アンストッパブル単語

アンストッパブル

アンストッパブルとは、2010年開のノンフィクション映画である。98カラー

概要

トニースコット監督遺作

2001年アメリカ合衆国のオハイオ州で発生したCSXトランスポーテーション8888号機関車貨物列車暴走事故を題材にした作品。

内容は実在事故と同じく、大ディーゼル機関車が人為的ミスにより、停止不能となり、掛けて走り続け、それを二人の鉄道員が必死に停止させる様子を描くもの。

劇中で行われる停作戦は、実在事故生時に立案もしくは実行されたものを映像化しており、非常にリアリティ追求している。但し、映画ということもあって後述のように若干史実を脚色している部分はあるという。
エンドロールで、『この映画を今は亡きホーリー・ノートンげる』という一文が出るが、これは主人公モデルになった実際の列車を止めた本人であるジェス・ノートン氏の妻がこの映画開を待たずして亡くなってしまったことに対しての追悼文である(映画主人公も4年前に妻を亡くしているという設定)。ジェスが日本バラエティ番組に登場した際にこのエピソードにも触れており、映画完成を見せられなかったことが残念であるとっていた。

映画ラスト主人公らが表されている場面があるが、実際にはセレモニーもなく、翌日から普通鉄道勤務を全うしたそうである。

行的には微妙だったものの、批評家レビューからは概ね好意的な意見を得ており「職人芸の映画」とも評されていた。先述のとおり、この映画開された僅か2年後に監督トニースコットは自ら命を絶ってしまい、結果的に最期の作品となった。

実は1966年にほぼ同じ題材を扱って黒澤明映画化を考えていたとされる。そのタイトルは『暴走機関車』でハリウッドでの作品化を予定していたそうだが、諸々の事情で流れてしまったらしい。後にこの企画1985年アンドレイ・コンチロフスキー映画にし、アカデミー賞にもノミネートされている。

あらすじ

ペンシルベニア州の操場で最新鋭のディーゼル機関車777号が39両の貨物を連結したまま暴走を始めてしまう。

当初は、自動的にブレーキがかかるものと考えていたものの、列車はどんどん速度を上げていってしまう。
しかも、この貨車には大量の発火物質が搭載されていることが判明。このまま地まで走ってしまえば、大惨事は免れない。

前方に別の機関車を付ける、脱線機を用いる、燃料タンク付近の非常停止スイッチ狙撃などの作戦はことごとく失敗。 
その頃、旧1206号機関車で貨物輸送をしていたベテラン機関士のフランク新米ウィル777号の状況を知り、1206号を777号の引いている貨車の後ろに連結し、後部から牽引することでブレーキをかける作戦に出る。

果たして777号を止めることはできるのだろうか!? 

関連動画

アンストッパブルに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

アンストッパブルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンストッパブル

1 ななしのよっしん
2014/06/16(月) 23:27:16 ID: fdG6JSwI8s
てっきウイニングポストシリーズに登場する
スーパーホースの名前かと思った
2 ななしのよっしん
2014/09/13(土) 12:19:38 ID: DX2Eg3NIE6
この抑えがたいB級臭はもったいないよな
100億円かかってる大作だしめちゃくちゃ面いのに
3 ななしのよっしん
2015/08/06(木) 03:28:29 ID: BKao2KfVqP
あー見たような気がする
確か面かったと思ったはず

急上昇ワード