アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム単語

カイザーアレク

アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムAlexander Siegfried von Lohengramm)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。「銀河英雄伝説」全編で最後に誕生した登場人物。

概要

ローエングラム朝銀河帝国第二代皇帝。獅子ラインハルト・フォン・ローエングラムヒルガルドの間の息子である。その生と治世はともに新帝国3年に始まった。

キルヒアイス大公の「ジークフリード」の名を受けて「アレクサンデルジークフリード」と名付けられ、ごく僅かな皇太子時代には「アレク大公プリンツ・アレク)」の通称で呼ばれた。

彼はの病床の側でフェリックス・ミッターマイヤーを友とし、幼少の間はヒルガルド摂政皇太后として務を執ることとなる。

伝説が終わり、歴史が始まる……」

ローエングラム朝の安定要素

 初代皇帝ラインハルトの短い治世の後の幼ということで、王自体の安定に不安を抱かれる方も多いかと思うが、その心配は恐らく杞憂である。実際、ラインハルト死亡時のローエングラム朝銀河帝国においては、乱世を招くような要素は底的に排除されていると言ってよいだろう。

ローエンラムの安定を担保する要素としては、以下の事が挙げられる。

  1. 国家体制の全な確立
    いわゆる「征国家」と異なり、ローエンラムの成立過程においては旧王からの譲位という体制をとっている。このため国家を維持するのに必要な官僚制をそのまま引き継いでおり、めて構築する必要がなく、新国家の成立時にありがちな内政の混乱が抑制される。
  2. 外患の排除
    旧王時の最大の敵であった自由惑星同盟は新王の成立過程で滅亡している。残存したイゼルローン共和政府もまた、守りにくいバーラト系での自治承認という形で実質的な武装解除が確定している。もう一つの外部不安要素であった地球教もまたパウル・フォン・オーベルシュタインの策謀によりその最後の集団を殲滅しており、既知の領域内に一切の組織的外敵が存在しない状況下にある。
  3. 内憂の消滅
    ローエンラムの軍人中でもっとも大きな野心と権を保持していたオスカー・フォン・ロイエンタールが即位前年に叛乱の末死亡しており、また組織的に不安点になりかねなかった軍務尚書オーベルシュタインラインハルトと時を同じくしてテロによって死している。「獅子のの七元帥」として残る最高位軍人がこれ以上の野心を抱くとは考えにくく、ことその首座にあるウォルフガング・ミッターマイヤー実と廉直をもって知られる人物であることから、国家を揺るがすレベルの内憂は存在しなくなっている。
  4. 民衆の支持
    150年間に渡る帝国同盟間の戦争定してローエンラムが成立し、さらには市民の権利を大幅に拡大して貴族の特権を排除する政策を進めたことから、旧王臣民からの支持は極めて高い。同盟市民は専制国家の支配に否定的であるものの、効率性の高い帝国の統治は市民サービスにおいて旧同盟のそれを駕しており、不満は抑制される傾向にある。ハイネセンに設置される自治政府が立政を提案する可性も高く、実現すれば市民の不満は更に解消されると考えてよい。
  5. 有能政治代行者の存在
    ゆえ、皇帝としての政務が取れないという問題に関しても、先ラインハルトにその政治手腕を認められたほどの存在である摂政皇太后ヒルガルドの代行と、グルックブルックドルフといった有能な閣僚の補佐によって遺漏なく務が遂行されると考えられる。帝国宰相とされたシルヴァーベルヒを欠いたとはいえ、王開闢以来の名官僚たちはいまだ健在である。
  6. 原作者による担保
    原作における記述で、摂政皇太后ヒルガルドとしてその政治手腕を発揮し、新王を盛り立てていくことが示唆されている。田中芳樹がそう言ってるんだから間違いないッ。ローエンラムは安定するッ!

そういうわけで、ローエンラムは安泰である。きっとそうに決まってる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム

73 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 14:46:31 ID: TbZa6bszaC
OVA版1話の冒頭のナレーションでしょ
銀河とかいう狭い範囲で争ってた時代、みたいな感じの

作者自身も読本のインタビューで、 幻影城に出す予定だった「銀河チェスゲーム」の前半部分は銀英伝の原案だって話してたからな
んで、後半が数年後の話で、エスパーとか登場させるつもりだったらしいわ

結局は没設定だろうけどなw
74 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 20:51:58 ID: HAUK1RoJFu
銀河チェスゲーム」のヤンとラインハルトがそんな感じというのはも聞いたことあるけど、とりあえずそれは置いとこう。流用元とはいえ名前が同じだけのキャラを考慮するとなると、ジャンピエールとかいろいろ問題になるし。
で、OVAって、そこまで言い切ってたっけ? さすがにうろ覚えだ。少なくとも原作だと、ローエンラムそれなりには保つと思われる根拠はいくつかあるけど、原作そのものが虚構って扱いでは根拠にならんしなぁ……


少なくとも原作で、本編終了時以降の時間で記述があるのは

アレク位を継ぐ(2代目皇帝という肩書から。在位期間は不明)
・七元帥誕生&獅子のの建設(厳密には確定してないけど「ラインハルトの時代には」建設が開始されなかった宮殿の名を七元帥が冠しているから)
シューマッハ准将宇宙海賊との戦闘中行方不明(時期は不明)
ドミニクが保釈(時期は不明)
ケスラー結婚本編終了より約2年後。この時点でまだ元帥
バイエルラインミッターマイヤーの後継者となる(そりゃまあ、ウォルフガングオーディンの重臣でも後継者だろうけどさぁ)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
75 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 17:10:41 ID: htwJZmvG+h
>>74摘もある通り、ラインハルト没後に短期間でローエンラム滅亡、または銀河文明崩壊はないと思う。少なくとも、人物の伝記や回想録が出版され、歴史学上の研究対とできるくらいには安定した社会は訪れると見て良い。

ただ、何万年も経過したら、地球を起とする人類種族の文明は銀河から姿を消し、砂のに埋まる髑髏のみがその名残となった、となってもおかしくはないけどね。
76 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 19:00:43 ID: 5xBBEru4uT
何でそんな滅亡崩壊させたいの?
物語好きなの?
77 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 19:01:59 ID: z1G3U8rYft
平和世界になったら新作が出ないから面くないという宇宙世紀理論
78 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 08:50:38 ID: 5xBBEru4uT
戦争はまたすぐ始まるって、今度はさ、もっともっと手で楽しくってでっかいやつだぜきっと!」───ポケットの中の戦争ラストより

こんな感じか
79 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 19:34:57 ID: htwJZmvG+h
>>78
あのラストシーンはあのガキどもり倒したくなるけど、事実そうなるわけだし、アルへの思いやりから言ってるから反論できない辛さを感じる。

とはいえ、世界ででは勘弁してほしい。もし本伝直後に「もっともっと手で楽しくってでっかいやつ」が始まったら人類滅ぶよ。なんせ旧連邦最盛期の1割ちょいが総人口だからね。
80 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 20:15:06 ID: HAUK1RoJFu
まあ、少なくとも作中でいう後世の歴史たちの時代にはローエンラム滅びてるのは確かだろう(ラインハルトやヤンに対して遠慮なさすぎる評価も多いし)。
パパが死ぬ間際に大王の方のアレクサンドロスごっこやったせいで、帝国が分裂崩壊する未来が連想されるってのもある。

ただ、その辺の危険要素は、ド・ヴィリエが糾弾されたように、皮にも地球教が全部使い捨ての駒にして散らした挙句、自分たちも後腐れなく死んでったからなぁ……
81 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 02:28:12 ID: 8kXZrmzDYn
外敵に滅ぼされるってのは当面ないでしょ。
共和と旧貴族残党の反乱はあるだろうけど軍事的脅威にはならんし(共和ゲリラ戦は長続きしそうだけど)、内輪もめのネタになりそうなロイエンタールオーベルシュタインも退場したし。
血縁リスクも、いざとなればローエンラムマリーンドルフ王になって存続可民主化や議会政治ヒルダユリアンバランス感覚があれば漸進的に定着しそう。

リスクがあるとしたら、やたら軍部の発言が大きい王だから、それが長期的な足かせになって財政の圧迫と軍閥化を招くローマ帝国パターンか、
旧同盟と旧帝国の文化習の違いを結局できず、内乱突入で元の木弥になる南北戦争パターン
82 ななしのよっしん
2019/10/10(木) 06:15:07 ID: HAUK1RoJFu
元帥を押さえてるから、軍縮はまあ、アレク親政の頃までには何とかなってそう。
財政的に問題が発生するとしたら、民政の方じゃないかな。創業期を終えたいずれかの時点で各種政策の整理と適正化が必要になるだろうけど、「民の味方」がローエンラムの支持基盤だっただけに、軍縮や工部の小さな政府化以上に抵抗がありそう。
まあ、実在の王歴史鑑みるに、アレクの次かその次くらいまでは、リップシュタット埋蔵金を食い潰してけば何とでもなりそうだが。

急上昇ワード