アーサー・リンチ単語

アーサーリンチ

アーサー・リンチArthur Lynch)とは、「銀河英雄伝説」に登場するキャラクターである。
CV小物キャラ定評のある広瀬正志石黒監督版)。広中雅志と間違えた人はぜっふるぜっふる

概要

自由惑星同盟少将、”エルファシルの戦い”における同盟軍官。
石黒監督OVAにおける旗艦は標準型戦艦<グメイヤ>。

ある意味同盟側(ヤン側)の「全ての元凶」である。

経歴

後世卑怯な逃亡者として扱われるリンチだが、その前半生はさほど問題のあるものではなかった。
士官学校時代は二級上のドワイト・グリーンヒルに将来を嘱望されていたし、彼が少将の地位を得たのは40代と一部の特段有能な人物にべれば確かに遅かったものの、それでも将官まで昇進した事自体が、リンチが前線での戦闘にせよ事務仕事にせよそれなりのを有していたことを示していた。妻と二人の子もおり、私生活の面でも特に問題ない人物だったようである。

その転機が訪れたのは、彼がエルファシル系で艦隊を揮していた時であった。
宇宙788年、エルファシルを巡り、警備艦隊同士の小戦闘が勃発した。同盟帝国界線の近くではよくある小競り合いで、その規模も1000隻ずつ程度のものだった。両軍はいつも通りひとしきり火を交え、二割程度の損傷艦を出していつも通り撤退しようとした。だが、帝国軍の後退を見て自らも帰路についた同盟艦隊は、いつも通りでなく後背に急襲を受けたのである。奇襲を受け恐慌状態に陥ったリンチは、撤退命も忘れ惑星エルファシルまで逃げ戻ってしまったのだった。

なんとかエルファシルまで逃げ帰れた艦は200隻ほどだった。どうやら帝国側の官はなかなかにアグレッシヴだったらしく、大勝利に続いて艦隊を三倍に増強し、エルファシルそのものを占拠せんとする。エルファシルの300市民は戦慄して脱出をめたが、リンチはその辺でひなたぼっこ参謀を決め込んでいた幕僚ヤン・ウェンリー中尉に脱出計画を任せると、なんと部下たちとともに市民を見捨て、逃亡を試みた。

当然ながら、この不名誉な逃亡はうまく行かなかった。帝国軍の追撃を受けたリンチとその艦は更に不名誉な降伏を余儀なくされ、不名誉にも市民を見捨てて逃げた不名誉極まる叛乱軍捕虜として扱われた。彼は収容所に送られたが、後の戦いで収容所に送られてきた捕虜がアーサー・リンチという不名誉な名とその由来を伝えると、収容所でも立場がなくなった。彼とその部下は他の捕虜から卑劣と蔑まれ、リンチに溺れるしかかった。本の妻にも離縁された。

それが9年間続いた宇宙797年、帝国488年のことである。
一隻の帝国駆逐艦によってオーディンに引き立てられたリンチは、思わぬ相手と出会うこととなる。その人物は、帝国元帥宇宙艦隊長官ラインハルト・フォン・ローエングラム侯爵であった。

20以上も年下のラインハルトリンチに対し、同盟軍内でクーデターを起こさせるよう命じた。成功報酬は帝国少将の座、計画書も準備済み。それでも失敗すれば死ぬと恐れるリンチに、ラインハルトは冷酷に言い放った。

「そのときは死んでしまえ!」

「いまのお前に、生きる価値があると思っているのか。お前卑怯者だ。
まもるべき民間人も、揮すべき兵も捨てて逃亡した恥知らずだ。
ひとりお前を弁護しはしない。そんなになっても、まだ生命がおしいか」

この金髪の若者の言葉は、9年間の恥辱と気に埋もれた彼の鋭気を確かにらせる。

「そうだ、おれは卑怯者だ……」

「いまさら汚名のらしようはない。だとすれば、底的に卑怯に、恥知らずに生きてやるか……」

……いささかんだ形ではあったが。

彼は同盟に潜入すると、旧知のグリーンヒル大将らに接触し、救軍事会議を結成させてクーデターを実行した。救軍事会議ハイネセンを抑え、クーデターは成功するかに見えた。石黒監督OVAでは、「自己の正しさを信じてうたがわない人間に、弁解しようのない恥をかかせてやりたかった」とっている。

だが、全ては再びヤン・ウェンリーによって覆される。イゼルローン要塞官、大将となっていたヤンはラインハルトの陰謀を見抜き、各所の叛乱を速やかに鎮圧するとハイネセンを包囲したのだった。そして彼はバグダッシュを通し、同盟市民クーデター帝国の陰謀であることを知らしめた。

それでもなお、グリーンヒルリンチを信じていた。しかしリンチは自ら計画がラインハルトによって考えられたものであることを暴露し、その信頼を裏切る。当の本人に「見るがなかった」と摘されたグリーンヒル昂してリンチを射殺しようとしたが、逆にリンチグリーンヒルを射殺した。彼は直後に救軍事会議メンバーたちに射殺されたが、死の直前に「おれはグリーンヒルの名誉を救ってやったのだぞ」き、果てた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーサー・リンチ

22 ななしのよっしん
2017/10/07(土) 11:30:00 ID: E1UevfASEs
いや、キルヒアイスを見れば分かるように、信用してる部下こそ離れた局面で使うもんだよ
ただ>>20の筋書きならリンチはむしろヤンにそれを押し付けて、自分は別口で逃げるか井に紛れるかしそう
23 ななしのよっしん
2017/10/31(火) 22:36:25 ID: IeatXv2AVr
リンチ市民を置いて逃げる気がなかったとしたらヤンはどんな脱出計画をたてたんだろうな
24 ななしのよっしん
2017/11/10(金) 02:24:12 ID: tJ7XRJ0vrZ
普通の人、けれど英雄たちの傍に居た運の悪さ
25 ななしのよっしん
2017/11/13(月) 09:22:21 ID: 7UH4VBgZzx
置いて逃げる気がなかったならそもそもリンチは脱出計画をヤンに任せないと思う
26 ななしのよっしん
2017/11/15(水) 23:28:27 ID: IeatXv2AVr
脱出計画を練るのに参謀を招集するだろうけどヤンの提案をきくかどうか
27 ななしのよっしん
2018/03/06(火) 20:13:39 ID: 3lpqqq5qKn
ハイネセンからイゼルローンまで約3週間(第13艦隊デビュー戦およびユリアンのイゼルローン日記より)。一方、有人惑星を陥落させるには庸な指揮官なら1週間以上かかる(クーデター時のシャンプール攻防より)。
民間人見捨てるつもりがないなら、全で救援信号飛ばす、あるいは宇宙艦隊総部が気付いてくれることに賭けつつ、民間人の山岳部等への疎開及び底した惑星ゲリラ戦で時間稼ぎする感じになるんじゃないだろうか。3個艦隊といっても陸戦隊はそこまで多くないだろうし、宇宙空間から惑星ごと木っ端みじんにできる兵器もないだろうから。
28 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 08:24:26 ID: 7UH4VBgZzx
3個艦隊もおらんぞ
1000隻対1000隻、有利になったら増援よんで兵を3倍に増強…とあったから
帝国軍は3000隻かそこら
29 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 21:52:52 ID: 1tGs3o5LNf
【悲報】一応同数の帝国艦隊と五分五分だった戦闘シーンカット
30 ななしのよっしん
2018/10/30(火) 19:09:33 ID: NcDBad4G9/
ハイネセン辺りまで逃げ帰れてたら軍とかにってもらえたかな?
トリューニヒト辺りが敵前逃亡だとか騒ぎ立てる気もするけど。

31 ななしのよっしん
2018/11/18(日) 16:23:46 ID: qYeu76iZhl
自分を利用して英雄になったただのラッキーボーイとしか見てなかったヤンの凄さをの当たりにして「これじゃあが低く見られたり負けてもしょうがないよね」と納得して死ねたのはリンチにとって救いだった。救軍事会議の方は何であんなに負けるんだと憤慨しながら悔しさの中で死んだ。これは成仏できんわな。