アレクサンドロス単語

アレクサンドロス
2.9千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

アレクサンドロス由来の名前

英語
Alexander (アレグザンダー)
(慣用表記:アレキサンダー
ラテン語
Alexander (アレクサンデル
フランス語
Alexandre (アレクサンドル)
ポルトガル語
Alexandre (アレシャンドレ)
ギリシア語
Αλέξανδρος (アレクサンドロス)
ドイツ語
Alexander (アレクサンダー
アイルランド語
Alastar (アラスタル
マケドニア
Александар (アレクサーンダル
ロシア語
Александр (アリクサーンドル
(慣用表記:アレクサンドル)
イタリア語
Alessandro (アレサンドロ)
スペイン語
Alejandro (アレハンドロ
ハンガリー語
Sándor (シャーンドル
ペルシア語
اسكندر (エスカンダル
アラビア語
إسكندر (イスカンダル

アレクサンドロス(古典ギリシア語:Αλέξανδρος ラテン文字転写:Alexandros)とは、欧州圏で広く用いられる男性名であり(右表参照)、姓としても用いられる。女性形はアレクサンドラ(Alexandra)。称はアル(Al)、アレックスAlex)、レックス(Lex)、ザン(Xan)、ザンダー(Xander)、サンディSandy)、サーシャSacha)等々。

概要

元々はギリシア神話女神ヘーラー二つ名で、 ἀλέξω 「護る」+ ἀνδρός男性戦士)の」 、つまり「戦士を守護する者」という意味だが、後に広く「人間を守護する者」と解釈された。東ローマを中心とするギリシア語圏ではごく一般的な名であるため、古来よりこの名をもつ聖人は数多く存在するが(参照exit)、洗礼名として欧州全体に広まったのはルネッサンス以降のこと。

アラビア語圏のイスカンダルアラビア文字إسكندر Iskandar)は、アレクサンドロスの転写ألسكندر Aliskandar[1]頭の al- が定冠詞と解釈されて Iskandar と呼ばれるようになったもの。これはアラビア語等では人名にも al-Iskandar のように定冠詞を付ける場合があり(イダーファ(名詞修飾構文)など)、さらに冠詞と名詞を分かち書きせず一続きに書く習慣による。

世界史の人物としては、マケドニア王のアレクサンドロス3世大王)をすことが多い。本項では以降、彼について詳述する。

アレクサンドロス3世(大王)

紀元前4世紀の古代マケドニアの王。フィリッポス2世の子として生まれる。

アレクサンドロスは14歳から16歳までの間、かの有名なアリストテレスのもと、学友とともに教育を受けた。(なお学友はのちにアレクサンドロスを支える将軍となる。)そうしてその4年後、20歳の時にが暗殺されたことに伴い王に即位すると、東方への大遠征を実行した。

東方大遠征

まず、紀元前334年に小アジアトルコ)でグラニコスの戦いを開始した。味方であるマケドニア軍の兵は38,000に対し敵兵は40,000。しかし彼、アレクサンドロスは手な甲冑を着込み、恐れることなく先頭に立ったという。後に続く部下と共にそのまま突進を決め、マケドニア軍の士気は大いに高揚した。彼は勢いをとどめず波に乗り、を投擲して敵将ミトリダテスを仕留め、戦に勝利する。

続いて紀元前333年にシリアのイッソスでペルシャ帝国と開戦(イッソスの戦い)。ダレイオス3世率いるペルシャ軍の兵100,000という破格のものであったが、この時のアレクサンドロスのカリスマ性は尋常なものではなく、それ故ペルシャ軍は恐れ慄き敗走した。、妻などの女性が捕虜となったダレイオスは、マケドニアに対し和を申し出たが、アレクサンドロスはこれを拒否し、ペルシャ帝国に追い打ちをかけた。

次に紀元前332年に反ペルシャの向きが強かったエジプト解放ファラオ称号を戴くと、都市アレキサンドリアを建てた。

その翌年の紀元前331年には、チグリスのガウガメラで、再びダレイオス率いるペルシャ帝国と対峙する(ガウガメラの戦い)。この時マケドニア軍の兵は47,000。しかし対するペルシャ軍の兵20万を軽くえていたが、アレクサンドロスはこれに勝利すると、次々にペルシャの都市侵略虐殺・破壊してまわった。

こうして戦争に次々と勝利した彼は、小アジアトルコ)、エジプトペルシアイラン)、歴史インド世界の北西部(ほぼ現在パキスタン)というとてつもない広範囲を支配下に収めた。

しかしその後、ソグディアナウズベキスタンキルギスタジキスタンに跨る地域)やバクトリアアフガニスタン北部・ウズベキスタン南東端・タジキスタン北西端)方面の遠征中で部下の士気が低下し、祖国マケドニア含むギリシア圏への帰を望む者が現れ始め、溝が生じた。インド方面では北西部を支配下とするが、部下との溝は深まり、これ以上の遠征は断念された。こうして満たされることのないアレクサンドロスは、紀元前323年にスーサへ帰還する。

その後

そんな中でも彼はアラビア遠征を企図していたのだが、志半ばの32歳の若さで急逝してしまう。遺言は「最も強き者が帝国を継承すべし」。

このため後の覇権を争う戦争(ディアドコイ戦争)が勃発し、彼の帝国は重臣のアンティゴノス(マケドニア)・プトレマイオスエジプト)・セレウコスシリア)の手によりに3国家に分裂した。(なお、プトレマイオスしたエジプトは、後にかのクレオパトラを輩出している。)

彼の東方遠征と大帝国の建設は、ギリシア文化東方文化エジプト文化融合を生み、ヘレニズム文化が勃した。なおヘレニズムのヘレニ- とはギリシア自称である。

トリビア 

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ξ という文字ギリシア方言間でも不安定で、例えばギリシア本土の大半の地域では /ks/ の音を χ (kh) で表すのが一般的であった(それがラテン文字に借用されたのが x である)。よって異言への借用過程で k と s が入れ換わる程度は十分に起こり得る。

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アレクサンドロス

132 ななしのよっしん
2020/08/21(金) 18:37:01 ID: ZXeLITIdZk
国王が他の一兵卒と一緒に最前線に立って突撃していくというあたりおかしいだろ
133 ななしのよっしん
2020/09/05(土) 11:44:03 ID: X8QjMuwmNP
>>132
当時の総大将は基本そんなもんなのよ。この人の場合はスケールとかがおかしいだけで
134 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 08:39:26 ID: SoUEANWBvs
>>131
晩年は遠征連打と融和政策の所為で部下も付いて来てくれなくなって見限られてたから一族皆殺しだしな
135 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 20:48:28 ID: LT3f2Uce+q
>>133
当時としてもこいつの感覚はかなりズレてる、最前線に立つだけならまだしも一人で敵の塞に飛び込むとか頭おかしい
そういう人間だからこれだけのことが出来たのかもしれないが
136 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 06:27:02 ID: HVkpaOpiQw
>>129
フィリッポスがあと10年長生きしたところでペルシアしてインドまで行けるわけないな
フィリッポスがマケドニアを強くしたのは事実だが
アレクの強さはそういう次元越した何か
137 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 06:38:42 ID: HVkpaOpiQw
>>133
フィリッポスも揮はしてたが
アレクの場合は自ら騎兵の先頭に立って突撃して敵将を討ち取ってくるなんてのを、例え話の類でなくやってたというんだから、異次元すぎるぞ
138 ななしのよっしん
2021/07/06(火) 05:47:19 ID: JBnospfFpv
盗りSLGプレイヤーキャラとしてなら、
モンゴルNTRおじさんコイツで文句なしの東西両横綱

まだ見ぬ息子を自らの腕に抱く機会でもあれば、
継承に対する考えも少しは変わってたのだろうか
139 ななしのよっしん
2021/08/06(金) 23:43:44 ID: skzWTytxjn
史上2番に広い範囲を支配したマケドニア人(1位はマレンコフ)
140 ななしのよっしん
2022/02/10(木) 12:53:44 ID: k1sbA6YJ3e
西欧史観によって最も過大評価された戦争が上手いだけの蛮族侵略するだけ侵略してまともに統治できずすぐに崩壊、そこらの蛮族と何が違うんだ?
141 ななしのよっしん
2022/03/04(金) 02:37:20 ID: 1n8qW57Mce
それは何かい?
東亜共栄圏を想い描いたどっかの皇民に喧嘩売りたいのかい?
おまえの爺ちゃんかひい爺ちゃんあたりはそのために命をった蛮族だし
その蛮族チンカスからお前が生まれたんだぞ?
誇らしいなぁオイ。

急上昇ワード改

2022/07/05(火)05時00分 現在

おすすめトレンド