アルフレット・フォン・ランズベルク単語

アルフレットフォンランズベルク
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

アルフレット・フォン・ランズベルクAlfred von Landsberg)もしくはランズベルク伯アルフレットとは、『銀河英雄伝説』の登場人物である。CV.塩屋翼石黒監督OVA)、菅原芳(Die Neue These)。

概要

ゴールデンバウム朝銀河帝国伯爵銀河帝国正統政府において軍務次官。帝国489年時、26歳。
「美男子と称するほどではないにせよ、品性と門を感じさせる」貌の青年

門閥貴族の一員とはいえ、居丈高に振る舞って他人から悪意を受けるような人物ではなく、ごく庸ではあるものの善良な教養人。リップシュタット貴族連合にも参加してはいるものの、ことさらに対立者ラインハルト・フォン・ローエングラムを憎悪していたわけでもなく、そのラインハルトにすら「有益でないにせよ」と評された。

しかしその彼が、ゴールデンバウム王衰亡の危機にあって、最後の忠臣として名を残すことになるのである。

経歴

リップシュタット戦役

すばらしい!
シュターデン提督作戦案の壮大にして麗なること、このランズベルク伯アルフレット、感嘆の極み。

貴族社会の中で、ごく普通文学青年貴族として過ごしていたアルフレットがリップシュタット貴族連合に参加したのは、前述のように、けしてラインハルト・フォン・ローエングラムを敵視していたからではなかった。むしろラインハルトを敵視しないような純故に、門閥貴族こそが室の屏であるという保守的な思想を信じこんで疑いを持たなかった、という程度の理由であった。

特に軍事的才も権も有していないアルフレット貴族連合内で大きな立場を占めることはかったが、一度だけ、状況を動かす発言をしている。開戦前の軍議において、シュターデン総司令官ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツの案に加えて「別働隊によって都を直撃し、皇帝を確保する」という作戦案を示した際、項冒頭に引用したように[1]賞賛し、ごく邪気に付け加えたのである。「で、が別働隊の揮をするのです?大変な名誉と責任ですが」と。これによって、別働隊を揮し皇帝を手に入れたものが次の最高権者になりうるという政治的問題が露呈され、結局この別働作戦は行われなかった。

幼帝救出

リップシュタット戦役貴族連合の敗北に終わると、アルフレットフェザーンへと逃れた。彼はそこで恩賜の宝物を売って当座の生活費を作ると、『リップシュタット戦役史』の著作を思い立ち、冒頭部を出版社に持ち込んだ。しかしその提案はに断られ、ショックを受けたアルフレットは記録者たるより行動者たるべしと奮起する。そこに現れたのが、フェザーン自治領補佐官ルパート・ケッセルリンクだった。

パートの提案を受けたアルフレットは、前フェザーン駐在帝国高等弁務官伯爵ヨッフェン・フォン・レムシャイドを盟とする帝国の再計画に参加。レオポルド・シューマッハとともに、ラインハルト・フォン・ローエングラムの傀儡とされている幼エルウィン・ヨーゼフ2世”救出”のため、フェザーンの手引きでオーディンへと戻った。

そして彼は、先祖から受け継がれた新憂宮からの秘密の地下通路の知識を活かして皇宮へと侵入。みごと、エルウィン・ヨーゼフ2世の救出を果たしたのである。アルフレットエルウィン・ヨーゼフはフェザーンを経由して帝国へ亡命。レムシャイド伯を首相とする銀河帝国正統政府が成立すると、アルフレットも軍務次官の地位を与えられた。とはいえ、明確にその職務を果たしていた様子はない(もっとも、すべき職務が存在するような組織ではなかった)。

正統政府の崩壊

神々の黄昏作戦バーミリオン星域会戦の結果、自由惑星同盟銀河帝国事実上降伏し、侵攻開始以来ほとんど崩壊しつつあった銀河帝国正統政府全に解体された。閣僚たちが逮捕され、レムシャイド伯も自宅を包囲され自殺した中で、ただアルフレットだけは皇帝に忠を尽くす路を選び、幼を連れて何処かへと逃げ延びた。

その行方が知れるのは、新帝国2年11月のこととなる。
ロイエンタール元帥叛乱事件のさなか、新領土総督府の官ハイネセン辺クラムフォルスの町で挙動不審な若い男を発見、逮捕したところ、ランズベルク伯アルフレットであることが明らかになったのである。彼の所持品の中には、毛布で包まれミイラ化した子供の遺体があった。そして尋ねられたアルフレットいわく、それはゴールデンバウム王皇帝陛下である」と。その記述は、彼の手記によっても確かめられた。

叛乱終結後、彼は精神病院に送り込まれた。しかしそれから半年程度のうちに、さらなる衝撃の事実がもたらされる。アルフレットとともに幼を誘拐したレオポルド・シューマッハ逮捕され、その言によりエルウィン・ヨーゼフが新帝国2年3月アルフレットのもとから逃げ出していたことが明らかになったのである。忠を尽くした相手の逃亡により精バランスを崩壊させたアルフレットは、死体収容所から盗みだした死体を皇帝として奉っていたのだ。そしてその”死”にいたるまで、璧かつ明な「手記」を作り上げ、信じ込んでいたのだった。

人物

ロマンチシズム

ヒルガルド・フォン・マリーンドルフによれば、アルフレットは「かなりのロマンチスト」であったという。

ヒルダ考察する限りにおいては、彼が亡命先のフェザーンを落ち着けることなくゴールデンバウの再を志して敵地となったオーディンという危地に帰還したのも、この「行動ロマンチスト」としての理想によるものであった。すなわち、強者に対するテロリズムを敢行することにより、忠心と使命感を満足させんとしたものだというのである。

そのロマンシズムゆえに、アルフレットがか弱い女性――グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼのような――をそのテロリズムの対とすることは考えにくく、むしろより実行が困難な相手を選ぶのではないか、というのがヒルダの考えであった。そして、この二点を満たし、加えて彼が王の忠臣としてむしろ当然の行為とすら考えるであろう相手はただひとり、皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世のみ。

かくして、ヒルダはみごとにアルフレットの心中を洞察してのけたのであった。

文才

本来アルフレットは、作や小説に精を傾ける文学青年であった。ラインハルトに「へぼ画へぼ詩人」と罵倒されたように、その文学的才は大したことはなかったものの、貴族たちのサロンでは好意的な評価を受けていた。

しかしそれはフェザーンの出版社には通じなかった。アルフレット編集者に見せた『リップシュタット戦役史』の冒頭の評価はこうである。

伯爵閣下のお作には、多くの美点が見られますが……

……しかし、あまりにも主観的で、不正確で、記録としてはいささかその価値に疑問が……情熱とロマンシズムのおもむくままに美文調でお書きになるのではなく、もっと筆致をおさえて、冷静に、客観的にですな……

とまあそんなところで、へぼ画と違って文章自体に評価すべき点はちゃんとあったようではあるが、全体としては散々な評価であった。あるいは手記のたぐいであれば門閥貴族側がリップシュタット戦役をどう見ていたかを示す重な史資料になったかもしれないが、まっとうな歴史書とするにはどうやら装飾過多であったようだ。

そしてこの数年後、彼は「ランズベルク伯アルフレットの生涯で、最高の創作品」をものにすることになる。エルウィン・ヨーゼフ2世の死を記録したという手記がそれであった。精を病んだアルフレットが妄念によって生み出したその『手記』は、実際には記録どころかまったくの創作であったにも関わらず、その精緻な描写によって帝国治安関係者を全に騙し抜くほどに仕上がっていたのだった。

親族

宴と狩猟と漁色で一生を終えた曾祖がおり、100歳ごろまで生きたという。

また、彼が幼救出の際に使用した地下通路は、アルフレットの5代前の先祖が当時の皇帝より密命を受けて建造したものである。これは帝国博物学協会の倉庫から新憂宮へと通じ、ジギスムント一世の像の下まで12.7kmの延長を持つものであった。この功績によりその先祖は寵をひとり下賜され、「後世、皇帝の身に危急のことあるときはこの通路を使って救出せよ」という命を受けたという。アルフレットはこのことに、ランズベルク伯爵にまつわる運命的なものを感じていたようである。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *当該の引用OVA20話『流血の宇宙』でのアルフレット台詞

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルフレット・フォン・ランズベルク

30 ななしのよっしん
2017/09/22(金) 10:37:23 ID: ht+jML5sAu
>>24
2010年代では吐息でも
はるか未来でも会社が存続しているのか。しぶといな。
31 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 01:17:35 ID: nHW7OZw76U
ラインハルトみたいに、一度はなくなったけど名門だから名前だけ復させたという可性も
32 ななしのよっしん
2018/02/19(月) 23:05:39 ID: FHR7H9DPgN
実はランズベルクの著作が作中より更に遠い未来に、TOKUMAのアーカイブから発掘され、作中世界における銀河英雄伝説の資料の一部になったとか…
33 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 13:36:08 ID: hMpIerDYqa
TOKUMAはともかく、後世の歴史ゴールデンバウム王史、エルウィン・ヨーゼフ本紀書くにはランズベルクの著作は最重要史料(どこまでが真実でどこからが虚構かという論争は発生するだろうけど)だろう。
リップシュタット戦役史にしても、戦役中、後の創作のために手記はとってただろうし。
34 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 23:07:39 ID: NsYnIjJp+T
それにしても彼といい、グリルパルツァーといい、ヴィンクラーといいアルフレットという名前とローエンラムはとことん相性が悪い
35 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 15:23:03 ID: oMywJcAYHk
この人、自分の願望を満足させる為だけに幼児を誘拐して外まで連れ去って、来客への体面が悪いから大人しくしてほしいと漬けにして、銀河のどこにも居場所を失わせた挙句、最後は生死すら不明というある意味死ぬよりひどい結末を迎えさせ、彼の人生そのものをぶち壊した人なんだよね。
この人のやったことをよくよく考えたら、世界の邪悪度になるんじゃないか?
プッチ神父じゃないけど「自分が悪だと気付いていない、もっともドスい邪悪」というか。
36 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 08:17:54 ID: +tHqU7hfA9
漬けはレムシャイドの仕業じゃないか?
ランズベルクにはそんな権限いだろうし、あっても本人の気質的にやらんだろう
37 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 23:48:42 ID: Dq3FuydUgs
平和な時代だったら感じの良いお坊ちゃんで済んだのに……
38 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 22:50:32 ID: oMywJcAYHk
DNTの帝国って軍籍がないものや退役したものが軍服を着用するのは石黒版や原版より厳格に禁じられてそう(引退したミュッケンベルガーも私だったし、乱編2章では私姿で艦にいる貴族がいたし)だけど、そこから逆算すると、ランズベルク伯も軍籍あるという事になるのでビックリしてる。しかもあの軍服だと将官だよね。
まあ、現役だとしても前線勤務でなく軍務の広報部とかだろうけど。
39 ななしのよっしん
2019/11/01(金) 20:58:50 ID: 92xn+Q5FfL
ラインハルトはランズベルク伯をへぼ詩人呼ばわりしたけど、ラインハルト才はなさそうなので・・・本当にへぼかどうか、メックリンガーに判定してもらいたいところ。

急上昇ワード

2019/12/06(金)17時更新