アーモンドアイ単語

アーモンドアイ

アーモンドアイとは、
1. 美人とされる顔のの形のこと。
2. 1.を名の由来とする、2015年まれの競走。以下に記述する。

アーモンドアイとは、日本の競走である。史上5頭牝馬三冠
1985年まれの同名がいるが、ここでは2015年まれのについて記述する。

な勝ち
2018年牝馬三冠桜花賞(GI)優駿牝馬(GI)秋華賞(GI)ジャパンカップ(GⅠ)シンザン記念(GIII)
2019年バイターフ(GⅠ)

概要

ロードカナロア
フサイチパンドラサンデーサイレンス
シルクレーシング、美枝栄厩舎所属。戦騎手はクリストフ・ルメール

は短距離GI6勝を挙げた"世界の"ロードカナロア2006年エリザベス女王杯を(繰り上がりで)勝利したフサイチパンドラ
両親がGIであり、近親はトライマイベストエルグランセニョール・アルデバラン・スピニングワールド・リダウツチョイスラグズトゥリッチズ・カジノドライヴ……などなど世界中で活躍を輩出する名系だが、はそれぞれ1,2勝程度とぱっとしない成績であり、クラブでの募集価格も総額3000万と控えめな額であった。

戦は新潟1400mを使うも、スタート一息で先行抜け出しを図ったニシノウララに届かず2着。前走やや押し気味の追走だったためか、距離延長で臨んだ東京1600mの未勝利戦ではやや出遅れながら持ったまま上がり3ハロン335の末脚を繰り出し3身半の圧勝。
次走のシンザン記念ではルメールの騎乗停止により戸崎圭太代打騎乗。の影でかなり重めの稍重でのレースとなり、スタートでまたも出遅れてしまうが直線大外から脚を繰り出して1身3/4の勝。前年初年度リーディンサイアーのと亡くなったばかりのに産駒初の重賞勝利をもたらし、相手の突出したパフォーマンスで一躍クラシック補に名乗り出る。

トライアルを挟まずに迎えたクラシック第1弾桜花賞阪神JFチューリップ賞王道路線を敗で勝ち抜いてきたオルフェーヴル産駒のラッキーライラックが断然の1番人気で、アーモンドアイは間隔のいたローテーションを不安視されつつも2番人気に支持される。
レースではスタートでまたも出遅れを喫するが、直線大外から持ったままで先行集団に並びかけ、上がムチを使わずに軽く追っただけで一気に加速。先行抜け出しを図ったラッキーライラックを鮮やかに差し切り快勝。新種クラシック冠に終わったに産駒初のGI勝利をもたらした。

桜花賞で見せたパフォーマンスレース史上最高といっても良いもので、タイム1分331のレースレコード・上がり3F2位との差は1.0JRAのレーティングは115で歴代トップ・しかもノーステッキでの勝である。アーモンドアイが直線で7回も手前を換えたことも話題になった(通常は直線で1,2回程度しか換えない)。この勝利営ではダービー挑戦の話も出たほどで、ルメールくも「トリプルクラウンを狙える」と宣言。

女王として他を迎え撃つレースとなった二冠オークス、「スプリンターオークス距離が長い」「脚質的にハープスターと印が被る」といった不安視するも一部あった。しかしオークスデュランダル母がスプリンターでも勝てるレースであるし、桜花賞を直線上が全快追いでギリギリ差しきったハープスターノーステッキで勝したアーモンドアイ同一視するのはちょっと理があるのではないだろうか。最も、多くのファン同じく距離不安で3番人気に甘んじさせたジェンティルドンナに学んだのか、不安のを意に介さず当を単勝1.7倍の圧倒的支持。
レースはこれまでと違ってゲートを決め、全で押して行った逃げサヤカチャンについていくような形で掛かり気味に先団につける形となったものの、中はしっかり折り合って直線すんなりと進出し、オークス史上最速の上がり3F332の脚で内で先行したラッキーライラックやリリーノーブルを並ぶ間もなく交わして勝利ジェンティルドンナ以来14頭クラシック二冠となった。

当初の予定通り、トライアルレースを使わず秋華賞に直行。オークスからの直行で秋華賞を勝ったのはテイエムオーシャンカワカミプリンセスといった前例はあったものの、過去三冠は全てローズSを使っていただけに不安視するも僅かにあったが、ラッキーライラックが調整遅れに戦が落で乗り替わり・オークス上位組や近年調子のいい紫苑S上位組などが相次いで回避したことに加え、直前の調教でとんでもない時計叩き出したことで当日は1.3倍の圧倒的一番人気で本番を迎える。

611番から出走となったアーモンドアイ馬場入りしてからテンションが高く、ゲート内でも頭を振る動作があったが、ゲートを出てからは落ち着いていつも通り中団の外に構える。1000mは596と秋華賞にしては遅いペースで、京都内回りでは前が残りそうな展開。それでもスタイルを崩すことなく、大外を回って直線に入る。前では逃げたミッキーチャーム々と後続を封じていたが、アーモンドアイが大外から全く格の違う末脚でみるみるうちに差を詰めあっという間に先頭に立ち、そのまま1身半突き放しゴールイン史上初のトライアルレース未出走・史上最少のキャリア6戦で5頭牝馬三冠を達成。余りに圧倒的な競馬に、上のルメールも「日本で一番強い」と賛辞を惜しまなかった。また、管理する枝師は2010年アパパネに続く2度牝馬三冠となった。

当初の予定通りジャパンカップに出走。相手どころには京都大賞典を勝ち復調したサトノダイヤモンド天皇賞(秋)で不覚を取ったGⅠスワーヴリチャード、前年の覇者シュヴァルグランらがったが、またも有の回避が相次ぎ14頭の出走。アーモンドアイは直前の調教秋華賞以上に抜群だったこともあり単勝1.4倍の圧倒的な1番人気で本番を迎える。

アーモンドアイが手にしたのは近年JCと相性のいい最内1番。しかし末脚自慢のアーモンドアイにとっては包まれる危険もあるではあり、調教師もを引いた際にはやや不安げだった。
しかし今回はゲートを決めるとそのまま先団に加わり、インコースの2,3番手という好位を確保。天皇賞(秋)も逃げて3着の菊花賞キセキ先手を打ち、スワーヴリチャードは好位、サトノダイヤモンドは中団と各がほぼいつも通りの番手を手にする。前半1000mは599。至ってペースであった。

3コーナーでじわりと2番手に押し上げ、逃げるキセキを追うアーモンドアイ。しかしキセキはダレるどころかさらに加速。11台前半のラップを連発して逃げ続け、2頭はそのまま後続を置き去りに直線に突入する。差はさほど詰まらない…と思いきや、すでに仕掛けていたキセキに対しアーモンドアイはなんと持ったまま。残り400mで上のルメールが仕掛けると、待ってましたと言わんばかりに脚を伸ばし、1ハロンでキセキを捉え先頭に躍り出る。あとは思うまま突き放し、1身3/4差をつけてゴールを通過。3着のスワーヴリチャードにはさらに3身半の差をつけた、文字通りの勝であった。3歳勝利2012年ジェンティルドンナ以来2頭。キャリア7戦での勝利1998年エルコンドルパサーと並ぶ最速タイである。

余りにも一方的な圧勝劇に「あんなレースもできたのか、すげえだなぁ…」と思った観衆がをやった掲示板。そこにはレコード文字が。そしてその勝ちタイムは、もがを疑う衝撃の時計だった。

2分206。

exit_nicoseiga

それまでのレコードタイムは、2005年JCアルカセットが記録した2分221。つまり、レコードタイムを一気に15更新してしまったのである。当然コースレコード、というか日本レコード、それどころかワールドレコード。それまでのワールドレコードアルゼンチンアシデロというが記録した2分2198だったので、それすら13更新してしまったことになる。余りにも異次元すぎる競馬をキャリア7戦の3歳が成し遂げてしまったのである。奇しくも平成最初のジャパンカップ(1989年)ではホーリックスが2分222というワールドレコードを打ち立てており、平成JCは初めも終わりも歴史を書き換える結果となった。

2019年は最大標を凱旋門賞に定め、初戦としてドバイに遠征。凱旋門賞から逆算すると2400mのドバイシーマクラシックに出るところだが、長期休養明けでテンションも高くなると見た営は1800mのドバイターフを選択する。
本番、7番から好スタートを切り、スッと中団の外に控える。ポジションしく入れ替わる中で自分の競馬し、そのまま外を回って直線に向くとほぼ持ったままで加速。残り300mで上ルメールが仕掛けるとさらに勢いは増し、一にして先頭に躍り出る。2番手に突っ込んできたこのレースの常連ヴィブロスをこともなげに振り切り勝利。6連勝でGⅠ5、初の海外GⅠを制した。

新種ロードカナロアにとっても距離をこなせる可性を示したことで種価値を高め、繁殖成績が散々だったフサイチパンドラにとっては大きな忘れ形見となった。を管理していた白井最強によるとこのにもにも似ておらず、しなやかな体で切れを武器とするダンスパートナーのようなサンデーサイレンスの影を強く感じるだという。

血統表

ロードカナロア
2008 鹿
キングカメハメハ
2001 鹿
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファ ラストタイクー
Pilot Bird
レディブラッサム
1996 鹿
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
フサイチパンドラ
2003 
FNo.8-f
サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ロッタレース
1992 
Nureyev Northern Dancer
Special
Sex Appeal Buckpasser
Best in Show

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A2%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーモンドアイ

175 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 15:08:09 ID: OjxltnDzsp
正直まさかでもなんでもなく冷静に考えれば当たり前だと思う
営は最初から古路線は香港カップ→ドバイターフorクイーンエリザベス2世カップと中距離路線をしてたし、今までの凱旋門々は凱旋門病に冒されたファンへのリップサービスだったんだろう
むしろ周りに乗せられずちゃんとアーモンドアイの事考えて回避見極めてて偉い
差しでキレ重視のアイラビットも連れずに欧州12fタックル祭りの凱旋門でエネイブル相手にするなんて謀の極みだったし
176 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 17:26:58 ID: 3MzOth6kB5
今日は悲しいニュースが続いてたから故障とかじゃなくて良かったわ。欧州2400mは向いてないと思ってたからこの判断は賢明かな。クラブコメントを見ると欧州遠征はなさそう。状態が整うなら次は安田宝塚か。このが走る様は本当に美しいから、レースはどこでもいいんだけどまずは事に次を迎えて欲しいね。
177 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 10:16:47 ID: OjxltnDzsp
次走は安田が濃厚だがそうなるとマイルで一流マイラー相手に未知の領域での挑戦になるな
ダノンプレミアムステルヴィオペルシアンナイトが対抗補か・・・虚弱プレミアムは今のローテでマイラーズ行くといつもどおり逃げそうだけど
178 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 12:11:11 ID: JNU37i35RG
まぁアーモンドアイちゃんは走るたびに発熱する虚弱らしいからしゃあない。

アーモンドアイ→虚弱
インティ→虚弱
ブラストワンピース→虚弱
ルヴァンスレーヴ→虚弱
ワグネリアン→虚弱
ダノンプレミアム→虚弱

しかし最近のG1は虚弱が多いなぁ・・・
179 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 13:14:37 ID: OjxltnDzsp
最近のG1というより去年の世代が素質は一流だが虚弱って評価だね キタコマンドールにジェネラーウーノリリーノーブル、そしてエポカも長期離脱 エタリオウ位か有補で頑丈なのは
180 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 20:30:47 ID: HlaMfWEh2+
虚弱っつーか騎手使い分けのためにわざと虚弱に見せかけてるだけじゃねーのかって疑惑が沸く…
凱旋門賞回避もルメールをサートゥルナーリアに乗せたいだろうだし…
181 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 18:44:12 ID: OjxltnDzsp
レイデオロアーモンドアイは露に使い分けてるがさすがにそれは邪推だと思うぞ
フランス時代も込みで小頭数の時のプライド除き凱旋門で惨敗しまくってるルメールに拘る理由ないし、ダービーの結果次第なナーリアアーモンドアイでナーリアが優先される理由も
そもそも虚弱じゃないなら去年凱旋門行けばよかっただけだし
182 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 23:32:51 ID: QUEJydQtwy
だけに、和風テイスト溢れる産駒名が出て来そう(まぁブラック英語ですがね)

キタサンレイワとか・・・
183 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 18:10:16 ID: OjxltnDzsp
キタサンブラックページ間違えてないか?
184 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 19:36:57 ID: QUEJydQtwy
>>183
おもっくそ誤爆です。削除依頼済です。申し訳ない