アレハンドロ・ホドロフスキー単語

アレハンドロホドロフスキー

アレハンドロ・ホドロフスキーとは、チリ出身の映画監督である。

概要

ロシアチリ人。代表作は「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」など。

カルト映画巨匠として知られ、一般的にはあまり評価されない「変な映画」が好きな映画ファンたちからは、絶大な人気を得ている。

活動拠点のアメリカにおける「カルト映画」と呼ばれる作品群の先駆けを作った人物である。

代表作の「エル・トポ」は通常の映画館で上映するには内容がドギツ過ぎるとの理由で、なかなかアメリカ内での買い手がつかず、アングラ系のマイナー映画館での限定上映となった。ところがこの映画館での上映が評判を呼ぶと、デニス・ホッパーやピーター・フォンダ、果てはジョン・レノンといった有名人までもが鑑賞に訪れるようになり、『にみんなで集まって、大麻を吸いながら頭がハイになった状態で楽しむ映画』として一躍有名になった。

その後、この映画を気に入ったジョン・レノン映画の権利を買い取り、ニューヨークの一流シアターでも上映されるようになったが、やはり一般受けはせず、僅か3日で打ち切られた。

この一件がきっかけで、アメリカ映画界(のマイナーな配給会社)では「第二のエル・トポ」を探す動きが始まり、これが後につづく「ミッドナイト映画」「カルト映画」と呼ばれるアメリカ映画界独自の文化の発展へとつながった。

本人は監督以外にも脚本・演・作曲と、映画作り全編に携わっており、そのため非常に監督自身の作家性が強く反映された作品が多い。一方で寡作であり、何度かB級大作映画企画も立てていたが、そのほとんどが頓挫している。

2013年には、およそ20年ぶりの新作「リアリティダンス」を発表し、相変わらずのカオスな作と共にその健在ぶりをアピールした。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

アレハンドロ・ホドロフスキーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アレハンドロ・ホドロフスキー

1 ななしのよっしん
2019/01/01(火) 00:48:10 ID: nhfg+37kti
コメ

「ホドロフスキーのDUNE」で彼の存在を知りました
ただ、自分は直接的な流血とかの映像が苦手なので、エルトポとかホーリーマウンテンを直視できるかどうか・・・