アーヴァイン・キニアス単語

アーヴァインキニアス

アーヴァイン・キニアスとは、ファイナルファンタジーVIIIの登場人物である。

概要

17歳男性
テンガロンハットロングコートを身に着けた、長身の優男。

オリジナル版にボイスはないが、生作品では平川大輔が演じている。

パーティーメンバーの1人で、魔女暗殺ミッションを命じられたスコール一行への助っ人として登場し、以後行動を共にする。

登場当初は軽薄でナンパな性格が前面に出る。それ自体が偽りというわけではないが、実際にはその仲間想いで繊細な心も持っている。

エキスパートであり、その腕前はガーデン(戦士養成学校)でも随一とされる。

固有技は「ショット」。発動から制限時間内にボタンを押した回数分だけ弾丸アイテムを消費し、その分だけダメージを与えるというもの。選択した弾丸の種類によってボタンを押せるようになる間隔が異なる。

魔女暗殺ミッション

彼をる上で外せないのが、序盤の山場と言える魔女暗殺ミッションでの彼の振る舞いである。

いくつかのイレギュラーを乗り越えつつ、残るはアーヴァインが魔女狙撃するだけという段階になったが、そこで彼は本番に弱く緊で撃つことができないと、その心情を吐露する。
最終的にスコールに促されて撃ったものの、そんな姿を見て彼に対してヘタレの印を持ったプレイヤーも少なくないだろう。

しかし、ストーリーを進めてからめてこのシーンを見返すと、また違った印を受ける。

ストーリー中盤、彼を含むパーティーメンバーの大半が幼少期を同じ孤児院で過ごしていて、G.F.(ガーディアンフォース)と呼ばれるを行使した副作用により、アーヴァイン以外のメンバーはその頃の記憶が欠落していたという事実が発覚する。
更に暗殺のターゲットであった魔女イデアは、その頃の母親代わりだった人物である。

以上を踏まえた上で上記のシーンを思い返すと、当時の彼はたった一人でその事実を抱えた上で、「自分の手で恩人を殺すか」「任務を放棄して仲間たちに恩人を殺させるか」という究極の2択を迫られていたということになる。

そして、彼は撃った。
結果として魔女魔法によって弾丸は阻まれ、狙撃による暗殺は失敗に終わった。しかしその弾道魔女の頭部を正確に捉えており、自らが恩人殺しの業を背負う覚悟を決めたということになる。

上記の事実の発覚後、魔女暗殺ミッション当時のことを振り返るシーンゲーム中にないため、プレイヤー自身がこのことに気付けるか否かが彼に対する評価の分かれとなる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーヴァイン・キニアス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アーヴァイン・キニアスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!