イゴーロナク単語

イゴーロナク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

イゴーロナク(Y'golonac)とは、クトゥルフ神話におけるの名前である。

概要

イゴーロナクは肥満した頭のない人をした悪意ある旧支配者であり、には口があるといわれている。

別名〈汚すもの/The Defiler〉


イゴーロナクは堕落と倒錯のであり、巨大で熱した頭のない太った男の姿で々の前に現れるといわれ、その手には穢れた口がついており、好まない存在を貪るといわれている。それが本当の姿なのかは不明ではあるが。

イゴーロナクは悪意を持った人間と接触するとその体を乗っ取ることができるため、その姿を自由に変えることができるといわれている。

あるときは少し神経質で人間のように振る舞っていた。なんてこともあるほどだ。


イゴーロナクは未知の広大な遺跡のレンガ閉されており、そこはセヴァン渓谷都市ブリチェスターの可性が高いといわれている。

その振舞いはニャルラトテップ(Nyarlathotep)に似ているが、イゴーロナクの方がより残虐である。ただニャルラトホテプより悪の美学について深く考えてはいないようである。

グラーキの黙示録/The Revelations of Gla'aki』にはイゴーロナクの詳細が記されており、それによると名前を呼ぶだけでときどき呼び出すことができるという。

そんなことが可なのは近所のおじさんトンカラトンくらいである。

ただ、むやみに『グラーキの黙示録』を読もうとするのは危険だろう。なぜならイゴーロナクは自分のことを知っているものを襲うといわれているからだ。


イゴーロナクの崇拝を行なっている教団『貪る手の息子たち』は存在するが小規模である。ただ崇拝してくれるものがいればイゴーロナクは応えようとすることだろう。

ときにイゴーロナクは召喚した者に才があるならば祭になる名誉を与えてむりやり教団に引き込もうとしたり、才ければ食事にするために殺したりするという。

イゴーロナクは人間を介して会話することが可であり人間の言を理解していると考えられる。禁断の文章を読んだ人間を自分の召使になるように要するといわれている。


登場作品:『コールド・プリント/Cold Print』(1969)ーRamsey Campbell

『時代より/Out of the Ages』(リンカーター著)において名前だけ記載がある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イゴーロナク

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • イゴーロナクについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!