アンチウイルスソフト単語

アンチウイルスソフト

アンチウイルスソフトとは、ウイルススパイウェアなどのマルウェア(不正なプログラムの総称)から、コンピュータを防御するソフトウェアのことである。
「ウイルス対策ソフト」や「セキュリティ対策ソフト」等、それぞれの機に応じた様々な呼称がある。

概要

コンピュータが消費者の間に普及し始めた当初は、コンピュータに対する脅威が多様化していなかったため、コンピュータウイルスを駆除する「アンチウイルスソフト」が多かった。

しかし、インターネットの普及が進むに連れ、消費者の間でもコンピュータウイルス以外の新たな脅威による被害を受けることが現実味を帯びてきた。コンピュータ上のデータや操作状況に関する情報を不正に送信し、情報の漏洩につながる「スパイウェア」や、望まない広告表示やブラウザなどの設定変更を強制する「アドウェア」など、多様な「マルウェア」によって引き起こされる被害への対策が必要となった。

このような状況のもとで、多くのアンチウイルスソフトも多機化が進み、より防御機が強化されていった。

現在は、アンチマルウェアだけでなく、ファイアウォールフィルタリング、外部と送受信するメッセージスキャンする機など、様々な防御機を持つものが多い。コンピュータを総合的・包括的に防御するソフトウェアは「セキュリティスイート」「インターネットセキュリティスイート」と呼ばれる。

また、包括的なセキュリティ対策ソフト以外にも、アンチスパイウェアソフトファイアウォールソフトなど、機を絞ったソフトも存在する。

近年では、スマートフォンの急速な普及に伴ってスマートフォンを狙うマルウェアも多数登場しており、スマートフォン用アンチウイルスソフト/セキュリティソフトの市場が急速に拡大している。

一方で、セキュリティ対策に有益なソフトであると見せかけた「偽セキュリティソフト」も数多く出回っている。偽セキュリティソフトの中には、マルウェアのように振る舞うソフトもある。

また、サードパーティ(開発元以外の第三者的な存在)が製作・販売するセキュリティ対策ソフトが、かえってユーザーの安全性や利便性を損ねているという摘も一部で聞かれるようになった。

セキュリティ対策ソフトを導入する際には、そのソフトの内容や動作、また開発元・提供元の企業が信頼できるのか、ユーザーは十分に確認する必要があると言えよう。

主要な機能

マルウェア検出機能

マルウェアウイルススパイウェア、アドウェアなどの不正なプログラムの総称)を検出する機のこと。多くのウイルス対策ソフトは、常時、マルウェアの侵入・感染防止のため監視する機を持っている。 また、任意のタイミングスキャン(検)する方法や、任意のファイルのみをスキャンする機も備えていることが多い。

この仕組みを特化させ、ウェブブラウザメールソフトを集中的に監視し、マルウェアシステムに到達する直前にブロックする機を設けている製品も多い。

現在流通している一般消費者向けのセキュリティソフトの検出方法としては、に以下の3つがあげられる。

ファイアウォール機能

外部からの不正なアクセスを防ぐと共に、自分のパソコンから外部へ通信する内容を制御する機のこと。 多くの有償版セキュリティソフトには、独自のファイアウォールが付属している場合が多い。

一方で、最近の製品には、独自のファイアウォールを設けずにOS標準のファイアウォールを「補強」することにしたものもある(トレンマイクロ社のウイルスバスタークラウドや、Avira社のAvira AntiVirusなど)。

その他の機能

近年は、セキュリティソフトの多機化がますます進み、このページには書ききれないほどの多種多様な仕組みが施されている。

導入するメリットとデメリット

主なメリット

主なデメリット

スマホにもセキュリティ対策ソフトは必要なのか?

スマートフォンパソコンと異なり、搭載されているOSによりセキュリティソフト(アプリ)の導入の必要性が異なると摘されることもある。
当記事では、特にシェアが大きな「Android」と「iOS」について書く。

Android

Androidは、公式アプリストア以外で提供されているアプリも導入できるほか、そもそもユーザーにとっての自由度がiOS較して高いと言える。これらの特徴は、裏を返せばセキュリティを侵す犯罪者側にとっても魅的なものとなる。

また、公式アプリストア内で配信されているアプリの中にも、不正なアプリが紛れ込むこともあり、「公式アプリストアでダウンロードしたから安心だ」とは断言できない状況にあると言えよう。

こうした現状を鑑みて、信頼できるセキュリティアプリを導入したほうが良いという摘があり、要な情報セキュリティ機関の中にも「セキュリティアプリを導入すべき」だと呼びかけを行うところもある。

一方で、過去Google技術者の一人が、「AndroidiOSなどにはアンチウイルスソフトウェアは必要ない」としたことがある。

このように「セキュリティアプリは必要だ」という摘と「不要だ」という摘が対立していることもあり、ユーザーは自身で導入の是非を考えねばならない状況にあると言えよう。

(参考リンク情報処理推進機構 IT社会を、守る、育てる:スマートフォン
http://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/pr2012/general/03_smartphone.htmlexit

(参考リンクCNET Japan グーグルオープンソース責任者、モバイル用ウイルス対策ソフト業者を非難
http://japan.cnet.com/news/business/35010771/exit

iOS

iOSは、Androidべればセキュリティアプリ導入の必要性が低いとされる。

iOSは、Apple運営する公式アプリストア以外から配信されたアプリインストールできないだけでなく、そもそもアプリストアでアプリが配信されるまでに厳格な審が行われているため、不正なアプリを知らぬ間にインストールする危険性が低いのとされている。

また、シマンテックの公式ブログ記事によれば、iOSはその構造上、リアルタイムスキャンする機を備えたセキュリティアプリインストールすることができない。したがって、iOS向けのセキュリティアプリは、フィルタリングスマートフォン紛失時の位置探知機が中心となる。

(参考リンクノートンブログ 不正アプリからスマホを守るセキュリティアプリの選び方
https://japan.norton.com/security-application-4301exit

本当に、お金を払ってまでセキュリティ対策ソフトを導入すべきなの?

あくまで筆者談ですが・・・
実際のところ、様々な意見があるのが現状です。ありきたりな言い方ですが、まさに人それぞれとしか言えません。

ただ、昨今ではサードパーティ(第三者にあたるメーカー。この場合は、OSの開発元以外をす)が製作・販売するセキュリティ対策ソフトによって、たびたびトラブルが発生していることも報告されています。

特に、一部のサードパーティ製のセキュリティ対策ソフトでは、それ自体に脆弱性があることが発見されるなどして、結果的にセキュリティ上の懸念が生じるといった事態も起きています。

また、OSの開発元が標準機としてセキュリティ対策機を搭載する傾向も強まっています。

サードパーティ製のセキュリティ対策ソフトは、もはや下記の「やるべきこと」を遵守しているユーザーであれば、必ずしも導入しなければならないという存在ではないのかもしれません。

Windowsでは…

例えば、Microsoft社の最新のOSである「Windows 10」では、ハードウェアさえ対応していれば、常に最新のアップデートを入手することができるシステムになりました。

さらに、同OSでは「Windows Defender」と称するセキュリティ対策システムが展開されるようになり、一般ユーザー向けの「Home」でも、消費者レベルであれば十分なセキュリティ対策が提供されるようになりつつあります。

2018年現在では、一般向けのWindowsにも、セキュリティ対策が標準機として組み込まれつつあるのが現状なのです。

(参考リンクWindows 10 Creators Update、新セキュリティ管理機「Defender Security Center」搭載へ - ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35095492/exit

(参考リンク)「Windows Defender ATP」を複数プラットフォーム向けに拡へ--セキュリティ企業と連携 - ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35110140/exit

Androidでは…

Googleによって開発・展開されている端末向けOSAndroid」でも、昨今ではセキュリティ対策機の強化を打ち出されるようになってきました。

2017年には、「Google Play Protect」という名称で、Android搭載端末に向けたセキュリティ対策機提供されるようになり、マルウェア対策機や紛失・盗難時の位置探知機などが標準で含まれるようになりました。

ただ、Androidの特徴として、数多くのサードパーティメーカーが製造・販売しているスマートフォンに搭載されている点があります。

多くの製造メーカーでは、Google自身が最新のアップデート提供し始めても、直ちに対応することはほとんどく、OSアップグレードもままならないモバイル端末も少なくありません。

現実的には、セキュリティアップデートを適用しにくい状況が善されない限り、引き続き注意を払い続ける必要があるといえるでしょう。

(参考リンク機械学習で有アプリ検出強化、GoogleAndroidセキュリティ動向報告書を発表 - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/16/news062.htmlexit

(参考リンク)「Android」をセキュリティスキャンする「Google Play Protect」提供へ - CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35104578/exit

結局のところ…

「めんどくせぇ!セキュリティソフトなんか要らねぇんだよ!」

……そう言わずに、素直になってください。昨今では、危険なマルウェアが溢れかえっているので、おとなしく導入したほうがいいです。本当に。

もし、あなたが最新のWindows10ユーザーであれば、標準のセキュリティ対策機が組み込まれているので、それを利用してくださいね

「お金が無いから、ウイルス対策ソフトなんて入れられないんだよね…」

最新のWindows10であれば、標準機としてセキュリティ対策機が組み込まれているので、まずはそれを利用してみてください。何も入れないよりはかにマシです。

何も入れないよりは信頼できる何かを入れたほうがいいので、償版だからと敬遠せずに検討してみてください。

「高いセキュリティソフトを入れた。もう何も怖くない」

そのように考えるのは危険です。

どんなに高価で高機なセキュリティソフトでも、コンピューターセキュリティ上のリスクから100%保護することはできません。

また、セキュリティソフトの導入だけでは、セキュリティ対策としては全く不十分です。

セキュリティソフトの導入よりも最初に、まずは下記の対策を行うことが肝心です。これによって、セキュリティ対策がはじめて成立します。

~特にチェックしたほうが良いソフトウェア

ファムウェア
PCスマートフォンルーター等に組み込まれているファムウェア

OS
WindowsmacOSAndroidiOSなど

ウェブブラウザ
Internet ExplorerGoogle ChromeMozilla Firefoxなど

プラグイン
Adobe Flash PlayerAdobe ReaderJava Runtime Environmentなどのプラグイン

アプリケーションソフト
Microsoft OfficeiTunesなどのアプリケーションソフト

「なるほど!じゃあ高性能なセキュリティソフトを2重3重に入れたら、もっと効果的なんだね!」

重大なシステムトラブルに繋がるおそれがあるので、複数のセキュリティソフトを併用するのはやめましょう。

ただし、常時監視機を持たないセキュリティソフトには、他のソフトとの併用が可な場合もあるので、開発元、提供元の説明に注意しましょう。

「結局、どのソフトを選べばいいのかわからんぞ!」

…実は、筆者自身にもわかりません。

ネット検索すると、確かに多くの情報が出てきます。「これがいい」とか「あれは最悪」など、あまりにも多くの書き込みがあって、これではかえって混乱してしまいますよね。

ただ、このような書き込みのなかには、根拠に乏しい情報や人々を煽るための情報もあるので、みにするのは賢明ではありません。一応、セキュリティ対策ソフトを選ぶ際の標には、以下のような点があげられるかと思います。

  • 開発元のブランド歴史
    「名前で選ぶのかよ」と突っ込まれそうですが、迷った時には意外にも重要な視点となり得ます。
  • ネット上の書き込みやクチコ
    「結局それかよっ!」と言われそうですが、これらの情報もすべてが不正確であるとは言い切れません。。また、過去に発生した深刻なトラブルなど、開発元がにしたがらないことも知ることができるかもしれませんので、調べてみる価値はあると思われます。

サードパーティ製のセキュリティ対策ソフトの一覧

この項では、有名な一般ユーザー向けのセキュリティ対策ソフトを、アルファベット順に列挙する。
マーク付きは記事あり

……これらのような多機セキュリティ対策ソフト以外にも、脆弱性緩和やランサムウェア対策など、特定の分野に機を絞り込んだソフトもある。

関連項目

関連ウェブサイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンチウイルスソフト

20 ななしのよっしん
2015/01/07(水) 12:24:59 ID: LPjEZuaPWa
>>19
かわいい
21 ななしのよっしん
2015/02/16(月) 22:35:19 ID: eVhQlj5l6S
キングソフト使ってるんだけどモルスァページ見ると警告してくるぞ
22 ななしのよっしん
2016/07/09(土) 19:15:36 ID: rkPsYldyYx
上の元記事の記載内容をベースとして、加筆・修正してみました。

http://dic.nicovideo.jp/r/u/57024523/2381590
↑このユーザー記事にて、下書き開しています。

みなさんのご意見やご提案をお待ちしております。もし異議の申し立てや新たな提案・意見がなければ、この内容で編集依頼を出そうと思っています。

一般レベルの知識しか持たない私ですが、逆にそんな立場を活かして書きました。内容をご覧いただければ幸いです。
よろしくお願いします。
23 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 16:05:20 ID: B/XIwJ53P3
アバストがAVGを買収したらしいね
アバストは誤検出が多いから使わなくなったけど最近はどうなのかな
24 ななしのよっしん
2017/12/03(日) 12:53:58 ID: P19kf02Kug
>>22
。だが、ヒューリスティックと振る舞いについては、おかしいと思ったので直しました。
25 初稿作成者です
2018/01/04(木) 21:14:38 ID: rkPsYldyYx
>>24
はじめまして。>>22です。ご摘と修正、ありがとうございます
ヒューリスティック検知の部分について、めていくつかの資料を確認したところ、確かに私の当初の書き方では正確とはいえませんでした。失礼しました。

・「静的ヒューリスティック検知」と「動的ヒューリスティック検知」を、やや混同していたようです

・消費者向けのセキュリティ対策ソフトでは、「動的ヒューリスティック検知」を、「仮想環境下で実行する方式」と「実環境で実行されている方式」とで分けている製品が少なくない

・上記のような製品では、仮想環境下で実行して検知する方式を「ヒューリスティック検知」に含め、実環境下で実行されているものを検知する方式を「ビヘイビアまたは振る舞い検知」と称している場合が多い

IPA2000年代初頭に出している資料では、仮想環境下で実行する方式は「振る舞い検知」としているようです

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
26 ななしのよっしん
2018/02/22(木) 08:02:11 ID: 853C5RfHlO
泥タブにCleanMaster入れてるけど実際どう役に立ってるか実感しにくい。
27 ななしのよっしん
2018/03/19(月) 18:05:33 ID: bPtLeaxuqK
ここで聞くのもアレだけど自分がネットざっと口コミ見た感じじゃ
ノートン・ESETカスペルがよく上位に見かけて
次点にZEROスーパーやBITDEFが来ることが多いけど

PC海外エロサイト見まくるならどんなのが良いんだろうかね
今はESETが終わって次を探してる最中だけど
28 25
2018/04/12(木) 06:47:10 ID: rkPsYldyYx
皆さん、こんにちは。
さて、こんど編集依頼として次の内容を出してみようと思っています。
https://dic.nicovideo.jp/p/u/57024523/2578674

な変更点
1 この記事の内容が若干古くなっていたので内容を追加・修正したこと
2 細部の言葉遣いの訂正等

また、この記事の冒頭に商標ロゴマークを描いたイラストが数年前より掲載されていますが、あまりよくないかと思います。また、関連商品と関連動画の項は、内容が数年前のまま且つ今の状況に合っていない内容であるかと思います。
編集依頼では、ひとまずそのふたつは内容から削除しております。

ご意見などお寄せいただければありがたいです。しばらくご意見や摘などがければ、このまま編集依頼に出そうかと考えています。よろしくお願いします。
29 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 16:34:36 ID: CEE2lDmsTl
なんだこのクソ親切な記事は…