アンネローゼ・フォン・グリューネワルト単語

アンネローゼフォングリューネワルト

アンネローゼ・フォン・グリューネワルトとは銀河英雄伝説に登場するキャラで、全ての元きょ……もとい、歴史が大きく動く原因となった女性である。

概要

石黒監督アニメでのCV潘恵子、「」では村田博美。「Die Neue These」では坂本真綾
ラインハルト・フォン・ローエングラム実姉で、銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ4世の寵
帝国462年、帝国騎士ミューゼルの長女として生まれる。しかしであるクラリベルの死(OVAでは事故死)が元でセバスティアンは庭生活を放棄。庭と幼いラインハルトを守る為、を切り盛りしていた。この頃、ラインハルトの親友であるジークフリード・キルヒアイスを支えてくれるように依頼したことが、全てを変えることになる。

15歳の時、時の皇帝フリートリヒ4世の側室として見初められ、後宮に召し出される。皇帝の寵としてグリューネワルト伯爵夫人称号を下賜され、家族と別れて皇宮にある館の一つに転居。皇帝手厚い寵を受けていたが、権める事は一切せず、控えめな生活を送った。

ラインハルトの台頭と帝国486年のフリードリヒ4世の崩御により寵の身ら解放され、シュワルツェンの館でラインハルトと同居するが、帝国487年にキルヒアイスが亡くなった後に失意と自責の念から館から退去。何人かの近侍と供に山荘に移り住み、世間から距離を置いた。帝国488年、幼エルウィン・ヨーゼフ2世誘拐計画に関連してラインハルト秘書であるヒルガルド・フォン・マリーンドルフの来訪を受け、山荘警備の許可められたことが縁となりヒルダと懇意になる。

帝国490年(新帝国1年)にラインハルト皇帝に即位、同時に大公妃の称号を受けるが、生活は”山荘で世捨て人”と変わらず、フェザーン遷都した時もキルヒアイスオーディンに残った。

帝国3年、ラインハルトヒルダ結婚式に参加するため生まれて初めてオーディンを離れてフェザーンへ。ラインハルトと5年ぶりの再会を果たしたのち、フェザーンに留まる。同年5月ヒルダとそのおの子を狙ったテロ事件、炎上事件に巻き込まれるが、ヒルダに最も親しい女性として、ケスラーが救助に駆けつけるまで護り続けた。

同年7月ヒルダと共にラインハルトの臨終を見届けた。

能力

壊れかけた庭を支えていたため事全般が得意で、ケーキなども作っていた。
となった以降は万事控えめに過ごして権める事はなく、政治にも口を出さない姿勢が、帝国政府からは較的好意的に受け止められていた。

そして、作内でも数少ない「ラインハルト本質」を知る人物でもある。

性格

聡明で穏やかな性格。おそらく作内でも1、2を争う程に優しさに満ちている。その為か下級貴族出身と言う反感以外、門閥貴族も悪評のネタを見出せていないほど(少なくとも、彼女自身が原因の悪評はい様子)。

ラインハルトとは対照的な性格ではあるが、炎上事件で侵入した地球教徒を一した際の姿は、ヒルダをして「紛れもく、この方は皇帝陛下君だわ」と感嘆せしめる程のものであった。

作中の様々な言動からキルヒアイス恋愛感情をもっていた節がえるが、その胸の内はられていない。

世捨て人

すでに述べているが、寵となった以降、特に立った行動はい。
元々、手な振る舞いが苦手な事もあるが、反感を買うことで残った家族が及ぶことを恐れ、努めて控えめにしていたようだ(ラインハルトの速い栄達を手助けしたと言われるが、彼女論、旗艦下賜時の謁見以前は皇帝自身も特に干渉していないと思われる)。

キルヒアイスの死後、自責と後悔から更に世間から距離を置いている。
ラインハルトから距離を置いたのは、気持ちの整理と本質を知っている為と思われる。

後世の評価

キルヒアイスの死後、ラインハルトを見捨てるかの様に山荘に引きこもった態度は、一部の後世の歴史から非難の対となった。むろん反論も多いが、少なくとも彼女の存在こそがローエングラム朝銀河帝国の成立の最大要因であったという点は否定出来ないであろう。

関連動画

「私に動画など、過ぎた代物です」

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンネローゼ・フォン・グリューネワルト

39 ななしのよっしん
2018/10/29(月) 07:16:28 ID: PadK/yqXx2
まあ、事は仕事だしね
40 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 12:22:36 ID: wXkz6rE3ih
アンネローゼは体ある人だと思うけど、ボディコンタクトが前提となる競技よりトレッキングが好きなんじゃないかな。
地球教徒からヒルダを守った際のスタンド投擲は火事場の馬鹿力的なものだとして。

と、ここまで書いて、ボワァと火事場のクソ力を発現させて、想像を絶するフェイバリットで地球教徒をグシャグシャにKOするアンネローゼが浮かんだ。
41 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 22:10:48 ID: /OxII9xyGc
元々は爛漫な人だったんだろうが、
男2人(3人?)に不本意に人生踏み荒らされて色々憤溜まってたんだろか…

そういや実セバスアンに対して特にコメントしてなかったと思うんだが、実際にはどう思ってたんだろ。
ラインハルトは堂々と忌み嫌ってるが、アンネローゼだってこののおかげでマスターにならざるをえなかったり、の育児に父親介護までこなしてたわけだ。
 まさか少女時代ですら諦めてる節があった?
42 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 22:49:00 ID: PadK/yqXx2
一応、父親葬式では涙を見せる描写はあった。
事に関しては元々苦にならない性格……というか、(物質的には)不自由することのない生活に入った山荘暮らしの時でもクッションに手作業で刺繍入れるとかしてるしむしろ気らしに近いのかも。
この手の母親役をやらされるは往々にして妻の役割も強要(たくいうとレイプ)されるのだがその描写はないし、主観的にはそこまで嫌な思いさせられてたわけではないのかもしれん。
43 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 23:25:03 ID: +S6kECn/5h
ラインハルトが生まれる(母親が他界する)前までは夫婦仲も悪くなくいい父親だった可性も有り
ラインハルトと違って父親の良い面も見てるとしたら、嫌いになれなかったのかもしれない
ベーネミュンデ侯爵夫人に対する態度からも考えると憎むより相手に同情したりする傾向が強い節が有るし
44 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 23:17:15 ID: bmUXm+hHKT
事はむしろ好きでしょう
伯爵夫人たるもの自分で厨房に入るものじゃないと言われるんだけどこれが楽しいのだから仕方ないのよね

…みたいなセリフが確か一巻にあった
45 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 00:07:02 ID: 3vuVYW6aa5
ラインハルト存命中は全自重してたけど、
40近くなったら反動でこっそり私生児をこさえてフォン・ミューゼルの名を継がせてそう
46 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 21:19:55 ID: PadK/yqXx2
私生児こしらえるイメージはないかなぁ……
コンラート君との結婚ワンチャンあるかもしれないけど、どちらかというとコンラートみたいな行き場のない子どもを養子として育ててる方がしっくりくる。
リューネワルト恩賜孤児院とまではいかないだろうけど。
47 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 14:34:20 ID: wXkz6rE3ih
おんな城主直虎でも、「自分が母親にならなかったからこそ、全ての子供おしい」ってセリフがあったな。アンネローゼも同じ気持ちかもしれない。
ラインハルトの持ってる覇気と、同じくらいの質と量の慈を持ってそうだし、グリューネワルト恩賜孤児院設立や、貧困層の支援活動にも尽しそう。

諸々ひっくるめて、ヒルガルド皇太后とは違う意味で「」になりそう。
48 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 09:23:46 ID: eRXsajKA4g
権門意識の強貴族からですら、下流出身の寵なのに皇位継承に関わる利関係を度外視すれば「アンネローゼの評判は決して悪くなかった」と評されるあたりが人柄かもしれない。
デリケートな立場だから積極的に関わるのを避けられても、嫌悪はされなかった。

急上昇ワード