アンヘル・ディ・マリア単語

アンヘルディマリア
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アンヘル・ディ・マリア(Ángel Fabián Di María Hernández, 1988年2月14日 - )とは、アルゼンチンサッカー選手である。フランスリーグ・アンパリ・サンジェルマン所属。ポジションMF

概要

1992年アルゼンチンプリメーラ・ディビシオンのロサリオ・セントラルのユースへ入団。2005年トップチームデビューを果たす。当初はサイドバックとしてプレーしていたが、2007年サイドハーフへコンバートされると才が開し、着実に経験を積んでいった。

2007年ポルトガルプリメイラ・リーガベンフィカへ移籍。すぐにポジションを掴みUEFAチャンピオンズリーグに出場するなど、大きな飛躍を遂げた。

2010年スペインリーガ・エスパニョーラレアル・マドリーへ移籍。当時のマドリーの監督であったジョゼ・モウリーニョスタイルであるカウンター戦術にフィットレギュラーとして活躍。2011-12シーズンにはクラブリーグ優勝にも貢献した。2013年ジョゼ・モウリーニョの退任、ガレス・ベイルの加入などが重なり退団が噂されたが残留。出場機会が減ると見られていたが、センターハーフで起用されると期待に応えて質の高いプレーを披露し、2013-14シーズンUEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。しかし2014年ハメス・ロドリゲスが加入し、それに追い出される形で退団することとなった。

2014年イングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。大きな期待を背負って迎えた加入1年2014-15シーズンでは中盤戦から徐々に調子を落とし始め、終盤戦では低調なプレーに終始。シーズン中にはルイス・ファン・ハール監督との確執も噂され、27試合3得点10アシストを記録したものの1年で放出されることとなった。

2015年フランスリーグ・アンパリ・サンジェルマンへ移籍。

代表

アンダー世代

FIFAU-20ワールドカップ2007、U-23オリンピック代表などに参加しており、どちらの大会でも優勝している。特にU-23オリンピック代表では重要なゴールを数々決め、アルゼンチン金メダル獲得の原動となった。

アルゼンチン代表

2008年アルゼンチン代表デビュー2010 FIFAワールドカップ2014 FIFAワールドカップコパ・アメリカ2011、コパ・アメリカ2015などの際大会にエントリーされており、2014 FIFAワールドカップでは準優勝に貢献した。

代表ではリオネル・メッシセルヒオ・アグエロゴンサロ・イグアインなどと共に強な攻撃を形成している。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2005-06
ロサリオ・セントラ

プリメーラ・ディビシオン
10 0
2006-07 25 6
2007-08

ベンフィカ


プリメイラ・リーガ
26 0
2008-09 24 2
2009-10 26 5
2010-11


レアル・マドリー



リーガ・エスパニョーラ
35 6
2011-12 23 5
2012-13 32 7
2013-14 34 4
2014-15 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 27 3
2015-16 パリ・サンジェルマン リーグ・アン 29 10

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンヘル・ディ・マリア

1 ななしのよっしん
2019/11/02(土) 05:58:12 ID: zNexNEARxQ
全然書き込みないな。
それは置いといて今シーズンレキレだね。