編集  

アルブミン単語

アルブミン
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

アルブミンAlbumin)とは、アミノ酸のみから成る単純タンパク質の一種である。

概要

タンパク質の中でもアミノ酸600個程(分子量は66,000前後)からなる較的小さなものをす。ヒトの血清中に最も多く含まれるタンパク質で、血清タンパク質の6割を占める。その他に身近なところだと身にも多く含まれる。

肝臓で生産され、血の浸透圧を調整したり物質をくっつけて運んだりする役割を持っている。肝臓が悪くなってタンパク合成が下がったり、腎臓が悪くなってタンパク質を濾し取れなくなったりすると、低蛋血症になり血が薄くなる。すると血管外(間質)の浸透圧が相対的に濃くなり、それを薄める方向に分が移動するので、身体がむくんだり(浮腫)、パンパンになったり()する。ダイエットによる偏食や炎症によるタンパク質分解に続いて起こることもある。

低蛋血症は基本的に何かの病気によって引き起こされるので、それを治療することで対処する。症状が重い場合は血液製剤のヒト血清アルブミンを点滴することもある。偏食による場合はタンパク質を摂取することで善することもあるが、腎臓が悪い場合、高タンパク食は腎機に悪影を与える恐れがあるので注意。

また、アルブミンには物質が結合する部位(サイト)があり、現在3つのサイトが知られている。血中の物は、一定の割合でアルブミンなどのタンパク質と結合する。そして、アルブミンと結合した物は、毛細血管を透過できず、臓器や組織に移行できない。つまり、アルブミン物と結合することで、血中濃度や臓器への分布などの物動態に影を与える。

物は何にもくっついていない形(遊離)のものが作用を示すので、同じサイトに結合するを併用すると椅子取りゲーム状態になり、あぶれるが増えて効が増強されてしまうことがある。とくにタンパク結合率が高いものは、少し結合率が変わっただけで遊離ドンと増える(結合率9590になると遊離は5→102倍になる)ため危険。

血糖とくっついた糖化アルブミンGA)は過去1~2週間の血糖値を反映するため、血糖コントロール状態を把握する検値として用いられている。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%9F%E3%83%B3
ページ番号: 5472972 リビジョン番号: 2497231
読み:アルブミン
初版作成日: 17/02/24 01:50 ◆ 最終更新日: 17/06/06 23:34
編集内容についての説明/コメント: 記事作成につき表記変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルブミンについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アルブミンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス