アンネローゼ・フォン・グリューネワルト単語

アンネローゼフォングリューネワルト
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

アンネローゼ・フォン・グリューネワルトとは銀河英雄伝説に登場するキャラで、全ての元きょ……もとい、歴史が大きく動く原因となった女性である。

概要

石黒監督アニメでのCV潘恵子、「」では村田博美。「Die Neue These」では坂本真綾
ラインハルト・フォン・ローエングラム実姉で、銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ4世の寵
帝国462年、帝国騎士ミューゼルの長女として生まれる。しかしであるクラリベルの死(OVAでは事故死)が元でセバスティアンは庭生活を放棄。庭と幼いラインハルトを守る為、を切り盛りしていた。この頃、ラインハルトの親友であるジークフリード・キルヒアイスを支えてくれるように依頼したことが、全てを変えることになる。

15歳の時、時の皇帝フリートリヒ4世の側室として見初められ、後宮に召し出される。皇帝の寵としてグリューネワルト伯爵夫人の称号を下賜され、家族と別れて皇宮にある館の一つに転居。皇帝手厚い寵を受けていたが、権める事は一切せず、控えめな生活を送った。

ラインハルトの台頭と帝国486年のフリードリヒ4世の崩御により寵の身ら解放され、シュワルツェンの館でラインハルトと同居するが、帝国487年にキルヒアイスが亡くなった後に失意と自責の念から館から退去。何人かの近侍と供に山荘に移り住み、世間から距離を置いた。帝国488年、幼エルウィン・ヨーゼフ2世誘拐計画に関連してラインハルト秘書であるヒルデガルド・フォン・マリーンドルフの来訪を受け、山荘警備の許可められたことが縁となりヒルダと懇意になる。

帝国490年(新帝国1年)にラインハルト皇帝に即位、同時に大公妃の称号を受けるが、生活は”山荘で世捨て人”と変わらず、フェザーン遷都した時もキルヒアイスオーディンに残った。

帝国3年、ラインハルトヒルダ結婚式に参加するため生まれて初めてオーディンを離れてフェザーンへ。ラインハルトと5年ぶりの再会を果たしたのち、フェザーンに留まる。同年5月ヒルダとそのおの子を狙ったテロ事件、炎上事件に巻き込まれるが、ヒルダに最も親しい女性として、ケスラーが救助に駆けつけるまで護り続けた。

同年7月ヒルダと共にラインハルトの臨終を見届けた。

能力

壊れかけた庭を支えていたため事全般が得意で、ケーキなども作っていた。
となった以降は万事控えめに過ごして権める事はなく、政治にも口を出さない姿勢が、帝国政府からは較的好意的に受け止められていた。

そして、作内でも数少ない「ラインハルト本質」を知る人物でもある。

性格

聡明で穏やかな性格。おそらく作内でも1、2を争う程に優しさに満ちている。その為か下級貴族出身と言う反感以外、門閥貴族も悪評のネタを見出せていないほど(少なくとも、彼女自身が原因の悪評はい様子)。

ラインハルトとは対照的な性格ではあるが、炎上事件で侵入した地球教徒を一した際の姿は、ヒルダをして「紛れもく、この方は皇帝陛下君だわ」と感嘆せしめる程のものであった。

作中の様々な言動からキルヒアイス恋愛感情をもっていた節がえるが、その胸の内はられていない。

世捨て人

すでに述べているが、寵となった以降、特に立った行動はい。
元々、手な振る舞いが苦手な事もあるが、反感を買うことで残った家族が及ぶことを恐れ、努めて控えめにしていたようだ(ラインハルトの速い栄達を手助けしたと言われるが、彼女論、旗艦下賜時の謁見以前は皇帝自身も特に干渉していないと思われる)。

キルヒアイスの死後、自責と後悔から更に世間から距離を置いている。
ラインハルトから距離を置いたのは、気持ちの整理と本質を知っている為と思われる。

後世の評価

キルヒアイスの死後、ラインハルトを見捨てるかの様に山荘に引きこもった態度は、一部の後世の歴史から非難の対となった。むろん反論も多いが、少なくとも彼女の存在こそがローエングラム朝銀河帝国の成立の最大要因であったという点は否定出来ないであろう。

関連動画

「私に動画など、過ぎた代物です」

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンネローゼ・フォン・グリューネワルト

51 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 13:50:37 ID: UkTG7pP/0F
いろいろと印に残る人だが10巻の地球教徒を撃退したエピソードが一番印に残ったわ
あんたそんなこともできるんだな、と
52 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 07:35:47 ID: wXkz6rE3ih
>>48
アンネローゼが腫れ物扱いされたのもシュザンナからの憎悪のとばっちり食いたくないからだろうし、彼女の権勢や手勢が損なわれ、死を賜ってからは普通に接する宮廷人も多かったんじゃないかって気もする。
53 ななしのよっしん
2019/11/22(金) 23:29:06 ID: 4ipinTarpn
銀英伝ファン女性2人と話す機会があったのだが、そのアンネローゼ観が衝撃だった。

アンネローゼは今後(少なくとも総体的に)幸せになることはない。何故ならば彼女幸せとは即ち、3人がい笑えたの時代であり、その時の幸せの量に今後追いつくことがないのは明であり、ならば幸せになるなどあり得ない」
というものだった。
個人的には、の時代は心の中で褪せることなく、またそこに付いた深い傷も癒えることはないが、「それはそれとして」アレクヒルダと共に、違う方向の幸せは積み重なっていくのだ。
根拠もあまりないけれどそう思っていただけに、
性差から来るのか個人の価値観から来る差なのかは分からないけど、そんな見方もあるんだなあ、と。
54 ななしのよっしん
2020/01/30(木) 10:35:06 ID: wXkz6rE3ih
王族の仕事には福関連への慰問とか文化事業への訪問なんかも含まれる(64東京オリンピックでは美智子さまが女子バレー決勝を観戦されてたし)けど、そういった役割を摂政ヒルダに代わって担当しそう。
55 sumi
2020/03/11(水) 13:12:18 ID: z7z0/QYRjZ
を想って放った自分の言葉でキルヒアイス人生を犠牲にしたという事を一番自覚してて自分は幸せになる資格いと思ってるんだよな多分。キルヒアイススキーというより言動的にはむしろオトウトスキーブラコンだと思う。
「私達は互いの為にキルヒアイス人生縛り結果破滅させたのだからせめて彼との約束えるはお互い離れ不幸せを享受しなくてはならない」と、天国キルヒアイスが見たら全で否定しそうな事考えながら2人とも納得し別離を選択したわけで。
56 ななしのよっしん
2020/03/11(水) 23:02:32 ID: eRXsajKA4g
>>54
本人は乗り気じゃないだろうけど引きこもるばかりだと精的にも良くないし
皇族として国家に養われてる点も鑑みてなるべく積極的にやるべきだよな
非営利団体の名誉総裁としてはほんと申し分ない存在だし
57 ななしのよっしん
2020/04/21(火) 13:37:05 ID: /ZyzjmcjAd
どっかで読んだ、
「実はアンネローゼはフリードリヒ皇帝が嫌いじゃなかったし(恋愛的にかどうかはともかく)、逆にはあんまり好きじゃなかった(特にキルヒアイス死後はそのことに怒って絶縁レベル)」
という説を見て、ちょっと納得してしまった。
個人的にはアンネローゼはやっぱりのこと好きだし穏やかに三人で暮らすことを夢見ていたと思うが、この視点はちょっと面いなと思った。

58 ななしのよっしん
2020/05/03(日) 23:53:41 ID: bmUXm+hHKT
後宮に召し上げられたのは不本意だっただろうけど
皇帝個人をどう思ってたのかはよくわからないよね
59 ななしのよっしん
2020/05/25(月) 23:59:53 ID: 7aW6Gpu2jp
フリードリヒ4世との間に子供でも居ればまた面かったんじゃないか
と思ったことはある

ラインハルトがどう扱うかも含めて
60 ななしのよっしん
2020/07/02(木) 12:25:24 ID: OPaAMVnqve
兵戦に強いラインハルトだし
地球教徒を粉砕してもおかしくはない。

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック