アントン・フェルナー単語

アントンフェルナー
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アントン・フェルナーとは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場人物である。

Cv.堀内賢雄石黒監督OVA)、千葉一伸Die Neue These)。

略歴

前半生の経歴は不明。原作石黒監督OVAでは初登場時期が少々異なるが、、いずれにせよ本編登場時点はゴールデンバウム朝銀河帝国の門閥貴族であるオットー・フォン・ブラウンシュヴァイク公爵に仕えている。

石黒監督OVAでは帝国487年、ブラウンシュヴァイクの専横とフリードリヒ4世の頽ぶりを憎んだクロプシュトック侯がブラウンシュヴァイクの館にて爆弾テロを起こす事件(クロプシュトック事件)が起きる。両名とも大事はなかったが、昂したブラウンシュヴァイクは自ら討伐軍を編成しクロプシュトック侯の領地へと侵攻する。その際、彼の邸宅を包囲した陸戦隊指揮官がアントン・フェルナー大佐であった。現場に駆け付けたブラウンシュヴァイクは邸宅への撃を命じるが、邸宅の前面にルドルフ大帝の立像があったためこの命やんわりと拒絶。結果的にクロプシュトック侯が自決する時間を与えている。

原作での初登場は帝国488年。ラインハルトクラウス・フォン・リヒテンラーデに擁立されたエルウィン・ヨーゼフ2世の即位に不満を覚えたブラウンシュヴァイクは、同様に彼らに不満を持つ貴族らとリップシュタットの盟約と呼ばれる同盟を結成。両者は一触即発の状況となる。内戦によるの疲弊と臣民の苦悩を憂慮したフェルナーは、シュトライト准将とともにラインハルト暗殺を提言。しかし、臣民など眼中にはなく自身が正面対決で負けるハズがないと考えていたブラウンシュヴァイクはこれを却下。それでも、暗殺による時局収拾を諦めきれないフェルナーは単独での暗殺を決意し、少数部隊でラインハルト元帥府を襲撃する。だが、計画はラインハルトらには見破られており、待ち伏せを受けて退却。一連の騒動によりブラウンシュヴァイクら門閥貴族首都オーディンを脱出せざるを得なくなり、結果的に全面内戦への突入をめることになった。

一方、観念したと言うよりラインハルトの知略に感したフェルナーはそののうちに単身で彼の元へ出頭。その胆と忠心観にラインハルトも感心し、パウル・フォン・オーベルシュタインの部下になるように命じられる。

石黒監督OVAでは、門閥貴族に近かった経歴が買われたものか、戦役中はリップシュタット連合軍の内部分裂を煽る工作に従事。オフレッサー上級大将の処刑や、部下のヤーコプ・ハウプトマンを通じた離間工作で大きな役割を果たす。特に後者ブラウンシュヴァイクにとって最良の副官であり忠臣であったアンスバッハを密告により失脚させ、多くの民心を貴族連合から離反させたヴェスターラントの虐殺を招来。さらに、ガイエスブルク要塞内の制御室で反乱事件を起こさせ要塞の化に成功するなど、戦局への影は非常に大きかった。

戦役後もオーベルシュタインの下で副官として任務に邁進。新王成立後には軍務尚書となったオーベルシュタインの官房長(兼軍務調局長)を務めた。ロイエンタールの反乱事件後に旧同盟領にオーベルシュタインが赴いた際も随行したが、ラグプール刑務所の暴動事件の際に負傷し入院。それ以降は本編で登場することはなくなった。

人物

大変な自信であり、ふてぶてしいまでの胆は作品の中でも随一である 。暗殺を図り失敗すると、その日のうちに部下として自分を使うよう売り込むと言う大胆不敵さはラインハルトでさえ口をあけて然とさせている。しかし、忠心とは宝石であって価値の分かる人間に使われてこそくと言う説明は大きく感心させたようであり、苦笑しつつもその営への参加を許している。この説明はのちにコンラート・リンザーキルヒアイスるように、リップシュタット戦役の意義そのものであった。

また、戦争による不必要な人命の損失を嫌って陰謀で対処しようとした点は、のちに上となるオーベルシュタインと通じる点もある。ラインハルトが期待したように部下を萎縮させがちだったオーベルシュタインの元でもその堂々とした態度は健在であり、よくその心情を察し、作中では読者に代弁する役割を度々演じている。オーベルシュタインが積極的に自らの(と言っても、ミッターマイヤーロイエンタール討伐の任を受託した心情を解説したものだが)考えを述べるシーンもあり、信頼関係では他の部下とは較にならないものだったようだ。艦隊戦が流の本作ではやや地味な役職であり、荒事にも数えるほどしか登場していないがその存在感は大きいと言える。

なお、原作における登場時期や役割と主人公側についた経緯、態度から同盟のバグダッシュ較されることが多い。

階級について

原作の初期版では6巻で少将、7巻で准将、8巻で少将、10巻で准将と奇妙な変遷をたどっている。銀河英雄伝説における作者ミスの代表格でファンの間でも有名なもの。ただし、某有名ファンサイトでは冗談交じりに「オーベルシュタインの意地悪」と解説している。なお、以降の版では准将で統一されている。

関連人物

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アントン・フェルナー

23 ななしのよっしん
2017/01/11(水) 00:12:03 ID: lN2DpKBggG
もしフェルナーの襲撃でアンネローゼがされてたら
ラインハルトキルヒアイスからどんなに遭わされていただろう?
痛覚を持って生まれたことを後悔していたかも
24 ななしのよっしん
2017/02/04(土) 18:31:52 ID: op+rb1W5fb
>>23
ライ&キルヒ「生きたまま核融合炉に放り込め!」
25 ななしのよっしん
2017/02/17(金) 18:40:16 ID: 2G9AoqJ6jD
暗殺騒動のタイミングがあまりにも良すぎるから、フェルナーって実はラインハルトオーベルシュタインがリップシュタット営に送り込んだ煽動分子だったんじゃないかとも思える。
同盟に対するリンチ少将みたいに。
26 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 22:13:56 ID: op+rb1W5fb
>>25
さすがにアンネローゼに危険が及ぶ可性がコンマ1パーセントでもあるような策は、オーベルシュタインはともかくラインハルトがGo出さないでしょう。
むしろ、結果オーライで押し切っちまおうくらいに短絡しちゃったんじゃないかな。

なんかこの人は、優秀な上役がいて釘を刺されている間はスマートに特殊工作ができるけど、なんかの弾みにスタンドアロンになった途端にはっちゃけるというか、冒険義に走る傾向があるのかもしれない。
下手すると、グリルパルツァー2号になっちまいかねないな。
27 ななしのよっしん
2018/02/17(土) 02:16:43 ID: 7I828kgiOY
>>26
それは感覚的に理解できる。
衝動性とやさぐれた諦念を、自分でも持て余してる感じがあるね。
その点、ロイエンタールとも少しだけ似てるけど、彼は誇り高すぎた。

フェルナーは、「野良」でいたい(飼い犬でも野でもなく)。
そのさじ加減て、もうものすごく微妙で難しく、のいいわがままなのは、
フェルナー自身重々承知だからもはや諦めてるんだけど、稀に現れる、
「分かってる飼いの手綱さばき」には、懐いてみせる可げもある。
それゆえに、きっと寿を全うすると思う。
28 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 06:01:52 ID: zAgTaO+vtW
事の成り行きやオーベルシュタインの人となりを観察して第三者として楽しんでるっぽい所あるよなフェルナー
実際演劇でも楽しんでるような調で喋ってオーベルシュタインに睨まれてたし
得体のしれないオーベルシュタインを丸めた針で突くの面がってる
最前列で楽しみたい観客(事の次第によっては乱入して舞台に上がる)ってイメージ
29 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 20:52:20 ID: aRuSqIpfyF
オーベルシュタイン亡き後、帝国の暗部を処理できる重な人材
30 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 14:08:41 ID: duf+OLuP1A
以外にも心許せる一の人間
31 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 22:13:44 ID: op+rb1W5fb
DNTではえらくイケメンになってたな。
まあ、石黒版や原版でもイケメンだったし違和感はないけど、なんでフェルナーにイケメンイメージがつくのかは不思議な気がする。
32 ななしのよっしん
2019/10/17(木) 22:43:20 ID: v9dYflWHc4
どっかで聞きかじったがフジリュー版には登場しないってマジ

急上昇ワード