アンソニー・ホプキンス単語

アンソニーホプキンス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アンソニー・ホプキンスAnthony Hopkins, CBE, 1937年12月31日 - )とは、イギリス俳優である。

概要

ウェールズの港町、ポート・タルボットにて生を享ける。実家パン屋だったが、若くして演劇を志すようになった。
失読症(ディスクレイシア)であり、文字を読む事が苦手だったが、台本の台詞を何度も繰り返し読んで覚えた結果、する事に成功。ウェールズ演劇学校を経てロンドンロイヤルアカデミーオブドラマティック・アートで演技を学び、舞台俳優としてスタートを切った。

彼の演劇論は「演技は絵事であり、全ては台本の中にある」というもの。
リアリティ底的に追及するロバート・デ・ニーロとは対照的で、いわゆる「デ・ニーロ・アプローチ」に対しては批判的。台本の全てを底的にチェックして暗記し、それによって役を自然に、かつ璧に演じている。

舞台俳優としての自然かつ高い演技は評価され、1968年の『ライオン』にてデビューする。
1980年にはデヴィッド・リンチ監督の『エレファント・マン』にてトリーブ医師役を演じた。醜悪な奇形青年ジョン・メリック見世物小屋から引き取り、病状を観察する中で彼の高潔な魂に気づき、少しずつ心を開いていくという役どころである。

1991年トマスハリスの小説原作とする映画羊たちの沈黙』にてハンニバル・レクターを演じる。高度な知性を持つ食人の「怪物」を見事に演じ、同年のアカデミー賞男優賞にいた。
その後続編の『ハンニバル』、前日譚の『レッドドラゴン』でも同役を務めたが、あまりのインパクトに自分のイメージが固まってしまった事もあってか「レクターはもうこりごり」とっている。

1992年フランシス・コッポラ監督の『ドラキュラ』では、ヴァンヘルシングを務めた。新たな解釈で描かれた吸血鬼の恐怖に、仲間と共に敢然と敢然と立ち向かう教授を好演している。
1993年カズオ・イシグロ小説原作とする映画日の名残り』にて役を務める。失われゆく貴族の時代、忠実にの一切を差配する執事を通じた切なさとユーモア溢れる描写は評価が高く、多数の賞にノミネートされた。

2005年の『世界最速のインディアン』では実在オートバイライダーバート・マンローを演じた。オートバイでの世界速記録に挑戦する老の男を好演し、本人によると「これほど自分みたいなキャラクターは今までなかった」そう。
近年でもアメコミ原作の『マイティ・ソーシリーズにてオーディンを演じるなど、御歳80歳を迎えた現在でも第一線で活躍している。

余談

関連動画


関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンソニー・ホプキンス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アンソニー・ホプキンスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!