アレクサンドル・ビュコック単語

アレクサンドルビュコック
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

アレクサンドル・ビュコック」(宇宙726年~宇宙800年2月16日)とは、田中芳樹原作小説OVA銀河英雄伝説」に登場する自由惑星同盟軍の軍人であり、ヤン・ウェンリーの良き理解者。そして、

「老練」と言う言葉はビュコック提督以外に使うな

と言われた程の「老練」さで70代まで現役の艦隊官を務め、末期自由惑星同盟軍を支えて民主主義の為に散った名将である。

わしに誇りがあるとすれば、民主共和制において軍人であったということだ。わしは、帝国の非民主的な政治体制に対抗するという口実で、同盟の体制が非民主化することを容認する気はない。同盟は独裁となって存続するより、民主国家として滅びるべきだろう。

旗艦は「リオグランデ」(石黒監督OVAと「Die Neue These」では「リオグランデ」)。石黒監督OVAにおける声優は老練なベテラン富田耕生(※青年時は真殿光昭)。「Die Neue These」では石原

硬骨の老将

作中に登場する自由惑星同盟最年長の提督

士官学校出身でなく二等兵からの叩き上げで、50年を越える軍歴とラインハルト・フォン・ローエングラムの13倍の戦場経験を持つその名は、呼吸する軍事博物館と”疾風ウォルフ”ことウォルフガング・ミッターマイヤーが評し、帝国軍からも一置かれる存在だった。宇宙745年の第2次ティアマト会戦にも19歳の砲術下士官として従軍しており、同盟軍の名将ブルース・アッシュビー率いる730年マフィアの下で戦った兵士の生き残りでもある。

歴戦の経験に基づく老練で繊細で胆な揮は、戦時中と言う特殊な状況である事もあれ、士官学校出身ではない一兵卒から、[1]元帥そして宇宙艦隊長官と言う自由惑星同盟軍の軍事トップにまで上りつめるのを納得させるだけのものがあり、戦術レベルではヤン・ウェンリーに次ぐ用兵を発揮した。

本編登場時にすでに60代後半と言う高齢ながら、叩き上げの軍人らしい頑固で短気で辛辣な毒舌ゆえに、艦隊の官を長く務めたものの、宇宙艦隊長官の座についたのは、人材の枯渇等により他に適任者がいなくなってからと言う苦にあった人物だが、嬌もある好々爺でもあり、「おっかない親父だけど言いたい事を言う」頑固親父ぶりは、市民兵士達からは人気があった。その毒舌振りはトリューニヒトの軍人達に向けられ、帝国領侵攻作戦時には、アンドリュー・フォーク神経ヒステリーを起こさせた程。ドワイト・グリーンヒルらによるクーデターとの問答では、相手をひるませることもあった。

ヤン・ウェンリーにとっては私に渡る良き理解者・協者であり、同盟軍の急進によるクーデターの可性について内密に打ち明ける程に信用していたほか、オリビエ・ポプランも「ビュコックのじいさん」と呼んで敬愛しフレデリカ・グリーンヒルは、ビュコックと老妻の仲まじさをうらやむ程だった。二人の息子があったが、ともに戦死している。

経験に裏打ちされた広い視野と、戦闘宙域の地形や環境をも利用する程の戦術で、帝国軍の将帥の多くを手玉にとって戦った事もあるが、ヤン同様に戦略レベルでは先にラインハルト勝利を用意され、寡兵や悪条件で戦わざるをえない機会が多かった。

軍人は戦場以外で権や権限をふるうべきではない。また、軍隊が政府社会批判を受けずに肥大化し、国家の中の国家と化するようでは民主政治は健全でありえんだろう。

と、ヤン同様に民主共和制理念から外れず、トリューニヒトらにたてついてはいたものの、文民統制の原則を破らず、民主国家の軍人である事に誇りを持っていた為、内部がすでに腐りきっていた自由惑星同盟ではどうすることもできなかったと言える。

そんな悲劇の名将でもあるビュコックだが、負けると解っていても、その後の状況を不利にしない為に徹底抗戦した姿や、同盟側の悪役であるトリューニヒトフォークらに、まさしく読者視聴者がいいたいであろう事を叩きつけた事等からヤン艦隊のメンバーと並ぶ人気を誇っている。

来歴

二等兵から始まったアレクサンドル・ビュコックの軍歴は、宇宙74512月の「第二次ティアマト会戦」に第5艦隊所属の戦艦シャー・アッバス砲術下士官として19歳で従軍したのが、作中に登場する最古のものである。ここから62歳時の宇宙788年までに、士官学校を出ていない人物ながら准将にまで昇進して現役だったものの、辺のマーロヴィア域方面担当警備官を務めていたため、ブルース・アッシュビー謀殺疑惑を調していたヤン・ウェンリーとは対面していない。

宇宙794年までに中将に昇進にして同盟軍の第5艦隊官となり、ヴァンフリート域会戦や宇宙795年の第三次ティアマト会戦に参加した。

宇宙796年に、ヤンによってイゼルローン要塞傷で陥落し帝国領侵攻作戦が発動すると、第5艦隊を率いて帝国領を進むも、ラインハルト・フォン・ローエングラム率いる帝国軍の焦土作戦に敗れる。オスカー・フォン・ロイエンタールとの対戦を経て、アムリッツァ会戦を生き残り帰還した後、帝国領侵攻作戦系統放置したまま寝てんじゃねえぞこのピザ野郎揮をとり失敗の責任をとってラザール・ロボス元帥宇宙艦隊長官の職を辞任した(統合作本部長シドニー・シトレも辞任した)事から、大将に昇進したビュコックが宇宙艦隊長官となった。

しかしビュコックの宇宙艦隊長官就任は、同時に敵であるヨブ・トリューニヒト帝国領侵攻作戦に反対した経緯から戦後に実権を得た事と盟友クブルスリー合作本部長の暗殺未遂といった重なる悲劇により意味なものとなった。ラインハルトが仕掛けた策略にのせられたドワイト・グリーンヒルらによるクーデター時にも、未然に防ぐ事もスタジアムの悲劇を回避する事もできない状況だった。

結局クーデターは、イゼルローン要塞官となっていたヤンにより鎮圧されたものの、その間に帝国ではラインハルト軍事的にも政治的にも地盤を固め、やがて”神々の黄昏作戦により、帝国軍が大挙して同盟領に侵攻してくる事態となった。

宇宙799年2月帝国の”神々の黄昏作戦発動を受けて元帥に昇進したビュコックは、宇宙艦隊長官としてランテマリオ域会戦において「双頭の形で相対したラインハルト率いる帝国軍と戦ったものの、根本的な戦差や、ウォルフガング・ミッタマイヤーやフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトといった諸将の猛攻により敗れた。

自決を覚悟したビュコックだったが、参謀長のチュン・ウー・チェンに諌められ、

わしは敵の口のために、この老体を残しておかねばならんという訳じゃな。

と思い直して帰還する。

この時すでにビュコックには、自由惑星同盟の趨勢に対するはなく、ヤンが帝国軍の将帥達を撃破し続ける事で決着の舞台となる「バーミリオン星域会戦」をラインハルトに用意させ、巧みな用兵と分析により追い込んだ際も、先に自由惑星同盟の本ハイネセンに到達したミッターマイヤーロイエンタールに降伏しようとするトリューニヒトを止める事が出来なかった。

要するに、同盟は命数を費いはたしたのです。政治家は権をもてあそび、軍人はアムリッツァにみられるように投機的な冒険にのめりこんだ。民主主義を口にとなえながら、それを維持する努おこたった。いや、市民すら、政治を一部の政治業者にゆだね、それに参加しようとしなかった。専制政治が倒れるのは君と重臣の罪だが、民主政治が倒れるのは全市民責任だ。あなたを合法的に権の座から追う機会は何度もあったのに、みずからその権利と責任を放棄し、無能で腐敗した政治家に自分たち自身を売りわたしたのだ

トリューニヒトらが降伏した事で発せられた停戦命にヤンが従い武装を解除し、バーラトの和約が結ばれると、ビュコックは病気療養を理由に軍を辞職して引退した。

老妻と共に、夫婦二人暮らしの余生を送るはずだったビュコックだったが、ヤンに敗れた事を根に持っていたヘルムート・レンネンカンプが、パウル・フォン・オーベルシュタインの暗躍もあって同盟政府を扇動し為にヤンの暗殺未遂事件が発生し、危機を脱したヤンが結果的に第三勢となった為に帝国との仲がこじれ、皇帝ラインハルトによる”大親征”が発動する。

ビュコックは、それまで長く親交のあったジョアン・レベロ最高評議会議長からの現役復帰要請を再三固辞し続けていたが、皇帝ラインハルトが再度ハイネセンに出征してくる事を察知し、同盟軍の最後の戦いの為にこんどこそ現役復帰を決意した。

わしはヤン提督とちがって、五〇年以上も同盟政府から給料をもらってきた。
いまさら知らぬ顔を決め込むわけにもいかんでな

しかし彼は、同盟軍がすでに帝国軍に勝てる戦を保持しておらず、敗北は必至である事も解っていた。戦わずに敗れるわけにもいかず、最後の抵抗をしてみせる意義を理解していたビュコックは、エルファシルにてイゼルローン要塞攻略を行おうとしていたヤンに現役復帰を知らせず、30歳以下の者達を副官のスーン・スールズカリッターに率いさせてヤンと合流させるように示した。

考えてみると、わしはたぶん、幸福者だろう。人生の最後に、ラインハルト・フォン・ローエングラムヤン・ウェンリーという、ふたりの類なく偉大な用兵に出会うことができた。そして、ふたりのうちいずれかが傷つき倒れるを見ないですむのだからな

ヤンに対してビュコックの復帰が事前に知らされていた場合、ヤン・ウェンリーは「恐らく生涯で初めて、勝算のない戦いに挑む」事になったと後世の歴史が評している。

そして宇宙800年、チュン・ウー・チェンや、第15艦隊ラルフ・カールセンらを率い、マル・アデッタ域にて皇帝ラインハルトを迎えうったビュコックは、域の地形を利用した用兵で帝国軍の錚々たる顔ぶれを翻弄させて善戦し、恒星を利用して一気に総旗艦ブリュンヒルトに迫った。

      /                ヽ
     /      〈カ〕    ,,、-‐ ァ'"`ヽ
    /          _,,、-''´ _,,. _ `ヾ, ヾ
   ,!        _,,、-''´ ̄  ̄ _ _,,... ,  `,
    l    _,,、-''´,,.._ ̄``ー ''"´  _,,..、、i  i
   i´ ̄.;|  ,,,、、、,_  `ヽ ,j '´ ̄ ,,、、,,_ i   |        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
   |  ;:! 彡,、-‐-、''‐-ィ   、,,、z''´-‐-,,! j!          l
   レ  k    ,ィQ^ゞ'´ ´ ` ヾこQヽ、  } ,〉       / 構わん、すは敵の総旗艦ブリュンヒルト
   〉-k ,j  '´  ,、、 '´ |  `;:.`ヾ ,,、 ` i ,!ヽ      ノ  一隻、このまま直進!!!!!!
   ,! '^ゝ{        i   ;;;::. ``     リ |     ヽ
   i ,イ人     , イ           ,イY ,!       V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V^V
   `、ヽトイ、,!  ,、´-‐'"^ヾイ^ヾ、、    ' レ /
     \  i  ,j  ,,,、、-‐-‐、、,,,  `,  |;' ,!丿
       `i  !  ゞ,イ''"´ ̄ ̄``ヾj"ヾ  ! !'
      |  |  ,' ゝ====='´  , ,' !
      ,」ヽ. 、             / ,イ、_
    ,ィ´,r| `ヽヾ,    , ;'    ,イ/ |ヽ`ヽ
   /  ヽヽ `、 ゝ、__,__,イ  /,イ   ,
  ,/     i  \,r‐-、      ,、、_,イ /  ,イ|
"´ `、  ,| ,r'´   ``ーy‐'"´    Y !   i |ヽ、

しかし、兵差による帝国軍の厚い防衛網を破れずカールセンが戦死し、壊滅の危機に陥る。

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       | このまま進んでもカイザーには届かんか・・・。
      \                            /
        |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      /          `,        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::
      ,!            i!         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
      | ,r'´             l         ,、、、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::
       l/  ,、'´        ``ヾ、.:.:.:.:.:.:./  `ヽ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
.     |  /  _,,,.,、ィk        ヾ.:.:.:.:.l lレ´  `,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
       レ',ィ''" ._,,..、、イ            `,.:.:i ゝ、   l |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
       ! / ,ィ'´_   ィ         ヾ.:i <  ノ ,!.:.:.:.:.:.:.:.:,,,、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
      ゞ,,ィ´ ィケン'´ `ゝ       ;   V  ) / ,!` .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::
       ヽ   ゞ''´ '' ´        !       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::
       j   `ヽ               ゝ‐'´   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::
        |               ヽ    `,         .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::
        |     -、,,          `,    ,! 、      /.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::
       !    , 、ノニ==ー-、       i    ! `,   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::
       ヽ、、,,zィ'´    ,,.、ゞ 、     i   /   ! /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::
          ゞ,  .,, ィソ´  `ヽ      l  ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::
           `"ゝ    _ _   `,     ! /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::
             ヽ,ィ´  `        /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::
              i           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::
                 ゝ      , ィ´_,ィヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::
               `''ー---‐''´,ィい  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::: 

宇宙800年1月16日。勝敗の趨勢が決し、ヤンの元へ残存艦隊を脱出させる為に残存している艦全てに戦線離脱を許可する。自らは戦艦リオグランデと共に戦線に残った彼に対して、首席秘書ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフの進言を受けた皇帝ラインハルトミッターマイヤーを通じて降伏勧告を行った。

ラインハルトと交信したビュコックは、

皇帝ラインハルト陛下、わしはあなたの才と器量を高く評価しているつもりだ。孫をもつなら、あなたのような人物をもちたいものだ。だが、あなたの臣下にはなれん

ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二ニ
- _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _



                     ,r''"´ .:.:.::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;\
                 /  .:.:.:<カj:::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                / .:.:.:.::::::::::::::::::::,、、-‐ ─ 、:;;;;:;;;ノ
                ! .:.:::::::::::::::::::::/ ‐''"´ .::`iト、::i
                `ト、,;;:;、、-‐''´       .:.:.:.j !::::!
                 j! j! :.:.:'    、  j,r'  ;.;.;.;:jリ::::|
                 }_fミ"''''ー‐- 、j :.:;;,、- ─‐-ィj!::::::!
                /^リ`''ー tェz:j;;;;ゞ=ェzr'"!^!;rイ!
                 i〈uj '~ ー -‐''´^ i;;:`ヾ ‐''~ ,リヘj 
                \i ,;.;.;;.;' '′j |;:::.:.   ,:;;' ノソ/  
                  | ,;.;':. ,ィ、__ _j;::ヽ、  .;:;!' l'/   
                 _」   ,r'"´⌒ ⌒`ヽ、 ;:;;!::j
                /::::i  ,イ ,,,、、、- 、、.;;;.;;;j! j:;;;;ト、
                  /:::::,イ、     ー- -‐'  .:.:/|::::\
               /::::::::い ゝ、 ( j..::.     .:.::,イ::::|ヽ::::::L __
        ,,、-‐''"´.:.:.:.:.::::::::::::、   > 、,,,--‐;;:;;ィ::::/ /::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;``''''ー-、、
    ,、‐'"´.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::| _>'"´ ̄`ーy''"´ ̄\/:::::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|`ヽ     /^i     !:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /、     /  |ト、    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;
    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,/:::::\   ′ || \ __」::::::::::::「 ̄ ̄ ̄`` ーー-;
- _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _
ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二ニ
二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三

ヤン・ウェンリーも、あなたの友人にはなれるが、やはり臣下にはなれん。他人ごとだが保してもよいくらいさ
なぜなら、えらそうに言わせてもらえば、民主主義とは対等の友人をつくる思想であって、従をつくる思想ではないからだ
わしはよい友人がほしいし、かにとってよい友人でありたいと思う。だが、よい君もよい臣下ももちたいとは思わない。だからこそ、あなたとわしはおなじ旗をあおぐことはできなかったのだ。ご好意には感謝するが、いまさらあなたにこの老体は必要あるまい

と、降伏勧告を一蹴。「民主共和制最後の軍人」の意地を見せて通信を途絶した。

……民主主義杯!

覚悟を感じ取った皇帝ラインハルト撃命により、帝国軍からの集中攻撃を受けた旗艦リオグランデの艦では、アレクサンドル・ビュコックとチュン・ウー・チェンが杯をあげていた・・・ 

                                                  ,、 - ─‐ ‐-、、
                                                ,、 ´;.:;.::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;`ヽ
                                                 !;:;: ;:;:;:;:;;:、-─‐ - 、j!
                                                `Y´  .:{ .::;:;:::;:;:;:;:;;;;!
                                                 j,,,、、、.:;;i.,、、;:;: ;:;;;;;;:i!
                                                 ゞ;;:''" ;:;:;j!ヘ〕;:;;:;:;;;;;;j!
                              ,、-─‐ ‐-、            /   .:;:;j ソ',:;:;:;;;;;;;j!
    _ _                      ,ィ-─ァ ァー-、;;ヽ           ゞ‐,、  ,'.:.:.:i  ヾ、;:;/
  , .´.:.:. :.:..:`ヽ                       !_,_ - ─ー ‐-、j!            `,'''ヽ.:.::::j : .: .:. 」
.,r'.:.:::::::::b.::::ィ ヽ!                   j;:;:.´ ̄``ヾヽ二,」            {,,  /,、-‐'''"´.:.:.:ヽ
.ヽ.:::::,、‐'"´   {1                  j:-、,  ,、、、〈::;:;;;;;;;!             `7:::::::::::::::::::::::::::::
 「イ{ ,、、,, ,,,,ィ:j}                      ! /  ``.;.'ソ;/             ,イj!:::::::::::::::::::::::::::::
 レイ!  ''',: _j´ リ                     ', ゝ‐'  ;:;:;,イソ              l/::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヾj、   _ _,,,、 ,!                   _j `ー-‐'.:;;/  」:.ヽ            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  _」_ '、  ー /                  /::::ゝ--‐''´ ,r .:.:.ィL_r──-、    /」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/..:::::::ヽ > ─イトヽ              _ _/:::::::::7⌒yー-!:::::::l/::::::.:|.     |n   /.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.::::::::::::レ'⌒ヽヽ !:.:!           ,r'´.:.:::::::::::::::::::! /j  /::::::::::::::::( つ   | !  !.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::\ _, イ:.::.ヽ            /.:.:.::::::::::::::::::::::::ヽ_ ノ.::::::::::::::::::( _つ   ! |! /.:.:::::::::::::,イ´7/ヽ:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、         i.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..(, ィ_ _」 j:!_」:::::::::::::::.!k,///ハ !::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、        |.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: (_ソ ̄` /::::::::::::::::::::::ヾ、//_ソ:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:. :. .:. .   |.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::仁 77:::::::::::::.:.``ー '.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:., ィヘ´ ̄`ヽ 、 !.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ‐' ヽニつ )ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r─‐- ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:::::::::::::::/ _ノ:::::/_,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| r─- ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                 _ __ _
                               r''"´     .: .:.:.``
                                |      . :.:. :.:.:.::::/ i´`!
                                |      .:.:. :.:.:.:.:/ L_」
                            _ _|       .:.:.:::::::i _ _!
                          (   j!       .:.:.::::::::::|    ト、
       _ _ __                   `フ" |      .:.:.:.:.::::::::',    ! ト、
   r''"´     ``ヽ               /  ヽ     .:.:.:.:::::::::::::',   ヽ \
  (⌒ヽ.      .:.::::::::|               ! 〔__」j     .:.:.:.:::::::::::::j!    |.  
   ゝ‐イ    .:.::::::::::|⌒,             `>-イ、     .:.:.::::::::::::::j!       i
    ー-'、    .:.::::::::|  i             / (_ (j    .:.:.:::::::::::::/        !
     ) )   .:.::::::::::! ,!         ,、- ─ ゞ、_,イ    .:.:.:::::::::::::!         |
    ̄``ヽ  .:.::::::::::::|;:;;|        i´   .:.::::( (_」    .:.:.:::::::::::::::|         |
     ) ). .:.:.::::::::::::|.:.:!      〈⌒!   .:.:.:::::::ヽ 」 ⊂ニ二二二ニ⊃j        j!
   '" ̄`つ .:.:.::::::::::j  !.        i  !   .:.:.:::::::::,ゝ二ニヽ      .:.:ト、       |
   , ィ"´ニ二二二ニ) /        |  |   .:.:(´ ̄ ̄ ̄`ヽ/^!      ! \ .,、、-─‐'─
  ::::i  /  ``ヾ::.:/        !  !   .:.:.:::ゝ ─‐-、 /  \     ,r'"´.:.:.::::::::::::::::::
  :::::!        , イ          |  |  .:.:.:.:::(_j _ノ 〈    \  ,r'´.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::', _ __ _/:::!          l  l  .:.:.::(´`ヽ j;;::. /     V.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::|           \,L .:.:.::::::`ゝ、 \,/      i:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ト、   ̄( (〈 y /         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           |:::!       /i         !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

          .:;                        ‥ ・ ‥...‥
          ,j! ;:,、、‐- 、     ‥ ......
       , '"´;:;:;;:    ;
    , -─‐- 、、;:;.  ;::;:.: ;,                ………
   ,イj!6!6! !.:.:.:.:i.:.:\_;:; :;:;:;:;;、                ‥ ......
   i|8|8!8|8!.:.:.:.|.:.:/r,!:::.:.:.  ,                                   ‥ ・ ‥...
   ||8|9!9|8!.:.:.:.!..:!Uノ.:[`.:.:.\;  .::、、   ;: ,.     ::;、               ‥ ・ ‥...
   | ,、-─- 、.:.:j!.:.:.:.:.:.:.:.」! 0 ,,,、、;:;:; ;:;,   ,′;:; ハ;:  ;            ‥ ・ ‥...
   ||8|8i8|8 j!.:.:| \_.:.:.:.:.:.:,.:,;     ;:;:;:,ィイ   ;: ;:;;;  ; ,,、、
   ||8|8i8|8 ||.:.:|.:.:.:.:.\.:.:;:;:;;: .: .:.:.: . .:.:;:;;   ;: ;:; :; :;:; :; :;  ``
   |!9!  ̄!9,||.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::;:;  . : .:. :.;:;:;:;.:\;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;     )ゞー-- 、, ,, ,,、、、、-‐ イ
   |,、-─‐ 、.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ    ;: ;:;;;.:.:.:.;^: ゞ;:;:;;;;;;;;;:;: ;: ;:. :.            . :.:;:; :;:/
   ヽ.:.:::::::::::::::`ヽ、:.:.:.:.:.:.:;:;''"´;:;:;: ;、;;;;;;:;:;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;:;:;:;      .: .: : ;:; ;;;:; :; :;   ;:; :;;,"
  , '"  `ヽ、.:.:::::::::::::ヽ、,,:;:;;;:  ;:;:「`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;                  ;:;ヽ
  ;      ``ヽ、;:;: ,:;:; ;;:;:;;  ;: ;.:.:.::::::::::::;^:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;:                   .:イ,、
   、    ; :; :;:;;;;;;;::.: .: .:.  ;:;: \, '"´ ``ヾ:;:;;;;;;;;;;;; ``"""ヽ,               ;
         ; :; :;: ;:;:; ,:;   7\,;:      ;:;;:;:;;;;;;;;;;                   <7 ;
     ` 、 ;::; ;::; :;:;:.: .:; :; , '′  ;:   ,:; :;:;:;:;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;   ィ7          ;:; :;;  , イ'''"´``ヽ
        ``"" ´         ;:; ,ィイ;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                      ; `7^7^7^7i.: ;:;;:;;:;                 ;: ;; :;;;;:
  ‥ ・ ‥...‥         / ! ! ! !;:; ;: ;:;;    ;:;;   /;j/          ; :; :;;;;: ; <
                        l/l/ l/ l/;: ;:;;:;;: ;:    ;:;:;; /;;;/       、     ;;::;;
                       ;:    ;:;:;;;;;;;;:;:;     ; :;:;;;           ィy
                       ;          、    ;:; :;: ;:;     ,          、
           ‥ ・ ‥...   ; '"´``,       ,    ; :; :;: ;:;
     ‥ ......         ;       ;           ;:;:;:;:; ;:       .: .:
                            、    ,'^,        .: ;:; ; :;: ;;;
                              `"""´  ,

帝国軍の撃をうけた戦艦リオグランデは沈し、ビュコックは宇宙の藻と消えた。老将の最期を見届けた皇帝ラインハルトは、戦場を通過するにあたり、全軍に起立敬礼を命じ、帝国軍の将兵は老将へ向けて敬意を表した。

惑星ハイネセンに到達した皇帝ラインハルトの元に、レベロ議長を殺して降伏したロックウェルが現れると、保身の為に手段を選ばぬその姿勢に、「らが下の汚泥とすれば、マル・アデッタで死んだあの老人はまさに新だったな」と亡き老将を評してワインを撒いて弔った。 

声優

石黒監督OVAにおける老将アレクサンドル・ビュコックのは、

などの役で知られるベテラン富田耕生が担当しており、戦場では老獪な戦術を駆使し、有事以外では頑固さと嬌を併せ持つ好々爺を見事に演じている。一方、「銀河英雄伝説外伝 螺旋迷宮」に登場した19歳の時のアレクサンドル・ビュコックは真殿光昭を担当した。

Die Neue These」では石原が担当している。

関連動画

関連商品



関連コミュニティ

関連項目

関連人物:自由惑星同盟

関連人物:銀河帝国

関連リンク

脚注

  1. *士官学校経歴のい高級軍人としては彼の他にライオネル・モートンが将官になっている。ただし「一兵卒から」かどうかは不明

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アレクサンドル・ビュコック

132 ななしのよっしん
2019/09/27(金) 19:27:10 ID: NnF6FsQVen
小説読んでいた時、この人が死亡したところで心の中で敬礼をした
それぐらい好きなキャラ
133 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 15:11:56 ID: NnF6FsQVen
民主主義とは対等の友人をつくる思想であって、従をつくる思想ではないからだ
このセリフがすごく共感できる
同盟軍の職場は上司と部下という垣根が帝国ほどないように感じる
特にヤン艦隊はそれが顕著だ
134 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 00:59:48 ID: N5gofwlZ7g
流石にそれはヤン艦隊が特殊なだけで、同盟でもドーソンヴァーンシャッシフェみたく上‐部下の関係ははっきりしてるような……
ないのは台詞にあるように従関係、それも「君、君足らざれども、臣、臣たるべし」みたいな絶対固定的な関係だろう。
135 ななしのよっしん
2019/10/26(土) 22:42:34 ID: IOFe8ulEkf
一応帝国の勝ち描写は優秀な指揮官提督によるトップダウンがキレイに決まった時、
同盟側の勝ち描写(というか帝国の勝ちを一定レベルでひっくり返すとき)は複数艦隊の連動が上手く行ったとき、みたいな差異はある気がするので、
全くその辺の空気の違いがないかって言うとそうでもない気はする。

まぁ負ける時は基本この逆パターンになりがちで、
なおかつ基本的に「純戦争として」同盟が勝利を収めた時期が作中で限られてるのでその辺が見えにくいってのはあるけど。
136 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 10:24:59 ID: vh/hp608PC
民主主義を謳っておきながら「周りの皆に言われて仕方なく」トップに君臨し政治軍事も思うがままにするなろう系主人公ビュコックセリフを聞いたらどう思うか
137 ななしのよっしん
2020/03/14(土) 08:33:51 ID: 0DCMntSAtz
そもそも軍事会議クーデター以降同盟軍の要なポストトリューニヒトが圧倒的多数になっているので
ビュコックの周りはパン屋の二代とかをどけると敵ばっかじゃないか?
ヤン以外で帝国との状況を変えられそうになったのはブルース・アッシュビーと要塞攻略まであと一歩に迫ったシトレぐらいだしなあ
138 ななしのよっしん
2020/03/17(火) 19:01:00 ID: tNej4QqM9L
逆に言うとそれだけ敵まみれな状況でも長官の座を追われなかったのは何気に凄い

…いや、ビュコック外して他にかいるかというといないという事情もあるだろうけど
139 ななしのよっしん
2020/03/17(火) 19:20:39 ID: 6T0h90tsX2
ビュコック自身の良識のおかげで軍閥化には至らなかっただけで、
30歳以上の軍人たちの信頼は、それこそ命を預けて構わないくらい絶大だったわけだし
当人が軍人としての規範から逸脱しない以上は、彼のシンパも同様に軽挙妄動は慎んでいたのでは

やはりヤン艦隊は過不良軍人と息子の巣窟だったのである
(実際ヤンファミリー以外でも艦隊の若手モブ然と論争したりヤンに直訴に行こうとかやってたし)
140 ななしのよっしん
2020/03/17(火) 21:34:34 ID: N5gofwlZ7g
つーてもトリューニヒトも、軍拡しろ〜もっと予算をよこせ〜とはいうものの、実際に会戦したらぼろ負けになるのは(少なくともボストリューニヒトは)わかってるしなぁ。
発言を削りこそすれ、自分たちが実戦部隊のトップにとってかわるなんて御免被るんじゃないか?
141 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 01:20:06 ID: ZsoXJMYKOG
何十歳も年下のフレデリカに「お人柄に甘えて申し上げると、私もビュコック提督が好きですわ」と言われて「そりゃ内に聞かせてやりたい」って素直に喜べる気のいいじいちゃんなのが好き。
いや、下に褒められるとなぜか「生意気だ」とか「失礼じゃないか!」って怒り出すご老人がうちの地元にはそこそこいたので。褒めるってのは上から目線の行為、君ごときが褒めるんじゃない!っていう。
そいつらとの違いは、人柄はもちろん、「民主主義は対等な友人を作るための思想」っていうビュコックの考え方もあるのかなって勝手に思った。年をとっても若い人に褒められたら素直に喜べるじいさんばあさんになりたいな。