アンブロークン単語

アンブロークン

アンブロークン(Unbroken)とは、以下の言葉をす。

曖昧さ回避
  1. 「壊れていない」の意味を持つ英単
  2. アメリカハードコアバンド
  3. 2014年アメリカ映画

ここでは3の映画について解説する。

映画「Unbroken」(邦題:「不屈の男 アンブロークン」)

2014年製作開されたアメリカ映画ユニバーサル・ピクチャーズ製作
監督アンジェリーナ・ジョリー、ジャック・オコンネル。また撮影監督を、『ショーシャンクの空に』『ノーカントリー』『007/スカイフォール』などを手がけた巨匠ロジャー・ディーキンスが担当している。 

撮影場所でもあったオーストラリア2014年11月17日に先行上映され、アメリカでは同年12月25日開予定。日本での開は2016年2月予定。

原作アメリカベストセラーとなったローラ・ヒレンブラントのノンフィクション小説Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption」。
オリンピック選手でもあり、太平洋戦争中に日本軍の捕虜体験をした、ルイス・ザンペリーを描いた物語。凄惨な拷問を受け、トラウマに悩まされながらも、最終的に長野オリンピック火ランナーを務めるまでに至った彼の生涯と心中が描かれる。

あらすじ

イタリア移民ルイスは、幼い頃から足が速かった。
やがて陸上選手となった彼は、1936年のベルリンオリンピック男子5000mで金メダルを獲得。4年後の次回大会にも意欲を燃やす。
しかし、1940年の東京オリンピックが開催されることはなかった。

陸軍に入隊した彼は、航空隊員として太平洋戦争に参加する。
19435月27日、乗っていた爆撃機太平洋墜落。47日間に及ぶ漂流の末、大日本帝国陸軍に救助され捕虜となった。
当初は捕虜として正当な扱いを受けていたルイスだったが、メダリストと知られた途端、渡邊伍長によって凄惨な拷問を受ける。 
来る日も来る日も理不尽な暴力され、彼は消耗していく。 
(以下、ネタバレにつき反転

最終的に、何とか彼は、死ぬ前に終戦を迎える。しかし、事本土に帰った後も、拷問トラウマ渡邊への憎悪に苦しみ続ける。しかし、悩みぬいた彼は長い日を経て、憎悪をえた地へと到達する。 

キャスト(実際の人物像について)

日本での反響、旧日本軍の描写について(一部ネタバレ)

原作ノンフィクションであり、映画もそれに準じてTrue story真実物語)と宣伝されているが、日本国内では、史実と違う描写があるとして批判を浴びている。
に、「漂流中の兵に対する機射撃、捕虜に対する虐待(殺)、人体実験、はては捕虜を生きたまま食べる人肉食といった描写・表現があること」を、捏造として批判するものでる
また、日本軍一方的な加者として描いており、ではないとする意見もある。

一部では「反日捏造映画開に反対する!」という署名活動も巻き起こっているほど。
日本では2016年2月に「不屈の男 アンブロークン」の邦題で上映予定。 

「史実と違う描写」について

漂流中の兵が機掃射を執拗に受けるシーンが今作には存在するが、これに対しては「戦闘を失った敵に対して機を掃射することはない」とする当時の日本軍兵士言がある。だが、日本軍全体でその言葉を守れていた事を立するものは何も無い

捕虜への拷問虐待捏造だとする意見もあるが、そもそもザンペリーニと渡邊の双方がこれを認めており、学術的な信頼性の高い言や記録が数多くある以上、今更捏造するのには理がある。

人体実験人肉食については、映画では登場しない。原作において、日本軍捕虜となった兵士の末路の一例として挙げられる一文があるのみである。「生きたままの人肉食小笠原事件)」や人体実験相川事件)といったものあるが、少なくとも今作の本筋とはほぼ関係がない。

日本側の描写について

今作で描かれる拷問は、上述の通り、軍のによるものではない。これらは渡邊伍長個人の感情や考えによるものとして描かれ、したがって物語も、日本アメリカという単位ではなく、渡邊伍長ルイスという2人の人間を軸として展開する。また、東京襲によって日本民間人が重大な被害を受けるシーン映画にはある。
このことから、少なくとも、日本そのものを邪悪なとして描き、加者として一方的に糾弾するような内容ではない

なお映画には登場しないが、原作では、捕虜に優しく、終戦後には捕虜から感謝状を貰った日本側の兵士の存在も書かれている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

アンブロークンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンブロークン

10 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 17:28:01 ID: UHS5ZaL8pp
言は言だが機掃射は実際にあったみたいだぞ
ソロモン輸送艦の乗員が日本軍駆逐艦に機掃射されてほぼ全滅してる
11 ななしのよっしん
2015/04/10(金) 14:30:43 ID: Np1mUNwK5z
国家間での問題ではなく、結局は一軍曹暴走行為であった、と
しかし、渡邊軍曹ってのはとんだ畜生だな
責任逃れしなかっただけかにマシだが、謝罪はしても面会は拒否、って
それじゃただの口だけ野郎じゃん
12 ななしのよっしん
2015/09/30(水) 01:47:21 ID: 7bxPDrTuSw
>>10
実際のその時の状況知らんと何も言えんなぁ
13 ななしのよっしん
2015/10/23(金) 06:12:43 ID: GooEAuEVRR
日本開決定
14 ななしのよっしん
2015/10/26(月) 06:33:30 ID: nj5589gPAU
まあこの映画日本で言う嫌韓本みたいなもんだよね
映画見た後の外国人の感想をツイッターで見てみたら
嫌韓本読んだ日本人より過だったw
15 ななしのよっしん
2015/10/26(月) 13:46:59 ID: C3hK0U9coH
これで騒ぐって戦場のメリークリスマスについてはどう思ってんだろ
16 ななしのよっしん
2016/05/17(火) 01:01:37 ID: qVIDsruOqi
あんなに日本列島日の丸を強調した広告出してて反日じゃないって言われてもねえ・・・ まあよく言われてる批判は的外れなのかもしれないが
17 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 04:12:46 ID: 1PF0R75nJ3
実際、渡邊軍曹は捕虜への虐待を行っていたことは間違いないだろうし批判されても仕方がないものだと思った。
作品の中ではかなりサディストな場面もたくさんあった。
だが、本人はもうすでに没命されていて本人から最後まで真実を聞き出せなかったのだからこれ以上追及しても仕方がない事だろう。

視聴してみてこの作品に関しては反日的内容はないと思った。
ただ日本軍の悪行は多々ある。
しかしそれらは日本軍に限らずアメリカにしろソ連にしろナチス・ドイツにしろあの戦争下では悪行を働いていたのだ。
時には同胞に、時には非武装の敵国民に。
アメリカであればベトナム戦争時のウィリアム・カリー(ソンミ村虐殺事件)
ナチス・ドイツであればオスカール・ディルレヴァンガ()
ソ連であればラヴレンチー・ベリヤ
日本軍であれば牟田口廉也
何処のの軍でも悪行は存在する。
18 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 04:17:44 ID: 1PF0R75nJ3
>>17続き
あとこれだけは言いたい。
朝鮮シナ!てめぇらは駄だ!
戦犯しかいない!!
19 ななしのよっしん
2017/09/21(木) 09:23:41 ID: mKpeE9DIHs
何だ結局××