アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー単語

アントワーヌオーギュスタンクールノー

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノーAntoine Augustin Cournot1801年〜1877年とは、フランス数学者、哲学者、経済学者である。

概要

世界で初めて需要曲線を定義しかつ描いた経済学者。さらに経済学において、極大問題の解決に微積分を初めて用いた人でもあった。

独占市場や寡占市場においての均衡理論を展開し、経済学部公務員志望の人が習う「寡占市場におけるクールノー均衡」のクールノーさんとはこの人である。クールノー均衡とは寡占市場(特に二企業による寡占)ではお互いがお互いの産出量と値段を見つつ、自らの産出量と値段を決定するというものである。

クールノーの著書は出版当初、世間からガン視されたため彼は落胆し25年間経済学の研究を止めてしまった。しかしそれでも後期の著作「富の理論の原理」と「経済学要綱」で読みやすくする為に数学の使用をやめてまで復帰したが、それでも哲学数学分野の功績にべれば生前クールノーが受けた経済学の名誉は乏しかった。

ルラスにも言えることだが、当時の経済学はあまり数学を使わないものであったので、数学経済の説明に用いたワルラスやクールノー視されてしまったのだ。しかし、クールノーの著作は彼の死後、他でもないワルラスを含めたジョボンズマーシャルの手によって再評価され限界革命に大きな貢献を果たした。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アントワーヌ・オーギュスタン・クールノーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!