イザナギ単語

イザナギ

イザナギとは、

  1. 日本神話に登場する
  2. 漫画NARUTO」に登場する瞳術+禁術のひとつ。
  3. 小説デジタル・デビル・ストーリー」のキーワードのひとつ。
  4. ゲームペルソナ4」における主人公の初期ペルソナイザナギ(ペルソナ)

この記事では1.と2.について記載する。

1.イザナギ(日本神話)

国生み

耶那岐(イザナギ)は『古事記』によると、世七代と呼ばれる一群の天津の後に生まれた。
耶那美(イザナミ)というがおり、二柱は他の全ての天津から

修理固成是多用幣流之
是の漂へるを修め理り固め成せ
(この漂うを作り直して固めなさい)

と命じられ、の沼矛(あめのぬぼこ)を授けられる。

当時の地は

稚如浮脂 久羅下那州多用幣流
稚く浮ける脂の如くして 海月なす漂える
は幼く、浮いた油のようで、またクラゲのように漂っていた)

という不安定な状態だった。
そこで二柱のは、の浮という上から地上への通りで矛を使って土を掻き回した。矛を引き上げると滴り落ちたが積もって淤呂(オノゴロ)というが造られ、そこに降った。

さて、に降り立った耶那岐は耶那美にこう問うた。

身者如何成
の身は如何に成れる
(あなたの身体はどのようなものですか)

すると耶那美は

身者 成成不成合
が身は 成り成りて成り合はざる処一処あり
(私の身体には足りない部分が一つあります)

と言った。耶那岐は

身者 成成
が身は 成り成りて成り余れる処一処あり
(私の身体には余っている部分が一つあります)

故以身成 刺塞身不成合 以爲生成
故 が身の成り余れる処を以ちて が身の成り合はざる処に刺し塞ぎて 土を生み成さむと以為ふ
(あなたの足りない部分にこれを入れて塞ぎ、を産もうと思います)

と持ち掛け、これに耶那美が承諾。

の御柱を耶那岐は左回りに、耶那美は右回りに巡り、出会った所で耶那美が

那邇袁登古袁
あなにやしえをとこを
(ああ何と良い男だろう)

と先にを上げ、耶那岐が

那邇袁登売袁
あなにやしえをとめを
(ああ何と良い女だろう)

と答える。
こうして「美斗麻具波(みとのまぐわひ)」を行ったが、生まれたのは蛭子(ヒルコ)だった。蛭子は船に入れて流され、次に(アワシマ)を生んだが、これも子の内に入れなかった。

二柱は天津達に相談すると、太占(ふとまに:鹿を焼く占い)の結果

因女先言不良 還降
女先に言へるに因りて良からず 還り降りてめ言へ
(女が先にをかけたのが良くなかった もう一度言い直しなさい)

との忠告を受け、今度は耶那岐が先にを上げた。
そして生まれたのが淡路島四国、隠岐、九州壱岐対馬佐渡島本州の八つのである。その後更に六つのを生んだ。

続いて二柱は様々な々を生み出した。
、野の山の神などを生んでから、最後に火の火之芸速男(ヒノヤギハヤオノカミ)が生まれる。別名を火之具土ヒノカグツチノカミ)ともいうこのを産んだ為に耶那美は女陰が焼けただれて病みせる。その吐瀉物や尿からも々が生まれたが、結局火之芸速男を生んだことが原因で、耶那美はついに死んでしまった。二柱が生んだのはが十四、々が三十五柱である。

耶那岐が耶那美の元で泣くと、その涙もまたになった。そして耶那美を出雲と伯伎(ははきの)の間にある婆山に埋葬した後、妻を失った悲しみが怒りとなり、十握で火のの首をって殺す。するとを伝った血からも、様々なが生まれた。この時のの名は之尾羽(あめのおはばり)、または都之尾羽(いつのおはばり)と言う。

黄泉の国

妻を諦めきれない耶那岐は耶那美を追い、死者の住まう黄泉に行った。
そこで耶那美に会うと、

那邇命 所作之 未作竟 故可還
愛しが那邇の命 と作れる 未だ作り竟へず 故還るべし
愛しが妻よ 私と方とで作ったはまだ出来ていない だから帰ろう)

と言った。耶那美は

悔哉 不速 者爲黄泉戸喫
悔しきかも 速く来ずて 黄泉戸喫為つ
(悔しいこと くに来なかった為 私は黄泉の食物を食べてしまいました)

那勢命入坐之事恐
然れども愛しが那勢の命 入り来坐せる事恐し
(ですが愛しい夫が来られたのは恐れ多いことです)

故欲還 且黄泉相論 
故還らむと欲ふを 且く黄泉と相論はむ をな視たまひそ
(ですから帰ろうと思います しばし黄泉と相談するので 私を決して見ないでください)

と言い、御殿に入っていった。

それから長い時間が経ち、待ちかね耶那岐はに差していた櫛のを折って火をつけ、御殿に入る。すると耶那美の体には蛆がたかり、また体中に八柱の雷神が現れていた。
恐れおののいた耶那岐が逃げ出すと、耶那美は

見辱
に辱見せつ
(私に恥をかかせた)

と言い、都志許黄泉醜女:ヨモツコメ雷神黄泉軍(ヨモツイクサ)に追わせた。
耶那岐は飾りや櫛を投げると、そこから子(えびかづらのみ:山葡萄)や筍が生え、それを追手が食べている間に逃げ延びる。そして黄泉比良坂(よもつひらさか)で、黄泉とのに生えていたの木から実を3つもいで投げつけると、遂に追手は退散した。

ついに耶那美自らが追ってきたが、耶那岐は黄泉と現世の間に重い石を置いて塞ぐ。この石を間にして、二柱は別れの言葉を交わした。
耶那美

那勢命 爲如者 之人 一日絞殺千頭
愛しが那勢の命 如為ば の人 一日に千頭絞り殺さむ
愛しが夫 このような事をするならば あなたの人間を 一日で千人絞め殺してしまいましょう)

耶那岐が答える。

那邇命 爲然者 日立千五産屋
愛しが那邇の命 然為ば 一日に千五の産屋立てむ
愛しが妻 方がそうするならば 私は一日で千五の産屋を立てましょう)

これにより、一日に必ず千人が死に、一日に必ず千五人が生まれることになった。

禊と三柱の神

黄泉から戻った耶那岐は穢れを祓う為、日向現在大分県)の「の小門の波岐原」で禊(みそぎ)を行った。
身に付けていたものを捨てるとそれらから十二柱の々が生まれ、で身を清めると十柱の々が生まれた。この十柱の最後の三柱が天照大御神(アマテラス)月読命(ツクヨミ)健速須佐之男命(スサノオ)である。

耶那岐は最後の三柱の々をいもの、すなわち「三貴子とし、天照大御神には高天原を、読命にはを、健速須佐之男命にはをそれぞれ委任する。
しかし須佐之男命だけはを統治せず、が胸のあたりに来るほど育ってもまだ泣き喚いた。そのは山の木々を枯らし、河やを干上がらせ、遂には悪霊が顕れる有様。
耶那岐が

何由以 不治所事依之 伊佐知流
何由かも は事依させしを治らずて きいさちる
(どうしてお前を治めずに泣いているのだ)

と問うと、須佐之男命

者欲罷根之堅 故
(やつがれ)は根の堅州に罷らむと欲ふ 故くなり
(私はである根の堅州に行きたいから泣くのです)

と言った。これに耶那岐は怒り

然者不可住
然らばに住むべからず
(ならばお前はこのに住むな)

と言って追放した。

その後、耶那岐は淡の多賀の地に「宮」(かくりのみや)を建てて、隠居する事となった。

2.イザナギ(NARUTO)

うちは一族の血継限界、「写輪眼」固有の瞳術の一つ。
自分自身にかける幻術であり、「幻と現実を繋げる」事で自らの身に起こった出来事をかった事にし、同時に自らに有利な攻撃は現実化する事も可とする。

極めて強な術だがリスクも高く、この術を使うと術者の写輪眼失明する
ただし使用即失明と言うわけではなく、眼球1つあたりの上限の発動時間が決まっており、それを使い切ると失明するという仕組みである。この上限時間は個人差がある。

イザナギの発動には陰陽両方のチャクラが必要とされ、陰遁のチャクラで「不都合な現実を幻にする」、陽遁のチャクラで「有利な幻を現実にする」事を可にする。つまりは六道仙人の万物創造の術を応用したものである。写輪眼の使い手であるうちは一族は元来陰遁のチャクラを持っているが、陽遁のチャクラは千手のが必要となる。
ただし不全なイザナギであれば写輪眼のみでも行使可。その場合は「不都合な現実を幻にする」効果のみとなる。

作中では志村ダンゾウ仮面の男(トビうちはオビト)、うちはマダラが使用している。

  • ダンゾウは右腕に大量に移植していた写輪眼を消費して、サスケとの戦闘で使用。眼1つあたり1分と言う持続時間があった。複数回致命打を食らうも「致命打を受けた」という現実を消し続けて応戦する。
  • うちはオビトは小南との戦闘で使用。6000億枚の起爆札による10分連続飽和爆破により、神威でのすり抜けを強制され時間への退避を封じられるがすり抜け続ける持続時間が持たず追い詰められた時に使用。爆破に巻き込まれたという現実を消した。この時は自分の左眼に移植していたスペアの写輪眼を消費した模様。
  • うちはマダラは「転写封印」により自分のに仕込んで時間差で発動し、自分の死後に「自分が死んだ」と言う現実を消した。

この三者が使用したイザナギはいずれも不全なものであり、「不都合な現実を幻にする」事しかしていない。
マダラは後に柱間細胞移植しているがそれは復活後の事なので、イザナギ発動時は全に写輪眼のみで術を使っている。ダンゾウとオビトは柱間細胞を持っていたが、陽遁のチャクラが足りなかったのか、イザナギは全なものではなかった。

対になる術に「イザナミ」がある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%82%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イザナギ

28 ななしのよっしん
2015/03/04(水) 14:56:49 ID: UJaDvStvWJ
>生まれた時以外でなんか話あったっけ?ってレベル
アマテラスの食事番してる神様引してるらしいっていうのなら
29 ななしのよっしん
2015/03/15(日) 15:45:16 ID: GvkTcspI68
NARUTOのは分けるべきなんじゃないかこれ
場違い感酷いぞ
30 ななしのよっしん
2015/06/29(月) 11:04:39 ID: hpc2fnFp3g
>>26
北欧神話はうかつすぎるし
ギリシャ神話カオスすぎる
個性があっていいね(棒
31 ななしのよっしん
2015/12/12(土) 05:22:55 ID: k59tg6EqpT
結局ちゃんと待ってれば伊邪那美れたのか?
32 ななしのよっしん
2016/01/24(日) 01:16:12 ID: 99qrXtubO0
>>31 世界神話に共通する「見るなのタブー」というのがあって、
旧約聖書ソドムゴモラの滅亡、ギリシャ神話パンドラの箱等結構類がある
見るなと言われて見たくなっちゃう人間の心理が描かれているから、お笑いの「絶対押すなよ!」と似ている。
逆に言うなら話の中で見るなと言われたらむしろ見ないと話が進まないとも言える

イザナミが話をつけると言っていた黄泉がどういうものかもられていないし、
ひょっとすると旦那黄泉世界の住人に引き込むつもりだったのかも知れん
33 ななしのよっしん
2016/03/05(土) 21:10:58 ID: p2nfXtID1H
日本最初の妹萌え
34 ななしのよっしん
2016/04/18(月) 08:42:47 ID: Dd89+P7NzR
天照スサノオの記事との落差www
35 ななしのよっしん
2016/09/20(火) 19:26:50 ID: Y8p4qfz63H
某ひっぱりハンティングではのほうが明らかに強い
というかイザナギ超絶キャラの中で一番使えないのがなんとも…
36 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 19:43:40 ID: Yq1JO5XEW+
数論のvsプログラマー
37 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 16:57:05 ID: 5eTiUXuXjI
>>28
両極的なの間に「何もしない」を置いてバランスをとっているという説もある。
同じような立ち位置で御中・火須勢理命がおり、どちらも三兄弟だが兄弟と違い立った記述がない。