アレイシ・エスパルガロ単語

アレイシエスパルガロ

アレイシ・エスパルガロexitとは、スペイングラノリェースexit出身のオートバイレーサーである。

1989年7月30日生まれ。

2005年からMotoGPへの参戦を始める。
2010年20歳の若さプラマックレーシングexitから最大排気量クラスへのフル参戦を果たした。
2015年スズキワークスへ移籍した。
2017年からはアプリリアワークスから参戦している。

ゼッケン、ヘルメット

ゼッケン41番を使用している。

アレイシが若い頃に宇井陽一exit125ccクラスで絶頂期を迎えており、井の走りに感銘を受けた。
アレイシはGPデビュー時から井の付けていた41番を使用している。
井と一緒に写る画像もちらほら上がっている。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit

ヘルメット2015年までフランスSHARKexit2016年からはインドネシアKYTexitを使っている。

KYTインドネシアのジャカルタに本社を持つTCK社によって生産されている。
イタリアSUOMYexitなどと協関係にあり、デザインイタリア、生産はインドネシアで行っている。

レーシングスーツフランスIXONexit契約している。

黄色ピンクが好みの色で、気分によって使い分けている。2017年は黄色のゼッケンexit2018年はピンク色のゼッケンexitだった。

双子子供が生まれた後は、ピンクと黄色で染め分けたゼッケンを使うようになったexitピンク黄色息子という意味。
 

経歴

125ccクラスに参戦開始するもすぐに250ccクラスへ移る

1989年7月30日スペインカタルーニャ州バルセロナ近郊のグラノリェースexitで生まれた。ここはカタルーニャサーキットのすぐ近くで、実家近くの学校にいるとサーキットからエンジン音がいつも聞こえてきたという。

2004年スペイン選手権(現在の名称はCEV)で史上最年少チャンピオンになった。その記録は2013年ファビオ・クアッタハッホ更新するまで続いた。

2005年15歳8ヶMotoGPへの参戦を始めた。この年は125ccクラスランキング16位だった。ちなみにこのときのチームセードルフ・レーシングチームといい、オランダサッカー選手クラレンス・セードルフexitが所有していたチームである。MotoGP公式にもこのチームの記事があるexit

若い頃から身長が高かった(現在身長180cm)。ゆえに125ccクラスバイクでは小さすぎる。自分には大きなバイクが合うと信じ、大きなバイクカテゴリーに積極的に応募していった。

2006年BQRというプライベートチームから前半に125ccクラス、後半250ccクラスに参戦した。

2007年Blusensというプライベートチームから250ccに参戦。15位以上のポイント獲得が11回。
2008年Lotusというプライベートチームから250ccクラスに参戦。シングルフィニッシュが9回。
 

リーマンショックの影響でテストライダーになる。代役参戦に全てを賭ける

2009年シーズンCampetellaというプライベートチームから250ccクラスに参戦するはずだったが、リーマンショックの不気の影シーズン直前に契約破棄されてしまう。

この年はスペイン選手権でMoto2マシンテスト走行を繰り返しながら代役参戦を繰り返した。

第7戦オランダGPと第9戦ドイツGPは、ガボール・タルマクシexitが抜けた後の250ccチームで代役参戦、4位と7位に入るという好成績を残した。

ちなみにガボール・タルマクシexitは最大排気量クラスチーム・スコットexitシーズン途中から参戦していた。ハンガリースポンサーを引き連れ、資繰りに苦しむ同チーム救世主となった。資調達に難がある高橋裕紀exitを押しのけての参戦となり、不気時の厳しさを印づけた。

アレイシは2009年の第12戦インディアナポリスGPと第13戦のサンマリノGPで、ミカ・カリオexitの代役を探していた最大排気量クラスプラマックレーシングexitに応募して、見事に代役参戦を果たした。最大排気量クラスマシンに初めて乗ると転倒するのがごく普通なのだが、転びもせず好走して13位と11位に入りポイントを獲得している。

2009年の第16戦マレーシアGPと第17バレンシアGPになると今度はニッコロ・カネパexitが負傷欠場、ラマックレーシングは代役としてアレイシに参戦を依頼した。またしてもアレイシは好走し、11位と13位でポイントを獲得した。

この代役参戦が評価され、2010年プラマックレーシングexitから最大排気量クラスフル参戦することが決まった。

代役参戦で結果を出して認められて出世するというのはもが思いつくシンデレラストーリーだが、なかなかそう簡単に実現するものではない。慣れないバイクに手こずり、手に転倒することが多い。ところがアレイシは見事な集中で適応し、転倒せずに好走を果たしたのだった。
 

最大排気量クラスとMoto2クラスでまずまずの成績を残す

2010年4月20歳8ヶMotoGP最大排気量クラスへのフル参戦を開始したアレイシは、ほとんどのレースチームメイトミカ・カリオexitを上回り、ポイントを12回獲得した。

普通なら残留が決まるのだが、ランディ・ドプニエexitロリス・カピロッシexitに押し出され、プラマックレーシングexitシートを失ってしまった。

アレイシにはすぐにが掛かり、Moto2名門チームポンス・レーシングexitから参戦が決まった。
2011年にはポンス・レーシングexitエースとしてゼッケン40番を背負い、表台1回を含むシングルフィニッシュ6回を記録する。身長180cmの彼にはMoto2マシンは小さすぎるようで、彼にしては今ひとつの成績になった。

Moto2が一番難しいカテゴリーだ。ちょっとのセッティングミスで20位にまで落ちてしまう」とコメントしたのはこの頃である。
 

アプリリアのARTマシンでCRTの王者になる

自分には大きいバイクが合っていると自覚しているアレイシは最大排気量クラス就職活動し、2012年からはアンヘルニエトチーム(旧称チームアスパー)exitCRTマシンであるARTマシンを走らせることが決まった。

CRTマシンプロトタイプフレームエンジンを載せたマシンのことである。
ARTAprilia Racing Technology略称で、アプリリアCRTのために作った会社である。
CRTART」という、イタリア人の駄洒落であった。

このARTマシンエンジンフレームアプリリアが用意するもので、なかなか完成度が高かった。エンジンパワーは今ひとつだがとにかく乗りやすい、というのがアレイシとランディART評だった。

アレイシとチームメイトランディ・ドプニエexitは何度も好走を繰り返した。

2012年アレイシはシングルフィニッシュ2回を含むポイント獲得16回。
2013年アレイシはシングルフィニッシュ6回を含むポイント獲得16回。
 

ヤマハのマシンでついにポールポジションと表彰台を獲得する

2014年スイス内のイタリア語圏に本拠地があるフォワードレーシングexitに移籍した。

この年から、オープンマシンが出走可になった。マニエッティ・マレリexitの低レベルな電子制御ソフトを使うことを義務づけられたマシンのことである。

アレイシが手にしたのは2013年版のヤマハマシンであった。開幕戦カタールGPでなんと4位を獲得する。これは最大排気量クラスにおけるアレイシの最高位だった。

第7戦オランダGPでは予選最速タイム叩き出しポールポジションを初めて獲得exit

第14戦アラゴンGPは、スタート時は曇天だったがが降ってのマシン乗り換えレースになった。旗が振られてからっ先にピットインしてマシン乗り換えアレイシは見事2位に入り、最大排気量クラスで初めて表台に上がった。

ちなみにこのレース、アラゴンに向かないヤマハマシンで予選もイマイチだったホルヘ・ロレンソめに乗り換えて優勝。アラゴンに向くホンダマシンマルク・マルケスダニ・ペドロサ乗り換えを遅らせてしまい濡れた路面で2台とも転倒リタイヤするという、大波乱のレースだった。

3位には2014年シーズンドゥカティワークスで絶不調だったカル・クラッチローが入っている。最後の直線でアレイシと接触しつつゴールインしたexitマシンが2台並ぶとサイドスリップが効いて2台とも接近してしまうのだが、その好例である。

2014年オープンマシン勢でも首位に立ち、アレイシは実をしっかりアピールした。
 

ついにワークスライダーになる。スズキワークスに移籍

2015年からはダヴィデ・ブリヴィオexit監督率いるスズキワークスに移籍した。

ここまでずっとプライベートチームに所属していたが、念願のワークスライダーの座を掴んだ。ワークスチームメーカーの威信を賭けた存在なので部品も最先端の新品ばかりである。ライダーが望めばいくらでも工場で部品を作ってくれるので、まさに王様である。プライベートチームの時にべてお給料も良い。

アレイシの感想は「エンジンパワーが弱いけど非常に乗りやすい」というものだった。

第7戦カタルーニャGPでは予選最速タイムを叩き出しポールポジションを獲得exit。予選2番手にはスズキワークスチームメイトマーヴェリック・ヴィニャーレスが入った。

2015年スズキワークス復帰初年度だったが、アレイシはシングルフィニッシュ10回、マーヴェリック・ヴィニャーレスルーキーながらシングルフィニッシュ6回、とまずまずの成績だった。

2016年になるとアレイシは少し苦戦してしまう。この年からミシュランタイヤが導入され、その特性を理解し適応するのにやや時間を要した。

2015年までのブリヂストンタイヤフロントタイヤグリップが良いのに対し、2016年からのミシュランタイヤフロントタイヤが今ひとつでリアタイヤグリップが良い。
ブリヂストンタイヤの乗り方でミシュランタイヤに乗るとフロントから滑るスリップダウンになるが、アレイシはまさにそのパターンになってしまう。アレイシはしっかりハードブレーキングするタイプで、フロントに頼るライディンスタイルだった。

2016年開幕戦カタールGPのころには自信喪失に陥っていて、日曜決勝の直前にはピットの中で涙を流すほどだったという。それまでレース泣いたことなど一度もなかったのだが、ミシュランフロントタイヤのせいで動揺してしまったのだ。(※この記事exitが資料)

アレイシが苦しむ間にマーヴェリック・ヴィニャーレスは一気に成長し、第4戦フランスGPで3位獲得。そのころにはヤマハワークスから引き抜きのが掛かるほどの存在になっていた。

第5戦イタリアGPの直前にマーヴェリックヤマハワークスへの移籍を決断、その代わりにドゥカティワークスアンドレア・イアンノーネスズキワークスに来ると決まった。

ならばアレイシ・エスパルガロの残留は堅いだろう。開発の方向の継続からして、ワークスライダー2名とも替えることは考えられない・・・これが大方の予想だった。

ところがスズキワークスのダヴィデ・ブリヴィオ監督はアレイシ・エスパルガロを交代させるとアレイシの残留を望むスズキ本社を説き伏せて、アレイシ更迭&アレックス・リンス加入を決めた。(※この記事exitが資料)

ダヴィデ・ブリヴィオ監督は将来性のある活きの良い若手を獲得するのが大好きな人で、どうしてもアレックス・リンスを入れたかったらしい。第5戦イタリアGPの直前にはアレイシに厳しい評価を伝えている。

残留を望んでいたアレイシにとってはショックな出来事だったが、アレイシはめげずに奮戦を続ける。結局この年は8回のシングルフィニッシュを獲得した。
 

アプリリアワークスに移籍する

2017年シーズンアプリリアワークスからが掛かった。

スズキワークスよりも少し格が落ちるワークス」というのが周囲の人の評価だったが、いきなりカタールGPで6位を獲得し2015年から参戦を始めたアプリリアワークスにとって最高位をもたらす。2017年は、転倒がやや多いもののシングルフィニッシュ6回を獲得した。

2018年は一転して不調に陥った。チームの予算が少なく、またアプリリアの開発も迷走し、マシン完成度がいまいちだった。シングルフィニッシュ僅か2回に留まった。

ちなみにアプリリアワークスに移籍してからは多忙を極めており、テストに次ぐテストでなかなかに帰れないほどになった。アプリリアワークスは成績が悪いのでテストの制限が緩められており、アレイシもミサノサーキットムジェロサーキットでのテストに何度も参加していた。この記事exitで「テストがとても多い」、この記事exitで「毎週テストをしていて、3ヶで10日しかに帰っていない」とっている。
 

ライディングスタイル

身長180cmと大柄で、大きなバイクカテゴリーに合う。小さなバイクは小さなライダーが開発を務めることがほとんどで小さなライダー向きに仕上がっている。また、小さなバイクに大柄なライダーが乗ると体がはみ出て空気抵抗を受けてしまう。


かなりブレーキングを頑タイプであり、フロントタイヤの安定性を重んじる傾向がある。

スズキワークス時代も青木宣篤さんに「アレイシのブレーキングは非常にハード」と評されていたexit

フロントブレーキハードに使いながらまで突っ込んで走るタイプで、いわゆるレイトブレーキングlate braking 遅いタイミングブレーキング)の使い手である。この動画exitオレンジ色のマシンの軌跡が、アレイシ好みの走行ラインと言える。

2009年2010年ドゥカティは典的なVエンジンマシンで、曲がらないことで有名だったが、アレイシはしっかり乗りこなし好成績を残している。

2016年末のバレンシアテストアルヴァロ・バウティスタの乗っていたアプリリアマシンを受け取るとすぐに電子制御の設定を変え、電子制御を効かせずエンジンパワーを活かす方向にした。(※この記事exitの中盤に書かれている) アルヴァロはかなり電子制御を効かせてコーナーでの安定性を保つタイプだったらしいが、アレイシはその逆で、電子制御を止めてストレートでの加速を出すようにしたのだった。

後述するようにアレイシには「ライダーとの関係を悪くするのはいけないことだ」という考えがあり、危険な走行で他ライダーに迷惑を掛けることを好まない。わりとクリーンライダーのうちに入る。
 

怒り、ライダーとの親交

ピットの中でよく怒る

結構なで有名で、メカニックに対して不満を隠さないタイプである。

ステファン・ブラドルは「アレイシがすこし怒りっぽくて変わった性格の持ち主であることはパドックでは有名だexit」とっている。

スズキワークスの首である寺田プロジェクトリーダーこの記事exitで「ご存じのとおり、アレイシは熱血で感情も較的ストレートに出すタイプです。順位がいいとハッピーだし、逆にリザルトが悪いときはとても不機嫌です」とっている。

実際にアレイシは2018年1月の時点で3年以上同じチームに続けて在籍したことがない。全て2年以下でチームから出て行っている。チーム監督から「アレイシと付き合うのはちょっと大変だなあ・・・」と思われているのかもしれない。(※2018年5月17日アプリリアワークス2019~2020年の2年契約を結び、ついにその法則が崩れた)

その反面、どのチームに行っても即座に適応し、すぐに結果を出している。
 

2014年オーストラリアGPアレイシカウル破壊事件

2014年オーストラリアGPでは4コーナーでステファン・ブラドルに追突されexit、電子制御のケーブルが破損し、電子制御が上手く機しなくなってエンジンへ燃料を上手く送ることができなくなり、エンジンが壊れてしまった。

このエンジンオーストラリアGPで使い始めた新品エンジンで、次のマレーシアGPでも使う予定だった。セパン・インターナショナルサーキットは直線が長くエンジンパワーが必要とされ、新品に近いエンジンで走ることが好成績を残す上で非常に重要となる。

オーストラリアGPだけでなくマレーシアGPも台しにされたアレイシは激怒し、コースサイドマシンを止め、カウルを叩き割って怒りを表現しているexit
これが2014年オーストラリアGPアレイシカウル破壊事件であるが、アレイシの性格がよく出ている。

この後にアレイシはスズキワークスへ移籍した。
かつてスズキワークスには3位に入りながらもマシンを破壊してから蹴りを浴びせてその場を去り、表式出席をもサボり、そのレースが終わった途端に解雇されたジョン・コシンスキーexitがいた。

いったいどうなることかと関係者は心配したが、アレイシは事にスズキワークスでの2年間を終えた。
 

ライダーにはそれほど強烈に怒らない

メカニックマシンに対しては怒りや不満を隠さないが、ライダーに対しては割合控えめである。

ポル・エスパルガロexitは他ライダーに対して突っかかっていくことがしばしばあった。
2009年サンマリノGP125ccクラス決勝ではアンドレア・イアンノーネに向けて駆け寄り猛抗議。(この動画exit_nicovideoの7分20あたりで走っているのがポル
2015年アメリカGP決勝の11コーナーでスコット・レディングに接触され転倒した後exitTwitterスコット・レディングexit怒りのリプを飛ばして大喧嘩しているexit

ポルはそういうタイプなのだが、アレイシはあまりそういうにしない。ライダーに向けて食ってかかることは割合少なく、メディアTwitterを通じて喧することも較的に少ない。
 

ライダーと親交を結ぶ

メカニックなどに怒るだけ怒ると気分がスッキリするのか、他ライダーに対して大変なナイスガイで、
社交的であり、良い友人関係を結ぶ。SNSには他ライダートレーニングする画像が大量に上がっている。

MotoGPは生き抜くビジネス世界で、他ライダーとあまり仲良くしようとしない潮が強い。仮に仲良くするとしても、ほんの数人に限るライダーが多い。ところがアレイシは例外的存在で、顔が広く、色んなライダーと仲良くしようとする。

チームメイトと険悪な仲になったことがく、常に上手くやっている。「チームメイトと良い関係を結ばないなんて愚かなことですよ」とこの記事exitの最終盤で発言している。
 

スポンサーが少ない

スポンサーが少ないというのが、アレイシの競技生活の一大特徴と言える。

ポルエスパルガロは、若い頃からモンスターエナジー米国エナジーリンク企業)やhpヒューレット・パッカード 米国パソコン企業)の支援を受けてきたのだが、アレイシはそういう個人スポンサーがとても少ない。

アレイシにはモンスターエナジーレッドブルオーストリアエナジーリンク企業)もスポンサーに付いたことがない。2014~2016年にbatteryというフィンランドエナジーリンク企業スポンサーについてヘルメットの側面に名前が載っていたが、2017年以降はそれもなくなってしまった。

アレイシはサングラスメーカー時計メーカー支援を受けていない。そうしたメーカー支援を受けるライダーが多いのだが、アレイシにはがかからない。

スポンサーがほとんどない心細い状況で、凄まじい集中を発揮して少ないチャンスを確実にものにして結果を出し、ワークスチームの席を掴んできたのがアレイシである。これはまさに偉業と言っていいだろう。

そのためか、アレイシには「自分はスポンサーしでここまで這い上がってきたんだ」という自負が強く、スポンサーに恵まれてシートを得たライダーに対して対抗心が燃えあがるようである。
 

2018年アルゼンチンGP直後のTwitter舌戦事件 ラウンド1

2018年アルゼンチンGPはハーフウェットで行われ、各ライダーミスをする大荒れの展開となった。そのレース中にダニロ・ペトルッチアレイシに対して危険な走行をして、アレイシに迷惑をかけた。アレイシはレース後にTwitterで不満を表明exitインタビューでもダニロ・ペトルッチに対して批判をしているexit

それに対してプラマックレーシングは、公式サイトでダニロ・ペトルッチを擁護したexit

アレイシはTwitterでプラマックレーシングに対し、「嘘だ!デタラメだ!ダニロ・ペトルッチはいつもああいう危険走行をしている!exit」と猛批判

それに対して、フランチェスコ・グイドッティexit(プラマックレーシング監督ダニロ・ペトルッチの上に当たる)が「ダニロ・ペトルッチがしたことは去年のアレイシよりもずっとソフトだ(※2017年のアルゼンチンGPでアレイシはドヴィを転倒させている)たわごとをTwitterで言うのはやめろ、運営の安全委員会で言えexit」としい口調で反撃した。

それに対してさらにアレイシは反撃。「あなたは僕に指図する立場の人じゃないでしょう!確かに僕はドヴィを転倒させましたが謝罪したし、逆ギレして『たわごと』と言ったりしていないですよ!もちろん、嘘をついて世間を騙そうとはしていません!exit」とリプを飛ばした。

そこにアレイシのチームメイトスコット・レディングexitフランチェスコ・グイドッティ監督に対して「ダニロ・ペトルッチが事故を引き起こしてないですって?ペトルッチは昔、チームメイトを転倒させてましたよねexit」と横から茶々を入れているのが非常に面い。(2016年ラゴンGPの際、スコットレディングはプラマックに所属していたが、チームメイトダニロ・ペトルッチに転倒させられた。そのときレディングは「ダニロ・ペトルッチは脳味噌がないexit」と激怒していた)」
 

2018年アルゼンチンGP直後のTwitter舌戦事件 ラウンド2

ラウンド1までは、まあ、よくあることで、レース後の奮状態ならいくらでも起こりうる口論である。ところが、ここにシャヴィエル・シメオンexitが割り込んでしまい、事態は「アレイシ対シメオン」となったのである。

シャヴィエルシメオンが「結局のところ、文句を言うのはいつも同じ人で、メディアの興味を引きたい人たちです。今回の件で文句を言う資格があるのはジャック・ミラーだけでしょう。彼は30秒のリードを得るはずだったのに、運営のせいで1秒程度のリードに縮められたんですからexit」とツイートした。

ハーフウェット(MotoGP)の記事にあるように、2018年アルゼンチンGPでジャックが得るはずだったリードは7程度で、30というのはシメオンの勘違いなのだが、そこはまあ重要な事ではない。

シメオンに横やりを入れられたアレイシはシメオンに対して怒り心頭、次のようなツイートをした。

ジャックだけってことはないよ、もっと多くの人が、色んなことに不満を言う資格があるさ。色んな事というのは例えば・・・故郷にお金持ちが多くいて、レースに出るためにチームにお金を払っているお財布ライダーのことさ!exit

2018年のシャヴィエルシメオンは、フランス・ストラスブールに本拠地を持つクロワジ・ヨーロッパexitという企業支援を受けて、最大排気量クラスのアヴィンティアレーシングに参戦することができた。同社は、河川客船を巡航させる分野でヨーロッパ最大の企業である。ベルギーフランス語圏なので、ベルギー人のシャヴィエルシメオン支援することにした。つまり、シメオンは典的なお財布ライダーで、スポンサーシートを得たライダーだったのだ。

これに対しシメオンは「君は最大排気量クラス以外では0勝なのに、機会を幸運に得て最大排気量クラスにあがったんじゃないのかexit」と反論していて、さらに続行となった。

シメオンが「君もも同じように支援を受けてレースをしているだろう、MotoGPライダーは大体同じだ」というとアレイシは「君の状況と僕の状況を比較しないでほしいな。自転車と貨物自動車を比較するようなものじゃないか。君と僕は状況が大違いなんだ!exit」と反撃。

シメオンが「君はf**kingな愚か者だってわかったよ。に対して注意と時間を割いてくれてありがとう」というと、アレイシは「それは嬉しいことだ。来年、君が望むなら僕のスポンサーになってくれていいよ。来年の君は(成績不振でライダーを解雇されて)時間がたっぷりあるだろうからね!exit」とまたキツいことを言って、これで舌戦終わりとなった。


いや~・・・ 本場ヨーロッパの舌戦は、ひと味違うなあ・・・



この舌戦事件ラウンド2でわかることは、アレイシの心の根底に流れるお財布ライダーへの屈折した感情であろう。スポンサーにまるで恵まれなかったアレイシは、スポンサーに恵まれるお財布ライダーへ厳しい感情を抱きやすいのである。
 

マネージャー、広報担当

マネージャー アルベルト・ヴァレーラ

多くのライダーと同じように、アレイシも個人マネージャーを雇っている。
マネージャーとは契約交渉の代理人であり、ライダーと何か契約をしたいのなら、まずはマネージャーに接触しなければならない。

MotoGPライダーチームと交わす契約書は分厚いもので、肖像権や達成標や機密保持など細かく、全てにわたってしっかりを通すことができるマネージャーが重宝される。

2019年現在マネージャーアルベルト・ヴァレーラ(Albert Valera)exitである。

ホルヘ・ロレンソの友人で経済系の大学卒、1984年生まれでかなり若い。Twitterアカウントexitや、Instagramアカウントexitがある。

アレイシのSNSにしばしば登場する。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit



一番最初の仕事ホルヘ・ロレンソマネージャー職で、リッキー・カルドゥスexitやホルヘ・マルティン、さらにはアレイシのマネージャーも兼務するようになった。

マネージャーつながりで、アレイシとマルティン、アレイシとリッキーアレイシとロレンソ、ロレンソとマルティンは仲が良く、一緒にトレーニングする風景がよく見られる。

アレイシとマルティン 画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit

アレイシとリッキー 画像1exit画像2exit画像3exit

アレイシとロレンソ 画像1exit

レンソとマルティン 動画1exit画像1exit画像2exit
 

広報担当 ホアン・ラクエヴァ

アレイシのレースに帯同し、アレイシのSNSにしばしば出てくる人がもう1人いる。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit

この人はアン・ラクエヴァ(Joan Lacuevaといい、アレイシの広報担当の人である。このSNSexitによると、スペインバルセロナポンペウ・ファブラ大学出身で、2015年アレイシがスズキワークス入りしたと同時にアレイシ専属の広報担当者になり、レース中に殺到するマスコミを整理するようになった。「時間ですので次の質問で最後にしてください」「その質問は政治的すぎるので、勘弁していただけますか」などと、そういうインタビューを管理する。

Twitterアカウントexitや、Instagramアカウントexitがある。
 

家族

2017年1月、約59年振りにカンプノウ(FCバルセロナの本拠地)を訪れた。

スペイン南部カルモナexit在住。

父親

母親スペイン夫婦別姓なので旧姓を名乗り続ける。

アレイシの

1991年6月10日生まれで、アレイシよりも1歳10ヶ年下である。
2006年カタルーニャGPにて15歳8日でデビューを飾る。13位に入り最年少ポイント獲得記録を立。
2007年から125ccクラスフル参戦開始。ポルトガルGPで初表台を獲得する。
2009年に初勝利を上げ、125ccクラスランキング4位。
2010年125ccクラスランキング3位。
2011年Moto2クラスへ移る。前半戦は苦しんだが後半戦に表台を2回獲得した。
2012年Moto2クラスランキング2位
2013年Moto2クラスチャンピオン格好いいチャンピオン動画も作られたexit

2014年からはヤマハサテライトの名門プライベートチームであるTech3exitで最大排気量クラスに参戦。
2017年KTMワークスへ移籍した。

2015年2016年鈴鹿8耐に出場、ヤマハワークス連覇に貢献した。

同年代のマルク・マルケスとはの仲で、表台やパルクフェルメで一切口をきかなかった。とはいえ、最近は多少は顔を合わせるようになったようだexit

ブラッドリー・スミスexitも同年代のライバルなのでほとんど口をきかなかったが、2015年鈴鹿8耐でやっと交流するようになった。

ポルライダースーツPolyccio(ポリッチョ)exitと書いている。Polyccioはおそらく本名だろうと思われる。

個人スポンサーとしてhpヒューレット・パッカード 米国PCメーカー)から支援を受けている。

ポル。つまりアレイシにとって義理の

TwitterアカウントexitInstagramアカウントexitがある。

2018年7月21日ポル結婚した。画像1exit画像2exit画像3exit
アレイシ夫妻とポル夫妻の4人で行動することがしばしばあり、カンプノウへサッカー観戦したりしているexit

アレイシやポル

TwitterアカウントexitInstagramアカウントexitがある。アレイシのSNSにもたまに出てくる。画像1exit画像2exit

アレイシの

TwitterアカウントexitInstagramアカウントexitがある。

アレイシとは幼なじみで、2006年頃から交際を始め、2014年8月23日バルセロナ結婚式を挙げた。画像1exit画像2exit画像3exit

アレイシのレースに帯同し、スターティンググリッドでその姿を見かけることができる。画像1exit画像2exit

建築学の学位を持っている。この画像exitでは、建築関連のことで講義をしている。

2018年1月1日に双子を妊娠していると発表しexit2018年6月5日に出産したexit

アレイシの息子

アレイシの2019年3月7日に両親がコメントを出している。声明1exit声明2exit
 

トレーニングと体格

自転車トレーニング

自転車トレーニングが大好きで、SNSに大量の画像が上がっている。画像1exit画像2exit画像3exit

アレイシが住んでいるのはアンドラ公国で、ピレネー山脈のん中にあり、の起伏が大きく、気温も高山涼しい。自転車トレーニングをするには最適の場所である。

2017年日本GPのときには富士山に上っているexit



アレイシは自転車競技やトラアスロン水泳自転車マラソンを行い長距離を走破する競技)の大会にいくつも出場している。

画像 場所 大会公式サイト
画像exit スペイン南部アンダルシア州 リンクexit
画像exit カタルーニャサーキットを4~6人で交替しつつ24時間走る リンクexit
画像exit スペイン・メノルカトラアスロン リンクexit
画像exit イタリアペスカラのトラアスロン リンクexit
画像exit スペインカタルーニャ州 リンクexit
画像exit スペイン・アラゴン リンクexit
画像exit 南アフリカのケープエピック リンクexit


このうち最後の大会はプロ選手も多数参加する本格的なマウンテンバイク大会で、「ケープエピック」と呼ばれる。毎年違うルートに2人1組で挑戦する8日間のステージレース


2018年12月28日には、Movistar Teamという自転車競技のチームが「来季はアレイシ・エスパルガロをチームに迎え入れる」とツイートし、アレイシもそれを引用ツイートしているexit。この12月28日スペイン語圏のエイプリルフールなので、他のないを言っても許される。アレイシは多数の大会に参加しているので、本当のことを言っているようにしか見えない。


2018年サンマリノGPでは、マルコ・パンターニexitという有名な自転車選手を模したスペシャルヘルメットを被っていた。画像1exit  マルコ母親とも対面している。画像1exit
 

モトクロス、ダートトラック

オフロードで土の路面を走るトレーニングをしている。 画像1exit画像2exit画像3exit

アンドレア・ドヴィツィオーゾなど、オフロードトレーニングにおいてとんでもなく高いジャンプをするMotoGPライダーは多いのだが、アレイシはあまりジャンプをしない。ジャンプをすると着地失敗したときの負傷リスクが大きいので、ジャンプをしないMotoGPライダーは何人か見られるが、アレイシはそのうちの1人と言える。
 

クロスカントリースキー

クロスカントリースキーexitでの総合的な走を競う。冬季オリンピック採用競技)が好きで、になるとその手の画像が次々とアップロードされる。画像1exit画像2exit画像3exit

アレイシが住んでいるのはアンドラ公国で、ピレネー山脈のどん中にあり、になるとがどっさり降る。スキーをいくらでも行うことができる。

ゴンドラとかロープウェイなどというものを使わず、山を歩いて登っていく。画像1exit画像2exit画像3exit
 

ジムにも行くが、強烈な筋トレはあまりしない

アレイシのSNSにはジムでの画像もちらほら上がっている。ぶら下がったりexitバランスボールに乗っかったりexitロープを引っ張ったりexit、と色々なことをしている。

一方で、強筋トレはあまり多くない。ホルヘ・ロレンソ筋トレ大好きだが、それとは対照的。
 

背が高くて、体重が軽い

アレイシの体格は、2019年1月1日時点のMotoGP公式サイトの発表では180cm・66kgである。これはかなり高身長・軽体重の部類に入る。

MotoGPの操縦においては、身長が高くて手足が長いと前後の荷重移動を行いやすくて有利になるし、体重が軽いほど速が伸びやすくなって有利である。

この記事exitでは、185cm・78kgスコットレディングがアレイシの体重の少なさを羨ましがっている。「アレイシの体重が少なくて、ショックを受けましたよ」「アレイシは体脂肪が全然ないんです」とっている。

アレイシの体を写す画像を見ると、ほっそりとしたマッチョ(細マッチョ)という感じ。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit
 

日本料理

親日で、日本料理好きである。

ラーメンうどんに見える)を食べるアレイシ 画像1exit

をつつくアレイシ 画像1exit

弁当を食べるアレイシ 画像1exit

寿司を食べるアレイシ 画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit

きどぐちexitという東京青山寿司屋に行ったアレイシ 画像1exit

寿司山里という浜松寿司屋に行ったアレイシ 画像1exit画像2exit(同店は2014年限りで閉店現在は全く同じ場所に寿し半 和楽exitという寿司屋が営業している)

東京・築地市場寿司屋を訪れたアレイシ 画像1exit

寿し屋の勘八exit東京銀座周辺にいくつか店舗がある有名店)に行ったアレイシ 画像1exit

バルセロナKoy Shunkaexitに行ったアレイシ 画像1exit
この店は松久秀樹さんexitという料理人が開いた創作日本料理店で、現地の評判が非常によく、FCバルセロナの選手も訪れるほどの名店である。


さらには日本料理店(寿司屋)を2017年に開いている。名前はGINZA41
場所はアレイシ邸のあるアンドラ公国で、この場所exitにある。公式webサイトexitInstagramアカウントexitFacebookアカウントありexit。 画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit

2匹のビーグル

で、2匹のビーグルを飼っている。名前はPippaZukiで、後者スズキが由来である。画像1exit画像2exit画像3exit

Pippaは、2013年1月のInstagram開設直後の頃から飼っていたexit2014年の結婚式にも来ていたexit

スズキワークス入りが決まったあとの2014年11月まだ仔犬のZukiがアレイシ邸にやってきたexit

PippaZukiは見分けることができる。背中い方がZukiである。画像1exit画像2exit画像3exit

スズキワークス時代のサインボードには、ビーグル2匹の絵が描かれていたexit

藤原らんかにも、ビーグル2匹とともに絵を描かれている。画像1exit画像2exit

日本GPにビーグルを連れてきてアレイシに会わせる日本人ファンがいる。そのビーグル写真に写ることがある。画像1exit画像2exit画像3exit

シベリアンハスキー

アレイシのSNSにはシベリアンハスキーの画像が出てくる。画像1exit画像2exit画像3exit

このシベリアンハスキーEinaという。アレイシのではなく、ポルエスパルガロである。アレイシがZukiを飼い始めた2014年11月に、ポルEinaを飼い始めた。

ポルにやってきたときはまさに生まれたてのだった。画像1exit画像2exit画像3exit

そこから急速に巨大化し、2ヶ月でこの大きさになりexit4年後はこの大きさになっているexit

ペットフード専門店の経営

アレイシはterranovaCNC101テラノヴァ・CNC101というペットフード専門店を経営している。公式Instagramがあるexit。店舗の場所はここexit

これはスペインアンドラ公国135ヶ所の店舗を持つチェーン店で、公式Twitterもあるexit

最後の101アレイシの店舗の番号。2016年11月に開店したexit

ちなみに、アレイシの妻ラウラさんの母親も同チェーンの店舗を持っていたようで、この画像exitで店舗開設が紹介されている。店舗番号は102公式Facebookありexit現在は閉鎖してしまったらしいexit

ホルヘ・ロレンソも同チェーンの店舗を持っていて、故郷のパルマ・デ・マヨルカにて開業しているexit。店舗番号は99番。場所はここexit
 

その他の雑記

ポル・エスパルガロexitとは大変に仲が良い。ポルと別のカテゴリーで参戦しているときは、ポルレース中に必ずポルピットへ行き、ピットウォールから身を乗り出して懸命に応援していた。動画1exit動画2exit動画3exit

FCバルセロナの大ファンで、SNSにはバルサの画像が多数上がっていて、スターティンググリッドでバルサタオルを見せていたことがある。夫婦でカンプノウを訪れているexit。「ポルサッカーが好きだけど、大好きってわけじゃない。一方、サッカーが大好きだ」と、この記事exitで言っている。


RBAレーシングexit2019年チーム名はBOEスカルライダー無限exit)というMoto3クラスチームの設立に関わった。このため、同チームの選手がパルクフェルメに入る好成績を挙げると、必ずアレイシが祝福に訪れている。同チームに在籍するガブリエル・ロドリゴとアレイシは関係良好で、しばしばSNSに画像が出てくる。画像1exit画像2exit画像3exit


秋葉原に出没するアレイシ 画像1exit画像2exit画像3exit

東京都荒川区スタジオか何かで忍者コスプレをするアレイシ 画像1exit

エアバッグが起動してビビアレイシ 動画1exit



現在の自宅はアンドラ公国ラ・マサナ教区exitにある。アンドラ公国実家のあるカタルーニャ州exitの隣である。ピレネー山脈の中にあるのでが積もり、このように雪かきをせねばならないexit雪道を華麗にドリフトして車庫入れする動画もあるexit

自宅からの写真はいくつか上がっていて、豊かな山の斜面にある。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit

アレイシのの1つはランドローバーMINI 1300。同社はイギリスに本社がある自動車メーカーで、ローバーミニMr.ビーンとしても知られる。アレイシのSNSにも画像が出てくる。画像1exit画像2exit 実はなんとこのミニは、ポル結婚祝いとして贈ったものである(ライディンスポーツ2015年1月号)。この画像exitでも、ポルが贈ったと書かれている。


近視で、子供の頃は眼鏡をかけていた。画像1exit画像2exit画像3exit 16歳の頃には眼鏡をかけなくなったexit

MotoGPに初めて参戦したときのチームメイトアルヴァロ・バウティスタであるexit。 そのためアルヴァロとは関係良好で、一緒に写る写真も多い。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit


アプリリアワークスではイタリア語を話している。2012~2013年の間アンヘルニエトチームにいたときチーフメカイタリア人で、イタリア語を学んでいた。「学は得意なんです」とこの記事exitっている。

英語も得意で、英語圏の人に上手ですねと褒められるほど。この記事exitによると、アレイシがスペイン選手権を走っていたときアメリカ人のチームメイトがいて、アレイシのがそのチームメイトに「ウチに住まないか」と誘ったという。そのアメリカチームメイトと同居して長い時間英語で会話することで、英語が上達したらしい。

関連リンク


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アレイシ・エスパルガロ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アレイシ・エスパルガロについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!