大きく当時の技術では大味なアクションしかできなかったため、より濃密なテンポ戦闘ができる「本当の意味で強さを感じられるモンスター」をしたという。そのためドス古格が採用され、サイズに関しても一般モンスターと大差ない程度に収めることにしたらしい。また、「だった」「いやかった」と撃者によって報告内容が異なるモンスターが格好いいという感覚があり、それを当時の技術でも可だった「属性変化によって体色が変化する」という形で再現することになったという。

名前の由来は、イタリア語で「明け」を表すアルバ(alba)、同じくイタリア語で「凱旋」を意味するトリオンフォ(trionfo)。元祖黒龍であるミラボレアスが「運命の戦争」という意味合いを持っていたため、アルバトリオンにも何かそのような意味合いのあるネーミングにしたかったらしい。その中で「強大な存在を討伐し、乗り越えて帰ってきたハンターの心情」を表現したネーミングにするという方針になり「明け」・「凱旋」というキーワードが出てきたという。

関連動画

 

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルバトリオン

960 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 16:51:24 ID: rBCPHna3nb
受付嬢ってるように見えて全員受付嬢に当たり強いのは笑う
961 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 19:22:28 ID: rbTwBAAz83
今作では属性も使って欲しいってよく聞くけど、氷属性がそもそも低温の分である以上、あえて常温のを攻撃に使用する理由って皆無に近いよね(実際、氷属性を併用するモンスターはいない)
だからアルバ属性を使わないとしても、全属性を扱うことを示唆する文脈との齬にはならないと思ってる。
は攻撃に使用しないだけ、もしくは「全属性」って表現はが含まれなくとも成立するんだと思う。
962 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 21:04:47 ID: QFe2DI9Quo
>>948
ありがとうございます。そんな内容だったのか・・・禁忌の書買ってみようかな
963 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 23:04:01 ID: rBCPHna3nb
一応アルバの防具説明を見るにエレメントを持ってるのも確定
を攻撃に使うメリットならアルバクラスと火なら突を起こせるだろうし火程高温じゃなく氷ほど質量は持ち合わせていが逆に言えば質量のある流動的でコントロールな中遠距離攻撃となる
電気を通しやすく氷にもなるし実はモードの時はを起点に攻撃も作ってる可性もあるが
964 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 12:30:28 ID: /hvWP4nFPk
アルバトリオン復活でどうしてこのデザインにしなかったの?状態だった没デザインの姿にかなり近くなってて良かった。
965 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 18:31:51 ID: rbTwBAAz83
>>963 ウカムやイヴェル等がそうだけど、低温のレスが氷属性として扱われる以上、単体で出来る攻撃は全部氷属性でも出来ると自分は思う。
それ以上の応用となるとさっき上げてくれた例のように外圧が不可欠になるだろう。
ただ実際の所今作では複数の属性融合した攻撃の一環として属性を使う可性も否定はできないけど、逆に使わなかった場合の理由としてはそれで充分説明できると思う。
あなたの言う「を起点に攻撃を作っている可性」も、を直接使わない理由の一つとして同意できる。
966 ななしのよっしん
2020/04/06(月) 13:01:41 ID: I/50HqH6SS
個人的な妄想だが、アルバトリオンの生態系的な位置づけとしては『創造者』になるのかな、と思っている。
地脈が通っていない、あるいは枯れ果てた不毛な土地で属性エネルギー放出して地脈を開通、生態系を生み出しているのではないか?
その属性エネルギーを効率よく放出させるために総逆鱗の体になっているのではないか?
967 ななしのよっしん
2020/04/07(火) 22:01:00 ID: QFe2DI9Quo
>>966
属性エネルギーが膨大すぎてエネルギーをためすぎると自分の体がパンパン風船みたいなっちゃって体が耐え切れず、壊れてしまうから放出しやすい体になっててその結果地脈を開通するみたいな?
968 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 08:43:59 ID: TU5rDo+MlX
禁忌系は人間に対する自浄作用感ある
969 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 10:24:59 ID: rBCPHna3nb
人間に対してはミラじゃないかな人の文明を壊してきたのはミラシリーズだし
アルバモンスターに対しての究極の自浄作用な気がするそれならムフェト復活後アルバが飛んできた理由にもなるし

おすすめトレンド