アルピナ単語

アルピナ

アルピナ(Alpina)とは、

  1. アルプスの~」を意味するドイツ語、らしい英語のAlpineと同じ意味、だと思う。
  2. BMWベースにした独自の高性の製造・販売、及びワインの販売を行っているドイツ自動車メーカー
    又はその自動車ブランド
  3. 株式会社楽楽エージェントが提供しているウォータサーバブランド

である。

以下、2の企業及び自動車について。

概要

BMWベースに、独自のチューニングを施した自動車を製造・販売している自動車メーカーである。

一般的にチューナーと思われがちだが、チューナー完成に手を入れるのに対し、アルピナはホワイトボディ(組み立て前の体)やエンジンBMWから供給を受け職人チューニングを施し、自社の工場で組み立てを行う。には自動車メーカーとして登録されている。BMWとはアルピナ創業期から密接な協関係にあり、それは今日まで続いている。職人が手作業で加工を行う工程が多く、年間生産台数は1000台ほどと多くはい。

高性ではあるがガチガチに足回りを固めたようなではなく、日常安楽に使え且つサーキットで発揮できる性を有し、さらに手過ぎない控えめなを作ることを信条としている。

日本では、在日ドイツ人の実業であるCH.ニコ.ローレケが創設したニコルグループが総代理店となり、ニコル直営店や全BMW販売店を通じて販売されている。生産台数に対する日本での販売割合は、およそ15~20%程度である。

歴史

1961年タイプライター職人に持つブルカルト・ボーフェンジーペンが、BMW1500を改造したところからその歴史が始まる。ブルカルトはを気に入っていたが、パワーが足りないのが不満だった。「これ、キャブレター変えたらパワー上がるんじゃね?」と思い、ウェーバーのツインチョークを2基装着。すると思ったような性を手に入れることが出来た。このことからブルカルトはチューニングの面さに気付く。

その頃、本家BMWでは。

「お゛め゛ーの゛゛、パ゛ワ゛ー゛ね゛ぇ゛か゛ら゛!゛」

と顧客に文句を付けられ、1.8L、2.0Lと排気量を増やしてパワー対応に追われていた。チューナップが面くなったブルカルトは泣いたお前を口説く暇もなく、これら排気量を増やしたBMWにも同様のチューニングを施し、もっと凄いを仕上げていって楽しんでいた。

全に覚醒したブルカルトが次に行ったのは既存パーツによる改造ではなく、自分独自のパーツを製造すること。父親の下で働くタイプライター職人仲間に引き入れると作業をはじめ、ついにツインキャブレターを開発することに成功。このキャブレターにはタイプライターの名前を貰い「Alpina」と名づけた。BMWを高性化するこのパーツは世間で大いに評判となる。自信を持ったブルカルトは、アルピナの名を冠する会社を立ち上げて本格的に事業に乗り出す。

さらに一大転機が訪れる。その腕前を高く評価したBMW「あなたのところの部品をつけたに保つけるし、色々と協するからさ、うちのをどんどんチューナップしてくれない?」をかけ、業務提携を結ぶこととなったのだ。パワーが足りないなら、アルピナを買えばいいじゃない」の幕開けである。

「自分達のの性を示すなら、やはりサーキットが一番だ」レースにも進出。1968年からアルピナチューンBMWが走り始めると、欧州ツーリングカー選手権優勝やスパ・フランルシャン24時間レース優勝など、著名なレースで好成績を収める。

1978年にはチューナーからメーカーへ転進、BMWベースにした自動車の製造を開始する。手始めに、4気筒エンジンしかなかった3シリーズに6気筒エンジンを積んだB6と、5シリーズと6シリーズベースにしたB7ターボを発表。エンジンは半球形燃焼室、鍛造ピストンデジタルイグニッションなど大幅な良を行い、B6で200、B7で300という、当時としてはかなりな高性にすることを達成。それでいて普段は快適に使える乗り心地と高い安定性を両立するなど手間隙かけた甲斐もあり、顧客の要を高次元で達成する製品を世に送り出す。

は順調だったが、レースの方には寒が吹き付けていた。成績自体は高性と低燃費の両立で絶好調だったものの、スポンサーオイルショックの影で下りていき他のチームが次々と撤退。1977年を最後にアルピナもそのワークス活動を終える。但しレーシングカー開発には以後も携わっていく。1981年には低燃費レースにも参加し、2.672L/100km(約37km/L)で優勝。単なるパワー厨ではなく、注をあびる優れた技術を持つことを世に示した。少し遡った1979年には、ブルカルトが好きなのかワインの販売も開始。
1983年自動車メーカーとして西ドイツ自動車登録局に登録。自動車メーカー仲間入りを果たす。1987年にはBMW Alpina M3グループADTMで好成績を収めるなど絶好調だったが、1988年に再び転機が訪れる。

の注文が多くなって、ぶっちゃけレーシングカー開発に割くリソースはない。なんにもない」 

この背にはかえられない事情により、アルピナはレースから全に手を引いてしまう。以後はBMWベースの高性を作るメーカーとして研鑽していく。1990年には新社屋が完成し、従業員120人体制に。

2008年にはレース復帰を表明。B6GT3が二度の優勝を飾るなど、そこそこ良い成績を収めた。

 

この会社、割と順調であんまり面いこと書けないな…
シトロエンジャガーネタがいっぱいあったのに…orz

アルピナの車作り

「アルピナ」 

アルピナの自動車ドイツの小さな田舎町・ブーフローで、職人さんの手作りで製造されている。 

職人さんの1日は、タイムカードに出社時間を記録するところから始まる。 
彼の自宅に工作機械類は一切ない。 
会社にある工作機械のみで材料を加工、製造し、職人が一台一台責任を持って組立ててゆく。 
だから、どんなにがんばっても1年に1000台しか作れない。 

「流れ作業で次々作っていたのでは、魂がこもらない。1から手作業で作る事で魂のこもったアルピナが出来るのです」 

職人さんは笑いながらる。 

職人さんによれば、アルピナのひとつ一つに「顔」があるのだそうだ。 
とくに職人さんがこだわっているのが、木製のインテリアネルだ。 
「手触りのよさ」と「木の美しさ」を兼ね備えた木はそう多くはい。
の良さを気にするから、歩留まりは決していいとはいえない。

 

「私の作ったアルピナを、世界各地のオーナーがカッ飛ばしているとは光栄です」 
仕上げとして製造番号のプレートを内に装着し、50kmの試運転を終えた職人さんはる。 
プレートの装着は人形で言うと入れに当り、魂が込められる間だ。 

しかし、職人さんには後継者がいる。 
自分の子供はみんなサラリーマンになってしまったが、アルピナに憧れる職人志望の若者が入社してくるそうだ。

好きのドイツ人がいる限り、アルピナは死なない」

威厳のあるでなでながら、落ち着き払った様子でった。

日本におけるアルピナ 

BGMにどうぞ

1977年、一人の男が日本ビジネスを始めようとしていた。CH.ニコ.ローレケ。ドイツ人の彼はレーサー人生に終止符を打ち、新たなを歩む決心をした。そんな彼を魅了するがあった。アルピナ。BMWチューナーから身を起こし、レースで好成績を収め、ついに自動車メーカーに転じようとしている会社のだった。ベースとなるのはBMWだが、アルピナの自社工場で独自に組み立てられたそのは、BMWよりかに高性になっていた。1979年青山通りで友人とアルピナを走らせたローレケ。胸をすくような加速に魅了された。「これを日本で売ろう」。ローレケの挑戦が始まった。

BGMその2

日本ビジネスを始めて30年が経ったローレケさん。今でも日本でアルピナを売っている。年間に1000台程度しか製造しないアルピナの、およそ20%程度は彼の会社を通じて日本で販売されている。「自分がアルピナを初めて走らせた、あの時の感動を伝えたい」とローレケさん。彼が輸入したアルピナが、今日日本を駆け抜けていく。

現行モデル

ベースとなるBMWの違いを言えば、アルピナチューン論そうだが、ランフラットタイヤを装着していないのが全モデル共通の相違点。理由はランフラットタイヤでは、アルピナが考える足回りを達成できないことから。以前とべればBMWはランフラットを上手く履きこなしてはいるが、アルピナの準には達しないとの事。やはり頑固職人である。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルピナ

1 ななしのよっしん
2013/06/21(金) 01:51:34 ID: jtd8TMDURA
ドイツ語なら"alpin"(アルピーン)なので、イタリア語またはラテン語では?
イタリア語にせよラテン語にせよ、後ろに女性名詞が来れば、形容詞は"alpina"になるかと。
2 ななしのよっしん
2013/10/04(金) 10:47:21 ID: q+efUVAGHh
ポエムで言うとこのチューニングという名の麻薬に浸かったわけだ。

急上昇ワード