イザーク・ジュール単語

イザークジュール

イザーク・ジュールとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物である。
担当声優トマーシュ、ドモン・カッシュでお染みの関智一

概要

機動戦士ガンダムSEED』では第1話より登場。デュエルに搭乗し、主人公キラ・ヤマトを執拗に付け狙う敵としてに活躍した。
要人物の1人であるため出番が多く、最後まで死亡せず生き残っている。

続編である『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にも登場。搭乗機は専用カラーのスラッシュザクファントムグフイグナイテッド
登場頻度は減したものの、要所では存在感を発揮していた。

ちなみに初期の設定では、嫌味なインリキャラだった。物語序盤にその片鱗がえる。

人物・性格

ザフトに所属しており、物語開始当初ではクルーゼ隊に配属されていた。
ザフトは義勇軍とされており、イザークも本来の職業は軍人ではなく最高評議会下位議員である。
士官学校を次席で卒業したザフトレッドであり、同期卒業であるアスラン・ザラを強ライバル視している。それ故にアスランを敵視する発言が多いが、一方でその実よりも認めており、ヘリオポリスでのMS強奪の際も「なら大丈夫さ」と成功を疑わなかった。

相手が兵士であれば容赦はしない性格で、アガメムノンから脱出したシャトルを「逃げ出した抜け兵」と断じて撃ち落している。しかし実際には非戦闘員の避難民が乗っており、後に軍法会議にかけられる。
他方、高潔な部分も持ち合わせており、パナマ基地攻略戦で降伏した連合兵を虐殺する同胞を見て「動けない敵を撃って何が面い」と言い放ち、虐殺には加担しなかった。

二次キンドゥーエ攻防戦の頃には部隊長を任せられており、ジュール隊を率いてプラントへの核攻撃を防ぐなど、本防衛の要となった。
終戦後、避難民の乗った脱出シャトルを撃墜した件で裁判にかけられるが、ギルバート・デュランダルの計らいで無罪放免となる。この件はイザークにとって非常に大きかったらしく、一度は死んだ身と摯に受け止めた上で、自分がやるべき事をやると言う決意を固めている。

その後、一時は本来の職務に戻っていたが、『DESTINY』時代にはザフトに復隊しており、隊長である軍服って再びジュール隊を率いている。
旗艦はナスカボルテールで、隊員にはシホ・ハーネンフースなど前大戦時から引き続き所属する者の他、前作でザフトを離反していたディアッカの姿も確認できる。なお、隊長でありながら度々MSに搭乗し前線に出撃している。
ユニウス戦役終盤ではギルバートに疑念を抱き始めており、メサイア攻防戦ではエターナルザフトの艦船であると言う強引な理屈付けでクラインを援護した。この行動が影したのか、終戦後、議会に向かうラクスの傍らに控えている。

母親のエザリア・ジュールはザラプラント最高評議会議員。親子仲は良好な様で、エザリアのスキンシップらめながらも受け入れている。
アイリーン・カナーバらのクーデターによってエザリアは失脚したが、議員としての職務を遂行していたり白服を与えられたことから、特に影は受けなかった様子。

ナチュラルの事を見下しているが、これはプラントのコーディネイターに多く見られる価値観であり、決してしいものではない。
初期は丁寧口調の嫌味な性格だったが、後述するストライクとの因縁が生まれてからは、徐々に声優の演技に引っられて昂し易い熱血へと変化した。

ストライクとの因縁

物語序盤、複数で攻撃をしかけたにも関わらずたった1機のストライクを落とせなかった屈辱から執拗にストライクを付け狙うが、交戦中にコクピット周辺を被弾、顔を負傷してしまう(その際の、コクピットで顔から血を流しながら「痛い…! 痛い…! 痛い…!」と呻くシーンは有名だろう)。
治療の際、プラントの医療技術であれば傷跡を消すことも可だったが、復讐として右の下に出来た大きな傷を敢えて残すことを選択した(『DESTINY』時点では消している)。後にその傷を見たアンドリュー・バルトフェルドには、「戦士が消せる傷を消さないのはそれに誓ったものがあるから」「そう言われて顔を背けるのは屈辱の印」と看破されている。
傷を負って以降はそれまで以上にストライクを執念深く狙うようになり、MSでの大気圏突入を行ってまでストライクを追い続ける。
地球ではバルトフェルド隊に合流するが、慣れない重力下の戦闘ということもあって結果は出せなかった。
バルトフェルド隊の壊滅後は、アスラン隊長である事を不としながらも、ザラ隊の一員として引き続きストライクアークエンジェルへの攻撃を繰り返した。しかし、覚しい成長を続けるキラ勝利する事は遂にく、ストライクを撃墜したのはアスランだった。
なお、イザークは知る由もいが、ストライクパイロットであったキラフリーダムに初搭乗した際に対峙したものの、MSの性差が大きかったこともあり、ここでも敗している。

物語終盤、ストライクオーブ修理されムウ・ラ・フラガが搭乗したが、パイロットの変化に気付いたのか気付いていないのかは定かではないものの特に反応を見せず、ストライクへの執着は見せなくなっている。
後にディアッカからフリーダムパイロットキラ(=かつてのストライクパイロット)であると教えられるが、フリーダムに対しても感情的な行動は取っていない。
カガリ・ユラ・アスハストライクルージュ戦場った事があったが、これはお前を倒すのは俺だだろう。

他の人物との絡み

前述した通り、アスラン・ザラライバルとして強く意識しており、特に序盤ではアスランによく突っ掛かっていた。しかし心の底から嫌っているわけではなく、アスランストライクと相打った際には彼の帰還を喜んでいる。
また、ユニウスセブンの落下阻止に出撃した際の戦闘アスランと再会した時は、憎まれ口を叩きながらも巧みな連携を見せ付けた。
DESTINY』においては、オーブアレックスとして暮らしているアスランに、問題は自分が何とかするからプラントに戻って来るように説得している(直前に護衛監視を命じられアスランの前に現れた時のやり取りは、かなりのニヤニヤものなので一見の価値あり)。

仕官学校同期にして、同じくクルーゼ隊に配属されたディアッカ・エルスマンとは行動を共にする事が多い。
アークエンジェルに投降し、協状態にあったディアッカバスター戦場で敵として再会した際は「このぉ、ディアッカの機体でぇ!」と、地球軍の兵士バスターに搭乗していると勘違いし憤りを見せるなど、友情を感じている節が見受けられる(一方のディアッカもイザークとは戦いたくないと願っていた)。

ニコル・アマルフィの事は臆病者と嘲っていたが、彼が殉職した際には昂し、己の未熟さを呪ってロッカーを殴り続ける描写があるなど、しく荒れるほど大切な仲間だと思っていた様子がえる。

クルーゼ隊の補充人員であり、そのままジュール隊にも配属されたシホ・ハーネンフースはイザークに好意を抱いている。しかし、彼女は画面の端に何度か映っている程度でアニメ本編において台詞はなく、イザークがシホをどう思っているのかの描写もされていない。

宿敵として定めていたストライクだが、そのパイロットであるキラ・ヤマトとは劇中で確認される限り一度も会話を交わしていなかったりする。

戦闘力

キラに敗れる場面が立つのでやられ役としての印が強いが、だけあってMSの操縦技術は極めて高く、地球軍の一般兵士は相手にすらならない。
また、第二次キンドゥーエ攻防戦ではフォビドゥン、レイダーを撃墜するという大戦果を上げている(スペシャルエディションではフォビドゥンのみ)。この2機はカラミティと連携してキラフリーダムを苦戦させた機体であり、状況の違いこそあるものの、イザークの操縦技術が優秀であることは疑う余地もないだろう。同戦闘においてはキラプロヴィデンスアスランがカラミティを撃墜しているが、キラは別格としてもアスランの戦果を上回る結果になった。

DESTINY』では、スラッシュザクファントムファントムインと交戦した際にカオスアビスを圧倒しており、シンに「これが、ヤキンドゥーエを生き残ったパイロットかよ」と言わしめている。

搭乗モビルスーツ

デュエル

地球軍から強奪して以降、『SEED』では一貫して搭乗している。
ストライクとの戦闘による損傷を修理した際、ジン用に開発されていたアサルトシュラウドを装備するようになるが、PS装甲である関係から重力下では利点よりも欠点の方が多いにも関わらず、装備を外すことなく戦い続けた。
GAT-Xシリーズの中で最初に完成したこともあって試作機的な意味合いが強く、特筆すべき機を持たないシンプルな機体だが、シリーズの機体では一五体満足終戦を迎えている(試作機の他4機はストライクイージスブリッツが大破、バスターが中破)。

スラッシュザクファントム

DESTINY』序盤に搭乗。水色パーソナルカラーに染め上げられており、劇中では他のウィザードへの換装は見られなかった。

グフイグナイテッド

DESTINY』後半に搭乗。系統の専用カラーに塗られたグフイグナイテッド
ディアッカが駆るブレイズザクファントムとの連携でザムザザーを撃破する活躍を見せた。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イザーク・ジュール

94 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 13:09:41 ID: vIyvuxErur
>>87
イザーク視点だと半ば八つ当たりとはいえ
「推定、敵軍兵士の乗った船」が邪魔だったから撃墜した、というだけだから
汚点とはいえキャラクターとしてはそこまで悪く言われる程のものでもない気がする
95 ななしのよっしん
2018/04/03(火) 01:01:00 ID: T+jviSJcpx
自分の中で「おかっぱ頭」のイメージを一気に変えたやつ
96 ななしのよっしん
2018/04/03(火) 01:08:11 ID: bq9os3In6G
もっとドモンと絡んでホラホラ
97 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 21:29:52 ID: UWTd6sSTlV
性格的にアスランよりかはイザークのがキラの親友ポジがしっくりくるんよな。カッとなりやすいが基本的には優秀で義理堅いところもあるし

もしキラが始めからプラントにいたらイザーク、ディアッカ共々ザフトの名物トリオないしは三羽として持て囃されてたんだろうか
98 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 22:11:47 ID: qaK88FugNK
>>97
ディアッカが思いつきをポロッと口に出し、キラが後先考えず実行し、イザークが止めようとして逆に悪化させ、ニコルが呼んできたアスランが収集つける
みたいな
99 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 16:15:28 ID: vIyvuxErur
そもそもキラの性格で軍の類に積極的に入るとは考えがたいのが難だよなぁ……
仮に入っても戦争関係だとどう足掻いてもブレーキ役に回って序盤のディアッカ・イザークに(ニコル共々)馬鹿にされそうだし
トリオならアスランニコルキラで組むんじゃないかと
100 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 15:51:24 ID: T+jviSJcpx
違うわバカ者!と言いつつもドモンネタにしっかり反応してくれるのが好き
101 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 13:00:22 ID: kTYKqNhix+
種死終盤の裏切りさえければ1番まともだったかもしれないのになぁ…
本当に惜しいキャラだわ
102 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 19:32:35 ID: vIyvuxErur
むしろ言ってる事とやってる事が政を私物化してたデュランダル「が」裏切っただけの感が……
103 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 04:45:57 ID: vIyvuxErur
分かりやすい敵を与えるという点で今までのコーディネイター・ナチュラルの争いと変わらない手段を用いつつも
宣伝戦で手を汚さずにロゴ狩り=地球圏の経済壊して・更に自分の名(≒権威)を高める、というデュランダルの行為を「大変な事だぞ」と言いつつも決定的な行為はなかったから静観して
DPという精クソもない、プラント議会を飛び越えてデュランダルだけで発表した政策を
高めに高めた権威とレクイエムとを使いつつなし崩しで導入しようとしたところで
正当性をする根拠(ザフトの船だ)を用意しつつ、暴走しているデュランダルを排除しに掛かるのは
プラント・ザフトに対しては忠実だったけども、プラント・ザフト私物化したデュランダルは裏切った」でいいんじゃない?

急上昇ワード

2019/10/14(月)12時更新