アンジェリカ(Fate)単語

アンジェリカ

アンジェリカ(Fate)とは、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』に登場するキャラクターである。

白石涼子

概要

美遊の世界にて暗躍する魔術師一族、エインズワース兵であるドールズの一人。
ツヴァイ!』ラストにて、相棒であるベアトリスと共に突如として現れ、美遊を攫っていく、という衝撃的な登場を果たした。
舞台が美遊の住む世界へと移した『ドライ!!』 にて、美遊を奪還しようとするイリヤたちに対してエインズワースの一員として立ち塞がる。英雄王ギルガメッシュクラスカードを用いて、その暴威を振るう。
基本的に無表情で、淡々とした女性それでいて本作どころか、シリーズ全体で見てもトップクラスのグラマラスボディの持ちなおかつ、その言動は威圧的かつ高圧的。
その一方で、自身が仕えるエリカには懐かれており、その世話を焼いている。なおかつ、その性格から来る生さからか、やや天然な発言&行動も見受けられる。また、ベアトリスによって引きちぎられたエリカぬいぐるみ修繕しているのは彼女のようだが、反面ファッションへの興味関心/ZERO、と女子力があるんだか、ないんだかよくわからない御仁。の噂では、寝る時は全裸なんだとか。
彼女エインズワースに対する忠心はもはや心酔と呼べる域のもの。故に、敵対者に対しては情け容赦ない。だが、時として自分と相容れない者に対しては情や憎悪を剥き出しにする場面も見受けられる。その筆頭格が美遊のであり、その間柄は因縁浅からぬものである。

相方ベアトリスが圧倒的暴力によりイリヤ絶望の淵に追い込んだのに対し、彼女エインズワースの正義=滅びの運命を辿る世界にて、美遊という聖杯を用いることによる人類救済を説くことで、イリヤに非情な現実を突きつける。
しかし、揺るぎなき決意を胸に戦うクロの奮戦により、イリヤは「世界も美遊も両方救う」という答えを導き出す。
そんな彼女らに美遊を取り戻されてしまい、エインズワースの総をもって彼女らを叩き潰しにかかる。
その驚異的な戦闘力彼女らを圧倒するが、クロと救出され加勢してきた美遊のの二人を前に敗北。そのままエインズワースから見放される形となってしまう。
戦いが終わってからはイリヤたちに保護されるも、以前の冷さや威圧感はすっかり消え失せてしまい、機械的な受け答えばかりになってしまった。その様子は、文字通り人形そのものである・・・・

本名はアンジェリカ・エインズワース
本作における宿敵にしてエリカ、そして美遊のこと衛宮士郎のかつての友人でもあったジュリアンのに当たる人物である。
より正確に言うならば、既に亡くなってしまった「アンジェリカ・エインズワース」という人格を置換されたドールズ。
そもそもドールズとは、エインズワースの置換魔術によって死者の人格を植え付けられた人形による兵隊。だが、それは全な死者蘇生とは程遠く、むしろその人格に何らかの歪みが生じるという。
アンジェリカの場合は感情の喪失であり、既に九割が失われているという。前述のしい感情の数々は単なる演技らしい。また、エインズワースによって細工が施されており、重要な情報に関しては強制的に黙秘、という形で情報の遮断を行なっている。
そうして正体が明らかになった彼女から告げられたのは、の敵ダリウス・エインズワースの真実
彼こそがエインズワースの祖であり、歴代当はやがてダリウスに置換されていくという事実。当然、ジュリアンも例外ではなく、彼も次第にダリウスと化していっている。
「両方救う」と決意したイリヤに、アンジェリカを救うよう頼む。そのから一筋の涙を流しながら・・・・

能力

英雄王ギルガメッシュを宿したアーチャークラスカードの所持者。
夢幻召喚により、を装備した姿となる。ちなみに、髪型ツインテールおまけに、本家べて露出度も高く、大変素晴らしい御体を拝見することができる。
本人同様に、あらゆる伝説の原典とも言える宝具の数々を掃射する、という戦法を取る。また、これに加えて複数のカードを所持しているため、これを用いて宝具名解放を可としている。
なお、そのギルガメッシュ子ギルとして顕現しているため、彼との戦いは同一のの保持者として宝物庫の宝具の奪い合いの様相を成している。

しかし、彼女価はエインズワース独自の置換魔術にある。
そもそも、置換魔術とは錬金術から生した系統で、何かを何かで置き換える魔術。ただし、原則としては劣化交換にしか至れない下位の基礎魔術だという。
ここでは詳細をくが、エインズワースはその置換魔術に特化した一族であり、同時にその在り方は特異そのもの。
アンジェリカはその優れた置換魔術の使い手であり、戦闘においても応用している。
以下は、作中にて彼女が用いた置換魔術

これらを見れば、彼女の用いる置換魔術ギルガメッシュである王の財宝との相性がどれだけいいか、わかるだろう。あと、合戦。
彼女の言動の端々からは、エインズワースであることに誇りを持っているような印を与えるものが多く、ギルガメッシュよりも、こちらに重きを置いている節もある様子を見せる。
だが逆を言えば、その置換魔術に頼りきってしまっている、と言っても過言ではない。間置換による転移を読まれたために、その死からのクロの攻撃により大敗を喫する結果となってしまった。

余談

彼女の戦の高さや、イリヤたちの反撃が始まるまでは、ずっと エインズワースの ターン、と言わんばかりの展開であったために見過ごされがちだが、実は彼女の戦績はあまり芳しくない。
以下、彼女の戦いの履歴。

  • 子ギル
    の鎖使用により彼の逆鱗に触れてしまい、200以上の宝具を奪い返されてしまう。戦い自体は彼優勢のままお流れとなったが、彼女のとある行為のためにイリヤたちの逆襲を許してしまう。
  • 対クロ&美遊の
    前述のとおり、二人を相手に敗北
  • 対美遊の戦(過去編
    戦い自体は彼女勝利に終わったが、肝心の美遊はイリヤたちの世界へ飛ばされたため、この時点で的を達成することはできなくなってしまった。

子ギルく「傲慢慢心まで真似なくたっていいのに」とのこと。
流石の彼女でも、少なからず慢心王の影を受けてしまったのかもしれない・・・・
ちなみに、ギルガメッシュカードは使用すれば逆に乗っ取られかねないほど危険なもの。このために美遊はたった一度使っただけで乗っ取られそうになったが、その隙を突かれてカードジュリアンの手に渡ってしまい、破棄されそうになってしまう。
最終的に子ギルの手元に戻ったが、AUOはどこにいてもAUOである・・・・

なお、美遊のに対しては、後に特定の男性に対して特攻効果を発揮する礼装にて一矢報いた(?)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AB%28fate%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンジェリカ(Fate)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アンジェリカ(Fate)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード